« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »

2014年9月14日 - 2014年9月20日

2014年9月20日 (土)

スコットランド独立否決

Zimg_4003

スコットランドといえば

日韓W杯のときは出場してましたな。

サッカーの世界では

イギリスの四地域が独立して扱われるので。

Zimg_4004

中村俊輔がスコットランドの首都グラスゴーで

プレーしていたのが懐かしい。

セルティック。

リーグMVPとなり毎年リーグ優勝し続けた俊輔。

Zimg_4002

フットボールを中盤の道楽とさせるべきオフサイド。

そんなもの知ったことかと

ロングボールの放り込みばかりで試合が成り立っていたスコットランドリーグ。

まるで高校サッカーを見るような

放り込みの連続。

そこへ俊輔が中盤の組み立てを持ち込んだ。

Zimg_4001

そんなスコットランドが

イギリスから独立するかもしれなかった。

住民投票で半分勝ち取ればよかったわけで

独立の公算は高かった。

だが否決。

Zimg_4005

日本も普段の国政選挙で

投票率が90パーセントを超えれば

今問題となっていることのかなりが

解消されていくと思う。

選挙とは自分一人が行ったからといって影響なく

だが一人一人の積み重ねが日々の生活を左右する。

財布をダイレクトに左右する。

| | コメント (0)

艦これの日々  任務を消化しすぎて廃人

Oiuytrdfg

やることないから任務を消化していったら

あと二つだ。

まあ、この二つを消化しても新たに現れる任務があるわけだが

それにしても二つ。

ちょっとやりすぎたな。

少し放っておこうか。

| | コメント (0)

2014年9月19日 (金)

天皇杯 準々決勝は名古屋グランパスと瑞穂陸上にて

Zimg_4202

とても若く未熟だが

時としてパワーを発揮する清水エスパルス。

天皇杯のベスト8、相手は名古屋グランパスとなった。

倒せない相手ではない。

相手のホームというのが難点だが

客が迫りくる豊田スタと違い、

だだっ広く距離のある瑞穂陸上なら

アウェイ側のプレッシャーが減る。

Zimg_4205

この先、天皇杯を勝ち抜いたときは

準決勝が味スタ、ファイナルは日産スタとなる。

準々決勝は不可能ではないカードなので

期待したい。

Zimg_4220

上野公園でもついにデング熱。

近場である。

まあどこにでも蚊はいるだろうし。

公園の自然を避ける日々か。

Zimg_3990

ベースぶんぶん。

Xリーグのチア音楽では

ブルーノ・マーズがよく使われる印象。

スーパーボウルのパフォーマンスが

短い時間に旨みをつめこんだ傑作だった。

Zimg_3980

あえてフルコーラスせずに

代わりにドラムパフォーマンスや

ダンスパフォーマンスを尊重したり。

あの取捨選択具合は

見事だった。

Zimg_3978

Jリーグ戦。

次のホームゲームでは

いよいよ長谷川健太監督が率いるガンバ大阪が

日本平にやってくる。

困難は承知の上で

若さを武器にぶつかるしかない。

| | コメント (0)

2014年9月18日 (木)

東京ガスクリエイターズ 7-69 IBM BigBlue  東京ドーム

Zimg_6116

アメリカンフットボールのXリーグ。

東京ドーム3DAYSの最終日。

東京ガスとIBMの試合。

ビッグブルーなユニフォームのIBM。

ガスの炎が赤と青で入り混じる東京ガス。

Zimg_5715

東京ガスクリエイターズは

江東区の住吉で活動しているチーム。

FC東京も元々はそこなんだね。

Jリーグ規格のスタジアムを立てられなくて

調布に引っ越し。

すっかり多摩のチームとして根付いたFC東京。

Zimg_6117

だがXリーグで調布といえば

LIXILディアーズ。

味スタの隣にあるアミノバイタルフィールドは

川崎球場に負けないほどアメフト開催が多い。

初めてアミノバイタルへ行ったのは

清水×FC東京の開場待ちをしているとき。

暇を潰しにアメフトの大学リーグを見に行ったのだ。

Zimg_5640

衣装が新しくなった東京ガスクリエイターズのチア。

チームカラーはガスの炎から青、赤、白。

以前の衣装は白がベースとなっていた。

だが今シーズンから青をベースに。

ガスの青さで迫る。

FC東京のユニフォームに近いイメージだ。

Zimg_5642

IBMビッグブルーは確実にタッチダウンを重ねていく。

気がつけば9回もタッチダウンを奪われていた。

東京ガスクリエイターズは無得点のまま。

ハーフタイムのキッズチア演技が終わると

たくさんいたキッズチアとその家族が一斉に帰ってしまった。

Zimg_6337

だが最後の最後で魅せた。

東京ガスがタッチダウン成功。

試合の前半はキッズチア関係が穏やかに前数列を陣取っていたが

ハーフタイム後に空っぽになると

酔っ払いなどが雪崩れ込み

かなりカオスになってきたので

エレルギーが爆発した。

Zp1840551

これがJリーグの試合だったら

観客の誰もがシビアになりすぎて

最後の最後で初得点を喜べないかもしれない。

だがそこで喜べるのがXリーグの良さだ。

Zp1840558

Xリーグは現在1stステージを2節まで終えた。

1部リーグに合計18チームあるのだが

6チームずつ3ブロックに分け

5試合の結果で上半分が2ndステージへ勝ち抜ける。

差が大きくついている状況だが

1stステージもまだ残り三試合ある。

Zp1840562

帰りには東京ドームの出口で

珍しくチアも選手に交じって見送りに来ていて

チア集合写真のポストカードを配っていた。

そういえば東京ガスチアといえば

三年前の震災後のときは

節電ということで音響設備を使わず

マイクと太鼓だけの応援をしていたなあ。

| | コメント (0)

2014年9月17日 (水)

富士通フロンティアーズ 55-7 明治安田パイレーツ  東京ドーム

Zp1840542

圧倒的な差が生まれた試合。

Xリーグはそもそも

こうしたゲームが多い。

富士通は今では数少ない企業チーム。

ファイナルまで行くのに優勝を逃し続けている。

Zimg_1973

平日にも関わらず

東京ドームは開場待ちの列が長かった。

パイレーツ側のキッズチアや保護者が

周辺を埋めていた。

Zimg_4411

富士通はチアの衣装が新しくなった。

とはいっても

基本的には以前のスタンスを引き継いでいる。

赤のラインが入ったかな。

Xリーグ全体を見渡すと

アメリカのNFLチア的な

強さを醸し出すチア衣装が多いなかで

日本的な清廉さを感じさせる。

Zimg_3425

パールボウルでは

超ド級のぬか喜びに終わった。

優勝したと確信したあの十秒ほどは今となっては痛恨だ。

つねに優勝が狙えるチーム。

パイレーツは最後にタッチダウンを決め

大勢のキッズチアや保護者、観客に恩返しをした。

| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

LIXILディアーズ 20-10 アサヒビールシルバースター 東京ドーム

Zimg_1337

LIXILディアーズが順調に勝ち進めた試合だった。

初戦のライオンズ戦が

逆転での危ない勝利だったのに比べ

安心して見られる内容。

最後の挨拶で主将が述べたように

強くなっているLIXILディアーズだ。

Zimg_1270

LIXILは第1クォーターで

二回のタッチダウンが決まり

もはやそこで勝負があった。

逆にそこから先は

フィールドゴールは決まったが

タッチダウンは生まれなかった。

Zimg_1283

後半に入り

アサヒビールがタッチダウンを決めたが

反撃は思うように進まない。

LIXIL側の観客は

安心して見られた。

Zp1840509

東京ドームは野球場ですが

ダイヤモンドの辺りは照明が明るいが

外野になるにつれ

薄暗くなる。

アメフトのフィールド全体が

場所によって明度が異なってくる。

Zimg_1006

チームを存続させたLIXIL。

そしてホームタウンとして明確となった調布。

今後の試合で

川崎球場を使わずにアミノバイタルフィールドが多いのは

調布ホームを打ち出しているのだろう。

Zimg_1079

LIXILチアのハーフタイムショウは

バーレスクを思わせるような

全身を躍動させたダンスで楽しませてくれた。

| | コメント (0)

C86  FLCL フリクリ ハル子  のりお  その4

Zimg_4288

カレーのことばかり書いたが

カレーと同じぐらいメジャーな料理といえば

ラーメンだ。

日本全国いたるところにラーメン屋。

Zimg_4303

では冷やし中華はどうか。

きちんと一からスープを作るこだわりの店ほど

冷やし中華など論外だったりする。

冷やしのつけ麺はあるよと出された代物は

冷やし中華に遠い。

Zimg_4305

なぜ九月の半ばに冷やし中華かといえば

そろそろ食べられなくなるからだ。

中華料理屋のチェーン店が出す冷やし中華。

工夫は少なくベタだが

美味しい。

Zimg_4349

具は刻んだ卵焼き、刻んだきゅうり、刻んだハムが相場だろう。

ざるそばと冷やし中華、どちらが美味いか。

ざるそばに具だくさんは余り聞かない。

天ぷらが載せられてもテンションは違ってくる。

Zimg_4171

ラーメンはあまり食べない。

代わりにタンメンが好きだ。

前に住んでた東池袋で

マンション近くに美味いタンメン屋があったので

よく通っていた。

Zimg_4174

中華料理屋のチェーン店が出すような

なんちゃってタンメンは馬鹿らしい。

野菜炒めがラーメンにダイブしてシンクロするような

そんなタンメンでなきゃ意味がない。

Zimg_4176

味噌味のタンメンが好きだ。

塩味だとストイックすぎる。

醤油味はガキだ。

| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

C86  FLCL フリクリ ハル子  のりお  その3

Zimg_3956

カレーといえば

キン肉マンに出てくるカレクックだ。

超人オリンピックにて

キン肉マンと対戦した。

Zimg_3933

インド代表のカレクックだが

インドにカレーはあるのか?

という疑問に行き着く。

Zimg_3938

産業革命が起こり

ヨーロッパ諸国が植民地を作り始めた頃。

インドを植民地としたイギリス。

イギリスに持ち帰ったインド料理もどきが

カレーだったようだ。

Zimg_3973

そしてイギリスから日本へ。

なんといっても海軍カレーである。

金曜日の夜は必ずカレーライス。

退屈で変化のない洋上生活も

金曜カレーでメリハリがつく。

Zimg_3975

カレーライスは作るのは簡単だが

鍋や食器を洗うのが大変だ。

むかし東北沢にあったカレー屋は

家庭的な味付でよかったなあ。

| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

ココ壱番屋  金沢ゴーゴーカレー  C&C  カレーは飲み物

Zimg_3927a

またカレーを食べたくなったので

カレーは飲み物に行ってきた。

飲み物のようなカレーではなく

見た目はゴーゴーカレーのような具だくさん。

だがルー自体がソフトだ。

Zimg_3928

他所のカレー屋に行くと

どうしてもココ壱が一番だなと感じてしまう。

逆にココ壱のようなオーソドックスを

他店が出してもしょうがないといったところか。

Zimg_3929

C&Cは昔は

具材のバラエティがたくさんなイメージだったが

今はココ壱番から

こだわりを抜いた廉価版といった感じ。

Zimg_3931

ココ壱の弱点といえば

厨房がカウンター越しに丸見えなのだが

アルバイトに対して

あからさまなパワハラ指導がどの店もあり

それを見せられながら食事する苦痛。

それさえなきゃ最高。

| | コメント (0)

C86  FLCL フリクリ ハル子  のりお  その2

Zimg_3892

自宅マンション前で道路工事が始まった。

アスファルトを掘り開けては

ちょこちょこっと作業して閉じる。

これを年中繰り返す。

歯医者の治療みたいだ。

Zimg_3894

金沢ゴーゴーカレーに初めていった。

どす黒いルーだ。

一度でいいかなと思えた。

Zimg_3898

牛かつも一度でいいかなと思えた店だ。

馬刺しに似た感じで

牛の刺身を食べるのに近い。

食感は海老っぽかった。

Zimg_3899

カレーのココ壱番は

安定の美味さだが

いつもカウンターがびっちり埋まっていて

入る気が失せる。

しかも中年男ばかり。

Zimg_3901

カレー屋が近所に多いが

ココ壱番の人気には

どこも勝てない。

どこにでもある平凡なチェーン店なのに。

Zimg_3906

ココ壱番で4辛に挑戦した。

余りに辛くて

涙を流しながら食べた。

Zimg_3907

生きることは食べることだ。

胃腸があり続ける限り

生き続ける。

| | コメント (0)

C86  FLCL フリクリ ハル子  のりお

Zimg_3865

C82でお会いした、のりおさん。

フリクリのコスプレがセクシーでした。

今回のC86では同じコスプレで復活。

C82のときより

ほっそりした印象。

Zimg_3867

C82のときは

庭園の池回りで撮影でしたが

今回はゆりかもめの高架線路を背景に。

ときたまゆりかもめが通り抜けます。

Zimg_3873

ゆりかもめは車と同じで

ゴムタイヤで走っているので

静かです。

音で迫って来る感じがない。

Zimg_3876

ゆりかもめの線路沿いにマンションなどありますが

たぶん室内は静かなんでしょうな。

| | コメント (0)

« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »