« 天皇杯2回戦  清水エスパルス 2-4 藤枝MYFC  IAI日本平 | トップページ | サガン鳥栖 0-0 清水エスパルス  ベストアメニティスタジアム »

2015年9月12日 (土)

鳥栖戦を前に  NHK-BS1 19時~

Zimg_1666

なぜかこのタイミングでNHKの放送が回ってきた。

鳥栖から生中継。

残り試合を連勝しないと不味い状況なので

鳥栖戦を落とすと終わりだ。

天皇杯の惨敗を見ても戦えない集団なのは明らかで

たぶん清水エスパルスの選手やスタッフ全員に

この体質が漂っているのだろう。

それは私にも漂っているし、サポーター一人一人がそうなっている。

一部のウルトラの人達は爆発的な応援をし続けているわけだが

ゴール裏全体もやはり同様な体質に浸っている。

Zimg_1634

夢も希望ない日々だ。

ただ生きている。

楽しいことなんかない。

若くもないし、愚かな真似もしない。

ただ老いていく。

清水エスパルスと共に老いる覚悟だけが

クラブやサポーター達には芽生えている。

私も2006年から2008年の三年間は、ホーム全試合、アウェイ三分の二ぐらい

ゴール裏へ行ってタスキを担いだものだった。

そんな風に一時期熱心に清水を応援していた人が世の中に多いだろう。

Zimg_1627

当時は、昔から清水を応援しているというだけで幅を利かせる人達が嫌だったが

今になって思うのは、そんなに長年に渡り日本平に通い続けているのは

たいしたものだということ。

まあとにかく俺の小説はさっぱりだよ。

せめて清水エスパルスぐらい栄光をつかんでほしいのに、清水もJ2落ちかい。

社長からはお手上げ宣言も発表された。

誰もがお手上げだ。

あと一歩の踏ん張りと、ここぞというときの決定力。

それがどうすれば生まれるのかは永久に謎で

ピッチに立つ11人が一つの生命体として機能しないと難しい。

Zimg_1684

鳥栖に勝つことは決して無理じゃない。

だが今の清水を取り巻く状況は、選手達から多くの能力を奪う。

鳥栖の攻撃に怯え、鳥栖の守備を恐れる。

勝ちたいという希望より、勝てない不安にとり憑かれる。

そんな臆病者のフットボールは負けしか待ってない。

どんなことがあっても最後まで勇敢に。

勇気を失ったらゲームは終わりだ。

最後の最後まで勇気を持つことを。

|

« 天皇杯2回戦  清水エスパルス 2-4 藤枝MYFC  IAI日本平 | トップページ | サガン鳥栖 0-0 清水エスパルス  ベストアメニティスタジアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇杯2回戦  清水エスパルス 2-4 藤枝MYFC  IAI日本平 | トップページ | サガン鳥栖 0-0 清水エスパルス  ベストアメニティスタジアム »