« なぎさ 摩耶 艦これ まんだらけ | トップページ | じみへん 無事最終回 さよなら スピリッツ »

2015年8月 9日 (日)

甘栗いるふ  [CDデビュー]島村卯月  まんだらけ中野

Zimg_0012

まんだらけ中野の撮影会も

こうして振り返ってみると良い思い出です。

商品陳列棚のロケーションで撮影できることも滅多にない。

ブロードウェイのまんだらけ。

ブロードウェイは築40年を超えますが

上階のマンションはいまだ高値。

かつては多くの芸能人が住んでいた。

今では思いきったリフォームも可能で、好評のようです。

Zimg_0019

甘栗さんを長年に渡り追いかけ続けてしまい

彼女の存在が自分の中で大きな割合を占めてきた。

一番の特徴は頑なさかな。意地。

穏やかで優しくて誰もを受け入れる反面、譲らぬ頑なさと意地がある。

サービス精神旺盛で、他人を思いやって、努力や気苦労を惜しまぬ反面、

どんな天変地異にも揺るがない頑なさと意地がある。

Zimg_0025

このところ鬱々としていて朝がつらい。

孤独な人間が行きたがるようなイベントが多い時期だが

どこにも行く気力がない。

メイド喫茶もライブアイドルもどうでもいい。

カメラも握りたくない。

穏やかであってくれればそれでいい。

Zimg_0029

良い按配な時期もあったけど

甘栗さんを傷つけてしまって

謝ることもできないまま五年ぐらい経った。

いつか甘栗さんも永久に私の前から姿を消し

それでも老いた私はカメラを握り

コスイベに通うのかな。

Zimg_0030

私は若くもないので首も吊らない。

放っておいても老いて終わる。

無が永久に続くだろう。

自分が死んだあとの無に怯える人は多いが

生まれる前の無は平気なのか。

宇宙誕生より前から遥か長い間、私は無だった。

そして今だけ生がある。

Zimg_0034

無だったものが、また無に戻る。

ゼロ。

それまでの時間、どれだけ小説を書くだろう。

最後まで一作も採用されないままか。

どちらにしろ終わりはある。

終わる間際になってどう思うだろう。

Zimg_0035

ワンフェスでアクシデントがあったこともあり

それから二週間ぐらい気が重くなる一方。

表立ったことについてはブログですでに書いたが

もう一つ別件で傷ついたことがあり

等身大の自分を見つめさせられ、途方に暮れる。

イベントに出かけるのはそうしたことを孕んでいるのだな。

Zimg_0039

終わりにしたいなあと思うけど

これまでも終わりにしなかったし、今後も終わりにしないまま老いる。

そして無になる。

それでいいんだろうな。

残念なんだけど、それもまた人生。

怯え苦しみ怒り狂う自分を受け入れ、穏やかなときを少しでも長く。

Zimg_0049

金曜日からコミケが三日間ある。

行くだけ傷も増えるだろう。

わかっていながら行く。

仲間はいない。

どこまでも個人。

なんらかの役目の仮面を被ることもなく

個人が自由意思で目的を見つけ、そこで過ごす。

Zimg_0056

過去が襲ってきて身動きもとれず潰れるような

ありふれた日常を少しでも止める。

代わりに今の目的を、それと同時に傷を負う。

終わったあとの虚しさを求めて。

|

« なぎさ 摩耶 艦これ まんだらけ | トップページ | じみへん 無事最終回 さよなら スピリッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぎさ 摩耶 艦これ まんだらけ | トップページ | じみへん 無事最終回 さよなら スピリッツ »