« 2015年7月26日 - 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月9日 - 2015年8月15日 »

2015年8月2日 - 2015年8月8日

2015年8月 8日 (土)

なぎさ 摩耶 艦これ まんだらけ

Zimg_0527a

最近は小説ばかり読んでますが

本屋に行っても一冊選ぶのが精一杯。

多くはネットで買ってしまいます。

Zimg_0523

電子書籍は未経験。

目の疲れや携帯性などを考えると

小説の文庫なら

まだ紙の現物がいいかな。

Zimg_0322

うちの部屋も狭いので

ベッドが半分のスペースを占領してしまい

残りの半分にテレビやパソコン机や衣装収納があり

あんまりストックできないんだよね。

Zimg_0386

棚をもう一つ買おうかと考えてるが

それで暮らしづらくなるなら

つまらない。

物を置かないことが気楽さでもあるし。

Zimg_0369

無料だというのでついwindows10にバージョンアップしてしまった。

画像の仕分けが面倒になりさっそく後悔。

格好つけたことはせず

簡素に単純にしてほしい。

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

モニモニしてやんよ!  まんだらけの戦い2015

Zimg_0619

モニ子さんはオリジナル警察官のコスでした。

ポリスマンという英語があるが

女性の場合はポリスウーマンなのかなと思ったが

男も女もコップとしか呼ばないようですね。

コップだよ、アメリカ合衆国。

Zimg_0664

ニーハイコップ。

日本やアメリカをはじめヨーロッパの西側では

女性警察官もほとんどズボンになり

スカートは余り見かけなくなった。

東欧の諸国ではまだスカートが多いらしい。

Zimg_0691

モニ子さんの名前を聞いて

真っ先にイメージしたのはサッカー選手の茂庭だ。

手を二回叩いて頭上で輪を作る「も・に・わ!」という

応援スタイルが

クラブでも日本代表でも定着していた。

ディフェンダーであり、最終ラインのセンターバックが担うことが多い。

Zimg_0693

ドイツW杯において

ジーコ監督から「おまえはいらんわ」と直前に代表落ち。

傷心のまま彼女とハワイ旅行に出かけた茂庭。

ドイツW杯に行く予定だったので

突然の飛行機やホテルの予約となり

100万ほどをかけたハワイ行となった。

Zimg_0738

そしてハワイでねぷねぷしていた頃、

ドイツでは頭の痛い事態が。

ジーコ監督が信頼していた田中誠。

元々怪我をしていたのだが

どうにもW杯に間に合わないことが判明。

Zimg_0794

田中誠を代表から外し、「やっぱ出てくれや」とジーコ監督が緊急招集。

ハワイでねぷねぷしていた茂庭は

「わかった、もにもに」と快諾し

とりあえず日本に戻ってきた。

Zimg_0796

その際、空港でCAなどに祝される姿がマスコミに報じられるも

田中誠が無念の離脱をしたのに

ハワイ旅行でCAとよろしくやるのは

不真面目ではないかと批判もあった。

Zimg_0822

勝手に落としといて、勝手に再招集しておいて無茶苦茶言うなよと思いつつ

ドイツに向かった茂庭。

もしこのような欠員が生じたときのために

日本中のサッカー選手がスタンバイしておくべきだったという正論が起こったし

事実キングカズは予備登録もされていないのに

万全の状況でドイツW杯を期待していた。

だがそれも無茶な話だ。

Zimg_0828

ドイツで茂庭は別メニューで体を向上させていく。

スポーツは健康にいいが競技は体に悪い、とアスリートが口をそろえて言う通り

ガチの勝負に臨むアスリートは

体の能力の最大値を発揮できるよう調整をしているのであり

ハワイ旅行帰りの茂庭がピークに持っていくのは面倒だった。

Zimg_0841

そしてグループリーグ初戦のオーストラリア戦。

日本が1-0のリードで迎えた後半、

坪井が足を傷め、茂庭は途中出場を果たす。

日本の最終ライン、守備の要は茂庭に託された。

さっそくイエローカードを貰う茂庭。

そして試合終了まであと6分。

オーストラリアが二連続でゴールを決め逆転。

茂庭は途中出場ながら途中交代させられてアディショナルタイムへ。

結果、3-1で日本は敗れた。

Zimg_0569

まあそれ以降、茂庭の名前を聞くこともすっかりなくなり

一時期はタイでプレーしていたようだが

今は日本に戻り、関西のJ2チームのベンチだったりベンチ外のようだ。

三十代も半ばに差し掛かり、仕方ない面もあるが

若き日に、茂庭と共にアテネオリンピックに出場したチームメイトたちは

いまだ各クラブで主力となっており

もう一度、茂庭の勇士をピッチで見たいものだ。

Zimg_0594

そしてモニ子さんは

素敵なコップでした。

| | コメント (0)

Batman  WF2015夏 企業

Zimg_5388a

ティム・バートンのバットマンは

まだコミカルな馬鹿馬鹿しさがあった。

だがダークナイトになると

シリアス一辺倒で非常に暗い世界だ。

Zimg_5400a

プリンスのバットダンスは印象的な曲ですね。

バットマーンというフレーズは

昔のアニメのバットマンそのままに。

ビートルズのタックスマンも、バットマンのアニメをジョージが見ていて

生まれたのだとか。

Zimg_5103a

ワンフェスでバットマンのブースは

最後までコンパニオンさん達がいてくれて

カメコ達が流れ着く終着駅でした。

バットマーン。

Zimg_5111a

セクシー。

バットマンのPVは

とんねるずがそのまんまコピーして演じたものです。

あのぐらいこだわる金と意気込みが

バブルの頃のテレビ界にはあったな。

今じゃ同じ番組がやることといえば

芸能人が嫌いな食べ物を当てっこするだけ。

Zimg_5424a

プリンスは活動し続けてくれるのが

ファンにとって嬉しいでしょうね。

空耳アワーも酷なもので

こっちはエクスタシーを感じながらバットダンスを聴いてるのに

農協牛乳にしか聞こえなくなったっての。

Zimg_5445a

プリンスがなぜ

曲のクライマックスで農協牛乳と叫ばなきゃならないのか。

理不尽。

| | コメント (0)

企業ブース  ワンダーフェスティバル 2015 [夏]  その2

Zimg_5312a

ひまわり。

映画のひまわりは、戦争で引き裂かれた夫婦の悲哀を描いている。

だがスピード感ありすぎな展開なため

喜劇のごとく感じてしまう。

Zimg_5356a

スピードは時に笑いとなる。

どんなシリアスで重い物事も

スピード感を持たされると

笑えてくる。

Zimg_5142

高速で生まれてから死ぬまで。

高速で殺人。

高速で葬式。

高速だと本質が失われ

滑稽さだけが残る。

Zimg_5146

裸エプロンとはロマンですね。

ロマンを追い求めれば裸エプロン。

ロマン主義。

Zimg_5163

艦これも長いこと続いてますな。

今でも演習ぐらいはやってます。

来週からイベントですね。

ついついやってしまうかな。

Zimg_5219

シューコートの根元が折れたので

クリップオンでストロボを焚いている。

屋内だと影のでき方が

いかにもクリップオンですな。

Zimg_5233

ワンフェスの企業には必ず四万十川のカッパブースがある。

カッパ。

| | コメント (0)

企業ブース  ワンダーフェスティバル 2015 [夏]

Zimg_5260

ワンフェスのコスプレ広場は一通りアップしたので

あとは企業ブースでも。

企業ブースはコスプレ広場が終了したあと

初めて行ったので

たいして撮ってません。

多くのブースでコンパニオンさんは帰ってしまっていた。

Zimg_5276a

だが最後まで残っていてくれたコンパニオンさんもいました。

ワンフェス終了まで残り30分。

店じまいのムードが漂うなか

ライブ会場だけは賑やかだったな。

Zimg_5282a

車に乗らない人生を送る私ですが

車はあこがれますわ。

自動運転してくれる車を

早いとこ一般化してほしいもんです。

| | コメント (0)

2015年8月 5日 (水)

伊織もえ&じる  GANTZ  WF2015夏

Zimg_4793

自然と頭に流れてくる音楽がある。

今はXTCのスチューピドリーハッピー、プレイグラウンド。

単純で無駄なものがないギターリフ。

たいして盛り上がらないし感動も呼ばないその旋律。

だらだらっと頭に流れる。

Zimg_5082

XTCはもう長らくやってないんだね。

オレンジズ&レモンズは良いアルバムでした。

洋楽なんだけど邦楽っぽいんだよね、XTCって。

パクリにしてもスタンスにしても。

邦楽バンドってこんな調子だよなっていう。

Zimg_4798

スチューピドリーハッピー♪

バスドラだけ打ち込みっぽい生サウンドに合わせ

頭がくるくる回る。

Zimg_4808

心に残るメロディーやギターリフ。

生み出せる人は次々と際限なく。

そうでない人は駄作を永久に。

Zimg_4781

自宅の電球が切れたので買いに行ったら

もう電球はないのだね。

電球の存在しない世界。

電球型のLEDとか。

Zimg_4784

このブログもそろそろ容量いっぱいになるので

新ブログを立てねばならなくなる。

新ブログは体裁を変えようか。

このブログでは小さめの写真しか記事中に載せなかったのだけど

ポップアップで大きな写真も載せるようにしようか。

Zimg_4838a

このブログの前にやってたブログはそうだった。

でも容量がすぐいっぱいになるので

ポップアップは全部消しちゃったし

新しいブログのここはポップアップを無くしたのだ。

Zimg_4844

昔はコスプレのHPを頻繁に更新していたのだが

ジオシティーズの体裁が変わってから

まったく更新してない。

もはや写真をアップするのはこのブログのみ。

だったらもう少しブログの写真を充実しようかと思ったり。

Zimg_4854

ポップアップを使えば横長の写真も見せることができる。

今の記事埋め込みで横長は

とても小さな写真だけになってしまう。

Zimg_5049

私も中年ど真ん中ですし

やけにならない。

たとえどんなひどいことがあっても、ひどいことをしてしまっても

何とか踏ん張って死ぬまで生きていこうという

意志があります。

Zimg_5057

コスプレイベントに出かけては

写真を撮らせてもらうも

また生きる覚悟なり。

Zimg_5063

自分の正当性を認められようとして

それができずに暴れ狂うような

若い精神はもはやない。

無理解が当たり前だと心底思いつつ

自分の寝どころに引き返す。

Zimg_5068a

神田に住んで二年目ですが

問題は山ほどあるけど

神田はいいとこです。

今のマンションも欠陥は多いが、これからも住み続けたい。

Zimg_5073

このまま一人きり老いていくのだろうし

今の住まいは大事にしたいですね。

神田の街も大事にしたい。

東京は浮浪者も外国人も多いけど

そのぐらい誰に対しても平等なんですよ。

Zimg_5076

コスサミの画像をいろいろ見ますが

テレビ塔の周辺での撮影は良いですな。

私は腰痛もあったし小説の推敲も追い込みだったし

元から行く予定はなかったけど。

Zimg_5078

テレビ塔前にはアフィリアの名古屋店があるので

アフィリアがウェイティングだと

あの辺りをぶらぶらしてたりね。

SKEの劇場も間近だし。

Zimg_5087

暑い日が続きます。

なんかこう、いい塩梅でいられたら。

| | コメント (0)

EAFF東アジアカップ2015  日本 1-1 韓国  武漢体育中心

Zimg_5372

まあ本当、暑いなかご苦労様です。

最後惜しいシーンが続いたが

判断の遅れは疲労なのだろう。

| | コメント (0)

2015年8月 4日 (火)

幕張メッセ  Makuhari Messe  千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

Zimg_5022

プリズナー№6を毎週見ているが

徐々に№6が№2を苦しめ追い詰める展開になってきた。

それがどうもつまらない。

やられておしまいな№6であってほしい。

一度は自宅に戻れたり、何度も海上から脱出できたり

閉塞感が失われていく。

弱気でナーバスな№2が後半は多いな。

Zimg_4762

日々孤独なものだ。

メイド喫茶も熱が冷めて、しばらくどこも行ってない。

指先の湿疹が治らないのは内臓の悪さの表れか。

酒自体が肌とは無関係だとしても

内臓がへたると当然肌も荒れる。

やっぱり酒は駄目だな。

Zimg_4630

このまま一人きり年老いていく。

怒りが表れることもなく、うちの中で渦巻いて

無力感で重く倒れる。

トラウマが襲ってきても

無価値な自分に怯えるだけ。

Zimg_4753

何かに期待したい自分もなくなった。

書きあがった小説に希望が持てない。

清水エスパルスが勝っても昔のような喜びはないし

秋葉原のライブアイドルやコンカフェに対して

楽しさが見つからない。

Zimg_4920

行動すればするほど

所詮自分はこんなもんか

相手にとってゴミ屑同然かと落胆する。

ふらふら漂って眠るだけ。

| | コメント (0)

Wonder Festival 2015 Summer

Zimg_3166

暑い日々が続いている。

真夜中なのに暑い。

昔は夏でも夜なら

涼しい風が吹き抜けて

過ごしやすかった気がする。

Zimg_3398

神田はアスファルトとビルばかりで

昼間の熱が冷めないのだな。

ヒートアイランド。

神田という地名だが田はない。

真夜中の蒸し暑さは異様に感じる。

Zimg_3569

歴史だと徳川家康が江戸城を構えた当初は

誰も住んでいない寂れた土地だったと

記述されることが多い。

だが実際は中世の頃より

東京は人口が多かったようだ。

江戸城の出現と共に

急激に無から100万都市になるとか不可能だからな。

Zimg_3608

文章を書いて残した人が

大げさに書きすぎなんだわな。

うちの爺ちゃんは聖徳太子というミラクルなスーパーマンやったと書いてしまったり

ついつい大げさにしてしまう。

Zimg_3624

何が本当だなんて

存在しないと思った方がいいぐらい。

同じ体験をしても抱える事実はみな違う。

何一つ納得できないまま

雑事に追われて生は尽きる。

Zimg_4148

夜間の平均気温が25度以上だと熱帯夜と呼ぶそうですが

30度に達する最近は

超熱帯夜か。

ここ40年で東京の熱帯夜は倍以上に増えたそうで。

Zimg_4440

玄関を出た途端、むわっと蒸し暑い。

エアコン無しで暮らす人は凄いわ。

それ自体、何もしなくてもスポーツしてるようなもの。

Zimg_4450

節電な世の中なのか

幕張メッセも東京ビッグサイトも

余りエアコンを効かせませんね。

外から館内に移動しても蒸し暑いままという。

Zimg_4583

暑さ対策として

脳を誤魔化すなら

ずっと日向にいて水分補給もしないのがいい。

だがこれでやり抜けるのは若い人だけだし、若い人もたまに亡くなる。

やはり日陰で定期的に休みつつ

水分補給を怠らないのがベストだ。

体感的にきつく感じても、そのきつく感じる正常な判断こそ健康に必要なもの。

Zimg_4618

潜水艦に一度も乗ったことがありません。

千葉の館山に海中を眺める窓のついた遊覧船があるらしい。

船の海中に沈む部分に窓がとりつけられていて

海の中を見て楽しむ。

| | コメント (0)

2015年8月 3日 (月)

田坂和昭監督代行

Zimg_2843

大榎さんのことは全然知らない私ですが

田坂さんには詳しい。

長谷川健太監督時代はアホみたいに三保へ通い続けていた。

三保では毎日、選手たちと共に同じ練習メニューをこなす田坂コーチの姿が。

Zimg_2895

なにかコーチをしているというより

選手の一人として走って蹴ってトレーニングしてるイメージしかない。

選手たちは試合のためにトレーニングするのだが

純粋なるトレーニングを続ける田坂コーチ。

Zimg_2906rde

選手たちともよく話してましたね。

食べはしないが晩酌は欠かさないといったスタイルだったり。

トレーニング終了後に

サポーター達の見る客席スタンド前で

選手同士話すのって

ある意味、表立った行為でしょう。

Zimg_4459a

アイドルが公開リハーサルをやっているとき

客に見られているのがわかって

メンバー同士ふざけあうみたいな。

それはクラブハウスに入ったあとのリアルとも違うし

プライベートでの付き合いとも違う。

三保の客席スタンド前での選手トーク。

田坂コーチは積極的に選手へ絡んでいたし

にぎやかなものだった。

Zimg_4468a

ホーム最終戦のとき

当時はオレンジボールを選手が投げ込みましたが

田坂コーチを私が呼ぶと、ボールを投げてくれて

受け取れたのを記憶している。

Zimg_4488a

生来、無毛症な田坂さんです。

これまで何人かそういう人に会ってきた。

やはり人格形成に影響しているだろう。

彼の培ってきたキャリアが清水に結果を出すことを。

Zimg_4498a

ローティーンのコスプレイヤー、東雲りぃり。さん。

その年齢の人だけが見せられる魅力。

生きる力を幕張に。

| | コメント (0)

EAFF東アジアカップ2015  日本 1-2 北朝鮮  武漢体育中心

Zimg_5047

失点シーンを見ると

ずいぶんさくっとやられたなという印象。

チョンテセは北朝鮮には召集されないのだな。

歳だから?

| | コメント (0)

2015年8月 2日 (日)

ゴトビ解任から大榎辞任  そして田坂代行へ  流転する清水

Zimg_3012ab

ゴトビ時代のマイナスを挙げれば

マスコミが好き勝手やりすぎた点だ。

なんのシガラミもないゴトビに対し

県内マスコミやサッカー関係者は言いたい放題、やりたい放題だった。

そうしてマスコミが煽った波を選手たちが被り

選手たちの動揺した姿をマスコミが報じるという

共犯関係が生じ、誰にも止められなくなってしまった。

Zimg_2197

その反省を生かし

身内である大榎氏に対し

県内マスコミもサッカー関係者も完全なる沈黙を貫いた。

一年と一ヶ月に及ぶ期間

漁村の閉鎖的な村社会の結束で沈黙し続けた。

その結果は降格圏という形で表れた。

Zimg_2174

どちらに転んでも誰がやっても苦難だったろうし

今後もそうだ。

清水エスパルスは長らく移籍係数に守られてきたチームだった。

それが撤廃されて以降、

チームが沈むのは当然の成り行きだった。

ゴトビがどうとか、大榎氏がどうこうではない。

選手が離れていくも崩壊するも

移籍に関する世界的なルールに乗っ取った上で

必然的な変化が生じただけだ。

Zimg_2952auyt

ゲームに限っていえば

ゴトビは現実主義で

どんなにつまらない内容でも結果を出すコーチだった。

大榎氏はプロの大人を相手に指導を試みたが

まったく何もできずに終わった。

選手たちはゴトビに不満を抱き、怒り狂ったが

試合中はゴトビの指示に忠実で、苦々しくも従う部下だった。

逆に大榎氏に対しては表面的な絶対服従を誓う反面、

試合中にまるで従わないという、自立と呼ぶのか放任なのか勝手なものだった。

Zimg_0361

大榎氏の戦術が間違っているとよく言われたが

実のところ選手たちがまるで聞かず

守備が崩壊した。

なぜ俺の言うことを聞かないのか、あんなに納得してくれていたのにと

試合中の大榎氏は戸惑うことばかりだったろう。

監督業の難しさを痛感させられた一年強だった。

| | コメント (0)

大榎克己監督 辞任

Zimg_4301

大榎克己

清水エスパルス監督 2014・7~2015・7

J1リーグ 39試合8勝9分22敗

大榎氏が辞任した。

クラブ側に解任されるのではなく

自ら辞任するのはJリーグだけでなく世界的にも珍しい。

実質的にどうだったのかは関係者でもないしわからない。

左伴社長のコメントでは、横浜戦の前に話し合いがあり、決定されたようだ。

横浜戦後にサポーターに挨拶へ来たときスーツだったのは

辞任の意味合いだったようだ。

Zimg_4295

理由は成績の低迷というわかりきったことだ。

39試合8勝9分22敗という結果は、長い歴史のなかでワーストだ。

このような戦績を残す監督は普通いない。

残す前にクビを切られるからだ。

なぜか一年強に渡り続いた大榎政権。

シーズン開幕からやっていれば間違いなくJ2降格だが

シーズン途中からシーズン途中の任期となったため

いまだ清水はJ1にいる。

だが残り12試合という時点で降格圏にいる今、

J2降格は迫っている。

Zimg_4313

大榎氏がワーストな戦績にも関わらず

一年強に渡り監督にいられたのは

彼がクラブにとって歴史的な重要人物であるからに他ならない。

清水エスパルスのプロ第一号選手であり

クラブの歴史が彼と共に始まった。

その背景により応援するサポーターは多い。

だが私は初期の清水エスパルスを知らず

日韓W杯以降にJリーグへ興味を持ったので

大榎氏の存在はまるで知らなかった。

Zimg_4339

もし置き換えて考えるなら伊東輝悦選手だろうか。

もし輝が引退後に監督に就き

このような散々たる戦績を残したとしても

自分はそれを許して応援するのではなかろうか。

輝を否定するものを人に非ずと罵倒し

J2降格となったときには共に涙して人生を味わう。

Zimg_4366

だがそれはクラブの私物化だ。

どのような背景と歴史があろうとも

清水エスパルスは公共の財産であり私物化してはいけない。

実質的にどうであれ、大榎氏が自ら辞任したことは多くを証明した。

清水エスパルスが鈴与のものではなく

清水区だけのものでも

古参のものでもなく

愛するすべての人達にとって

かけがえのない財産であること。

ゴール裏で熱烈に応援する人達だけのものでもなく

スタジアムに足を運ぶ人達のものでもなく

エスパルスに興味関心を持つあらゆる人達のものだということ。

Zimg_4385

清水エスパルスは自称するあらゆるサポーターにとっての財産だ。

私もそうだし、みんなそうだ。

監督が変わったから成績が上向くとは誰も思っていない。

残り12試合、残留圏へ駆け上がっていくのは大変なことだ。

数字上のトリックに意味はない。

一試合一試合、ピッチ上で行われる死闘。

ここにすべてがある。

Zimg_4388

エースの大前は

入団して最初の数年の幼かった頃と

今の自立した大人の態度は大きく異なる。

生き方が変わったぶん

本人の予期せぬところで周りの反感も買い

信頼を得られない場面も多い。

それは大前の限界であり、誰からも愛される岡崎のような人間は稀なのだ。

試合中の味方選手の対応は

普段のトレーニングや付き合いでの人間関係がすべて反映されたものだろうし

大前の苛立ちは未熟の表れでもある。

Zimg_4396

もう一つ成長して

自分と折り合いを見つけ、他者と渡り合う大前が生まれれば

清水エスパルスは強くなれるだろう。

大前の生きてきた道は

正解とは言いがたい。

冬の高校選手権で優勝したときの勇士は

揉みくちゃにされて今も日本平のピッチに立つ。

Zimg_4406

また大榎監督の辞任とともに

念願だったディフェンダーの補強が発表された。

川崎の角田が移籍してきた。

J1リーグ309試合出場を誇るベテランだ。

守備崩壊している清水のディフェンス陣を

引っ張る存在になってほしい。

Zimg_4422

攻撃については以前からなんの心配もしていない。

パワフルな黒人であるウタカは当たりの外国人だった。

デュークも高い身長を生かしてよくやってくれている。

ヤコヴィッチとヨンアピンのディフェンス陣は

強い守備意識を日本人選手と共に持ってほしい。

そして攻撃の切り札たるチョンテセ。

五人の外国籍選手がチームの勝利に繋がるプレーを見せてほしい。

Zimg_4437

次の試合は十日後のホーム湘南戦。

アウェイの平塚では0-4で完敗した相手だ。

代行監督を務める田坂氏の古巣であり

左伴社長の古巣でもある。

降格圏にいる清水だが、まずはこの試合の勝利を。

IAI日本平は新たな船出を飾るのだ。

| | コメント (0)

600枚の小説完成

Zimg_4228

あほらしい話だが600枚の小説が完成した。

無名の素人である私がこんなものを作ってどうなるのか。

だがとにかく完成。

推敲中は苛立ってくるくるパーな状態だった。

10ヶ月かかった。

こんなに長く書いてたのは初めて。

そして600枚もどうするのか。

Zimg_4266

小説を書き始めて14年目にして

もはや無謀な600枚が完成。

なぜこんなことになったやら。

600枚の嘘ですわ。

600枚の告白ならともかく、600枚の大嘘を書いた。

気づけば8月だ。

| | コメント (0)

« 2015年7月26日 - 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月9日 - 2015年8月15日 »