« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年11月2日 - 2014年11月8日 »

2014年10月26日 - 2014年11月1日

2014年11月 1日 (土)

11月

Zimg_9469

11月だ。

寝る前は暑いのに

夜中に寒くなって起きる。

そんな季節。

年々、体温調節が鈍くなってる。

ちょっと歩けば暑くなりすぎ

じっとしてれば石のように冷える。

Zimg_9467

気づけば自室ではジャージ上下。

ジャージ上下のままコンビニにも行く。

神田はどのコンビニも大体ありますね。

ディアステ向かいのサンクスは

イートインのコーナーがあるのでカップヌードルを啜ったり。

| | コメント (0)

松本山雅  J1昇格決定

Zimg_9472

J2リーグは3試合を残して

松本山雅がJ1昇格を決定させた。

山雅という喫茶から始まったサッカーチームはついに日本の頂点リーグへ。

元日本代表の松田が練習中に倒れて亡くなった際には

AEDの必要性を理解させた。

異常をきたした心臓をAEDを使ってとめてしまい

直後に心臓マッサージを開始して復活させる。

自国開催のW杯で活躍したスター選手。

AEDさえあれば助かった命。

Zimg_9475

明日の川崎×清水の試合は

チケット完売が発表された。

等々力陸上競技場は満員となるだろう。

清水エスパルスがJ2に落ちるわけにはいかない。

いまだホームの等々力で二敗しかしてない川崎フロンターレ。

だがその二敗の相手は穴であり

フットボールというゲームの性質上、チャンスは充分にある。

来年、長野県松本市へ遠征するために。

あの地中深く掘られた世界的にも珍しいサッカー専用スタジアム。

Zimg_9465

NHKの地上波でも生中継があり

川崎×清水の重要さが示されている。

清水の命がかかっている。

J2では湘南と松本が昇格を決めたが

かつてのJ1チームはどこも毎年苦戦し続け

どれだけ金をかけても一向に上がれない。

落ちるわけにはいかない明日の一戦。

| | コメント (0)

2014年10月30日 (木)

電通クラブキャタピラーズ 12-18 ウォリアーズ  川崎

Zimg_5109

試合後のウォリアーズ挨拶では

「電通に初めて勝てました」と主将が涙を流し

今シーズンの手ごたえを客席に伝えた。

クラブとしては6年ぶりの勝利だったようだ。

電通の壁を6年ぶりに破り、目指すはX1。

Zimg_5082

バックスタンドも徐々に完成してきました。

こちらも客席背後のビルを建てるのだな。

バックスタンド側は西日をもろ被り。

基本的には今あるメインスタンドと同じようだ。

Zp1860119

試合後の閑散としたスタジアム。

人工芝の張替えもあるようだし

さらなる変化を遂げる。

Zp1860125

川崎球場を出ると

川崎市体育館にはパレードが終わった子供たちが溢れていた。

ハロウィンな川崎だった。

| | コメント (0)

2014年10月29日 (水)

ブルザイズ東京 14-21 バーバリアン  川崎富士見球技場

Zimg_1036

この日の川崎駅前は

ハロウィンのパレードが開催された。

川崎球場に着くまでの道も

仮装した人たちと多くすれ違った。

一般的なコスプレと違い

尖った鼻をした怖いキャラクターが多い気がする。

お化けの仮装をするのが本場アメリカ式なんだろうな。

Zimg_1038

帰りの川崎駅前の方が

さらに仮装した人たちで溢れていた。

みな自宅から仮装して乗り込むので

パレードが終わったあとも

そのまま仮装で過ごし続けているのだ。

好きな人が多いのだなあ。

Zimg_1042

ブルザイズとバーバリアンは

前半に2回ずつタッチダウンを決め、互角でハーフタイムへ突入。

最終クォーターでバーバリアンがタッチダウンを決め

それが勝利に繋がった。

Zimg_9559

バーバリアンのチアリーダー、バービーズ。

外のハロウィンパレードに負けない勢いで

選手たちを後押し。

ハーフタイムには身体能力の高さも披露。

Zimg_9885

ブルザイズのチアリーダー。

世田谷チアリーディングクラブのBRONCOSが担当。

一列に並んで一人置きにピョンピョン跳ねるパフォーマンスが

単純ながら面白かった。

高度なスタンツを次々と繰り出すチアなのだが

なぜかあれが一番印象に残った。

可愛らしくて愉快だから。

| | コメント (0)

2014年10月28日 (火)

横浜F・マリノスユース 21-1 ブラウブリッツ秋田U-18  MM

Zimg_7528

そういえば

みなとみらいスポーツパークでのX2リーグ観戦後は

隣のマリノスタウンで

Jリーグユースカップを観戦。

秋田の完敗でしたが、まだ秋田は全員が高校一年生ということで

伸びしろがあります。

秋田を応援してる人たちが意外にも多かった。

ピッチレベルのライン際で観戦できたので迫力ありました。

| | コメント (0)

警視庁イーグルス 13-6 富士ゼロックスミネルヴァAFC  横浜

Zimg_6120

みなとみらいでの二試合目。

西日をもろ被りで客席は沸騰状態。

真夏の復活。

眩しいなか観戦。

Zimg_6334

最終クォーターで富士ゼロックスがタッチダウンに成功。

キックを決めれば同点という場面。

だがもう一度エンドゾーンへ運ぶ2ポイントを狙った。

そして失敗。

これが試合を決めてしまった。

Zimg_7116

惜しかった。

観客からは「なんでキックにしなかった」という声が溢れるが

そこは判断と行動であり

勝負なのだ。

Zimg_7115

富士ゼロックスミネルヴァAFCのチアリーダー。

試合前には子供チア達が

観客に鈴を配った。

鈴の音で選手たちを後押し。

Zimg_6422

反対サイドには客席がないのだが

マリノスタウンの屋上には観戦者がいた。

背中に西日を浴びて

順光なので見やすそう。

Zp1860097

警視庁は強かったという挨拶だったが

非常に惜しかった。

もったいなかった。

| | コメント (0)

Sony Solidstate 14-15 ブルーサンダース  横浜みなとみらい

Zimg_5692

みなとみらいでした。

Xリーグとは関係ないけど

なぜ横浜F・マリノスは練習場が横浜駅前にあるのか。

横浜駅という日本を代表する超ド級のターミナルから徒歩数分。

親企業の日産本社が横浜駅の真ん前にあり

その隣にマリノスタウンという構図はわかる。

だがここにマリノスのサッカー専用スタジアムがあり

新横浜の郊外あたりに練習場があれば良かったのではと思えてしまう。

Zimg_5704

そんなマリノスタウンに隣接している

みなとみらいスポーツパーク。

X2リーグのソニーとブルーサンダースの試合。

横浜駅前の高層マンションに囲まれながら

アメリカンフットボール。

Zimg_5705

客席スタンドがあるのは

ピッチ上が完全逆光になる側だけなので

観ていて非常に暑かった。

ここもマリノスタウンも

客席があるのが逆光側だけでして

眩しくて暑いです。

Zzp1860074

最終クォーターでブルーサンダースのタッチダウンが決まり

もう一度エンドゾーンへ運ぶ

2ポイントの成功。

これが勝敗を分けた。

タッチダウンの数は互いに二回ずつ。

X2の試合だと2ポイントが決まりやすいし

逆にキックの精度が悪く、1ポイントとれないことも多い。

Zimg_5511

ソニーのチアリーダー。

新ユニフォームではなく旧来のスカートスタイル。

X2の試合だと

精度の高いキッカーがいないことから

フィールドゴール3点が入ることが少ない。

ここがX1との大きな違いかと思っている。

Zzp1860081

試合終了。

あと一歩足りなかったのは

キックの精度か。

それ以外は互角だった。

| | コメント (0)

2014年10月26日 (日)

残り4試合  清水エスパルス  降格圏へ逆戻り

Zimg_9452

清水エスパルス 1-3 サンフレッチェ広島  IAI日本平

清水は16位の降格順位へ転落。

最後は得失点差での勝負にもなりそうな残留争い。

清水の残り四試合の相手。

川崎、名古屋、柏、甲府。

Zimg_9454

色んな計算が頭に生まれ

困難が山積みになる。

だがそんなことより

一週間後の等々力で勝利することを。

| | コメント (0)

« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年11月2日 - 2014年11月8日 »