« でんぱ組.inc×gdgd妖精s  愛があるから!! | トップページ | 日本 6-0 ホンジュラス  豊田スタジアム »

2014年11月15日 (土)

でんぱ組.inc  パシフィコ横浜国立大ホール

Zp1860174

でんぱ組.incを遠くに感じたライブだった。

寂しさ。

4000席を超える大ホールで、とても広いステージ。

その中央にぽつんと歌い踊るでんぱ組の6人。

6人の存在は遠く、遥か彼方へ行ってしまったように感じた。

これまでも大きなスペースでのコンサートはあったが

日比谷野音は屋外の解放感があり

武道館は達成記念の思いが強く、それほど疎外感はなかった。

だが普通のコンサートが大ホールで開かれるとなると

こんなにも6人を遠く感じるのかと驚いた。

でんぱ組は大型のライブハウスでワンマンを繰り広げてきたし

どんなに汚くて狭苦しい場所であっても

間近に喜び合える良さがあった。

それは6人だけでなく、他のファンたちとの結合でもあった。

だが大ホールでのライブは

ファンが個々に独立して一体感は得られなかった。

これが大ホールか。

Zp1860175

ライブ自体が中途半端な流れでもあった。

東アジア文化都市のパートナーとして

でんぱ組の活動を振り返るVTR。

そしてMC。

さらにはでんぱ組が引っ込んで

中国や韓国のミュージシャンがステージに上がり

弦楽器の独奏が長時間に渡って繰り広げられた。

でんぱ組のライブ自体は全体の半分ぐらいだったろうか。

半ばには休憩時間も設けられ

盛り上がりの空気は作られることがなかった。

Zp1860177

4000席を超える座席の

半分ぐらいが空いたままだったのは残念だ。

一ヶ所が大きく空き席になるわけではなく

虫食い穴的な感じで

埋めて空けて埋めて空けてとなっており

客の少なさが目立たないような配慮だった。

それでもこの会場でやるのは

横浜市の事業報告としての意味合いが強かったろう。

人気ミュージシャンがひっきりなしにライブを開く、稼働率の高い県民ホールよりも

多すぎる席数のため稼働率の悪い国立大ホールを

なんとか使ってくれという意図もあったろう。

Zp1860183

でんぱ組のライブは一部の曲を除いて生演奏だった。

ただ、あまりにも国立大ホールの音響が良すぎるせいで

生演奏の迫力がなかったのも事実だ。

ドンシャリだがバスドラのキックとベースギターの低音が

観客の体をぐいぐい揺さぶるような強さはない。

ドラムに多少、生の躍動感があるかないかというぐらい。

なんとも上品な音のまとまり方だ。

キーボードのプレイヤーを排除し、マニピュレーターの自動演奏となった。

マニピュレーター担当は曲始めにボタンを押したら

あとはすることがない。

そこでガッツポーズを振り回したりしているのが特徴的だった。

ギターやベース、ドラムを生演奏するでんでんバンドの他ミュージシャンと違い

一人だけノートパソコンを前に雰囲気を盛り上げていた。

Zp1860190

ストリングスの奏者が数人、管楽器の奏者が数人、

今回は加わった。

新曲のでんぱーりーナイトは管楽器の演奏がはまっていて

今回の生演奏企画においては一番良かった。

ストリングスに関しては、まるで音として伝わってこなくて、よくわからない。

 

全体としては

今回のコンサートの企画うんぬんより

でんぱ組の6人が遠くへ行ってしまったなと

寂しさを痛感した。

だが一般的なコンサートとはこういうものなのだ。

遠くで歌い踊る彼女達に

シンクロできる自分はいなかった。

 

ライブのピークとしては

開演前に隣の席の女の子が

インナーが暑いからと脱ぎ始め

いわゆる女子高生脱ぎで、表のシャツを着たまま

インナーを脱ぐ芸当を披露したあたりだった。

|

« でんぱ組.inc×gdgd妖精s  愛があるから!! | トップページ | 日本 6-0 ホンジュラス  豊田スタジアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« でんぱ組.inc×gdgd妖精s  愛があるから!! | トップページ | 日本 6-0 ホンジュラス  豊田スタジアム »