« 2014年1月12日 - 2014年1月18日 | トップページ | 2014年1月26日 - 2014年2月1日 »

2014年1月19日 - 2014年1月25日

2014年1月25日 (土)

C85  ぜかまし  五木あきら

Zimg_3613a

冬コミの二日目だったわけですが

五木あきらちゃんの囲みは凄かったです。

密集具合が。

五木さんに360度バリアが張られたような状態。

庭園の押し合い圧し合いからは解放されますが

カメラのレンズが大量に迫る。

Zimg_3617

最初に撮影を見つけたときは

囲みの外にいて全然撮れなかった。

五木さんは休憩に入ったが、

一度コートを羽織ってしまうと、なかなか脱げないのも宿命。

ひたすら寒い年末の屋外。

Zimg_3618

普通に考えたら

今の時期に信じられない薄着だものね。

それでもなんとかコートを脱ぐことに成功。

撮影再開。

今度は最前で撮らせてもらえた。

Zimg_3622

コミケのコスプレ広場に慣れているカメコだと

庭園の激混み具合も了承して

穏やかな態度で臨む。

でも知らない人がやってくると、トラブルになりがち。

Zimg_3641

囲みの一部で、

若干、揉め事が起こってしまいました。

そこを上手く宥めたのが五木さん。

私は何もせずに傍観でしたが、

あの現場がひどくならずに収まったのは、ありがたかった。

Zimg_3643

有明セントラルタワーを背景にして。

有明にオフィスを構える効率は、いまいちわからない。

六本木ヒルズなら、そのブランドを買う意味合いが強い。

Zimg_3648

カメラ話を他の人とする機会があったが

今はニコンが強いな。

ダイレクトな画像を撮っていくニコン。

良くも悪くも、あるがまますべてを記録。

比べてキャノンは自動モードが充実していて

肌の質感などを勝手に修正してくれたり。

Zimg_3596

日本の市場的には

ミラーレスが勢力を伸ばしている。

あの手軽さ。液晶画面を見ながらコンデジ感覚で撮れる。

Zimg_3598

いつも乗っている電車でも

いつもと違う駅から乗ると

違った雰囲気に感じるなと思ったり。

Zimg_3605

来月のえいたそバースデイは

ディアステージ開催はせず

カラオケボックスで行うそうな。

カラオケアイドル。

Zimg_3609

でんぱ組の千葉公演が近づいてきたが

終演後に握手会やらチェキ会があることを考えると

ライブ自体は短めに終わりそう。

Zimg_3579

最後は座りで。

しゃがみかな。

海に繰り出せ、地球を徘徊。

| | コメント (0)

C85  島風  五木あきら

Zimg_3477

元パナシェの五木あきらちゃん。

人気の島風コスで登場。

コスプレ広場の庭園内には、島風コスのレイヤーさんがあちこちに居たのですが

クールで大人っぽい島風が多かった。

ゲーム通りのやんちゃでわがままな島風は、あきらちゃんが似合う。

Zimg_3482

大破したときの膨れっ面。

激おこだよ。

駆逐艦はスピードがあり

相手の攻撃を避けるのが得意ですが

当たるとダメージが大きい。

Zimg_3475

僕自身、

島風を2-4でゲットしたときは

すでに戦艦や空母頼りの布陣だったので

今さら駆逐艦を手に入れてもなという感じだった。

Zimg_3521

だがゲームを進めるにつれ

布陣に駆逐艦を二艦以上は入れないと

ボスに辿り着けない面が多々現れ、

必要な艦娘となった。

いまでは島風がレベル80を超える。

Zimg_3558

駆逐艦は夜戦でも強く、

雪風や時雨は運の強さでカットインしやすい。

潜水艦を相手にしても

魚雷で撃沈させる。

Zimg_3456

性能としては戦艦や空母が圧倒だが

燃費が悪すぎる。

空母を戦わせれば、ボーキサイトが溶ける。

燃料も弾薬もあっという間に消費。

どうしても効率を考えなければならない。

Zimg_3573

たまにはストロボを焚かずに。

バニー耳は針金立ち。

赤と白のしましまニーハイは

テンガを感じさせ、セクシー。

| | コメント (0)

2014年1月24日 (金)

フォルラン セレッソ大阪へ移籍  Jリーグ史上最高 年俸6億

Zimg_3388

フォルランが前回のW杯の得点王だったり

過去にスペインで二度、得点王になってたり

マンチェスターユナイテッドやアトレチコ・マドリードで長年プレーしてたりとか

そんなことはどうでもよくて

セレッソ大阪が年俸6億を出すのに驚いた。

Zimg_3383

だってセレッソ大阪で億を超える年俸の選手なんかいない。

そもそもJリーグ全体を見渡しても、ほとんどいない。

セレッソの他のスタメンクラスにしても

年俸2000~3000万でしょ。

なのに一人だけ年俸6億。

チーム内で上手くやっていけるのだろうか。

Zimg_3411

これだけ大型の移籍加入をさせたのは

セレッソ大阪がACLに出る影響らしい。

セレッソは親会社がヤンマーディーゼルですが

アジアで農耕の機械や特殊作業車をもっと売っていきたいと。

セレッソ大阪がアジアチャンピオンズリーグで戦うのは

宣伝の大きな機会。

Zimg_3415

YANMARのスポンサーロゴが胸に入ったユニフォーム。

これを着たセレッソ大阪が

アジアで活躍することで

アジアでヤンマーのトラクターを売るぞと。

規模がでかい話だ。

Zimg_3427

この辺りが、日本とアメリカだけでやっている野球の閉塞感と違い、

世界規模のサッカー市場の魅力だ。

もちろん日本でプロ野球が最も人気があるように

アジア各国でも、サッカーより人気のスポーツは存在する。

だがサッカーは必ず2番手に来る、時には1番手のスポーツなのだ。

Zimg_3434

ただ、一人だけ高額ギャラとは

居づらさがないかと心配でもある。

たった1試合のプレーで

他の選手の年俸分を貰ってしまうのだから。

Zimg_3439

アジアの新興国は高度経済成長にあり

トップの企業は、サッカークラブを買収する。

タイ・プレミアリーグに次々と日本人選手が移籍していく現実もある。

日本にいたらJ1で2000万貰うのがやっと。

でもタイ・プレミアに行けば、5000万が手に入る。

そんな額のレベルではあるが

純粋にサラリーマンレベルで考えれば、

2000万が5000万に化けるのなら、行くだろう。

Zimg_3440

かつてJリーグを

そして日本代表を盛り上げたスター選手達が

タイに行き、

最後のひと稼ぎを狙う。

Jリーグに金を稼ぎに来るブラジル人は、昔から多かったが

いまでは立場が逆になり

日本人がアジアへ出稼ぎしに行くのだ。

Zimg_3441

かつてのスターといえば

浦和レッズの山田が引退を発表した。

昨年にしても、そこそこJ1で出場してるわけだし、

体も丈夫だしで、

カテゴリーを選ばなければ、プレーし続けられただろう。

だがギャラや待遇を考えて、引退となった。

キングカズをはじめ、ギャラやカテゴリーを選ばない高齢選手が当たり前になっていたので

山田の引退は意外だったが

本来、当たり前なのだ。

もう40歳も近い。

Zimg_3460

日本代表としてはキャバクラセブンとして処分され

良い時期が余りなかった。

浦和がACLで優勝したときも、

ファイナルの試合には出られず、残念だった。

だが長年、浦和レッズの顔として君臨した。

すでにJ1で500試合出場を達成している。

浦和のJ2時代がなければ、伊東輝よりも先に500試合を達成していただろう。

Zimg_3463

ブラジルW杯が近づく。

初戦のコートジボワール戦は

日本時間で日曜日の午前10時キックオフ。

この大一番で、日本のサッカービジネスの将来が決まる。

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

C85  アマガミ  七咲逢  toro  その5

Zimg_3356

インフルエンザとノロが大変流行っています。

わたしは正月明けに

インフルエンザでぶっ倒れてた。

大食いな自分が

ポカリしか飲めずに何日も過ごすのは

珍しい生活だ。

Zimg_3304

艦これは全面制覇しましたが

任務をこなせてない。

翔鶴が出ないね。

実のところ、翔鶴はずっと旗艦にしていて

ロストさせてしまったので

そういう場合、二度目が出づらいのかなと思ったり。

Zimg_3378

建造でまるで手応えがないので

4-4のボスを倒し続けている。

だがドロップしない。

資材もなくなり、ゲーム続行不可能。

Zimg_3465

翔鶴が出れば、

任務もすべて完了し、

デイリーをこなせば

コンプリートな状態にできる。

Zimg_3132a

どんな場合にも起用する艦娘は鈴谷。

4-4アタックにも、レベルアップにも

いつでもどこでも鈴谷。

役に立つ航巡。

戦艦にしろ駆逐にしろ、時と場合で面子が変わる。

だが鈴谷はいつも。

Zimg_3140

まるゆのぼこられ具合は凄まじい。

レベルアップのときは

まるゆを入れておけば

他の艦娘がまるで攻撃を受けないので楽だ。

Zimg_3141

競泳水着が似合うのは

有明の海に面しているからだろう。

真冬だが

東京湾は泳ぎ手を求めている。

Zimg_3147

お台場の海は汚く

泳ぐのに安全でも適切でもありません。

だったら屋上で

ストロボの光の海を泳げば。

Zimg_3156

洗濯物が乾かない季節。

夏場なら夜中のうちに乾いてるのにね。

| | コメント (0)

C85  アマガミ  七咲逢  toro  その4

Zimg_3358

最近は名刺配りと同時に

ボードを置いておくレイヤーさんが増えましたね。

とても便利。

囲みで撮影が行われていると、

周りを中断させてまで

お名前を尋ねるのは気が引けます。

Zimg_3375

でも凄い良い画が撮れてるなと思えると

相手のことを知りたいもの。

そんなとき

ボードがあると、周りの邪魔もせず、ありがたいものです。

Zimg_3377

個撮でも

ボードが立てかけてあったりするものね。

あとは列になってる場合、

もう切りましたというボードもあったりして、これも面倒がなくていい。

最後尾に並んだ人が

後ろ向きになるのが、切ってますサインなのだが

新たに並びたがる人に断り続けるのも、しんどいしね。

ボードに書いてあれば、ああそうですかとスルー。

Zimg_3223

これからのコスプレイベントは

ボードの時代だと痛感。

名刺の時代を超えて

ボード全盛期へ。

Zimg_3290

楽天の田中マー君が

ニューヨークヤンキースと契約したそうで。

年俸23億円。

これが7年間続き、合計で161億円。

161億円を貰えるといわれても、実感湧かないね。

宝くじが当たったところで数億円ですし。

161億円のマー君です。

Zimg_3302

ここまでギャラが跳ね上がったのは

ポスティング移籍制度をめぐり

メジャーリーグで機構と選手会が揉めた影響。

これまで日本人選手を採る場合、

メジャー球団は日本の球団に莫大な移籍金を支払ってきた。

それが原因で自分達のギャラが低くなっていると、メジャーの選手会が抗議。

Zimg_3327

そして今回から移籍金に上限ができ、

楽天は20億ほどしか移籍金を受け取れなかった。

もし上限がなかったら、楽天は数倍の移籍金を受け取り

マー君のギャラは半額ぐらいに落ちただろう。

Zimg_3350

夢のある話と言いたいところだが

余りに規模がでかくて

どう捉えるべきか困惑するね。

アメリカのスーパースター。

アメリカンドリーム。

世界一のアメスポ。

Zimg_3353

頂点にいる人間が途方もない額を貰える反面、

その他大勢はきつい。

そして大金を手にした選手が

事業に手を出して、すってんてんになり

自己破産するケースが過半数を超えるのだから驚きだ。

金は天下の回りもの。

| | コメント (0)

2014年1月22日 (水)

C85  アマガミ  七咲逢  toro  その3

Zimg_3237

顔だけに西日直射。

体は影。

そんなコントラストが難しい屋上広場。

夏コミは熱された鉄板のようだった床も

冬コミでは安心して座れます。

だが寒い。

Zimg_3232

コミケに通い始めた頃は

コスプレ広場が屋上だけだった。

1日目、2日目は企業ブースの待機列が屋上の半分以上を占め、

残りの海際スペースでコスプレ広場を運営。

時間経過と共に、ちょっとずつ広場の面積が増えていった。

Zimg_3254

企業の物販が終わった最終日に

ようやく屋上全体を使えた。

もちろん激混み。

そんな状態なので、となりでコスプレ博に人が流れるのだが

となコスも入場待ちに二時間、入っても足も踏み場もない。

TFTに入場制限がかかり、TOCでも開催されていた。

Zimg_3262

TOCへ行くと、ダンパをやっていて賑やかだった。

反面、通路にいるレイヤーさん達は

お喋りするでも、撮影するでもなく、みな死んだように眠っていた。

ああいう眠る姿は、最近のとなコスでは見かけなくなった。

コスプレしたまま多くのレイヤーさんが寝てたものね。

床に雑魚寝。

| | コメント (0)

2014年はソチオリンピック&ブラジルW杯

Zimg_3298

どこまでも青い空。

年末年始の東京は晴れ渡る。

ACミランの本田は、セリエAのリーグ戦で初スタメン出場。

トップ下でプレーし、

バロテッリ、カカ、ロビーニョと連携し

攻撃陣として機能した。

Zimg_3214

本田は長いことモスクワにいたので

やっと陽のあたる場所で

サッカー人生を謳歌できる。

ヨーロッパでは珍しいゼロ円移籍なので

年俸も跳ね上がり、何もかも順調だ。今のところ。

Zimg_3341

私が幼い頃にあったモスクワオリンピック。

日本はボイコットした。

もうすぐ開かれるソチオリンピック。

ウクライナよりも南で、

東欧というより中東に近い場所。

今度は日本も参加。

Zimg_3220

ブラジルワールドカップもいよいよ今年開催。

日本代表の不安はどうしてもセンターバック。

闘莉王の復活を臨む声もあるが

今の名古屋は昔のように弱くなってしまった。

ざるな守備。

Jリーグを普段から観ている人だと、闘莉王は推せないだろう。

南アフリカの頃の良いイメージだけが残っている人は、闘莉王推しなのだろう。

Zimg_3309

それよりも中澤である。

横浜は残念ながら、勝ち点1差でリーグ優勝を逃して2位だったが

正月の天皇杯では優勝。

中澤はいまだ健在で、いつでも代表でやれるだろう。

一戦目のコートジボワール戦が最重要だが

ここで吉田と今野がやらかしては、日本は惨敗だ。

Zimg_3333

誰しもが不安を抱えるのは良いことでもある。

そこが弱点だ、本番までにどうにかしなければと

誰もが思っている。

ファンも協会も選手達も、誰も彼もだ。

ザッケローニ監督がどう判断するか。

地獄のコートジボワール戦にしないための判断とは。

Zimg_3206

NHKで正月に、日本代表のW杯全試合を放送し、

つい全部見てしまった。

史上最悪の結果となったのは、ドイツW杯の初戦、オーストラリア戦だ。

残り6分という時点で、

日本は1-0で勝っていた。

だが終わってみれば3-1で完敗。

Zimg_3202

その試合の流れ。

後半も終わりに近づき、

FWの柳沢を下げて、MFの小野を投入した。

そこからすべてが崩れている。

だが果たしてそれがすべてか。

Zimg_3205

根幹には、W杯直前で離脱することになった田中誠のバックアップがおらず

ハワイ旅行中だった茂庭を急遽召集した件がある。

人間の運動能力を最大に持っていく競技ゆえ、茂庭は無理があった。

スポーツは健康に良いが、競技は体に悪い。

どんなアスリートも、人間の能力最大値を繰り出す競技をそう位置づける。

茂庭のコンディションは最大値には到底達していなかった。

Zimg_3198

前回の南アフリカでは、

直前でチームの主軸であった中村俊輔をベンチにし、

FWは本田一人に任せるという大胆な采配だった。

GKも楢崎から川島に変更。

岡田監督の渾身の判断だ。

四年間で積み上げてきたアジアカップやW杯アジア予選を粉々に砕くような

非情なベストメンバーを。

| | コメント (0)

2014年1月21日 (火)

C85  アマガミ  七咲逢  toro

Zimg_3468

冬コミは

雲一つない青空。

年末年始は本当に晴れ渡るなあ。

と言いつつ

一年前の冬コミは雨でしたが。

上空と陸地の境界が

限りなく透明に近いブルー。

Zimg_3474

寒いなか

薄着のキャラクターを演じてくれるレイヤーさんには脱帽です。

ビッグサイトの屋上は海に面しているので

浜風が冷たい。

浜というより、東京湾に浮かぶ人工島か。

Zimg_3467

コスプレ広場は面積が年々広がっていき

仲間内だけで撮り合いたい人達と

カメコウェルカムな人達の

住み分けができた気がする。

Zimg_3215

できるだけ列を作らず、囲みにしてもらえるとありがたい。

自分が二人目だと、一緒にいいですかって声をかけるけど

すでに列ができてると

それを崩してしまうのは気が引けて、言えなかったりする。

間合いは難しい。

Zimg_3217

肌の露出を多くするより

着込んでいくほうが色っぽく思えたり。

企業ブースの白幡さんは、スクール水着にエプロンでしたが

屋上コスプレ広場のtoroさんは

競泳用水着にセーラー服。

Zimg_3182

セーラー服をたくし上げる趣が

嬉しいですね。

ただ単に競泳用水着でいるよりも

セーラー服との合わせ技で

コスプレにストーリーが流れる。

学園ものの雰囲気が伝わります。

Zimg_3191

セーラースカートは抜きにして

ローファーにハイソックス。

そんなフォーマルさが

競泳用水着の活発さと化学反応を起こし

魅力を生む。

Zimg_3137

冬コミは西日との付き合い方が難しく

どうしても直射日光で飛んでしまったり

影が縞模様を作ってしまったり

なかなか思い通りにはいかない。

Zimg_3183

それでもコミケはお祭ごとと割り切って

楽しむのがいいかも。

ビッグサイトの屋上で丁寧に撮りたいなら

ドリパがあるしね。

普段のコスイベで、ゆっくり充実した撮影を楽しめばいい。

Zimg_3187

ちなみにセーラー服をたくしあげるのは

キャラのオリジナル設定通りです。

どこまでも忠実に再現。

そんなコスプレ道。

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

となコスC85  ゴーヤちゃん  正面バージョン

Zimg_6989

背後からの方が潜水艦ぽかったので

多くアップしてきましたが

レイヤーさんの顔も見られる正面からのアングルを。

TFTの艦娘。

Zimg_6991

となコスはTFTの有料イベントですが

コミケのコスプレ広場ほどは撮れません。

というか、全然比較にならないぐらい、難しい。

基本、レイヤーさん同士が交流して、お菓子を食べながらお話しする場所。

レイヤーさんは、となコスに荷物を預けて

コミケのコスプレ広場へ行き、

帰ってきたら仲間内で過ごすスタンス。

Zimg_6996

そんな中でも撮影できる環境があるとすれば

今回はスタジオ内が良かったな。

中央の幕が張られたスポットも

終始、使う人達が交代していて、占有がなかったし。

レイヤーさんに声をかけたあと、壁際に場所がなくても

幕前で結構撮れた。

Zimg_7000

スタジオ内やロビーの暖かさに比べ、

出入り口付近は、開けっ放しのドアの影響で急激に冷えこむ。

また、外のベランダは当然寒い。

日も暮れれば尚更。

コミケが終わって帰ってくると、TFT内は混雑で身動きとれず。

Zimg_7013

潜水艦は海に潜ってこそ。

TFTの前には有明の海が広がる。

東京湾岸コスプレイ。

| | コメント (0)

« 2014年1月12日 - 2014年1月18日 | トップページ | 2014年1月26日 - 2014年2月1日 »