« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »

2014年3月9日 - 2014年3月15日

2014年3月15日 (土)

帆船日本丸  サクラあっぱれーしょん  でんぱ組.inc

Zp1820694

今回は帆船日本丸の前で

ライブをやるという企画。

でんぱ組.incのメンバーも

一回目のライブのあとは日本丸に乗船して写真撮影を行い

二回目のライブのあとは日本丸に乗船してテレビの撮影をしていた。

甲板だったので、なんとなく見え隠れ。

Zp1820695

日本丸は昭和五年に神戸で造られたそうです。

太平洋戦争では国内の輸送船として活躍した。

多くの輸送船が確実に狙われて撃沈されたなか

生き残った珍しく貴重な存在なんだとか。

また戦後はアジアに残された日本兵を

引き揚げる仕事に従事したそうです。

Zp1820696

朝鮮戦争が勃発。

釜山から避難したい現地の方達を数千人のせて運んだそうです。

その後は練習帆船として

船員育成のための遠洋航海に励んだようです。

そして船としての老後を、みなとみらいで過ごしている。

Zp1820692

横浜の俺らの誇り

おおーおおおー

榎本哲也♪

日本丸♪

| | コメント (0)

日本丸メモリアルパーク  でんぱ組.inc

Zp1820684a

みなとみらいの駅は地下深くにあったのですが

地上に出るとエスカップのCM撮影をしていた。

これは朝から夕方までずっとやってたみたい。

いわゆる誰も参加できるというタイプのCM。

面白かったのだけオンエアされるのだろう。

トランポリンで飛び跳ねるのだが、若いカップルからお年寄り夫婦まで

色んな人が飛び跳ねてたな。

Zp1820688

でんぱ組.incメンバーも

トランポリンを飛び跳ねに来ていたそうで。

タイミングが合わずに見ることはできなかった。

CD購入列に並びに行かずに

ライブが始まるぎりぎりまで粘っておけば

エスカップのCM収録にも参加できて、でんぱ組のトランポリン芸も見られたのかも。

でもそれじゃ握手券がなくなってしまうし、難しい兼ね合い。

Zp1820690

みなとみらい駅の地上に出て、すぐ真ん前。

押しボタン式の横断歩道を渡れば

そこは日本丸メモリアルパークだ。

海というより港というより湾だなと思った。

自分はいま湾にいる。

湾のドックで船と共にいる。

そんな日本丸メモリアルパーク。

| | コメント (0)

副都心線→東横線→みなとみらい線  同じ車両で三社走破

Zp1820680

でんぱ組.incの発売記念ライブが行われる横浜みなとみらい。

ここへ行くのにアクセスは楽だった。

なにしろ一つの電車に乗ればいいだけ。

だがこの電車、三つの鉄道会社にまたがっていた。

まずは東京メトロの副都心線に乗り、

やがてその車両は渋谷を過ぎると東京急行の東横線に突入。

最後は横浜を過ぎて、横浜高速鉄道を走行。

同じ電車に乗り続けているだけなのに、三つの電車会社を跨いだ格好だ。

Zp1820682

無駄がなく近かったですね。

やはり移動する場合、乗り換え時間が最もネックになる。

電車に乗る時間など二の次だ。

その点では、三社を突き抜ける相互乗り入れは便利。

東横線の渋谷駅、地上のプラットホームがなくなったのは残念だが

渋谷を通過する場合、とても便利だった。

Zp1820681

下手にJRだけで来ようとしたら、倍以上の時間がかかったかも。

三社すべてのエリアで特急だったし、その滑走ぶりは見事なものだった。

代官山を過ぎたあたりで、ぬくっと地上へ顔を出し

田園調布でまた地下生活。

多摩川越えで地上へ。

東横線沿線は庭のない一戸建てが見渡す限りぎっしり立てられておった。

三社も乗ったわりには、そんなに初乗り運賃が嵩むこともなかった。

みなとみらい到着。

| | コメント (0)

日本丸メモリアルパーク  サクラあっぱれーしょん発売ツアー

Zp1820877

今日は横浜のみなとみらいで

サクラあっぱれーしょんの発売記念ライブがありました。

火曜日が渋谷、水曜日が幕張、木曜日が川崎、金曜日が新潟、

各地を点々としているツアーだ。

東京がまだ渋谷だけ。

ですが明日の最終日はいよいよ本拠地である秋葉原開催。

オリコンデイリーチャートはつねに3位をキープ。

横浜は天気がよくて暖かだった。

これで花粉さえなきゃ天国なのにな。

マスクと血管収縮スプレーを手放せません。

握手会のあと感極まって泣いてるファンの女の子もいたなあ。

興奮と感動のあっぱれ横浜♪

Biwkfmwcyaaq7jt

さて、ハニロウはどこにいるでしょうか?

| | コメント (0)

最上もが盤  HMV新宿で引取  千葉ライブ分

Zp1820676

先月の千葉ANGAでのワンマンライブ。

ライブ終了後に握手会があったのですが

そのときすでに全額支払っていたCDを

HMV新宿で先ほど引き取った。

徐々に増えていくサクラあっぱれーしょん。

| | コメント (0)

さようなら幕張イオン  サクラあっぱれーしょん★ツアー  終了

Zp1820656

幕張で一日を過ごしました。

帰り道はイベントの余韻に浸りながら歩いた。

京葉線が高架線路を走り抜ける。

結果、大満足でしたね。

幕張成功。

Zp1820658

平日だから苦労が少なく済んだ面もある。

幕張イオンは土日だと恐ろしく混みそうだ。

面白い場所をチョイスしたものです。

Zp1820661

歩道橋から遠くに見える幕張イオン。

その駐車場はマンションのように見える。

なかなか渡れなかった八車線も良い思い出に。

Zp1820664

夜の浜田川。

外灯がなく、ひっそり隠れるように静まり返る。

繋がれるボート。

Zp1820667

幕張の街で印象に残ったのは

連結バスだ。

アコーディオンバスが路線を巡る。

乗らなかったけど。

乗ったら余り実感ないものでしょう。

名古屋のリニアモーターカーに乗ったときも、浮いてる実感ゼロだったし。

Zp1820668

自由に使えるサイクルもあった。

これでイオンモールに行く方法もあったのだね。

Zp1820669

海浜幕張駅に到着。

駅北は初めてとなった。

みんな帰ろう、おうちに帰ろう。

Zp1820670

アコーディオンバスは停車している姿も

さまになっている。

運転したい。

Zp1820671

さあ、東京へ帰ろう。

京葉線で新木場まで行こう。

サクラあっぱれーしょん発売記念ツアー in イオンモール幕張新都心

無事に終了。

| | コメント (0)

星降る夜のライブ&握手会  でんぱ組.inc  幕張イオン

Zp1820611

すっかり日も暮れた。

ステージ背後の木々はイルミネーションがつけられていた。

ステージ背景の幕は真っ白となり、

木々の影が映っていた昼間と比べ、シンプルになった。

19時集合だったが、それまでの空き時間は

ステージ付近に誰もいなかった。

これも珍しいことかな。

ファンが周りで屯してるケースが多いので。

それだけ幕張イオンはあちこち行くべき場所が多かったのかも。

飽きさせない。

Zp1820610

19時近くになって、どっとファンが集まり

昼の部と同じように20番ずつの区切りで入場となった。

夜の整理番号は早かったので、第一陣での入場となった。

十番台でしたが、一桁台が余りいなかったりして

十人目ぐらいで入れたね。

ランダムで配布しているので、そもそも一桁台GETが余りいなかったのか

それとも昼だけ見て帰ってしまったのか。

複数枚購入だと昼と夜の両方、入場券を渡されるので。

夜の部の最後までCD販売はしていて握手券も余っていた状況。

平日の幕張がなせる余裕。

Zp1820615

いざ入場すると最前の両サイドが埋まっているのに

センターだけ空いていた。

これはでんぱ組の各メンバーのMC立ち位置が決まっているので

推しメンバーの立ち位置にファンが陣取る都合だ。

なので最前センターGET。

りさちゃんの下手や、ねむきゅんの上手は

がっつりファンが陣取っていたが

センターのもがちゃんは空白地帯だったという第一陣の入場事情。

整理番号のランダム運と同様に

どのメンバー推しファンが先に入るのかという運もある。

Zp1820629

最前センターだけに見やすかったし、

間近のライブ感が味わえた。

歌のパフォーマンス中はセンター寄りにメンバーが固まることが多いので。

ステージがそこそこ高さがあり、軽く見上げる煽りアングルも良かった。

でんでんぱっしょんでライブは始まり、

広いステージなのでリボンパフォーマンスもばっちり。

もがちゃんが片脚を高く上げる姿は素敵だった。

もがちゃんの脚は少し筋肉質なところもあり

その違和感がスルーされない美しさに繋がっている。

Zp1820635

僕の隣は女の子二人だったが

MC中にもがちゃんが二人をガン見し続けるので

二人も「さすがに見すぎだろ」と苦笑していた。

千葉ANGAのライブのときもそうだったが

もがちゃんは最前の女の子客を

ガン見し続ける傾向にあるね。

逆にえいたそはどこか遠くを見ていて

歌ってるときもMCのときも

目が合った記憶がない。

この日はみりんちゃんが僕とはよく目を合わせてくれていて

そんな巡り合わせ。

Zp1820638a 

夜は寒かったのでコートを羽織って臨んだが

途中で脱いだ。

最前なので前にコートを脱ぎ捨てるスペースがあるのも利点。

サクラあっぱれーしょんは

イントロでの猿パフォーマンスが面白い。

だが腰を低くしてステージを駆け抜けるメンバー達は

少し後ろからではよく見えない。

その点、最前なら遮蔽物ゼロで堪能できた。

千葉ANGAで初めて見たとき

下手からピンキー猿とりさ猿が、上手に向かって迫ってくる

あの光景が脳裏に焼きついて離れない。

センターから見ても、あのときほどのインパクトはなくて

やはり上手スピーカー前のアングルがきいたと思う。

Zp1820639

ライブ後の握手会では

えいたそに小説のことを話したり、

ピンキーには良い色してんじゃんとブルーのコートを褒められたり。

みりんちゃんは積極的に色々話してくれて

ウォンバットが実在の生き物だと最近知ったと伝えたら驚かれたり。

音の質感だけでつけられたニックネームかと勘違いしていたのだ。

Zp1820641

声を出せないねむきゅんは、握手のあと手を離し

右手でマルを作り、左手でもマルを作り

その二つをくっつけた。

そのあと、指を二本、

さらに指を六本アピール。

あっ、これは最初のマル二つが「8」で

そのあと2と6。

826でハニロウをやってくれたんだと感動。

即感謝でとても温かな気持ちになれた。

Zp1820643

あんまり嬉しくて頭が飛んでしまい

次のもがちゃんやりさちゃんとは

前もって考えてたことを口に出せなかったりしたけど

それが成功の握手会だね。

縮こまった予定調和のやりとりで流されてもつまらない。

予定外のハプニングが舞い降り、

予想しない会話が生まれる。

それが握手会の頂点だろう。ねむきゅん握手大成功。

Zp1820647

ステージを下りたあとも、握手会の流れを見守った。

離れた場所から見ていても

ねむさんの姿には惹きつけられた。

他メンバーは会話でファンと接点を持つが

声の出せないねむさんは、顔の表情や体の動きでコミュニケーションをとり続けたので

声の届かない遠くにいる者達も

ねむさんが各ファンに伝えている内容が読み取れたのだ。

ねむさんが時に飛び跳ね、指先を動かし、笑顔や怒った顔を作り、

ファンを楽しませる様はエンターテインメントだった。

Zp1820653

夜の握手会はループが凄かったな。

数百人いたファンがパーテーションの外に散り、

中には残り20人ほどが残ったのだが、

その20人が一向に帰らない。

でんぱ組の全員と握手をし終えても

彼らのポケットからは無限に握手券が湧いてきて

また並び直しとなるのだった。

この無限ループをするファン達のうち、女の子が何人もいるのが凄い。

    

過去にでんぱ組が本格的な活動をする前

みりんちゃんのインストアなどよく行ったものだが

ファンの大半はディアステ常連の中年男であり、

こんな若い女の子達が大勢押し寄せる現場ではなかった。

でんぱ組は女の子ファンがとても多く、

それが現場の雰囲気をよくしているし、

男ファンの良い意味でのマナーにも繋がってくる。

ファンはアーティストの鏡だし、そのファンを見ればそのアーティストの真価が理解されるもの。

女の子ファンが多い現場は過ごしやすく、好循環が保たれている。

     

無限ループをする20人ほどのファンから脱落者が出るたびに

「~さん上がりまーす、お疲れ様でした」

とパーテーションの外で見物するファン達から

ねぎらいの挨拶が合唱された。

点々と脱落していく。

幕張イオンは最後までCDも握手券も余っていたので

買いたい人は山ほど買ったのだろう。

延々と終わらないように見えた握手会だが

どこかでみな握手券が尽きるときがくる。

最後までループし続けたのは女の子二人だった。

男ファンが撲滅しても残る勝者。

無限ループお疲れ様でした。

     

りさちゃんから挨拶もあり、握手会が終わった。

これで本日のイベントはすべて終了。

ステージを下りて移動するでんぱ組に近寄るのも

女の子ファン達だったりして

男ファンは自制して余り近寄れず、声だけを送る。

そんな暗黙の境界線があるのも面白く

バランスがとれていた。

| | コメント (0)

セルフレジだよ、幕張イオン  でんぱ組.inc

Zp1820561

空き時間に喉が乾いたので

自動販売機を探したが見つからない。

だったらと

食品売り場でペットボトルを手にとった。

レジに持っていったら、これはレジなのか?という見慣れぬ光景。

店員に誘導されて行った先は、セルフのレジだった。

自分でバーコードを読み取らせ、金額を機械に入れる。

珍しい。

いよいよ夜の部がスタートです。

| | コメント (0)

スピンズ&ヴィレッジヴァンガード  でんぱ組.inc in 幕張

Zp1820595

一回目のライブMCで

りさちゃんがスピンズやヴィレッジヴァンガードを

二回目までの空き時間に見に行くことを勧めていたので行ってみた。

スピンズは店頭でサクラあっぱれーしょんのディスプレイが作られていた。

チュッパチャップスとでんぱ組。

Zp1820596

ヴィレッジヴァンガードは初めてでしたが

面白いグッズを集めてるお店かな。

昔この手の店が好きな知り合いがいて、

原宿や下北沢の店を散策したりしたものだ。

そういう系統の店がチェーン展開したのかな。

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

幕張イオン  一回目のライブ&握手会  でんぱ組.inc

Zp1820543

集合時間の15時には大勢が集まったのですが

30分押しがスタッフより告知された。

一同解散。

30分後に再び集まると、今度は整理番号が呼び出された。

全体が整理番号順に並ぶのではなく

あくまで雑多に溜まった。

1~20番までを最初に集め、そこで整理番号順に並び、

スタッフを先頭にして優先エリアに入場。

次は20~40番まで、という具合に20番区切りで集合と入場が繰り返されていった。

Zp1820544

ステージ背景には木々の影が映っている。

私は百番台だったので、入場できたときは上手から下手まで

前方はがっつり埋まっていた。

だったらどうせなので真ん中に位置してみた。

優先エリア内で前後左右どこからでも中央な場所。

入場してから開演するまでは長く感じるものです。

やけに足が疲れたり、気苦労を感じる。

それが音楽と共にメンバーが登場すると

一気に吹き飛んでハッピータイムのスタートとなる。

Zp1820551

手前の傘を被っているのは暖房器具。

ライブは見やすかったです。

メンバーは上半身が見えて、下半身は人垣の隙間から見えたり消えたりってとこ。

それは私の身長が高いおかげかも。

女の子のファンが多いでんぱ組ですが

みんな少しでも背を高くしようとしてか、厚底スニーカーが多い。

十センチ嵩など当たり前で、下駄を履く以上の嵩上げ。

Zp1820554

女の子ファンといえば

白のストッキングやニーハイの娘が圧倒的に多い。

デニムのホットパンツに白ストッキングだったり。

ミニスカートに白ニーハイだったり。

完全に白の場合もあれば、白生地に模様がデザインされていたり。

白タイツ天国がでんぱ組ファン。

そしてステージに現れたでんぱ組の面々も、揃って白ニーハイだった。

白のオーバーニーハイソックスに、チュッパチャップスのロゴがデザインされている。

チュッパチャップスの広告に起用されているでんぱ組ですが

そちらの衣装で今回の幕張イベントは行われた。

Zp1820556

16時の開演でステージに登場したでんぱ組。

リハーサルではいなかったピンキーも無事合流。

ライブの盛り上がりは、MIXなどの掛け声は勢いあったが

モッシュなどで過剰に前へ押せ押せになることはなく、抑えが効いていた。

幕張のゆったりした穏やかさがファンをそうさせたかな。

MCでは、ピンキーが先ほど、高校の卒業式を終えて幕張に来たことが報告された。

高校一年の冬からでんぱ組に入り、

そこから急激に忙しい生活になったピンキー。

無事、高校を卒業し、でんぱ組メンバーから色紙が渡された。

そこには、ねむ作のパンダ造形物もくっつけられていた。

一回目のライブではWWDが歌われましたが、

「時はすぎて私も高校生」の部分が今日で歌えなくなると心配するピンキーに対し、

だったら他メンバーがみんな歌えないじゃないかとトークが盛り上がった。

りさちゃんはすでにメイド長でもなければ、

ねむえいも@ほぉ~むカフェは大昔にやめている。

逆にピンキーだけが今とシンクロしている歌詞だったのだ。

Zp1820558

すでに報じられているように

ねむきゅんは喉を痛めていて、声が一切出せない状態。

MCでも喋らず、歌ではねむパートだけを過去のライブ音源から拾って

オケにのせている。

そんな状態でも、そんな状態だからこそ、

メンバーの誰よりも積極的なパフォーマンスで湧かせてくれた。

すらっと背の高いねむきゅんは

ステージに立つだけで絵になる。

     

ファンシーほっぺはライブの大音量で聴くと、

とてもリズミカルで思わず体を揺すりたくなる曲だった。

サクラあっぱれーしょんは、りさちゃんにピンキーが後ろから飛び乗って

ピンキーをのせたまま上手から下手へ移動していく流れが好きだ。

バンダリズムはメンバーが中央に固まるときと、

ステージ全体に広がるときの対比が絵的に良かった。

     

MCでは、みりんちゃんが最初に挨拶するとき

「こんばんは」と言っていい時刻か悩みながら口にして

ファンの笑いを誘った。

西日の強くなる時刻で、夕方の始まり。

ステージの背景や屋根で遮っているとはいえ

でんぱ組のメンバーは背中に西日、観客はもろに西日なので

こんばんは、は少し早い状態だった。

りさちゃんは寒いなかありがとうと言っていたが、

これまでの道中、非常に暑かったな。

イオン幕張はロッカーが充実しているので

コートや荷物はそちらに入れてライブに臨んだ。

100円入れても、出すとき戻ってくるタイプ。

      

ライブ後はそのまま握手会へ突入。

メンバーは一旦はけ、銀色のコートを羽織って再登場。

握手会の列はぐだぐだで

最後まで整列がされなかった。

まったく整列なしに握手会が延々とこなされていくのも珍しい。

どのあたりにいたら、ステージへ上がれる導線に繋がるのか不明。

    

まあそれでもステージに上がるときはやってきた。

私は先日誕生日だった。

でんぱ塔の会員メールで送られてきた誕生日動画。

3月生まれの人は会う機会があれば是非アピールしてくれと言っていた。

なので39歳になりましたアピールを各メンバーにしていった。

えいたそは奇声溢れる祝福だった。

ライブ中に目が合うことが多かったみりんちゃん。

たぶん僕がいた場所が全体の中心だったので、そんな具合になったのだろう。

まだまだ人生これからだからと、やけに背中を押されることを言われた。

上昇気流の売れてる人に言われると説得力ある。

りさちゃんは39歳に見えないと目を丸くした。

もがちゃんはおめでとうのあと「もうすぐ40だね~」と釘を差し、

そこで僕のぶっ倒れ芸も出せて良い感じだった。

もがちゃんとまともに話が通じるのが初めてかもしれない。

大きな関門を突破した。

ねむきゅんは話せないけど表情で応援してくれた。

喜怒哀楽をはっきり顔に出し、ボディランゲージ豊かに対応。

ピンキーには卒業おめでとう。

    

六人と握手し終わり、ステージを下りたあとは

やはり気持ちがほわほわしてしまい

にやついてうろうろしてしまうね。

傍から見て気持ち悪いだろう。

だがそれがアイドルの握手会というものだ。

仕方ない。

    

握手会は途中で一回休憩が入り、

また復活して賑やかに行われた。

すべてが終わると、でんぱ組メンバーはステージを下り

館内へ戻った。

館内移動するメンバーを執拗に追いかけたりしないのも

マナーが行き届いていて

幕張の穏やかさがなせる技か。

蔦屋書店の辺りを横断していったが、

干渉するファンはいなかった。

    

夜の回まで時間が空いたので

妥協な値段の和食屋に入り、

食べ放題の惣菜をお代わりしていた。

全面ガラス張りの外は陽が暮れていき

幕張に夜が下りる。

| | コメント (0)

ファンシーほっぺ♡ウ・フ・フ in 幕張イオン

Zp1820569a

イオンモールの二階ベランダから

ステージを見下ろすことができる。

ここから観ている人達も多かった。

ただ、無料で観ているというよりは

整理番号が遅かったから、下の優先エリアには行かずに

早いうちから二階のベランダを場所取りしたという感じだろうな。

ベランダ柵にはべったり張り付くことはできず、

手前にパーテーションが張り巡らされている。

Zp1820580

私はCD購入列に出遅れたわりには

整理番号は昼はまずまず、夜は最高だったので

どちらの回も下の優先エリアで観た。

ランダムにしてくれるので出遅れた者にはありがたい。

ランダムなので早くから集まりすぎることもない。

とはいえ、土曜日の横浜はどうなのだろう。

平日の幕張は平穏だったが。

Zp1820585

イオンモール以外は何もないような

寂れた風景。

都会の混雑を抜け出して幕張に来れば

区画整理された人工都市に車の交通量は多いものの

道に人は見当たらない。

駐車場完備のショッピングモールに人はうじゃうじゃ。

| | コメント (0)

2014年3月13日 (木)

グランドスクエアステージ  でんぱ組.inc  公開リハーサル

Zp1820547

買い終わったあと

ぶらぶらしていたら、でんぱ組.incが私服でステージに登場。

公開リハーサルとなった。

だがピンキーの姿がない。

学校かな?

立ち位置の確認など。

マイクのミキシング調整。

広めのステージなので、演出不可能なことはなかったはず。

Zp1820549

ドキュメンタリーを手がける監督がよく口にすること。

カメラが入った時点でみな自然と演技する。

公開リハーサルもそれに似ている。

見物しているファンとの接点は生まれないものの

ステージ上のでんぱ組はみな見られていることを意識しているし

その上でじゃれ合いやお喋り、ふざけたり、仲良く振舞ったりが生じる。

それ自体が一つのショーでありえるし、素晴らしいものだ。

本番にはない、だらけたようでいて計算もありのコミュニケーション。

Zp1820552

CD販売に大勢並んでいたわりには、公開リハーサルを観ている人は少なかった。

みんな御飯でも食べに行ったのだろうか。

イオンモール幕張は高級志向なせいか、レストランがどこも高かった。

一人あたり2000円予算ぐらいの飲食店が多い。

そんなに高くないか。

でも五百円昼食を求めていた人には、行くとこがない。

カフェテリア形式のフードコートもあったけど、やっぱり高い。

Zp1820593

この手のイベントがあると

ライブ以外の時間帯でも、でんぱ組のファンだと外見からわかる人達が

あちこちで見られるものだ。

だがイオンモール幕張は面積が広大なせいか

どこへ行ってもその姿がほとんど見られなかった。

ライブ以外の時間は、みなどこかに居るはずなのに完全に分散していた。

それだけ行くべき場所があるイオンモール。

| | コメント (0)

握手会参加券&優先エリア入場券  でんぱ組.inc in 幕張

Zp1820560

イオン幕張の一階に入っている蔦屋書店。

こちらの販売となり

握手券と優先エリア入場券を昼と夜の両方GET。

9種類のうちから二枚買うわけですが

「えいたそとねむきゅんください」と売り子女性に言うと

「えっ……ええと、どれ?どれ?」と戸惑われた。

メンバーの名前を把握してないと困っただろう。

特に正式名称ではないと。

もう番号でも振っておいて、何番と何番をください、とか言えばいいか。

Zp1820566

蔦屋書店。

TSUTAYAじゃないよ。

コンビニなんかと同じで、ツタヤはほとんどがフランチャイズだそうですが

各オーナーは「蔦屋書店」と「TSUTAYA」のどちらか

好きな屋号を選べるそうだ。

大半はTSUTAYAを選ぶ。

だがあえて蔦屋書店を選ぶあたり、お洒落さんを目指しているらしい。

そんな幕張イオン。

千葉来たばっかり!

| | コメント (0)

13時30分  CD販売開始  サクラあっぱれーしょん in 幕張

Zp1820539

13時半まではCD販売場所に集まらない約束だったので

館内のソファでごろごろ。

そろそろかと思い、五分前に行ったら長蛇の列だった~!

ちと焦り。

30分前集合ぐらいはするべきだったかも。

世の中ほどほどが大事だから。

ライブは屋外ステージであるのですが

その隣にテントが立てられていて

そこがCD販売所でした。

Zp1820540a

なかなか列は進まず。

使用不可と書かれた仮設トイレ前での待機となった。

直射日光が当たって暑かった。

幕張まで来たのに買えなかったら残念だなと心配したが

いざ順番が回ってきたら、いくらでも買えました。

というか、列が解消されたあとも余ってました。

結局、最後の最後までCDも握手券も残ってる状況だった。

平日の幕張だしね。

よかよか。

| | コメント (0)

イオンモール幕張新都心  AEON MALL  でんぱ組.inc

Zp1820531

やっとこさイオンに入場。

イオンモール幕張新都心。

広大なショッピングモールです。

バブル崩壊後、幕張はゴーストタウン化しそうで危なかったが

こうした巨大ショッピングモールが立ち

新たなステージに突入。

Zp1820532

インフォメーションにも張られていた。

でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」発売記念ツアー。

華原ともちゃんのライブも後日あるようです。

スーパーのイベントステージで営業。

これができて初めて芸能人やね。

都内のライブハウスや小さな芝居小屋で活動しているうちは

アーティストではあっても芸能人ではない。

Zp1820534

館内に入っても暑かったので

空いているソファに腰をおろし

コートを脱いで体を休めた。

CDの販売は13時半からなので、

まだ時間に余裕はある。

とにかく休む。

平日なのに昼間から二本立てのライブ。

これに来られる人は社会人として駄目なんじゃないかと思われるかもしれないが

ええ、駄目です。

私は来てます。

Zp1820522a

この日のインストアメニューは握手会がメイン。

ツーショ撮影やサイン会は無し。

日によってメニューが異なるのも、発売一週目の記念ツアーならでは。

CDを一枚買えば、握手券1枚。

それとステージ近くの観覧券が合わせてついてくる。

この観覧券がなくてもライブは誰でも見学可能。

CDの発売開始待ち。

| | コメント (0)

最後の罠  海浜幕張の謎  でんぱイオン組.inc

Zp1820514

ついにイオン真ん前まで辿り着いたものの

ここでまたミスをしでかした。

先の入口案内のすぐ先に、イオンへの入口があったのだが

こちらは線路に面した裏側なので

わかりづらい。

入口に気づかず通過してしまった。

同じように歩いていた人達がみな通過していたせいもある。

そしてその人達は、もう少し行った先の従業員入口に

全員が飲みこまれていった。

一人きりになり歩く自分。

どこまで行ってもイオンの裏手であり、

入口が見つからない。

Zp1820515

結局、イオンの建物端まで行って、

ようやく入ることができた。

このイオン、広大な面積を誇るショッピングモールなので

かなりの距離ですよ。

端まで歩いたのは。

無駄に無駄を重ねて歩き続けた道中。

汗まみれになりながら、やっとイオン内部へ。

| | コメント (0)

渡れない八車線  京葉線の南から北へ  でんぱ組.inc

Zp1820511

イオンを目の前にして八車線の道路を渡るすべがない。

北上するうち、

ついには京葉線の高架を潜り、線路より北側に出てしまった。

ここでようやく歩道橋が現れ、道路の向こうへ渡れた。

そう、イオンは線路の南側にあるのに

線路より北側を歩いてこなければ辿り着けないルートだったのだ。

とんでもなく大回りをした。

再び線路の南側へ向かって歩き、いよいよイオンだ。

Zp1820512

ここで線路の引き込みを発見。

海浜幕張駅の西側にあたるここは

京葉線の車両基地になっている。

東京ビッグサイトの隣がゆりかもめの車両基地なのと似ていて

幕張メッセは兄弟のような存在だ、

いやライバルかと再認識。

ネットで囲われているのはJR東日本の野球部グラウンドであり

合宿所も併設されているようだ。

Zp1820513

そしてようやくイオンだよ。

無駄に二倍以上の距離を歩いてきた実感あり。

店内入口はこちらという表示あり。

なぜこんなチープの表示なのかといえば

たぶん訪れる人の大半が車でしか来ないのだ。

高層な駐車場も完備してるしね。

徒歩でイオンに来る人を想定していない。

| | コメント (0)

イオン目前  試練の浜田川を越える  でんぱ組.inc

Zp1820509

ひたすら歩き続け、ようやく近づいてきたイオン。

だがイオンに辿り着くには

堀のように流れる浜田川を超える必要があった。

この浜田川を越えられずに、イオン行きをあきらめた旅人達が山ほど。

だが越えられない川はない。

勇気と希望を胸にすれば、目の前には橋がかかっているのに気づくはず。

Zp1820510

浜田川越えに成功した。

あとは道路を渡ってイオンの敷地に入るだけ。

という時点でトラブル発生。

歩行者が渡れる横断歩道や歩道橋などが皆無。

道路は合計八車線ほどで、交通量が多く、トラックなどのスピードも速い。

これを渡るのは困難。

仕方ない、急がば回れだと北上するも、どこまで行っても向こう側に渡れない。

イオンは目の前にあるのに、

永久に辿り着けないような無間地獄に陥った。

正午過ぎの太陽が体を焼き殺す。

| | コメント (0)

千葉ロッテ★アコーディオンバス  幕張は連結バスの街

Zp1820502

イオンは遠かったので、かなり歩いた。

だが幕張メッセに直行するだけでは見えてこなかった

幕張の街を知ることができた。

このような連結バスが多い。

路線バスのほとんどがアコーディオンな連結バスだった。

細くて狭い道がない、綺麗に区画整理された幕張の街だからこそ

走行が可能なのだろう。

リムジンバスより長い。

運転するのは大変だろう。

Zp1820503

後で調べたら

この地区の路線で使われている連結バスは

メルセデスベンツだそうです。

日本の車メーカーは作っていないのだろう。

幕張の人達はみんなベンツで移動。

高層ビルやショッピングモールが充実するわりに

いまいち人が住んでる気配がない幕張ですが

アコーディオンバスが来訪者を目的地まで運ぶ。

ここまで書いたわりに、私は乗ってない。歩きでした。

バスって苦手だから。

自分が車を運転できるようになってから、

人の運転する車に乗るとき、緊張感が生じる。

タクシーはもっと嫌だ。

自分がバスを運転できるなら構わない。

アコーディオンバスを一度運転したいものだ。

| | コメント (0)

幕張に到着  千葉来たばっかり!  でんぱ組.inc

Zp1820498

でんぱ組.incの新曲「サクラあっぱれーしょん」

発売日は千葉の幕張にて

ライブと握手会があるということで、やってきました。

ちょうど正午ぐらいに海浜幕張駅に到着。

幕張メッセに用事があるとき以外で

幕張に来たのは初めてかも。

Zp1820500

幕張の街を歩く。

三年前の震災直後は地面が液状化して

あちこちのアスファルトが陥没していた。

今ではすっかり回復した。

それにしても良い天気。

幕張メッセの各建物が聳え立つ。

Zp1820504

お台場の東京ビッグサイトと比べ

遠いイメージの強い幕張メッセだが

時間的にも交通費的にも、実はそれほどは変わらないかも。

距離は遠いけどね。

お台場がそれだけ面倒な立地なのだ。交通事情的に。

幾ら自家用車を持ってる人でも、都心の渋滞に巻き込まれたら、

スムーズにはお台場へ行けないだろうし。

Zp1820505

最近は新木場で、地下鉄から京葉線に乗り換えてる。

地下鉄と京葉線の改札が20メートルほどしか離れていないので便利。

東京駅で京葉線に乗り換えようとしたら半日がかりの遠足だ。

京葉線自体も、二駅先の舞浜でディズニーランド客が下りれば

がらがらで空いてて楽だし。

Zp1820507

暑かった。

正午の太陽。

影のできないコンクリートジャングル幕張。

いよいよ開催地のイオンが見えてきた。

だが遠い。

間に何も建物がないので視界には入るが

歩けど歩けど近づいてこないイオン。

果たして辿り着けるのか。

| | コメント (0)

2014年3月12日 (水)

サクラあっぱれーしょん★発売日  幕張イオン ライブ&握手会

Zp1820569

今日はでんぱ組.incのニューシングル

「サクラあっぱれーしょん」の発売日。

ライブの行われる幕張イオンに行ってきました。

発売日になぜか千葉。

非常に謎。

千葉来たばっかり!

のどかな海辺に立つ大型ショッピングモールで

でんぱ組がフルパワーで活躍してくれました。

一日を幕張で過ごした。

郊外だからゆとりがあるね。

大人数相手だったけど、広々とゆったり、楽しさ爆発でした。

こんなに心地良いこと久しぶりだよ。

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

WF2014冬  みそしる  カゲロウプロジェクト  マリー

Zimg_3379

近所で評判のラーメン屋に行ったが

いまいち店員達と気が合わない。

ラーメンは本当に上手い。

丁寧に作りこんでるなと思う。

人気があるのも理解できる。

ランチタイムは行列ができてるし。

Zimg_3380

今日もそのラーメン屋に久しぶりの挑戦をした。

こちらがラーメンを食べていると

店員達がその格好は指を切断したように見えると話し出し

切断した指をすぐに冷凍保存して

病院へ行くという話をしていた。

上手かったラーメンが不味くなった。

Zimg_3381

そのラーメン屋の店員とはどうしても馬が合わない。

水はセルフサービスなのだが

自分が取りに行こうとすると

先走って店員が水を取りにいったので

自分にくれるのかと思って席に戻ると

店員はコップの水を持って厨房へ消えた。

ちぐはぐだな。

Zimg_3382

食券を買って店員に渡すのだが

渡すタイミングがいまいちわからない。

席についてから渡そうとすると、

食券くださいよとやたら急かされる。

先に渡そうとしても受け取らない。

Zimg_3383

向こうにとっても嫌な客だろうし

私にとっても難しい店だ。

そんなラーメン屋より

自宅からすぐのところにある

タンメン屋の方が好きだ。

タンメン屋は店員達の平均年齢が高く、安定と平穏が漂っている。

評判のラーメン屋は、店員がみな若いな。

Zimg_3385

居酒屋のランチによく行くが

ここは客との間合いに気を使う。

周囲の建設現場で働く肉体労働者が

午前11時半ぐらいから正午過ぎまで多く、

正午を過ぎた頃からスーツの会社員が圧倒的に増える。

舐められたら舐め返せ、トイプードルだ。

Zimg_3386

高速道路の高架下にある喫茶店。

店前に黒もじゃの犬がいつも座っている。

首輪や綱はつけてない。

淡々と行儀よく

朝から晩まで座っている。

密かに好感を持っている。

この町で一番、好感を持っている他者かもしれない。

Zimg_3388

みそ姉ちゃんだよ!

みそ姉ちゃんも二十歳になったというから

これからはワイルド姉ちゃんで行くはず。

たぶん。

| | コメント (0)

さよなら DreamParty  ドリパ消滅

Zimg_8877

東京ビッグサイトで開催されていたドリパ。

実のところ館内の展示は見たことがなく

屋上広場でコスプレ撮影してるだけだった。

民安ROCKのライブなどが

パーテーション越しに響いてくる。

春に開催予定ですでにチケットも販売していたのですが

消滅が決定。

Zimg_8879

企業ブースに出展する企業が集まらなかったようです。

ドリパは入場料金をとるイベントですが

無料イベントが動員を上げていて、そちらに企業が集中してしまった模様。

栄枯盛衰でしょうか。

コスプレ博だけでも続けてほしいですが、

館内を借りればこそ、屋上も+αで借りられるようなので

空いた開催日を別の業者が借りてしまえば、コスプレ博は難しそう。

| | コメント (0)

FC岐阜  J2首位

Zimg_9312

前評判の高かったFC岐阜。

首位を爆走中。

GKは川口能活、DFには三都主アレサンドロ、監督はラモス。

豪華スターの揃ったクラブだ。

ここに闘莉王が揃えば完璧じゃないかと思ってる。

Jトラストという会社がバックについたFC岐阜。

まあとにかく勝ち続けることが大事だ。

| | コメント (0)

明治安田生命 J3リーグ 開幕

Zimg_8540

いよいよ本日より始まったJ3。

Jリーグが始まったのが21年前。

J2リーグが始まったのは15年前。

3部には長年、JFLがあったのですが今年より4部相当になり

J3リーグがめでたく開幕となった。

Zimg_8501

第一節を終え、首位になったのはツエーゲン金沢。

ひと昔前の北信越リーグを思い出させる。

松本山雅がJ2にいて一歩リードしているが

AC長野もJ3に参加し、追いつけ追い越せで頑張っている。

Zimg_8505

すでにJ2を経験している町田や鳥取。

静岡県からは藤枝マイエフシーも参加。

静岡県は、J1に清水、J2に磐田、J3に藤枝と

Jリーグの三つのディビジョンをすべて揃えている。

ちなみに4部のJFLには

本田FCとアスルクラロ沼津があり、

静岡県は1~4部までチームが盛りだくさんだ。

Zimg_8506

注目のJリーグU22選抜も、J3に参加。

こちらは22歳以下のJ1J2各チームの選手を

試合の前々日に召集し、

即席チームで毎試合戦いに臨むという特殊プロジェクトだ。

普段はクラブチームの練習に参加し、

次の試合のベンチ外が決まった時点で、J3へ選手を回すという仕組み。

今日の開幕戦はFC琉球に惨敗となった。

面白い試みで、ゆっくり経過を観察していきたい。

| | コメント (0)

« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »