« 鳥栖戦を前に  NHK-BS1 19時~ | トップページ | 勝てない清水エスパルス  残り7試合  残留圏と5差 »

2015年9月12日 (土)

サガン鳥栖 0-0 清水エスパルス  ベストアメニティスタジアム

Zimg_0169

スタメン発表。

大前はベンチスタート。

他は特別代わり映えしない。

角田と平岡が最終ラインをしっかり締め、GK杉山が必ずとめる。

そしてテセ、ウタカ、デュークの外国籍部隊はゴールを生みだす。

Zimg_0178

鳥栖のスタメンはなんといっても長身FWの豊田。

元ジュビロの菊地は嫌な存在だし、元清水のGK林は意気込みがあるだろう。

ピッチコンディションはかなり悪く、芝が禿げ上がっている。

キックオフ間近になり雨が降ってきた鳥栖市内。

Zimg_0210

キックオフして雨がかなり強くなってきた。

豊田には絶対やらせないという気迫が伝わってくる。

平岡や角田が相当きついプレーで豊田に迫る。

削られ続け、痛くてたまらない様子の豊田。

菊地の超ロングシュートはGK杉山がきちんとゴール前にいて対応。

櫛引なら決められてたな。

Zimg_0220

大雨のなか激闘が続く。

お互い潰しあい。

こうなる試合を予想したのか

家本主審はなかなかファウルをとらない。

ゴール前で倒れるFWがいても立て立てと指示。

たまにラフプレーで倒されてもカードは出さずに、ようやくファウル。

互いに暴力的になりがちな試合だが

カードは全然出されない。

ひたすらプレーし続けることを求める家本主審。

Zimg_0226

清水の攻撃の際は、鳥栖ゴール前に鳥栖選手が大勢陣取り

なかなかコースが開かない。

なんとかコースを見つけようとボールを回してもどこかで奪われ

ではロングシュートでもと撃っても

雨の中でなかなか枠に収まらない。

0-0でスコアレスのまま前半終了。

互いに潰し合いの暴動なゲームだ。

Zimg_0235

後半キックオフ。

雨はやんだ模様。

ウタカのボールキープが目立つが

決定的な形まで持ち込めない。

鳥栖のディフェンスを三人抱えても乗り切れるウタカのボールキープ。

だがそこまで。

ゴールは遠い。

Zimg_0241

デュークの俊足ぶり、ウタカのボールキープ、テセの空中戦。

あと一歩のところまでいくが、ゴールは生まれない。

最終ライン角田のシュートが多いが、一つも枠を捉えられない。

中盤でも前線でもウタカが起点となる。

Zimg_0248

残り20分、守備で貢献していた本田を下げて、攻撃的な竹内を投入。

残り15分、白崎を下げて大前を投入。

スタメンを下ろされたエース10番の大前。

有り余る体力で結果を出してほしい。

徐々に試合がゆったりした流れに。

選手達の疲労が窺える。

ピンボールのようだった試合内容がようやく落ち着きだす。

だがどちらもゴールを割れず。

Zimg_0290

テセが至近距離からシュートを撃つもGK林にとめられた。

あと1メートルが超えられない。

サイドバックの鎌田が攻め入るシーンが目立つ。

テセのヘディングシュートが枠内へ向かうもGK林がはじき出す。

Zimg_0207

結局スコアレスのまま試合終了。

厳しい状況に。

残り7試合。

新潟もドローだったため、15位との勝ち点差5は変わらず。

ただ仙台が勝ったので14位との差は8となった。

これだけ必死に戦っても駄目かという。

|

« 鳥栖戦を前に  NHK-BS1 19時~ | トップページ | 勝てない清水エスパルス  残り7試合  残留圏と5差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥栖戦を前に  NHK-BS1 19時~ | トップページ | 勝てない清水エスパルス  残り7試合  残留圏と5差 »