« 2014年12月21日 - 2014年12月27日 | トップページ | 2015年1月4日 - 2015年1月10日 »

2014年12月28日 - 2015年1月3日

2015年1月 3日 (土)

C87  五木あきら  マリオ

Zimg_8339

暖かそうなマリオ。

初めてマリオブラザーズをやったのが30年前か

あきらちゃんがまだ生まれてないね。

ファミコンが大ブームになったもんです。

Zimg_8231

マリオブラザーズは一画面固定の単純なゲームでしたが

スーパーマリオブラザーズは

次々と画面がスクロールしていき

道中が生まれるという画期的なゲームだった。

Zimg_8234

そんなものが無かったから

衝撃だったな。

マリオの操作性の良さ。

コントローラーの使いやすさ。

Zimg_8433

これまで莫大な数のマリオが

穴に転落し、炎に焙られ、ノコギリで切り刻まれ、ハンマーに踏みつぶされ、死を遂げた。

そんなマリオの怨念が

妖怪となってやってきたのがジバニャンです。

| | コメント (0)

C87  潜水艦合わせ~艦これ~  あきちと愉快な仲間たち

Zimg_8136

あきちさんが伊401を合わせでやると聞いていたので

近づいてみたのですが

普段と顔が違いすぎて最初は疑ってしまった。

潜水艦軍団登場。

Zimg_8202

完成品が届くかと思ったら

プラモデルだったという晴嵐。

塗装に苦労されたようで。

私もプラモデルは子供のころによく作ったが

塗装がうまくできた経験はない。

Zimg_8223

潜水艦はオリョクル以外、

使い道がない昨今。

たまにはイベントで潜水艦作戦を立ち上げてほしいものです。

Zimg_8249

なんか違和感があったのは靴を履いているせいか。

潜水艦はみんな裸足やビーチサンダルだからね。

潜るときには脱ぐのでしょう。

| | コメント (0)

ライスボウル  富士通フロンティアーズ 優勝

Zimg_1649

富士通フロンティアーズ 33-24 関西学院大学ファイターズ  東京ドーム

富士通の圧勝で終わるかと思っていたのに

接戦となったライスボウル。

まったくわからないものだ。

Zimg_1256

富士通のQBキャメロンが怪我で出られず

その影響はあったろう。

1Qは富士通がキックの精度を見せつけ

長距離のフィールドゴールを決めて三点獲得。先制。

だが関西学院大学にタッチダウンを決められ、あっさり逆転される。

Zimg_1660

2Qは富士通の実力が発揮され

タッチダウンも決まる。

長距離のフィールゴールがまた成功し

これがあるから富士通は有利だと思わせられる。

X2の試合を観に行くと、キックをまともにできる人がいない。

関西学院大学もこのクウォリティのキックはない。

タッチダウンが無理だなと思われる攻撃回でも

最後に無理矢理フィールドゴール成功してしまう。

富士通が逆転してハーフタイムへ。

Zimg_1662

恒例のドリルがありまして

3Qがスタート。

ここで関西学院大学が猛攻を見せた。

ついに逆転に成功。

最終クォーターを関西学院大学リードで迎えた。

Zimg_1669

一年間、Xリーグを応援してきたのに

大学生に負けてしまうのかと不安になってきた4Q。

だがここで、あいつがやってくれた。

富士通のディフェンスといえばアディヤミ!

ジャパンXボウルでも次々とインターセプトを繰り返したが

この試合でも大事な場面でインターセプトに成功。

エースのゴードンが走りこんでタッチダウン。

富士通が逆転に成功した。

Zimg_0092

最後は富士通のフィールドゴールがまた決まりさらに差を広げた。

そして試合終了。

富士通はフィールドゴールの差で勝った。

飛び道具ですよ。

50ヤード近い距離があるのに、あっさりフィールドゴールできてしまうこの精度。

Xリーグは外人頼りと言われがちだが

西村選手のキックで勝ったようなもの。

Zimg_2276

日本一になった富士通チアは白い帽子を被った。

五年間ずっと見てきて、どうしてもオービックシーガルズに勝てなかったのだが

今年はパーフェクトなシーズンだった。

関西学院大学は四年連続で正月に敗北。

チアの四回生のみなさんはこの試合で引退のようで

毎年毎年負けてしまった大学生活となった。

とはいえ、この大舞台に来られるのが凄すぎるわけで、

四年連続の大学王者なのでした。

Zimg_2271

のっしりとライスボウル。

私も五年間ライスボウルを見てきましたが

ライスボウルが終わると正月も終わりだね。

試合前、富士通チアの振袖パフォーマンスも見られ

あれが一番正月らしかったな。

Zimg_2390

ライスボウルのあとは恒例のさくらボウル。

女子の日本一決定戦です。

大学王者の神戸大と社会人王者の関西アウィリーズの対戦。

例年より客が多いなと思ったら

神戸大の卒業生たちの関東組合が観に来ていたようです。

還暦を過ぎたぐらいの人達が多かった。

Zimg_2523

チアが一人に学ラン三人で少ない応援でしたが

少数精鋭ではなく、これで全員だそうで。

国立はチアはいないのかな。

今年の秋はXリーグのあと、大学の試合を観たりもしましたが

そういえば上智はチアが大勢来ていたが、横国はゼロだったな。

神戸大の優勝。

おめでとうございます。

| | コメント (0)

C87  唄汰音おれぱ  ランちゃん  うる星やつら

Zimg_7460

うる星やつらのコスがいまだに人気なのは嬉しいかぎり。

アラフォーの僕が小学生の頃に見ていたアニメですからね。

ラムちゃんは永遠なる理想の女性ですが

そんなラムちゃんの親友で

要領の悪い生き方しているランちゃん。

Zimg_7542

コスプレ業界では

ラムちゃんと並んでランちゃんの人気が高いです。

ラムちゃんにはすべてを委ねられるけど

ランちゃんは俺がどうにかしてやらなきゃと思わせられる。

Zimg_7543

おれぱさんは素敵ですね。

小柄なレイヤーさんも可愛い娘が多いけど

おれぱさんのように背が高い娘の方が

全身で撮ったとき

アニメキャラに等身が近くて映える。

Zimg_7659

小雨が降ったりやんだりだった二日目。

かえってこの衣装がありだったのでは。

降ってきても濡れる服はなし。

とはいえ寒さは人一倍。

Zimg_7784

屋上のコスプレ広場も

後ろ側が企業ブースへの通路となっているわけですが

今回は二重のパーテーションが組まれていた。

通路と広場の間に

誰も通らない真ん中の空白が用意されている。

緊急用の導線にするそうで。

Zimg_7819

それがあった方がコスプレ広場側としてもやりやすい。

小雨が降ったりやんだりだった二日目は

館内と屋外を頻繁に出入りしていたレイヤーさんも多かったようで。

アトリウムから駐車場は行き来がしやすい。

庭園は行くのはいいが、一方通行で帰ってこられない。

屋上も面倒かな。

Zimg_7890

カメコで長い傘をリュックにくくりつけている人がちらほらいて

凶器になりがちで、ちと不安だった。

私は傘を最初から差してきませんでした。

自宅から濡れて駅まで行って、濡れながらビッグサイト入り。

もうね、傘とか面倒臭いから。

Zimg_7990

普段からちょっとの雨では傘を差さない。

あまり傘を信用してない。

ちょっと雨が横なぶりになれば

頭が濡れないだけで全身雨にやられるし。

Zimg_9973

12月の終わりの雨降る日に

浜風が吹いてくる東京湾岸にて

このビキニ姿。

これを撮っている僕はダウンコートを着てました。

寒中コスプレ大会だぜ。

| | コメント (0)

2015年1月 2日 (金)

となコスC87  ぺこヤマぺこ

Zimg_8646

ぺこしかー!

TFTでぺこちゃん発見。

一眼レフを持ってるのが意外だといわれてしまいました。

爆風娘のファイティングショー。

Zimg_8651

コミケが終わってTFTに帰ってくると

外からこのエリアが丸見えなので

どんな感じだろうと観察します。

Zimg_8670

面白そうなエヴァコスの娘がいたので

それを撮ろうと向かった矢先

ペコシカに遭遇。

Zimg_8676

コミケで西日に苦しめられ続けたのに比べると

となコスの屋内環境は

良くも悪くも安定してる。

Zimg_8690

TFTの床はコスイベのあと

原状回復するのが大変だそうで

レイヤーさんのヒールが砕けて絨毯に溶け込んだのが一番厄介なんだとか。

ペコシカの厚底ならその心配もなく大丈夫。

| | コメント (0)

C87  甘栗いるふ  矢澤にこ (Wonderful Rush)  ラブライブ!

Zimg_5994

初日のコスプレ広場。

甘栗さんとは初日も二日目も最初に会えました。

にこをやると聞いたときは

大勢のレイヤーさんがすでにやっているので

余り期待してなかったのですが

いざ会うと甘栗さんらしい新鮮さに溢れてました。

Zimg_5997

甘栗さんがブレイクしたのは白井黒子でして

あのキャラクターが甘栗さんのもつテイストに

ぴったりマッチしていた。

にこも同じように

甘栗さんのしっかりして自立した人柄に合っている。

Zimg_6091

強気なんだけど可愛らしい。

にこ=甘栗。

すんなりそう思えるコスでした。

にっこにっこにー。

Zimg_5598

今回のコミケはカメラの限界を感じてしまったなあ。

5年目の一眼レフはすでに100万回のシャッターを超えている。

レンズはまだまだ全然いけるが

ボディが悲鳴をあげてそう。

Zimg_5670

金策に走って

新たな一眼レフを買いたいものだ。

フルサイズなど到底無理ですが

少しは良いカメラが欲しいものだ。

Zimg_5694

カメラのストロボもいい加減、

レンズの上につけられるようにせねばと思いつつ

伸ばし伸ばし。

縦に構えたとき真横にストロボが配置されてるからね。

レフ板なんかも使わんと。

Zimg_5697

と思いつつも

同じカメラを使い続けるのは

それがかろうじて機能するからだろう。

コンデジと違って一眼はタフであり

どこまでも戦ってくれる。

Zimg_5794

五年前に一眼レフを買ったきっかけは

甘栗さんをもっと綺麗に撮りたいという欲求だった。

当時も様々なコスイベに通っていたが

コンデジでそれなりの画質だった。

Zimg_5874

カメラは面白いです。

10年前はコミケのコスプレ広場に来ても

レイヤーさんとツーショばっか撮ってたな。

コンデジで。

今はもっと写真を極めたい。

| | コメント (0)

C87  甘栗いるふ  山猫の使いリンセ  チェインクロニクル

Zimg_4738

二日目は朝から雨だったので

最初は館内のアトリウムでした。

そこまで激混みというわけでもなかった。

甘栗さんはそういえば

二キャラとも赤目なんだね。

Zimg_4744

チェインクロニクルというゲームの

公式コスプレイヤーをしている甘栗さん。

営業イベントで使用したのと同じコスチュームで

コミケにも参戦。

他のキャラのみなさんも一緒でした。

Zimg_4758

オールザッツ漫才を見終わりましたが

最後のRGの芸人あるあるが良かった。

マイケルジャクソンのブラックオアホワイトの替え歌をやっていたが

ギターリフだけを生ギターの伴奏で行い

ライブの質感が良かった。

Zimg_4767

レイザーラモンとは世代が同じなので

選曲などがどんぴしゃだ。

ブラックオアホワイトが収録されたデンジャラスが発売されたのは

自分が高校生の頃。

一番よく音楽を聴いていた。

Zimg_4799

きっちりかっちりしていて

精密なアルバム。

ここまでガチガチに作りこめるんだと感嘆したものだ。

それなのにブラックオアホワイトの躍動感。

Zimg_4854

特にRGが生ギターの演奏にのせて歌うブラックオアホワイトは良かった。

マイケルジャクソンといえば

ビリージーンをはじめとしてアルバム・スリラーが最もメジャーだろう。

だがここでブラックオアホワイトが来るあたり嬉しいものだ。

Zimg_4864

マイケルジャクソンは子供のまま人生を突っ走り

幕をおろした。

まだ生き続ける我々は2015年を歩き出す。

| | コメント (0)

C87  AI  赤ずきん

Zimg_7141

赤ずきんちゃんです。

オオカミに襲われないように注意が必要。

カメコのおじさん達はオオカミではなく、沈黙の羊たちか。

Zimg_7129

赤ずきんちゃんと黒タイツは似合う。

この日は雨が降ったりやんだりで寒かったので

AIさんはタイツを三枚重ねだったそうで。

Zimg_7114

屋上のコスプレ広場は

パーテーションでゆるやかに仕切られて

導線を確保していた。

これは良かったですね。

| | コメント (0)

C87  ぽぷり  ラブプラス  高嶺愛花

Zimg_8104

ぽっぽっぽっぽっぽー♪

ぽぷり!

言ってみたかっただけ。

ぽんぽんぽこぽこぽーん。

Zimg_8132

コスプレ広場があっちこっちに拡散したので

会えなかったレイヤーさんが多い。

レンフリードさんにまったく会えなかったのは初めて。

甘栗たんはなぜか二日とも初っ端に遭遇。

Zimg_8179

柊まよんさんも会えなかった。

セーラーマーズ見たかったなあ。

これまで10年間、様々なコスプレに会ってきましたが

セーラーマーズが二番目に好きやね。

一番好きなのはセーラーヴィーナス。

いまはジバニャンに心を惹かれている。

Zimg_8167

うなうなうなうな、うなじー。

エレジーな2014年。

2015年はノンストップでいくぜ。

| | コメント (0)

2015年1月 1日 (木)

C87  モニ子  七つの大罪  ディアンヌ

Zimg_5475

元旦にUDXでお会いしたモニ子さん。

冬コミも三日間とも参戦。

屋上で撮らせてもらいました。

囲みは大きかった。

ここで面白い出来事も。

Zimg_5476

大勢で囲んでいるなか

いきなり一人のカメコが間近に飛び出し

モニ子さんに個撮をアタック。

他のカメコ群は置き去りで

うまくモニ子さんを引き込めていた。

これ自体はたまに起こる。

ずるさもあるが、くどくど言うほどのことでもなし。

Zimg_5524

ところがその後がひと悶着。

たくさん個撮した彼が感謝を言い、囲みの輪を抜けると

モニ子さんに「そろそろカウントとりましょうか」と笑顔で聞いてきた。

遠慮するモニ子さん。

彼が去ったあと、「本当にああいう人がいるんだね」「自分だけ撮ってカウントかよ」

と囲みの群集がざわついて笑いになった。

Zimg_5525

100人ぐらいで囲み撮影しているのに

自分だけ撮ってカウント解散。

これはネット上の都市伝説と思われがちだが

実際に多いのですよ。

マジでああいう人いるんだ、と賑やかに笑いあった囲み群衆。

Zimg_5314

モニ子さんも一緒に笑って

全体が和やかな空気に。

まあ色んな人がいるからね。

笑って許して次へ進むのがベスト。

Zimg_5315

本当の身内のカメコだと

囲みの整理をしたり、頃合いを見てレイヤーさんの委託からカウントをとったりと

むしろ大勢にとって利益となる。

ところが自称身内のカメコが来ると

「カウントとりましょうか」と問答無用で言ってきて

解散させて自分だけが撮り始める。

そんな光景も笑って平和に過ごせればこそ、コスプレ広場が維持できるというもの。

Zimg_5316

私自身も別のかたちで色々いわれることがあるので

日々反省であります。

過去にミスがあっても

それを乗り越えて関係性が築ければ。

囲みに限っていえば、楽しさがなければ。

Zimg_5389

コミケ三日間の最中は疲れすぎていて

帰ってきても興奮が収まらずに眠れないんだよね。

大晦日と元旦は寝続けました。

UDXにふらっと行って飯食って、そのあとすぐ自宅で寝てるという。

眠れる力が生きる資本だ。

| | コメント (0)

大晦日&元旦  トラゲーぺろぺろ  甘栗いるふ&モニ子  UDX

Zimg_9919

秋葉原駅前のUDXにて

大晦日から正月にかけて薄い本が売られてました。

とらのあな特設ブース。

大晦日には甘栗いるふさんが灯代ちゃんのコスで登場。

Zimg_9914

ツイッターでトラゲーぺろぺろと呟くと

写真を撮らせてもらえる。

ですが私はケータイのネット端末をもっておらず。

仕方ないので

自宅のパソコンのツイッター画面を写真に撮って

それを見せました。

Zimg_9915

やっぱなあ、スマホぐらい持ってないと

これから先はダメなのかな。

スマホ持ってるのが前提で世の中動いていくからね。

コミケが28~30日でして、大晦日は予定がなかったので

ぶらりとUDX。

Zimg_9926

同人誌の即売会でして

艦これ本が山ほど積まれていた。

見本のコピーを見て回ったが

提督はどこも精力絶大だなあ。

薄い本の世界。

Zimg_9931

年が明けまして2015年。

元旦はモニ子さんが

同じく灯代ちゃんのコスで登場。

2014年の撮り納めが甘栗たんで

2015年の撮り始めがモニ子さんというわけです。

Zimg_9937

UDXが自宅から歩いてすぐなので

昼食がてらカメラを肩にかけ行ってみたり。

UDXのレストラン街は

どこも休みがなくていい。

自宅周りの個人営業の店は来週まで開かないとこばかり。

Zimg_9946

冬コミのコスプレ広場では

しゃべり放題、元気いっぱいのやんちゃなモニ子さんだった。

ですがUDXでは

大人しくなっていてウケた。

Zimg_9961

オールザッツ漫才の録画を見ていますが

歌舞伎役者が衣装を盗まれて

裸で右往左往しているネタは面白かった。

あれはやられた。

Zimg_9974

コントの基本として

困った状況に置かれた主人公を登場させる。

ピンだと特にそうした必然性が求められる。

あれは見事だったな。

| | コメント (0)

C87  御伽ねこむ  パラダイスレジデンス  小鳥遊初音

Zimg_0276

雨降る冬コミ二日目。

小雨が降ったりやんだりのなか

屋上で御伽ねこむさんに遭遇。

面白い方でした。

Zimg_0374

囲み撮影だったけど

その準備がしっかりしていた。

撮影開始前に、お付きのカメコさん数人が全体のカメコ群を指導して

スペースを前もって作っておくのだよね。

このぐらいは離れて、こんな形のスペースをといった形で。

あれができるのは素晴らしかった。

お互い利益。

Zimg_0384

いざ撮影が始まると

カメコの大群に囲まれたスペースが結構大きいのだが

その方々にねこむさんが移動して間近で撮らせてくれる感じだった。

スペースの中心にずっと居たまま

左右の遠方カメコは真横からしか撮れないような状態ではない。

前後左右、あらゆる場所にねこむさんが移動していき、正面を向く。

面白い。

Zimg_0414

歌手が広いステージ上を動き回るような、そんな撮影風景だった。

それができたのもお付きのカメコさん数人による下準備だったり

カメコ大群のマナーのおかげかな。

囲みで撮れるのは精々三列目までだから

レイヤーさんの間近で囲むと半径が小さくなって少人数しか撮れない。

それよりは距離を空けて広くすれば、半径が大きくなり、大勢が撮れる。

Zimg_0573

一つ残念だったのは

ねこむさんはこのコスの前、バニーガールをやっていたそうで

そちらを撮れなかったことかな。

自分がネットのケータイ端末を持っておらず

各レイヤーさんの位置情報など全然把握してないのが問題なのかも。

Zimg_0269

二日目は朝から雨で

小雨が降ったりやんだりだった都合

全体の流れが穏やかだった。

決して人が少ないわけじゃないのだけど

来てるカメコ群が大人しい。

攻撃的な人らが二日目は避けてくれたように思う。

逆に晴天の三日目は戦場だった。

Zimg_0166

とても楽しい空間だった。

もしかしたらバニーガールのときは戦場だったのかもしれないけど

知らぬが仏。

二日目は楽しかった、本当に。

こんなことなら毎回小雨が降ったりやんだりでいいよと思えてしまうぐらい。

Zimg_0170

レイヤーさんがスケッチブックを置いておくのも定番となったコスプレ広場。

便利。

otoginekomuでアドレスが取れているのが快感。

-とか挟んで余分な羅列がつくのは

スマートさに欠ける。

| | コメント (0)

C87  摩耶  艦これのお正月

Zimg_6464

重巡洋艦で空中戦が得意な摩耶です。

強気で言葉も荒い艦娘ですが

そんな雰囲気をレイヤーさんが上手く醸し出している。

過去に一度だけ撃沈させてしまった経験あり。

Zimg_6471

庭園のコスプレエリアは外回りが

東館への導線となっている。

そのためコスプレには興味のない人たちも次々とやってきては

後ろを通り過ぎていく。

Zimg_6481

コミケの道順で難しいのは

時間帯によって通行止めになったり通行OKになったりする点かな。

それが運営のその場の判断だったりするので

前もって覚えておくこともできない。

Zimg_6490

2015年になりまして、あけましておめでとうございます。

ハニーハニー秋葉原店のカウントダウンに参加。

暇だったので一番目で開店待ち。

コミケ疲れが残っていて、うつらうつら。

クラッカーを鳴らして新年を迎えた。

年が明けてからの方が客が増えた。

Zimg_6500

店内では紅白歌合戦がスクリーンに映されていたので

十数年ぶりに見た。

最近のジャニーズやバンドを知らないのだが

意外とすんなり見ることができ

紅白は相変わらずなものだなと変化のなさを感じた。

最後は、ふなっしーも歌手たちと一緒にステージに上がっていた。

Wqasdrtg

そして帰ってきて艦これ。

夕立が振袖姿。

大みそかは、甘栗さんが近所のUDXでコンパニオンをしていたので訪れた。

艦これ関係の同人誌が大量に売られていた。

見本の漫画を読み比べながら

艦娘の性生活に頷いた。

Edfgyujk

そして改二となった足柄と結婚しました。

コミケでは自作の連装砲を大切に抱えているレイヤーさんが多かった。

ミシンに向かうだけでなく、工作もする艦娘レイヤー。

美大や芸大の娘が多く、ブログなどで制作過程を公開していたり。

| | コメント (0)

2014年12月31日 (水)

C87  妖怪ウォッチ  ジバニャン&フユニャン

Zimg_6878

地縛霊のジバニャンと浮遊霊のフユニャン。

C87ではジバニャンコスの女の子をよく見かけました。

とはいっても本格的な猫ではなく

アイドルっぽい姿で、ジバニャンのしっぽや耳がついている感じ。

Zimg_6890

冬コミの二日目は朝からずっと雨でして

最初は館内のアトリウムにいた。

でも午後一時ぐらいには雨がやんだので、運営の指示に従って外のコスプレ広場へみな移動。

地面が濡れているので難儀でしたが、やんでくれたのは幸い。

ところが午後二時ぐらいから小雨が降ったりやんだりになってきて

結局、終始雨だったね。

だがみんな外に居続けるみたいな。

Zimg_6861

雨の撮影で困るのは

機材が濡れることもそうですが

画像に雨粒が写りこんでしまうのだね。

それが防げるレベルでの小雨だった。

あとはフードでレンズを守ってやっていく。

Zimg_6919

小雨のなかの二日目でしたが

この日が一番楽しかった。

カメコの数も多すぎることがなく、誰もが穏やかだった。

無茶するような人や業者っぽい人がいなかったね。

そうだとこんなに平和に過ごせるのだという。

たとえ混雑したエリアがあっても、レイヤーもカメコもなんだか大人しくて

コスプレ広場全体が落ち着いてるんだよね。

そんな二日目だった。

Zimg_6909

死んでるジバニャンが頑張ってるのだから、生きてる俺はもっとやらないと。

そしてフユニャンのことはよく知らないので、わりとどうでもいい。

| | コメント (0)

となりでコスプレ博 C87 in TFT

Zimg_8794

となコスにも三日間とも参加しました。

三日間とも朝一番で入場。

入館したところで一人もコスプレイヤーさんがいない状態。

早く行っても仕方ないんだけど

緊張してしまって自宅にいても落ち着かない。

なら行ってしまえといったところ。

Zimg_8797

レイヤーさんもカメコも少ない午前中は

まったりと撮ったり。

コミケの入場規制解除に合わせて、正午前にはビッグサイトへ移動。

夕方にコミケからTFTへ帰ってくるのですが

そしたら激混み。

コミケのコスプレ広場とは違って

カメコよりレイヤーさんの人口が圧倒的に多いです。

Zimg_8809

そうは言っても身内撮りがメインなので

そんな撮影の合間に声をかけて

いけたらラッキーぐらいの感じ。

NGで当たり前。

Zimg_8784

面白かったのがテレビモニターと館内音楽で、ようかい体操第一が流されたとき。

それまで身内でお菓子を食べて喋っていたレイヤーさん達や

撮影中だったレイヤーさん達が

突如として一斉に踊り出し、ようかい体操が始まった。

こんなに浸透しているものなのかと驚いた。

きっと妖怪のせいに違いない。

Zimg_8813

二人以上の合わせを撮影させてもらっていると

ピン撮影のときは相方さん達が

お菓子を食べてたり喋ってたりで休んでます。

そんなとき館内でようかい体操が流れると、撮影している隣でみな踊り出すの繰り返し。

ついには撮影されてるレイヤーさんまで踊り出す。

妖怪のせいに違いない。

| | コメント (0)

C87  ほっぽちゃん 北方棲姫 艦隊これくしょん  yui*

Zimg_4343

私も毎日やっている艦隊これくしょん~艦これ~。

どんなに時間がない日も

演習だけはやってしまったり。

大型建造もやめて資材も溜まってきたので

我が鎮守府は安泰な年末を迎えております。

Zimg_4337

そんな艦これのコスプレは多く見られましたが

やはり艦娘がメイン。

そんななか敵キャラのほっぽちゃんに遭遇。

雪のような白さが季節と合ってます。

Zimg_4297

帰れと言われちゃいそうですが

まだまだコスプレ広場は始まったばかり。

晴れた日の日影が

一番撮りやすいですね。

Zimg_4303

今回のコミケの傾向でいえば

初日が11時半に規制解除だった。

二日目と三日目は11時ぐらい。

ゆりかもめの改札にある迂回看板が撤去される頃

となコスのTFTを抜け出して、東京ビッグサイトのコスプレ広場へ移動。

Zimg_4308

コスプレ広場は屋上だけだった昔と比べ

庭園、駐車場、トラックヤード、ふ頭公園、エントランスなど面積が十倍以上に拡大。

とはいえ、どこも混んでたなあ。

三日目が一番やばくて、どこのエリアへ行っても押し合いへし合い。

これは囲み撮影が主流だった以前と比べ

今は列に並んで個撮が主流になった影響だろう。

Zimg_4313

コスプレイヤーさんの数も急増している。

かつては一部の限られた人たちのプレイだったが

今ではとてもポップな存在となった。

そしてカメコの数は爆発的な増加。

ケータイカメラの性能アップにより、一億総カメコだ。

Zimg_4318

コミケは三日間とも

すべてのコスプレエリアを万遍なく回った。

気になるレイヤーさんが方々に散っていたので自然とそうなった。

夏コミまでは庭園に話題のレイヤーさんが集中していた。

でも今回の冬コミでは、いわゆるそうした著名のレイヤーさん達は

みんな庭園を回避して、あちこちに散ったようだ。

申し合わせがあったのかは知らないが、運営に協力した形かもしれない。

前回の夏コミの庭園がカオスすぎたせいか。

Zimg_4323

前回の夏コミ庭園に見られたような

過激な暴動レベルの撮影状態は消滅した。

やればできるもんだな。

今回は三日間とも平和。

時代が変わり、穏やかなコスプレエリアに。

Zimg_4327

とはいえ、混んでたね。

そしてトラブルもたくさん。

でもね、トラブルを恐れていたら何もできない。

面白いこと、楽しいこと、嫌なこと、悲惨なこと、

なんでもありまくりでコミケだ。

Zimg_4332

胸を張って生きられること。

そんな大切さを教えてくれたほっぽちゃんでした。

私もほっぽちゃんのように

戦っていきたいです。

| | コメント (0)

C87

Zimg_5502

冬コミが終わりました。

三日間ともフル参加。

疲れたけど、この時期に風邪もひかずに過ごせたのは恩恵かな。

私の一眼レフも五年目に入り、そろそろ寿命かなと考えさせられた冬の西日。

まとまった金が手に入ったら、真っ先にカメラを買いたいな。

レンズよりボディを酷使させすぎて限界かも。

長年、もっとも尊敬しているコスプレイヤー、甘栗いるふさん。

Zimg_7546

コミケが始まる前は、三日間を通して色んなことが起こるだろうと身構えていた。

そして実際、起こりすぎた。

楽しいことも傷ついたことも山ほど。

本当に事件が次々と起こってくる。

それらすべてを含んでコミックマーケットだ。

初日は例年通り、二日目は小雨だったが楽しく、三日目は傷もあれば。

そんなジェットコースターな三日間。

もちろん三日目も救いはあったし、感謝だった。

最近、活躍が光ってきた唄汰音おれぱさん。

Zimg_9651

申し訳なさと感謝と憤りが混じりあって

頭も体も混沌とした三日間。

終わった。

こうして生きて大晦日を迎えられたことが収穫。

コミケを卒業したいんだけど、今の自分はコミケに依存して生きていて。

コスプレ広場は面積が拡大したが

囲みが減って並びが増えたので、混雑ぶりは相変わらず。

これぞプラマイゼロか。

コスプレ広場のクイーン、五木あきらさん。

| | コメント (0)

« 2014年12月21日 - 2014年12月27日 | トップページ | 2015年1月4日 - 2015年1月10日 »