« 藤本淳吾  名古屋グランパスに完全移籍 | トップページ | 岡崎慎司ハットトリック★★★サウジを完封撃破してベスト8進出 »

2011年1月14日 (金)

GK川島に一発レッド退場  岡崎PKゲットでシリアに辛勝

日本 2-1 シリア  ドーハ・カタール競技場

得点 長谷部 カティブ 本田

  

ヨルダンがサウジに勝って、サウジ敗退決定。

これはまだ相手してない日本としては良かったかな。

中東のメンタリティーって、がくっと落ちるしね。

    

夜だったんだ、ヨルダン!っていう具合に

ヨルダンやるな。

こっちは大工の棟梁、大統領って勢いでシリアに勝ちたいものだ。

    

スタメンはヨルダン戦と同様。

細かな技巧を尽くした国旗を見ると、

日の丸のシンプルさはいいなと思える。

とても単純明快だし、

中央に○で赤で、下地が白。

これってあらゆる国旗のなかで一番インパクト強くて良いんじゃなかろうか。

    

国歌の際、子供達がポカリスエットの帽子を被っていて、

カタールのドーハで

四国のメーカーの飲料が宣伝されているとは感慨深い。

徳島ヴォルティスの選手が代表にいればよかったが

そこまで強化するつもりは大塚製薬にないようだ。

    

日本代表は11人中、

海外組が8人、Jリーガーが3人。

いつの間にかそんな時代になった。

Jリーガーの一人はJ2の選手ですが。

セリエAやブンデスリーガ、ロシアプレミア、ベルギー、オランダ、フランスなどに混じって

J2もいるのがバラエティ豊かだ。

   

シリアのゴールキーパー、眉毛が繋がってる。

こち亀の両さんみたい。

    

本田がドリブルで切り込んで、シリアGKと一対一。

ボールは上手くまとまらず、香川へ。

香川は切り返しのあとシュートを撃つも、GKに弾かれる。

こぼれ球を松井が奪い、シリア選手をしっかり抑えて

後方の長谷部へ。

長谷部のシュートが決まって日本先制。

    

後半、シリアの攻撃。

長友のバックパスが中途半端。

GK川島が前に出てクリアするも、

再びボールが無人のゴール前に。

シリア選手と川島がそこに突っこんでいき、

川島がシリア選手の足を背後から倒して一発レッド。退場。PK。

副審のオフサイド判定があったので、

何もしなければオフサイドだったかもしれないが、

絡んだものは仕方ない。

NHKの実況解説としては、当然オフサイド支持であり、

GK川島のプレーにしても悪くないというものだったが、

やはりペナルティエリア内で背後から足を倒す行為はレッドだと思う。

あれはレッドで仕方なし。

何が悪いって、長友の中途半端なバックパスが全部悪い。

GK川島に落ち度はなし。

   

前田を下げてGK西川投入。

PK決まって、シリアが同点に追いつく。

    

日本は一人少ない。

香川を下げて岡崎投入。

ゴール前の岡崎にロングボール。

いかにも岡崎が好きそうなシチュエーション。

これは岡崎好きそうだな、好きそうだな、好きそうだなと

自宅テレビ前で一人ごとを呟いていたら

やっぱり岡崎が上手いことPK獲得。

あの光景には既視感があり、

岡崎の十八番だった。

PKは本田が蹴ったが、ど真ん中に蹴り、シリアGKの両足の間を抜いた。

結果オーライだが、めちゃくちゃなシュートだった。

日本リード。

     

西川がシュートを防ぐ場面多し。

川島→西川のチェンジはアルゼンチン戦でもそうだった。

今回は川島の退場によるもので、西川はFWとの交代だが。

     

なんとかシリアに辛勝。

非常にいっぱいいっぱい。

岡崎が機能したのは良かったが、非常に厳しい状況。

日本とヨルダンが勝ち点4、シリアが勝ち点3で

グループリーグ最終戦へ突入。

|

« 藤本淳吾  名古屋グランパスに完全移籍 | トップページ | 岡崎慎司ハットトリック★★★サウジを完封撃破してベスト8進出 »