« 2015年7月19日 - 2015年7月25日 | トップページ | 2015年8月2日 - 2015年8月8日 »

2015年7月26日 - 2015年8月1日

2015年8月 1日 (土)

大榎監督辞意  田坂ヘッド代行か  清水エスパルス

Zimg_4277

静岡新聞の情報があるだけなので確定ではない。

解任ではなく辞任。

病気でもないのに辞任はまずないこと。

複数年契約が始まったばかりのに。

公式の情報を待つより他ない。

| | コメント (0)

清水エスパルス  大榎監督を支える力  共感できない自分

Zimg_0462

大榎監督をどうしても好きになれないまま一年が経った。

大榎さんの人権は誰もが守り敬い

私のようなものはドブネズミなのだろう。

彼の経歴に自身を重ね合わせる誇り高きサポーター達。

自分はサポーター失格だ。

共感したい、好きになりたいのに、知れば知るほど拒絶してしまう。

あの人間性に自分がフットボールに求めるものを感じられない。

Zimg_0458

テレビはよく見る。

だがBSやCSばかり。

地上波のバラエティは見る機会がない。

たまに飲食店などで強制的に見る機会があっても苦痛だ。

勝ち組のための番組ばかりだ。

崩れて潰れて理解されずに吐き捨てられた人々のための番組がない。

芸能人のことを友達のように思えるテンションが生まれない。

大榎さんに対する支持も同じようなテンションが必要とされる。

Zimg_0435

負け犬の死闘が好きだ。

今の清水は勝ち組の遊び負け。

私は大榎監督に人間的な魅力を感じられない。

たぶん嫉妬だろう。

彼のように生きたいし、あこがれなのだが、自分が負け犬である事実。

芸能人を友達のように感じてバラエティ番組を見る気力が

自分はない。

同じように大榎監督が指揮する清水エスパルスを見られない。

| | コメント (0)

2015年7月31日 (金)

lenfried  SUGO RACE QUEEN  WF2015夏

Zimg_3983

新国立競技場の建設で揉め捲ってますが

幕張メッセの設計は槇氏なんですね。

極めて合理的で使いやすい。

こういう実用的な施設を設計する人からすれば

へんてこな芸術的デザインは論外なのかな。

Zimg_3861

建てるまではいいけど、どう維持するかが課題ですね。

都庁もこれ以上改修するより

更地にして立て直した方が安上がりというし。

うちのマンションにしてもエアコンの隠ぺい配管だけで一苦労。

凝った設計にすればするほど

劣化に伴う改修が困難。

Zimg_3885

とはいえ最初のザハ案は好きでした。

文句なしに格好いい。

でもあれは3000億どころか1兆円あっても足りないだろうし

工期もオリンピックに間に合わないし

改修も不可能で10年後には更地にすることが決定だったろう。

Zimg_3893

バブルも過ぎ去って

今後は立てたビルを長い期間に渡り維持する時代になるだろう。

ヨーロッパだと築100年越のマンションは普通だし。

とはいえ近所を見渡すと

神田はまだまだ更地にすることが多い。

更地に戻す美学。

Zimg_3824a

新国立に可動式の屋根をつけて劇場仕様にする、コンサート収入を稼ぐ。

という話はよく聞くが

それでは芝が維持できないのはわかり切ったこと。

今ですら味スタのコンサート後の禿げっぷりはひどい。

札幌ドーム形式でスタジアムの外にピッチを出す案もあるが

そのたびに陸上トラックを昇降させて客席も移動するのだから大がかりだし

そもそもスタジアム外にピッチを保有する敷地がなくてはいけない。

Zimg_3826a

陸連は陸連で常設のサブトラックをつけて

オリンピック後も陸上競技大会を開きたいようだ。

サッカー協会は8万席固定を実現させ、W杯のファイナル会場にしたい。

すべてをやるには相当の土地が必要だ。

だが土地はない。

安価なスタジアムでオリンピックをやって

そのあと更地にして未来のことを考えたらいいのでは。

Zimg_3979

陸上大国のアメリカですら

1万席以上の陸上競技場なんて存在しないのに

8万席の陸上競技場に常設のサブトラックまでつけるなんて無謀。

サッカー好きは専スタを造ることばかり頭にあるが

好い加減、陸上の聖地となる球技使用ゼロの陸上競技場を都内近郊に設けるべき。

| | コメント (0)

2015年7月30日 (木)

這いよれ!ニャル子さん  クー子  こむぎ  WF2015夏

Zimg_2042

今度の日曜日は世界コスプレサミットが名古屋である。

コスサミ自体はすでに開催しているが

一般のレイヤーさんやカメコが参加しての

街中でのコスイベが日曜なんだね。

Zimg_1793

名古屋や大阪での大規模イベントも

一度ぐらい参加してみたいものです。

大阪は雑然として込み入った良さがあるが

名古屋は綺麗に区画整理された街並みが売りだ。

Zimg_1794

今年はお祭など

まったく撮りに行ってないな。

コスプレイヤーさんをじっくり撮って

カメラを極めたいのかも。

Zimg_1819

ワンフェスで盗難に遭ったことで

今後の大規模イベントは

参加スタイルを考えさせられます。

普段のTFTとは違い、

必要最小限で臨むのがいいかな。

Zimg_1862

Jリーグは二週間ほど空く。

そして再開後はホームにて、湘南、新潟と

天王山の二連戦となる。

湘南はキーとなる選手が引き抜かれる運命にあるので

今の強さが来年も続くとは思わない。

だが今年は非常に強い。

新潟も厄介だ。

大榎監督が一番厄介。

でもみんな彼のことを愛しているなら、私がおかしいのだろう。

| | コメント (0)

大榎監督でリーグ39試合  8勝9分22敗

Zimg_1309

まあなんだかんだで

このまま大榎体制が3年は続きそう。

いまだ降格圏ですがJ2に落ちても大榎さんなのだろう。

昔からのサポーターでないと心情的についていけないのが難点。

でも昔からのサポーターなら一心同体なのだろう。

Zimg_1305

所詮、自分はここ十年ぐらいの新参サポなのだと自覚するのがつらい。

大榎さんの現役時代を体感してたら

自分も応援できるんだろうな。

93年のJリーグ開幕は大きなブームだったが

大榎という選手までは恥ずかしながら知らなかった。

長谷川健太や沢登、永島、シジマール、三浦ヤス、この辺りは有名だった。

だが大榎までは知らなかった。

自分はニワカでした。

| | コメント (0)

2015年7月29日 (水)

横浜F・マリノス 1-2 清水エスパルス  日産スタジアム

Zimg_0015

得点 斉藤 大前 大前

久しぶりの勝利、勝ち点3。

ありがたいものです。

失点しても逆転できて守り通し、力を見せてくれた。

残留圏まで勝ち点3差に縮まった。

Zimg_0130

5月以来の勝利により

最下位を山形に譲って17位に上昇。

まだまだ道は険しいが

守備への意識を高めていけたら。

二週間後のホーム湘南戦に期待。

| | コメント (0)

あめり  タチイエロー  攻殻機動隊  WF2015夏

Zimg_4548a

攻殻機動隊のタチコマ。

元々はブルーの外装で戦車として活躍していたが

自我を持ったことにより

非武装化されてイエローに塗り替えられ、建設現場で労働することに。

どんなものでもゴーストを持ち得るという攻殻機動隊の世界観。

多くの人間が脳だけを安全な場所に保管し、

遠隔操作のアンドロイドで日常生活を送る。

Zimg_4515a

攻殻はアニメや映画よりも

原作の漫画が好きです。

1.5はアニメ寄りで余り興味なく

世界観の根幹を作った1巻と、無限の宇宙と時間軸を駆け巡る2巻が好きだ。

できるだけ事実をベースにすることで

読者が想像して膨らませることができる。

Zimg_4508a

新国立競技場は開閉式屋根の設置を見送ったそうだ。

サッカー協会はいまだに8万席の巨大陸上競技場を求めているが

そんなものは無視して

オリンピック後に壊して更地に戻すような施設にしてほしい。

跡地は行政が無理に考えなくても

土地だけ売って民間に好きにさせればいいのでは。

Zimg_4544a

アメリカ合衆国は陸上大国なのに

巨大な陸上競技場なんて存在しない。

この事実がすべてじゃなかろうか。

日本なら各都道府県に一つずつ必ずあるような規模のスタジアムがない。

オリンピックを開催した競技場も、大会後は野球場にしてしまったり。

それが最も低コストで多くに利益を与える。

| | コメント (0)

2015年7月28日 (火)

大榎監督でリーグ38試合  7勝9分22敗

Zimg_0155a

五月以来勝利がない清水エスパルス。

明日は日産スタジアムでナイトゲーム。

オレンジウェーブも参戦して、代表中断前の大事な一戦だ。

前節からチョンテセが加わり、トリッキーなプレーを次々見せたが

結果は出なかった。

ウタカがどれだけゴールを重ねても負けるだけ。

守備を構築する力がチームにない。

Zimg_0175a

残留圏とは勝ち点6も開いてしまって

最下位暮らしも極まってきた。

横浜F・マリノスは2ndステージに入ってからまだ勝利がない。

ホームアドバンテージの薄い巨大陸上競技場、

抜群のピッチコンディション、

実力がそのまま結果に直結する。

清水ディフェンスの裏を取るパターンを徹底的に攻略してくるだろう。

清水は個がどうこうではなく、チームとして最後まで修正できないまま。

Zimg_0238a

なんとなく日々のトレーニングに臨み

なんとなくスタジアムで試合が始まり

なんとなく負ける。

勝てた試合だったと思えるほど

自分たちの不味さを理解できない。

そんな穏やかな静岡の空気と共に。

Zimg_0324a

新横浜駅前の日産スタジアムで

中村俊輔の華やかな劇場が幕開けするのか。

大榎監督で39試合目となるこの試合。

視界ゼロのゴール裏に集まるオレンジサポーターに

責任と意地を見せてほしい。

| | コメント (0)

うしじまいい肉  GANTZ  WF2015夏  その3

Zimg_1113po

ワンフェスはガレージキットのお祭です。

入場券代わりであるカタログ冊子の購入には時間がかかった。

入場してから最初の1時間ぐらいは

鞄の外ポケットに食み出す格好でカタログを入れておいた。

しばらくしてシャツに無数の白い汚れが付着しているのに気づいた。

何度払っても付いている。

なんなのか。

Zimg_1111po

カタログ冊子が汗で溶けだして

角からぼろぼろに崩れているのを発見。

無数の白い汚れは千切れていった紙だったのだ。

もはやどうしようもないと

ゴミ置き場にカタログ冊子を捨てた。

これで再入場できなくなるが

することもないだろうと判断。

Zimg_1122

入場券がカタログ系のイベントはいつも困る。

夏場だと汗で溶けだして崩壊する。

包むビニール袋でも持参しようか。

ワンフェスは大丈夫だが

再入場しないとエリアからエリアへ移動できないイベントもある。

そのとき入場券がカタログ冊子だと

余りにしんどくて修行に思えてくる。

Zimg_1217

ストロボを焚いて撮ると

わかりやすい画像となって仕上がる。

そのわかりやすさを良しとするか

いや、もっと深みが欲しいと思うか。

Zimg_1223ab

こちらはストロボ無し。

撮った時点では陰で真っ暗だったので

パソコンで陰に眠ったデータを浮かび上がらせた。

やはりストロボ無しの方がリアルだ。

現場の臨場感が伝わってくる。

Zimg_1235ab

黒衣装はどうしても

カメラが暗いと判断してしまい、白飛びするぐらいまで明るくしてしまう。

ISO感度やシャッタースピードをオートにしたものの

やはりマニュアルで調整せねばという流れ。

ジャストフィットは無理なので

暗めに撮っておいて後で補正です。

Zimg_1240ab

腰痛がなかなか治らないワンフェス後。

中腰でカメラを構えたりするのが良くないかな。

70Dになって縦位置グリップやブラケットもつけて

相当重くなったのも影響してる。

| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

うしじまいい肉  GANTZ  WF2015夏  その2

Zimg_1149re

オーソドックスなバックショット。

やや逆光気味でストロボで飛ばすぐらいが

一番楽な撮影ポジション。

太陽に対して従わず逆らわず、中間ぐらいでポジショニングしていきたい。

Zimg_1151g

撮影しているうちにストロボの電池が切れてきたので

シャッターを切っていると同じカットで

ストロボありとストロボ無しが撮れるようになった。

ストロボ無しで暗めに撮っておいて

あとで現像して

一から色塗りするというカメコも多いのだろう。

ストロボで白飛びしちゃうと

画像データ自体が残らないものね。

暗く撮れる分には後からいくらでもデータを拾える。

Zimg_1134

最前列は座って撮るのがマナーですが

ワンフェスではアスファルトが熱くて尻をつけなかった。

しゃがみが限界。

コミケでも鉄板の上で撮影が繰り広げられるのだろう。

Zimg_1148a

アメリカンフットボールの試合をアミノバイタルフィールドへ観に行くことが多いですが

試合中、定期的に小型の飛行機が離発着します。

すぐそばが調布飛行場なので。

離陸直後の飛行機が民家に墜落したそうで。

飛田給に住むのはそうしたリスクもあるのだなあ。

隣の味の素スタジアムは360度屋根があるので飛行機の離発着が見えない。

| | コメント (0)

うしじまいい肉  GANTZ  WF2015夏

Zimg_0477

うしじまさんを撮らせてもらったのは

本当に久しぶり。

前回が確か、同じく幕張メッセで

そのときは乗り物に乗って駐車場に登場された記憶がある。

あれ? いるんだ? と純粋に驚いた。

トラブル後でへこんだ自分を盛り上げる力が与えれた。

人生は往々にしてこうだから、なかなか終われない。

Zimg_0510a

全身が汗が噴き出して続けていたうしじまさん。

ポーズを変えるたびに

大量の汗がアスファルトに落ちていた。

うしじまさんのディレクションで

カメコの人垣はローテーションが何度も行われた。

あれがなかったら全然撮れないままだったかも。

Zimg_0596

なのであっちこっち様々な場所に

移動して撮ってます。

お付きのカメコさんがレフ板を当てているので

それを計算した上で撮れば

もっと良い画像になったかな。

バランス加減はやはり難しいですね。

Zimg_0708

ここ数年、イベントでうしじまさんに会う機会は

ほとんどなかったのですが

存在感は増すばかり。

うしじまさんが代表の会社から販売されている

ニーハイなどの服が大ヒット。

コスイベやアキバ界隈で、うしじまブランドを着た女の子を

毎日のように見ている。

Zimg_0710

逆さ撮りで動画を回していた人をしっかり注意する場面も。

ああいう男性はどうして濃いサングラスにマスクをして

目立つ格好をするのだろうか。

誰もがひと目で気づく怪しさ。

たぶん目立ってもいいから素の顔がばれないようにということなのだろう。

でも目立ちすぎですよ。

Zimg_0839a

大規模イベントだと

どうしてもおかしな撮影者が頻発します。

スマホのカメラでレイヤーさんの下半身に迫ってた男性もいて

出来心以外のなにものでもないな。

有名な業者の人達は、一眼レフカメラで撮ってるフリをして動画を回すという

プロフェッショナルな芸当をみなしていて

周りのカメコに溶けこみ存在感を消す。

それが良いのかどうなのか知りませんが。

Zimg_0963

ストロボはブラケットで縦配置にしていたのだが

人にぶつかられたときにシューコードの根元が折れてしまった。

盗難の落ち込みが大きかったので

なんかどうでもいいぐらいにしか感じなかった。

仕方ないのでブラケットを片付けて直接クリップオンに。

カメラバッグの中が空いてたからブラケット入れても問題無し(泣)。

コミケじゃどうかな。

ブラケットは最初からやめるべきか。

Zimg_1071

本来ブラケットってストロボを守るための囲いでもあるわけですが

シューコードのプラグが弱かったという。

そこまで強くありたいものだ。

今回のワンフェスは損失が多かったけど

それでも撮り続けるのがカメコだし、うしじまさんと出会うこともあるわけです。

Zimg_1095

みんな生きてる。

私も生きてる。

世の中は色々あるから

どうか元気でお気をつけて。

| | コメント (0)

ワンダーフェスティバル 2015 [夏]

Zimg_4237

最初からごたごたありましたが

そんなとき踏ん張るのが大切だと思うので、色々撮ってきました。

たくさんのレイヤーさんが日本全国から集まるのが

大規模イベントの良いところ。

まずはモールで甘栗いるふさん。

夏開催はモールが奥まで明るいので撮りやすい。

暑くて給水をよくしたのですが

モール奥の自動販売機は早い時点で売り切れになり

駐車場への出口側の自動販売機は最後まで緑茶だけ残ってた。

ミネラルウォーターとスポーツドリンクは即完売。

コミケと違って補充は無しです。

Zimg_2602

おれぱさん。

炎天下の駐車場は本当に暑かった。

汗で上半身はびしょ濡れだし、頭もくらくらふらふら。

おれぱさんは撮影開始前に

自分の名前やアドレスを画用紙に書いていたのだが

何度書いても失敗されていた。

そのぐらい炎天下で頭が朦朧としてしまっている。

芝生や土の上と違い

アスファルトは照り返しが強いので気温が半端じゃなく高い。

日陰なき戦い。

Zimg_1337

ぽぷりさんの呂ちゃんは

体のラインが艦これの元キャラに近いです。

この駐車場の隣はQVCマリンフィールドでして

甲子園の千葉県予選の決勝戦が行われている。

これに勝った高校が甲子園出場。

ぽぷりさんはこのゲームを観戦したあとワンフェスに来る予定だったようですが

チケット完売で入場規制がかかり、ワンフェスに直行となりました。

試合は松戸の高校がランニングホームランを決めて勝利し

ぽぷりさんは残念でした。

Zimg_4064

前日のまんだらけ撮影会では

撮影と物販の両方でもっとも長いカメコ列を作ったゆとりさん。

いつの間にかコスプレ界のスターダムに。

ワンフェスでの撮影は最初のうちだけ背景ボケなどにこだわっていたが

余りに難しいので

さっさと絞りもシャッタースピードもオートにしちゃいました。

モールならまだしも、屋外でベストフィットを狙うのは自分には無理。

順光だとレイヤーさんの体に陰影が強く出てしまい、逆光だとストロボも負けて暗すぎる。

その中間ぐらいの位置が撮りやすかった。

Zimg_3550

モールはカメラの設定も楽な環境。

ここなら色々試せた気もするが

面倒なのでそのままオートで突っ走った。

ストロボの段階も±0でお任せ。

普段のTFTとは違って、大規模イベントだとオート任せが無難かな。

でもそれだと上手くならないので、普段のコスイベでは色々考えて実行したい。

雨ちゃんはここ数年、なかなか撮れるタイミングがなかったのだけど

久しぶりにゆっくり撮れた。

| | コメント (0)

2015年7月26日 (日)

ワンフェスで盗難に遭った

Zimg_5158

カメラバッグの中身を盗まれてしまいました。

ワンフェスです。

正午ぐらいにコスプレ広場入りして

最初の撮影に参加したときだった。

人気レイヤーさんが囲み撮影となっていて

私はカメコの人垣の二列目で撮影させてもらっていた。

カメラバッグは背負ったまま。

でまあ、撮影を終えまして移動するときになり

カメラバッグの蓋が開いているのに気付いた。

あれ?開けたままだったかなと中を見ると

引っ掻き回されたあとが。

唖然とした。

まだ幕張メッセに入場したばかりなのに、最初からこれですかという。

カメラバッグの構造は複雑なんです。

ホックがあって、ファスナーがあって、さらにファスナーがあったり

仕切りがあったり、ネットで挟みこまれていたり。

それらを完全に掻い潜られて盗まれていました。

予備のSDカードなんてネット固定されていて

取り出すのに自分だって面倒なくらいなのに

あっさり盗まれた。

唯一救いだったのは財布をジーンズのポケットに入れておいたこと。

カメラバッグに入れておいたら終わりだった。

財布があったので、なんとかその後も撮影を続けることができた。

しかし唖然とします。

過去にコミケで荷物を持っていかれたことはある。

でもそれは自分の不注意でもあった。

当時は体から離れてしまうボストンバッグを使っていて

自分の足元に置いてあったはずが

撮影後に消滅していた。

そのあと湾岸署に行きましたが、警察でも荷物は必ず身につけておくようにと指導された。

それ以来、このような大規模イベントですと

必ず荷物は身に着けていた。

カメラバッグも背負っておいた。

ところが私が背負っているバッグから盗まれるという事態。

気づかない私も私だが

犯罪者の手口の良さが怖い。

たぶん実行犯以外にも周りを固める共犯者がいて

私に多少テストしたあと、短い時間でやったのだろう。

背負っている鞄に振動を与えないように

共犯者が浮かせたりとテクニックがあったのかもしれない。

それにしても背負っているバッグから盗まれるという失態。

一眼レフカメラでファインダーを覗いているときは

映画館の中でスクリーンを見ているような視界になり

集中するほど現実世界と乖離していく。

だが撮影中に身に着けているバッグから盗まれるとは

やはり私が鈍感な面も否定できない。

これ以上、どう対策をとったらいいのだろうか。

囲み撮影には参加しないという方法か。

もしくは荷物を自分の体の前に置くべきだったか。

ただカメラを構えるのに邪魔になるのも事実。

他にも被害に遭われる方がいるといけないので

その場ですぐに周りのカメコ達に

まさにここで、このような盗難があったと声を張って告知した。

そしてワンフェスの運営に掛け合ったが、まあ警察行ってくれと言われただけ。

行って被害届を出しても戻ってくるわけないので泣き寝入り。

財布だけジーンズのポケットに入れておいて本当良かった。

あとは鞄に入れてなかった一眼レフカメラで

その後の撮影活動を継続させた。

こいつなら確実に盗めるって犯罪者には思われたんだろうな。

そして実際やられた。

お手上げです。

| | コメント (0)

« 2015年7月19日 - 2015年7月25日 | トップページ | 2015年8月2日 - 2015年8月8日 »