« 2015年9月6日 - 2015年9月12日 | トップページ | 2015年9月20日 - 2015年9月26日 »

2015年9月13日 - 2015年9月19日

2015年9月19日 (土)

カルフィン ヨン ア ピン

Zimg_3243a

ヨンアピンは今シーズンもう駄目かしらん。

ああ、ヨンアピン。

| | コメント (0)

2015年9月18日 (金)

とんぼの思い出

Zimg_5277qq

この写真。

レイヤーさん二人が私のカメラのレンズから

少しだけずれた場所を見て

驚いたように笑っている。

なぜかというと、私が右手でカメラを握り

「こっちに目線お願いします」と左手を上げたのだね。

すると左手の人差し指の先っぽに、とんぼがとまったのだ。

ビッグサイトの庭園はとんぼが飛んでいた。

左手の人差し指にとんぼをのせたカメラマン、それが私だった。

Zimg_5236qqqqq

長渕といえば昔は結婚式ソングの乾杯が有名でしたが

捕まってからはまったく歌われなくなった。

比べて、とんぼは清原の影響もあり、いまだ勢いがある。

とんぼの収録された昭和というアルバムを中学生のとき買ったが、いまだに好きだ。

とんぼはイントロが楽器でなく声ですが

声イントロってのはいいもんです。

| | コメント (0)

2015年9月17日 (木)

雨降り

Zimg_1005a

よく知り合いから電気ショック療法で過去を消せと言われるのだが断っている。

やはり過去は背負うものだろう。

たまに記憶が抜け落ちた人と会う。

見事に忘れている。

それが良いのかもしれない。

Zimg_2887a

無力であるが小説を書くことだけは残された。

小説を書くこと以外は何をやっても無駄だろう。

他者に理解されるのは

並大抵のことではない。

| | コメント (0)

C88  なたまめ&ケフィアたそ  ベロネコ

Zimg_1106a

プリズナー№6の最終回を何度も見直してますが

色んな風にとれて面白いです。

宇宙人からの侵略としてとらえるのか

№6達の暴れ勝ちととらえるのか。

Zimg_1104a

ついに登場した№1が

№6とまったく同じルックスだった。

№6同士が顔を見合わせ合い

№6に追われた№1はロケットに乗りこんだ。

Zimg_1103a

ロケットは発射してしまったので

№1は宇宙へ飛び立ったわけだ。

地球を去った№1。

№6を自分自身にコピーする作業は完成したのか。

宇宙にはコピーされた№6が。

Zimg_1122a

とはいえロンドンに戻った№6。

村が消滅したので地球的にめでたしめでたし。

イギリス諜報部の勝利か。

№6はマイカーでドライブ。

イギリスは左側通行なので違和感ない。

Zimg_1116a

世の中、右側通行の国が多数派ですわな。

左側通行はヨーロッパだってイギリスぐらいだし。

アジアも日本とインドぐらいか。

あとはオーストラリア。

島国はなんとなく左側通行なのか。

Zimg_1061a

村でもゴルフ場で走ってるような車がありましたし

車は重要な要素。

村人たちの逃亡が始まったとき

多数のヘリコプターが一斉に上空へ上がり

こんなにヘリがあったのかと。

Zimg_1067a

まあでも、主人公達のようにトラックで逃げられたなら

陸路で歩いていけばいいですわな。

村人たちもいなくなり

廃村ですわ。

Zimg_1036a

リメイクされた最近のプリズナー№6は

人々の治療施設として

意識下の世界を提供し

その世界での暮らしを通して回復するというものだった。

Zimg_1127a

№2や執事と手を組んだことで

全員でもって村と対していた構図は明らかになった。

№6だけでなく。

そして村の崩壊と共に、№6の生き写しである№1はロケットに乗って宇宙へ。

| | コメント (0)

2015年9月16日 (水)

ガンバ大阪  ACLベスト4進出

Zimg_9158aa

長谷川健太が率いるガンバ大阪の凄まじい力。

最後の最後で決まるゴール。

比べて清水エスパルスは力がない。

どうやってガンバ大阪のような力を得ることができるのか。

週末はエコパ陸上で浦和戦。

勝つためにできることは。

Zimg_9208aaa

ジェフユナイテッド千葉は6年間もJ2に居続けているが

清水も同じようになるのではという懸念が強い。

J2から昇格するのは、いま清水が置かれた状況からJ1残留を決めるより大変だ。

残り7試合、勝つ。

| | コメント (0)

プリズナー№6  Fall Out

Zimg_8192a

毎週見ていたシリーズが17回目で完結。

最後は村から主人公たちが抜け出してエンディング。

主人公たちとは№6の他に誰かといえば

村の体制側に思われた執事や№2や若者など。

彼らと協力して脱出となった。

Zimg_9413a

だが脱出の前に村の破壊が行われた。

洗脳が解けたように村人達は一斉に逃げる。

ロケットが発射されたので

村の肝となるものはロケットで宇宙で飛んでいったのだろう。

Zimg_8223a

では、村を作り、運営していたのは誰なのか。

ロケットで飛んでいったものとは。

村の核である部分を破壊する過程で

主人公である№6は、いよいよ№1に会いに行く。

№1がつける豚の仮面をとって現われたのは№6自身。

自分と自分が揉み合って戦うことになる。

Zimg_9519a

№6や№2、執事、若者たちの暴れぶりにより

村の核となる部分が破壊され、

それがなんであったのかわからないまま肝の部分はロケットで宇宙で飛び去った。

それと同時に洗脳が解けて逃亡する村人たち全員。

Zimg_9660a

最後は車でロンドンまで辿り着いた№6たち。

かつての回では洋上に浮かぶ島だったが、今度はロンドンから陸路で辿り着ける場所だ。

かつての回では村をそのままに№6だけがロンドンに帰ったが、また村に戻された。

今度は村を崩壊させ、肝をロケットで宇宙へ飛び立たせ、

№6は無事にロンドンへ帰ってこられた。

ザッツ・オール。

| | コメント (0)

2015年9月14日 (月)

中山雅史選手  アスルクラロ沼津加入

Zimg_0142a

Jリーグの創世記を支え、日本が初めてW杯に出たフランス大会でゴールを決めた

伝説のゴン中山が現役復帰。

私の育った街、沼津のクラブチームで。

愛鷹は子供の頃、少年自然の家のアスレチックによく行ったものだった。

小学五年生のときは学校行事で少年自然の家に泊まった。

沼津市民だと共通体験だろう。

Zimg_0252a

ただ、愛鷹陸上は余り縁がない。

隣の野球場は甲子園予選を、高校の全校生徒が強制で見に行かされたり。

山奥ですからね。

高級住宅地の駿河台の方から上っていくのが正規ルートだが

東名高速の沼津ICからラブホテル街を抜けて行くこともできる。

Zimg_0315a

とはいえ、アスルクラロの試合があるときは

自家用車などとめられるわけもなく

シャトルバスでの運行だ。

山奥ですし、遠いです。

清水の日本平の方がまだ人里から離れてない。

Zimg_0618

日本の公園計画も

人里離れた山奥にばかり造って

余り意味がない。

自家用車を持っていて余裕のある人達だけ

公園を利用しに行くことができる。

Zimg_0747a

沼津が今後、どうなるのかは知らない。

三つ目ガードが雨のたびに浸水するので

抜本的な解決がないとね。

新幹線の駅を三島にとられた時点から、なんも進展がない沼津。

ようやくアスルクラロで脚光を浴びる。

| | コメント (0)

艦これ 天津風 島風 雪風 TFT

Zimg_1392

清水エスパルスは長らく降格圏ですが

どうすれば勝利をつかめるのか。

中盤でウタカがためを作るわけですが

本来、トップのポジションですし、そこから次の攻撃のステップにいけない。

相手ディフェンスの数が揃ったところへ攻め込む機会は多いが決まらない。

Zimg_1400a

センターバックの角田がたくさんロングシュートを撃って

一つも枠に入ってなかったですが

要はそこなんじゃないかな。

とにかく撃てと。

強く撃てと。

そしたらボールが収まらずに零れるからチャンスが生まれるかも。

Zimg_1415a

ペナルティエリア内でボールキープ。

ピッチレベルで見てコースがないのだけど

誰かに回してとられるより

とにかく撃てと。

撃つことから始まるプレーがある。

Zimg_1425a

テセは今の髪型はどうなのかな。

後ろのチョンマゲがヘディングする際、邪魔になったシーンがあった。

つむじに近い上部で結ってるからね。

鳥栖戦で気になったなら、変える機会でもある。

Zimg_1345a

鳥栖ががちがちに守備固めをしてきたのと違い

次の浦和は攻めてくるだろう。

そうしたチームの方がやりやすさはある。

エコパ陸上にホームアドバンテージはないのだけど

日本平で以前やったときはジャックされてしまったし

そのぐらいでいいかも。

Zimg_1362a

エコパ陸上の絶好なピッチコンディション、離れた客席からして

とてもイーブンな戦いとなる。

鳥栖戦の家本主審はまったくカードを出さず

ファウルすらほとんど取らなかったが

もしまめにファウルをとってカードを出す主審が回されると面倒だ。

今の清水はかなり凶暴だから。

Zimg_1366a

天皇杯で惨敗した控え組にはない

責任感のあるプレーを鳥栖戦の選手たちはしていた。

ただ勝てない。

田坂監督の戦術は極めてオードソックスだ。

予想外の欠落を山ほど想定した上で

試合に臨んでいるのがわかる。

Zimg_1379a

勝ち点差が残留圏と5。

困難な差が生じている。

松本や山形との試合は、がちがちの守備固めを双方がしてしまい

ドローで終わる可能性が高い。

三チーム揃って降格だ。

Zimg_1388a

そうなる前のチャンスとして浦和戦はある。

浦和が優勝を目前にして、当時J1だった横浜FCに勝てなかった試合もある。

浦和に勝って勝ち点3を。

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

コメント返信

Xリーグの記事でコメントをいただいたので返信します。

注意されたからってムキにならないでくださいw
ピッチレベルが一番見づらいってわからないんですね。かわいそう

まあ、そればっかりは個々の好みですので。

一般的には素人はピッチレベルで迫力を楽しみ、玄人は上方から試合を楽しむと言われますね。

建て替え中の二年間、川崎球場ではピッチレベルで観戦していたので

あの頃の迫力が懐かしくも思えます。

よく戦う選手達がラインを越えて、こちらへぶっ込んできたものでした。

通路での観戦は禁止!ストロボ撮影もピッチに向かっては厳禁!!
運営のブラックリストに載ったようですのでもう来ないでください。

五年前に結構大きな揉め事を川崎球場で起こしまして

そのときブラックリストに載ったようなので今さらかもしれません。

今年はコスプレ撮影に熱を入れているので

行く回数は少ないかもしれませんが、また富士通スタに行くと思います。

大切なのは批評空間を失わないことだと思います。

10年ほどスタジアムサイトを運営し、北海道から九州まで日本全国様々なJリーグスタジアムを研究してきました。

私のサイトの影響力は小さくても、このようなスタジアムマニアのサイトが山ほどあり

そこでの批評が今後立てられるスタジアムに生かされます。

ガンバ大阪の新スタは完成目前ですが、これから京都にも新たに立てられます。

日本はまだまだスタジアムにおいて発展途上国だと思いますし

批評空間は失われるべきでないと考えております。

| | コメント (0)

清水エスパルスに対する絶望、怒り、屈辱、憎しみ、その他

Zimg_0424

ピッチに立つおまえらのようなエリートに

俺は到底かなわない

俺の人生は無駄に終わって

恥ずかしいまま死にいく

卑怯で醜い奴だと罵られる

Zimg_0441

怒りがある

俺は頭が悪い

やればやるほど自分の頭の悪さがわかる

やればやるほど自分の能力のなさがわかる

結局自分のことばかりだ

これでは無能で仕方ないねと諭される

Zimg_0449

腑抜けな俺は努力をしたが潰れて

老いを受け入れるだけだ

そんな人間にも楽しみを分け与えてくれたのが清水エスパルスなら

どうか今年を最後まで戦ってほしい

俺は頭が悪いことを誤魔化し続け

あらゆることが頓挫した

何一つものにしてない

Zimg_0465

憎しみはある

能力はない

ものごとは上手くいかないが、私は老いて終わるまで生き続ける

ピッチに立つおまえらは

せめて今シーズンが終わるまで

限りを尽くして戦ってほしい

清水エスパルスは最後の楽しみなのだから

Zimg_0482

| | コメント (0)

« 2015年9月6日 - 2015年9月12日 | トップページ | 2015年9月20日 - 2015年9月26日 »