« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »

2014年5月4日 - 2014年5月10日

2014年5月 9日 (金)

ユニコーン ツアー 2014 イーガジャケジョロ  東京フォーラムA

Zp1830500

とても観やすいし音も良いし

言うことなしだが

なにかこう綺麗すぎて弱ってしまうような

東京国際フォーラムAでした。

立派な劇場があるものです。

    

ライブはEBIのヴォーカルでスタート。

アルバムの曲だけでなく

ハヴァナイスデーもなぜかEBIが歌唱。

テッシーがベースを弾いたり。

Zp1830489

ステージのフォーメーションとしては

すっきり落ち着いた。

これまではドラム以外の全員が前列に並んだりして

なんだかこう

不安定だった。

今回は前列が、下手に民生、上手にテッシー。

後列のひな壇が、下手に阿部、中央に川西、上手にEBI。

ベースのEBIが後列に下がるのは

SFWツアー以来。

そのときはキーボードの阿部が前列に上がったが

今回は前列が二人だけ。

観ていて落ち着くね。

でまあ、状況に応じて

前列の民生とテッシーの間に

誰かが来るというパターン。

Zp1830492

アルバムでは川西ヴォーカルの曲が多いが

前列の中央に簡易ドラムを臨時セッティングして

叩きながら歌っていた。

その影響か

今回は民生ドラムが存在しない。

民生ドラムは服部ツアー以降、ずっとあると思うので

相当久しぶりだね。

民生がドラムを叩かないのは。

    

タクシーに荷物を忘れた曲では

舞台セットも組んで映像ネタも含めて芝居仕立て。

川西が演技に集中して、ドラムはカラオケを使用。

ドラムがカラオケで他が生演奏とは

Xでヨシキがピアノを弾くときのようだ。

Zp1830488

テッシーの独唱は

CDでは阿部のピアノが伴奏としてあったが

ライブではテッシーがキーボードの弾き語りで

一人きりのステージだった。

前のツアーでオールウェイズを歌ったときは

ギター弾き語りで一人きりのステージだった。

ポール・マッカートニーがギターの弾き語りでイエスタデイを一人きりで演じたあと

他のメンバーが拍手しながらステージに登場するように

テッシーの弾き語りのあと

他のメンバー達が拍手しながらステージに戻ってきた。

    

川西さんは電大のツアーを通して

歌いながらドラムを叩くことに慣れたのかな。

とても熟練していた。

電大の三人がとても元気なアルバムだし、ツアーとなっている。

   

東京のライブは上品だね。

客が穏やか。

地方公演だともっと弾けてる。

大迷惑をやったけど

過度に沸騰することもなく

大変上品な盛り上がりを見せた。

スターな男はライブで観ると

全員が活躍できる場面が散りばめられていて

民生のバンド美学が表現される。

    

なんだか大変上品なコンサートでした。

やはり東京国際フォーラムがそうさせるのかな。

普通の2000席のホールだったら、その手狭さが沸騰を呼び起こすだろうし

体育館や屋外ステージなら、その解放感や空間が効果を呼ぶだろう。

だが5000席のコンサートホールという特殊な状況が

なにもかもを上品にしたような

そんなライブだった。

| | コメント (0)

東京国際フォーラム ホールA  巨大なコンサートホール

Zp1830478

広くて上品。

そんな印象だった東京国際フォーラム ホールA。

コンサートホールなんですが

5000席もあります。

初めてだった。

ホールといえば2000席前後が多い。

中野サンプラザや渋谷公会堂、その他全国あちこちにあるホール。

大体、規模は同じぐらい。

それを引き伸ばしたような構造。

なだらかな傾斜と共に客席が広がり

ステージも広く、客席は横にも縦にも広がっていく。

Zp1830481

コンサートホールのでかいバージョンであり

決して体育館のコンサート仕様ではない。

同じぐらいの動員を

体育館や野外フェスで集めてしまう方法もある。

そうした場合は無駄に大きな空間を意識する。それが良さでもある。

だがここはあくまでコンサートホールで

良い意味でコンパクトにまとまっていて

音は非常に良かった。

良すぎた。

まるでCDレベルだ。

ここまで音が良いとライブ感が出づらいなと思えるほど

音が良かった。

演奏する場所の個性が出るのが通例であり

捻じ曲がって歪んだ音こそ

そのライブ会場の個性だと思っているなら

ここは没個性。

それほど音が良い。

生演奏でここまでクウォリティの良い音が出せるのか。

そんなコンサートホールだった。

Zp1830487

東京国際フォーラムは

東京駅のプラットホームからよく見ていた。

実家に帰るとき

東海道線のホームの先頭にいると

フォーラムの全面ガラス張りな外観が迫る。

でも意外と行くことがなかったな。

今回、初です。

ユニコーンのおかげで踏み行った東京国際フォーラムA。

| | コメント (0)

有楽町だよ全員集合

Zp1830473a

今夜は有楽町だ

余り縁のない街だ

ユニコーンのライブがある

有楽町駅の真ん前だ

徒歩1分?

いや0分だ

東京駅からでも歩いていけるし

日本全国どこからでもアクセスが良さそう

そんな東京国際フォーラム

| | コメント (0)

ユニコーン  HoneyHoney秋葉原店

Zp1830507

ユニコーンのライブ帰りにハニハニ。

小春さんに描いてもらったユニコーン。

小春さんはテッシーだけ知ってたそうで。

なぜかといえば

テッシーはポッシボーの曲を書いていて

ポッシボーのライブにも参加したことあるからだとか。

意外だったテッシーの知名度。

| | コメント (0)

2014年5月 8日 (木)

川崎富士見球技場  誕生

Zp1830135

2000人収容のメインスタンドがようやく完成しました。

鉄骨を組み上げただけの以前の川崎球場と比べ

コンクリート造りの頑強な建物。

以前にはなかったトイレ等も作られ

インフラが整備された。

身障者用の観覧スペースも完備。

Zp1830139

パーツボウルでは後列がエリア指定席。

背もたれのある個別シート。

前列は自由席。

背もたれが少しだけ競りあがった個別シート。

以前はすべてベンチシートだったのでグレイドアップ。

Zp1830142

最後列には実況アナウンスのブースであったり

ロイヤルボックス的な場所も用意され

以前の川崎球場にはなかった

VIP的な屋内観覧スペースも造られた。

これでスポンサー接待なども、ある程度可能になりそう。

Zp1830185

ゴール裏の芝生は

メインスタンド工事中は最も集客のある観覧場所だったのですが

今はクローズされ、工事中。

すべての観客がメインスタンド。

入場して

ホームの客が奥側、アウェイの客が手前側。

Zp1830147

最前列前の通路と柵に関してですが

あえてこういう死角構造にしたのかも。

中央通路が三角階段の死角防止対策がとられているのに対し

あえて最前通路を100パーセント死角発生にした。

Zp1830224

これまでだと

試合を撮りたい人がバズーカのようなレンズをはめた巨大カメラに三脚立てて

最前の通路に設置していた。

また、チアを撮りたい人が

最前列に被りついた。

新たな球技場と運営方針は、この二者を排除するような格好。

Zp1830160

以前の川崎球場だと

最前列に座れば、ぎりぎり柵の間からチアが撮れるような具合だった。

だが新たな川崎富士見球技場は

最前の通路が1,5倍ぐらいの広さになって、最前列と柵の距離が広がり

そして柵の鉄棒間隔が三分の二ぐらいに狭くなったので

この二点の相乗効果で

最前列からでも、まるで撮れなくなった。

Zp1830240

そして従来ですと

チア撮影の有無は各クラブが試合ごとに打ち出していたのですが

新たな運営方針としては、全クラブの全試合が全面的に禁止な模様。

客がほとんどいない状態ですら

柵越しに通路で撮ってたら

慌ててスタッフが飛んできたので

かなり難しいね。

まあしょうがない。

Zp1830179

川崎球場に通わせてもらって五年目

これまで色々ありました。

ハニロウの観戦や撮影のスタイルは

大変マナーが悪いと

様々な方達からお叱りを受けること多々。

実際、そうやって客席で直接注意してくれるのは気の良い方ばかりで

ネットでは炎上。

昨年ぐらいから批判も加速したので

新たに観戦し始めた人達にとってストレスだったのは明らか。

日々反省であります。

Zp1830217

運営にこれまで見慣れなかった若い方が現れ

熱心に声かけを行い、従来の状況の改善を図っております。

思えば私が川崎球場に通い始めた頃、

その頃はろくすっぽ客もおらず、カメコも数人程度。

昔から撮っていらっしゃる方の話によれば

その前の時代は完全に撮禁で、スタッフ監視が激しかったのだとか。

その後、不況によるクラブの消滅が相次ぎ、客も激減、

良くも悪くも、規則にぬるい、ぐだぐだの状況になったのだとか。

Zp1830194

この数年間、幸せな状況でXリーグを楽しませてもらえました。

感謝。

これからは難しい時代になりそう。

散々非難されている私が

人様のことを言えた筋合いではないので

まあ、残された現状で、極力快適に過ごせていけたら。

| | コメント (0)

2014年5月 7日 (水)

サクラあっぱれーしょんでサヨナラ武道館

Zp1830454

二回目のアンコールは最初にメンバーが手をつなぎ

万歳をしてしまったので

歌はないのかなと思ってしまった。

武道館の観客と記念撮影をしたり。(自分は上手寄りなのでたぶん見切れてる)

一人一人のトークでは

えいたそが締めに言った「バビューン」が

思ったより小さめで可愛かった。

Zp1830455

並び順を崩して、ねむさんが先に話してしまい

最後はみりんちゃん。

でんぱ組の武道館成功は

みりんちゃんの執念ともがさんの輝きにあるのかな。

みりんちゃん推しの女の子達も

もがさんの光り輝く存在がなかったら

でんぱ組に気づけなかったのでは。

でんぱ組を知ってくれと様々な媒体で電波を撒き散らすもがさん。

いざでんぱ組に踏み入れば

そこにはみりんちゃんの執念。むしろそちらに惹かれてしまったり。

Zp1830456

武道館には昔ながらのディアメンが多数見かけられ

懐かしかった。

みんなが集まってくる理由は理屈じゃない。

散々文句を言いまくってディアステに来なくなった人ですら

彼女達の出した結果、その晴れ舞台を賞賛し、体感しに来る。

言い訳もなく、本能だ。

Zp1830460

みりんちゃんの凄いところは

ファンを切らないことかなと思ったり。

どうしてもライブアイドルは

コンカフェに通い続ける推しの面々を

受け入れられなくなり

遠ざけてしまう局面に遭遇する。

握手会だけが接点のメジャーアイドルにはないこと。

コンカフェでだらだらと馴れ合いが続いた先の末路。

そうやってファンを切る場面をほとんど見たことがない。みりんちゃんは。

Zp1830465

ぽにきゅんを自作してきた女の子や

各曲の衣装を手作りしてきている女の子達。

女性ファンの多さには圧倒されます。

たぶん最初のきっかけは、もがちゃんなのだろう。

もがちゃんから入って、でんぱワールドの恐るべき深い個性、

熟練を重ねたコンカフェ店員達の

凄みを知るという。

Zp1830470

日本武道館の客席、アリーナから1,2階に到るまで

ペンライトの光が満ちている光景は

いまでも頭から離れない。

アンコールを待つ間、各メンバーがスクリーンに映しだされ、

その名前を呼ぶと同時に

ペンライトの色をそのメンバー色に変え、

日本武道館がカラフルに変化し続けた。

でんぱ組はステージにいないのだけど

その光景がこの公演で最も印象に残った。

    

ステージ内容うんぬんは

実のところ、CD発売のインストアだったり、千葉のライブハウスだったり

間近な盛り上がりの方が全然楽しめた。

クールにステージやアリーナ客を眺めてしまった武道館でもあるけど

一万人がでんぱ組を支持しますという

意思表示を体感させられた。

結果を出したでんぱ組.inc。

寂しさや虚しさはつねに胸にあるけど

観客の一人一人のポジティブさや勇気に

生きる価値を見出せる。

    

来年は初の全国ホールツアー。

というか、でんぱ組はライブハウスか野外ステージ、体育館でしか公演を行ってないので

ホール自体が初かな。

東京ドームシティでの公演は番外編的なものだったし。

そして最後はアリーナだと、えいたその口から発表された。

さいたまか横浜だろう。

ですがその前に

夏のライブハウス全国ツアーが控えております。

チケットはすでに入手してるし、

今度は狭い箱で盛り上がろう。

| | コメント (0)

カップヌードル 侍 富士山 でんぱ組

Zp1830471

一階の座席には

カップヌードルの袋が置かれ

中にはカップヌードル一つと

クリアファイル二つ

チラシの類が入れられていた。

あとチュッパチャプスのホルダーもあった。

Zp1830472

ライブでは、くちづけキボンヌの緩やかなダンスが

武道館の広さに似合っていた。

アンコールのオレンジリウムでは

ペンライトが多かった客席が

ようやく初めてサイリウムに染まった。

電灯の明かりと違い

滲み出るような温かなオレンジの色合い。

私もオレンジサイリウムを握りしめ

りさちゃんの独唱に聞き入る。

| | コメント (0)

みりんちゃんの生エレキギター

Zp1830409

開場した日本武道館。

本編は真ん中にソロコーナーがあった。

えいたそが最初でしたが

映像ネタで楽屋が映され

えいたそにおにぎりを食べさせるという流れがあった。

Zp1830427

みぅさんは帰り際に

出口付近の通路にいたので

目立ってました。

あかりさんは今頃どうしてるのだろう?

Zp1830430

ライブは一曲目に未発売の新曲を持ってきた。

これは盛り上がりすぎて事故が起こるのを

予防したのかなと思ったり。

コールもオタ芸もできあがっていないので

観客全員が穏やかにオープニングを迎えられた。

最初に暴走してしまうと大変な事態になるので

それもありかな。

Zp1830431

みりんちゃんのソロコーナーは

高い場所にある小さなステージにアンプが置かれた。

みりんちゃんが最後だけエレキギターを生で弾いて

観客にウケていた。

あのザクっとしたカッティングが効いた締めの音が

みりんちゃんのギターテクニック。

| | コメント (0)

上方には小さなステージ  でんぱ組武道館

Zp1830388

ライブが始まると

映像のあと

最初は上方の小さなステージで

でんぱ組が初期の曲をメドレーで歌っていった。

あの小さなステージは

ディアステのステージと同じ大きさなのかな。

Zp1830389

そこでのパフォーマンスが終わって一旦消えたでんぱ組。

そのあと下の大きなステージでは

袖からメンバーが登場するのではなく

ステージ床から各メンバーがいつもの立ち居地に飛び出してきた。

どんなからくりなのか。

面白い登場だ。

床からでんぱ組が生えてきた。

Zp1830392

各メンバーとも

ジャンプして弾け飛ぶような登場。

意表を突かれた。

マイケルジャクソンがよくやっていた登場方法かも。

袖からなんてつまらない。

ステージ床からバビューンとジャンプアップ。

それでいて床には登場後、穴は空いてないし

おかしなものだね。

Zp1830398

広告を務めるチュッパチャプスからも花が。

いやこれは花ではなく

チュッパチャプスだ。

無数に飾りつけられている。

職人さんがオンリーワンのために作ったなら

ご苦労様でした。

Zp1830406

アリーナの沸騰ぶりや1,2階席に揺らめくペンライトを視界に入れながら

ステージのでんぱ組を観賞。

千葉公演のような間近のライブ感や興奮はないけれど

日本武道館に辿り着いたのだなという

結果を観賞するスタンス。

良いライブでした。

| | コメント (0)

ツアーバスで武道館へ

Zp1830353

ツアーバスも三台とまってました。

全国各地から日本武道館へ。

チケットがついていないのに

〆切が早かったりで

その辺りが調整つけば

もっと利用したい地方のファンも多かったかも。

Zp1830357

開演前の客席

ディアガールの売り子達は

昔ながらの戦闘服を着ている娘もいて

ディアステの歴史を感じさせます。

アイドルソングをDJが流していて

それに合わせて客も盛り上がりを見せたり。

Zp1830362

武道館は超満員だった。

これまで見てきたなかで

最も客を入れたセッティングだったと思う。

武道館はアリーナを囲む八角形の客席。

その八面のうち

五面は完全に客入れして

ステージで完全に隠れる背後の一面を除き

その両脇の面にも見切れ席として客入れした。

Zp1830375

そしてアリーナはオールスタンディングを5ブロック。

これは相当入ってる。

多くのバンドやアイドルは

八角形のうち三面使用とアリーナ座りといったセッティングが多い。

でんぱ組は五面を完全使用、二面を見切れ使用、一面だけ完全に不使用。

客が詰まった武道館だった。

Zp1830378

客電が落ちると

ペンライトの明かりで武道館内が彩られた。

一万人の様々な光。

それだけで美しく見惚れてしまう。

| | コメント (0)

武道館で終わらんよ  でんぱ組の野望

Zp1830343

開演前、客席内でサイリウムの売り子をしていたディアガール。

彼女達はライブ中、

私の真下でライブを見ていた。

一階アリーナのブロック囲いの外。

一階最前の真下。

Zp1830344

開演前は客席内のあちこちも

テレビカメラでステージ上のスクリーンに映されていた。

桂田さんも客席に来ていて

売り子からサイリウムを買っていたり。

でんぱ組に関わってきた人達の現在。

Zp1830349

みりんちゃんは武道館当日の朝

お爺様を亡くされたそうで。

お父様も武道館には来られず。

多くを背負って

でんぱ組は前進していく。

| | コメント (0)

時計台のもと、でんぱ組.incと記念撮影

Zp1830338

とは言っても

でんぱ組のタペストリーでした……

こちらはファンクラブ会員限定のサービス。

そんなに並んでなかったな。

朝早くからみんな撮り終えたのかも。

Zp1830334

スタッフには

スマホの画面を見せて

会員を証明する人が多かった。

スマホというものを持たない人生を送ってますが

持つと絶対中毒になりそうで

怖くて持てない。

Zp1830335

私は会員証を提示。

写真は縦と横の二枚を撮ってもらえた。

一眼レフカメラを持参しているファンもいたな。

ファンクラブに入会すれば、ハッピがもらえる……

のではなく、買えます。

8300円です。

Zp1830320

開演前の客席内では

ディアガール達がサイリウムの売り子をして

あちこちを回っていた。

僕のいる一階席にも

まひるさんとみつきさんがやってきた。

Zp1830325

そんな売り子のディアガールたちを

テレビカメラで追いかけて

ステージ上のスクリーンに映し出していた。

下のアリーナ立ち見では

ファンがディアガールを囃し立てる場面も。

Zp1830339

最初は妄想キャリブレーションのメンバーだけなのかと思っていたら

色んなディアガールが

売り子として客席内を回ってました。

ただ、ライブ自体は

サイリウムよりも

オフィシャル販売が開始された変色ペンライトが多数派だったかも。

| | コメント (0)

夢で終わらんよっ!~  でんぱ組.inc  日本武道館

Zp1830288

開場は遅れていて

武道館周りに客が集まりすぎてしまったので

ロビーにだけ入場するが

中への入場はストップという手段がとられた。

Zp1830283

私は一階席だったので

比較的スムーズに席へつけた。

ステージ上手寄りの最前列。

ステージは全体を綺麗に見渡せた。

ただ、こんなにもでんぱ組が遠くなってしまったのかという思いも。

代わりに武道館全体のファンの盛り上がりを観賞できた。

Zp1830290

1,2階席が入場を終えて満席となっても

アリーナの入場がどうしても時間がかかった。

アリーナは五ブロックに分かれていて

どこもオールスタンディング。

武道館でのアリーナオールスタンディングは初めて見た。

Zp1830291

ブロックごとに分かれて入場となるのだが

一つのブロックが入場できてから

次のブロックが入場してくるまで

かなり時間がかかった。

整理番号順に並ぶのに手間取ったのかな。

詳しいことはわからず。

Zp1830297

開演時間の17時を過ぎても

まだ前方の3ブロックしか入場しておらず

後方の2ブロックは空いたままだった。

17時20分ぐらいには

ようやく後方の2ブロックも埋まった。

Zp1830296

スタッフを先頭に一列に並んだ客達が

ブロック内に入るまでは落ち着いた足取りだが

ブロックに入るや

場所取りに終われ

足早になる姿を

一階席より観賞。

Zp1830294

ピンキーにはコスプレイベント主催でお馴染みの

勇者屋さんより花が送られていた。

私もとなコスやTFTのイベントによく参加してます。

TFTではりさちゃんを撮らせてもらったりしたな。

| | コメント (0)

日本武道館 到着

Zp1830272

日本武道館に到着。

まず現れたのは物販。

これでもって

でんぱ組の活動が支えられている。

僕もダイエットに成功したら

Tシャツを買いたいものです。

現状では着られるサイズがないというね。

これではいかん。

Zp1830268

曇り空。

まあ降らなかっただけ良し。

肌寒い。

薄いコートを着ていったがちょうど良かった。

午前10時過ぎの時点で

ツイッターでは

各グッズのソールドアウトが報じられていた。

武道館オンリーではないものは

残ってたみたい。

Zp1830271

武道館の周辺に屯している大勢の人達。

やはりディアステージ時代との違いは

女性ファンの多さだ。

最上もがさんの加入が

でんぱ組.incのブレイクに繋がってくるのだが

それと同時に

女性ファンが爆発的に増えた。

Zp1830274

ディアステージで毎晩騒いでいた頃は

やはりオヤジ客ばかりだった。

会社帰りのミドルを相手に

彼女達はお酒を作り

ツーショを撮り

ライブを行った。

Zp1830278

それがこんなに女性ファンが多い

ポップな現場となった。

若い男性も多い。

人生の真っ当なコースから外れていったアキバの中年男達

彼らに支援されていたでんぱ組は

もはやポピュラーな存在となった。

| | コメント (0)

九段下より北の丸公園へ

Zp1830259

九段下の改札を出ると

地下構内のあちこちで

でんぱ組のグッズを身につけたファン達が

だべっていた。

ぐだっと休んでいる。

たぶんグッズ購入に体力を消耗したのだろう。

地上に出ると牛ヶ淵。

Zp1830262

田安門橋を渡って堀の内側へ。皇居にも近づく。

牛ヶ淵と千鳥ヶ淵は

徳川家康が江戸城に入った際

城で暮らす人々の飲料水確保のため

川を堰きとめて作ったのだとか。

だから敵の襲来を防ぐ水掘とは少し経緯が違う。

やっぱ人間が暮らすには水が大事だ。

江戸城の無血開城、100万都市江戸を戦火に巻き込まず。

徳川家が去ったあと

明治天皇が京都よりこの地へ。

以後、皇居があり続ける。

Zp1830263

そんな歴史と風格を感じさせる北の丸。

江戸時代が最も現在に生き残る場所。

ここも千代田区だから

ディアステージのある外神田とも同じ区内。

ある意味、ホームでのライブ開催だ。

秋葉原といえば千代田区外神田。

お台場のライブハウスや日比谷の野外ステージを満たしても

ホーム千代田区でのライブを成功させねば

アキバ出身の意味がない。

Zp1830264

田安門。

前日は小雨が降ったが

当日は朝から晩まで曇りだった。

午前10時開始の物販のために

未明から並んでいた人達は

凍えてしまったようだ。

ほんの数日前まで暑い日が続いたのにね。

そんな五月。

ゴールデンウィーク。

Zp1830265

そして見えてきた日本武道館。

これまで数々のライブをここで見てきた。

奥田民生の一人股旅が最も印象深い。

センターステージというか、アリーナには奥田民生一人だけ。

客席の1,2階を360度完全使用。

そんなライブでしたが

でんぱ組.incは何を見せてくれるのか。

| | コメント (0)

でんぱ組 武道館  HoneyHoney秋葉原店

Zp1830253

武道館に行く前に

昼飯はハニハニでとりました。

オムそばにヒナちゃんが落描き。

武道館だから葡萄パンを食べていくかと思いきや

オムレツ焼き蕎麦だ。

| | コメント (0)

2014年5月 6日 (火)

でんぱ組.inc 日本武道館公演 成功

Zp1830467

でんぱ組が結果を出した姿を

体感してきました。

盛り上がるよりも感化されるよりも

彼女達の結果を出した姿を目の当たりにした。

子供なら努力の過程を褒めればいい。

大人だから結果が出たことを賞賛する。

日本武道館は超満員となった。

こんなに大勢を集客した公演は初めて。

自分がエキサイトして「最高でした」と感想を口にするのとは違うかな。

それだとライブハウスでの公演の方が感化される。

でも日本武道館で

結果を残したという偉業に対して

ひたすら素晴らしいと

ハニロウは拍手をやめません。

| | コメント (0)

行くしかなーい!  でんぱ組.inc 日本武道館 当日

Zp1830249

うちの部屋にずっと飾ってある

ねむきゅんシャンメリー。

ついに来たぞ、武道館当日。

行くしかなーい!

| | コメント (0)

LIXIL DEERS 65-0 BULLSフットボールクラブ  川崎富士見球

Zimg_2868

パールボウルの開幕です。

新しくなった川崎球場。

はじめの一歩を踏み出したリクシルディアーズ。

ユニフォームはオレンジになった。

マスコットもすっかりオレンジに染まった。

昨年、クラブ消滅の危機を乗り越え

リクシルと共に2014年をスタート。

Zimg_3568

川崎富士見球技場は

ようやくメインスタンドが完成。

全席個別シート。

背もたれはないが、少しだけ背部分がせり上がっている。

バックスタンドは建設している最中。

芝生のゴール裏はクローズされ

そちらでも工事が行われていた。

Zimg_1246

選手入場。

オレンジ軍団となったディアーズ。

川崎のピッチに駆けこむ。

歴史的な瞬間。

リクシルオレンジは遠くからでも目立つ。

目の醒めるユニフォーム。

Zimg_1248

客席スタンドは

下層の一区画がリクシル関係者用に

割り当てられていた。

リクシルといえば私は窓に興味があります。

マンション暮らしですが

冬場の冷気と結露には毎年困っている。

リクシルの窓は

大変性能がいいと聞いております。

冬の冷気も夏の熱気も遮断し

結露で床も傷めず、カビの発生も防ぐ。

そんな窓ガラスの威力を

リクシルディアーズは発揮してくれるでしょう。

Zimg_2184

LIXILのX!

X JAPANはなかなかニューアルバムを出せませんが

そういえば20世紀の頃

私もXの東京ドームコンサートに行ったものだ。

中盤が各メンバーのソロコーナーで

一人一人とても長かった。

あの長々しさだけは

記憶に残っている。

Zimg_3574

そして試合が始まった。

攻めるぞオレンジ軍団。

何事も最初が肝心だからね。

記念すべきファーストゲームを

どんな形で終えられるか。

リクシル関係者の前で

最高の戦いを。

Zimg_3577

まあ誰もが予想したとおりですが

リクシルディアーズの圧勝でした。

大量のタッチダウン、高得点よりも

相手をゼロに押さえてるのが凄い。

ゼロというのは何を掛けてもゼロだから。

隙がない。

Zimg_3592

すべてがセットプレーのアメフト。

前にパスできるのは一回だけ。

攻撃側はボールを前へ運ぶための導線確保。

守備側はボールを運ばせないための導線潰し。

球技ではあるものの

ほとんどが導線確保と導線潰しのための肉弾戦。

ボールは記号的な意味合いで機能し

あとはひたすら相撲である。

Zimg_3593

対戦相手のBULLSも

日本ユニシスがスポンサーから撤退してしまい

困難を強いられた。

こちらは募金活動などもあり

幾つかのスポンサーを獲得することができ、チーム存続。

Jリーグ的なニュアンスで

企業名を外したままのチーム名となった。

Zimg_1191

初お披露目のリクシルチアリーダー。

オレンジ色のブーツに

鮮やかな白色のコスチューム。

リクシルに変わっても

そんなにお金もないだろうし

選手やチアは鹿島時代のユニフォームのままだろうなと予想していた。

そしたらオレンジ一色に染まっていた彼ら。

リクシルはやってくれるかもしれないなと

期待が高まる。

Zimg_4771

後半はパンツスタイルも披露。

こちらは白ブーツで

コスチュームにオレンジが増えた印象。

魅せます。

選手もチアも昨年までと同じ人達がほとんどなのに

ずいぶん雰囲気が変わるものです。

明るいオレンジ。

弾け飛ぶ太陽。

清水エスパルスサポーターでもある自分は

オレンジ色にどうしても惹かれてしまう。

Zimg_5856

ですがここで残念なお知らせも。

昨年まではチア撮影のレギュレーションに関して

各クラブが試合ごとに

個別のやり方を提示してくれました。

うちのクラブは今日はOK、今日は抑え目に、今日はNG、みたいな。

ですが今年より

Xリーグの運営自体が

川崎富士見球技場において、全試合すべての撮影が困難となる方針を打ち出した。

詳しくはまた別の機会に書きますが

まあ、しょうがないね。

| | コメント (0)

« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »