« 東京ガスクリエイターズ 24-24 オール三菱ライオンズ  富士通 | トップページ | 横浜ハーバース 22-7 ラングラーズ  大井ふ頭 第二球技場 »

2015年5月19日 (火)

IBM BigBlue 7-24 オービックシーガルズ  富士通スタジアム

Zimg_5766

この日の二試合目が14時にキックオフ。

客席スタンドの通路もようやく水が引いた。

あの水没状態はどうにかしないといけません。

雨はまったく降らず、曇り空だったが

たまに陽が射した。

Zimg_5767

客数も増えました。

1000人を超えたようだ。

賑やかな客席スタンドとなった。

ホームとアウェイの客席が対岸に分かれるようになったので

遠慮なく推しチームを応援できる。

Zimg_5780

昨年、IBMビッグブルーは

初めてジャパンXボウルに出場。

社会人日本一を決める東京ドームの晴れ舞台。

結果は富士通に敗れて準優勝だったが

40年近いチームの歴史のなかで

もっとも輝いたシーズンとなった。

Zimg_5787

だが昨シーズン、IBMはオービックとの対戦がないまま

ジャパンXボウルの舞台へ進んでおり

苦手なライバルを、組み合わせの幸運で逃れられたわけでもあった。

そして東日本交流戦。

果たしてIBMはオービックに打ち勝つ実力がついたのか。

Zimg_5805

疾走するケヴィンクラフト。

この細くて長い体型は、遠くからでも目立つ。

だがいかんせん、攻める導線を探すうち

逆走し出すシーンが多いのは相変わらず。

Zimg_5811

試合はオービックシーガルズが圧倒。

やはりオービックは強かった。

菅原もいまだ健在。

このまま無得点かと思われた試合終了間際、

IBMがついにタッチダウン。

なんとかIBMファンの期待に応えた。

Zimg_6089

BBC(ビッグブルーチアリーダー)。

Maikaさんが復活しました。

客席が取り払われて、臨時のベンチだけしか川崎球場になかった時代

マイクを担当されていた。

雨の日の試合で、少ない客全員が傘を差すなか

踊り応援し続けたBBCの姿が印象的。

Zimg_4225

オービックシーガルズのチアリーダー。

何年にも渡って日本一だった無敵のオービックですが

昨年はジャパンXボウルにも出場できず。

チアのみなさんも黄金時代を支えたメンバーが一斉に抜けてしまい

時の流れを感じます。

Zp1880215

試合後は選手達と観客の触れ合いがありますが

どこかで見たことある顔が。

ふろん太くんじゃないか。

この富士通スタジアムは川崎フロンターレが管理者なのでした。

ふろん太くんには是非、排水溝の詰まりを直してほしいところ。

Zp1880212

富士通フロンティアーズの試合だけでなく

関係ないゲームでも、ふろん太くんは富士通スタジアムにやってきているのだな。

パルちゃんには今年になってから会ってませんが

ふろん太くんは元気だったよ。

富士通は南野陽子のFMシリーズ広告が

ログインの裏表紙だったなあ。

|

« 東京ガスクリエイターズ 24-24 オール三菱ライオンズ  富士通 | トップページ | 横浜ハーバース 22-7 ラングラーズ  大井ふ頭 第二球技場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京ガスクリエイターズ 24-24 オール三菱ライオンズ  富士通 | トップページ | 横浜ハーバース 22-7 ラングラーズ  大井ふ頭 第二球技場 »