« 翔鶴改二甲  装甲空母 | トップページ | でんぱ組.inc  沼津市民文化センター公演  2016・1・30(土) »

2015年10月14日 (水)

イラン 1-1 日本  استاديوم آزادی (アザディスタジアム)

Zimg_4482a

得点 デジャガ 武藤

イランでのフレンドリーマッチ。

スポンサーボードがペルシア語でさっぱり読めない。

横書きだが右から左へ読む。

解説が闘莉王。

わりと闘莉王の解説がわかりやすいものだ。意外。

Zimg_4481a

イランの絶対的なチャンスとなった。

ゴールに向かったボール。

日本選手は誰も追いつけず。

だがイランの選手がなぜかクリア。

180度方向の違うシュートをゴールエリア内で撃つという

ミラクルなプレーだった。

これがイラン。

Zimg_4321a

日本企業がジャックしがちなアウェイのスポンサーボードだが

今試合はペルシア語の現地スポンサーがほとんどだ。

はめ込み合成で日本のスポンサーにしてしまうパターンもあるが

今回はいずれも行っていない。

ペルシア語で日本にアピールされても伝わるものはなく、アウェイ感が漂う。

日本企業に打診はあったろうし

日本代表の価値や日本の経済的な好不況を考えさせられる。

Zimg_4322a

前半のアディショナルタイム。

吉田がイラン選手を倒し、PK。

アウェイの地で安易だった。

だがPKのシュートを防いだ西川。

だがPKキッカーの真ん前に弾いたボールが転がり

もう一度イラン選手がシュート。

それが決まってイラン先制ゴール。

Zimg_4336a

イランが1-0でリードして

そのまま前半終了。

それはいけない時間帯に

いけないPKの取られ方で

リードされてしまった。

吉田はもう少し注意しなくてはいけなかった。

Zimg_4354a

後半は香川が下がって清武が入りキックオフ。

本田のクロスから武藤が背中で押し込むような形でゴール。

なんだかあっさりとしたゴールで日本が同点に追いつけた。

武藤はうちの実家の選挙区から出ている国会議員の娘と結婚したそうで。

武藤の背中ゴールで日本に勢い。

Zimg_4355a

武藤がGKと一対一となるも

残念ながらGKにとめられる。

だがさらに後ろから本田がやってきてボールを得るも

フィニッシュが決まらず。

本田はイラン選手達によって強引に倒されたがPKとはならず。

Zimg_4373a

宇佐美が去って原口が入った。

本田のフリーキックはGKにとめられた。

本田が下がって岡崎が入った。

柴崎が下がって柏木が入った。

酒井が下がって丹羽が入った。

Zimg_4381a

いまだにペルシャ猫やペルシャ絨毯など

ペルシアという昔の国名が印象強いイラン。

もともとイランの人たちは自分の国をイランと呼んでいたのですが

西洋がペルシアと呼ぶので、それを受け入れていたわけだ。

だがやっぱりイランと呼んでくれというわけで

ペルシアは廃止でイランです。

Zimg_4426a

日本も長らくジャパンと呼ばれている。

ジャパンとは何か。

日本を中国の人がニッポンと呼ばず、ジツポンと読んでしまったことが

そもそもの始まりらしい。

日はジツではなくニッで呼んでほしかった。

でまあ、ジツポンがシルクロードを渡って西洋にたどり着く頃には

ジツパンやらジパンとなりジパングで落ち着き

そこからジャパンと英語圏の人たちも呼び始めたとか。

ニッポンからジャパンでは随分、音的に離れてしまったものだ。

Zimg_4474a

日本が世界でどう呼ばれているか。

英語圏ではジャパン。

ヤーパン、ジャポン、ハポン、ジャッポーネ、ヤポニヤ、イポーニヤなど

様々な呼び方がされる。

すべてはジパングが元らしい。

武藤が下がって南野が入った。

Zimg_4487a

1-1のまま試合終了。

イランでご苦労様でした。

私もいつかイランに行ってみたいものです。

|

« 翔鶴改二甲  装甲空母 | トップページ | でんぱ組.inc  沼津市民文化センター公演  2016・1・30(土) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翔鶴改二甲  装甲空母 | トップページ | でんぱ組.inc  沼津市民文化センター公演  2016・1・30(土) »