« 2013年12月1日 - 2013年12月7日 | トップページ | 2013年12月15日 - 2013年12月21日 »

2013年12月8日 - 2013年12月14日

2013年12月14日 (土)

C84  くろねこ  ファイナルファンタジーVII  ユフィ・キサラギ

Zimg_4916

でんぱ組.incのセカンドアルバム

「ワールド・ワイド・デンパ」

が発売されました。

売れ行きは大変好調なようです。

この二年間に発表された曲のベスト盤でもあり

これまで、でんぱ組を手にとったことがなかった人に最適。

Zimg_4929

逆にいえば、新曲が少なく、

この二年間のシングルを全部買ってきた人にすると

弱ってしまう面もありそう。

そんな人は、1万円の豪華特典盤で

アイマスクなどのグッズを得て、

満足するのがいいだろう。

Zimg_4937

昨日は札幌でのインストアがあったでんぱ組ですが、

土曜日は博多です。

そして日曜日の最終日は、

昼間に名古屋、夜はお台場。

東京集中のインストアにせず、

全国展開をする辺り、

できるだけ多くの人に、

一人一枚手にとってほしい意図が伝わってくる。

Zimg_5061

Jリーグは年間アウォードがあり、

MVPはリーグ優勝した広島からではなく

横浜F・マリノスの中村俊輔が受賞した。

非常に納得だ。

広島からだと、誰を選んでいいのかわからない。

それだけ広島のチーム力は絶大で、11人の力が、何十倍にも増幅する破壊力だった。

Zimg_5048

中村俊輔にとって、

内臓の疾患で、シーズン終盤に入院し、

しばらく絶食が続いたのは残念だった。

ドイツW杯のときも高熱だった。

だがスコットランドでは無双だった。

スコットランドの風土が彼に最も合うのかもしれない。

| | コメント (0)

2013年12月 9日 (月)

艦これ 5-2 珊瑚諸島沖クリア

Zgfrtyjko

とてもスムーズにクリアできた。

1回だけ途中で、とちったが

残りの4回はボスのところまで、そのまま行けた。

三回ボスを倒して、四回目にラスボス出現で倒し、

五回の挑戦でクリア。

だが資源が枯渇気味で、なかなかプレーできなくなってきた。

Zlkjhgfdert

ラスボスクリア後は、雪風をゲット。

次の5-3が最終面となる。

寂しいものだ。

艦これを二ヶ月近くやってきて、いよいよ終わってしまうのか。

まだ続きが作られたり、期間限定のイベントも起こるだろうが

それでも一応、最終なのだ。

| | コメント (0)

清水エスパルス  年間9位  2013 Jリーグ終了

Zimg_7957

この柏戦、勝てたとしても

順位は変わらなかった。

2013年のリーグ戦は、年間9位でフィニッシュ。

勝ち点50を達成し、一桁順位に落ち着いたのは、一定の評価ができる。

ここより上を目指すには、

まずは人材が必要で、選手層を2006年レベルぐらいまで引き上げないと話にならない。

Zimg_7960

ブラジルW杯は、時差がちょうど12時間であり、

ブラジルと日本は、午前と午後が入れ替わる。

初戦のコートジボワール戦は、キックオフ時刻が変わり、

日本では日曜日の午前10時からとなった。

これは見やすい時間帯だ。

プリキュアのあとは、日本×コートジボワールを家族で観るのもいいだろう。

Zimg_7964

毎回W杯に代表選手を送りこんできた清水だが、

ブラジルW杯では、初めて0人に終わりそうだ。

前回の南アフリカでは、岡崎がデンマーク戦でゴールを決めた。

あの頃の日本平は岡崎フィーバーで、つねに満員だった。

前々回のドイツでは、チョジェジンが韓国代表として全試合にスタメン出場し、

パクチソンのゴールをアシストしたりした。

Zimg_7966

さらに前の日韓では、初戦のベルギー戦は

清水の選手が四人も出場した。

三都主、市川、戸田、森岡。

清水がJリーグで年間勝ち点1位をとり、チャンピオンシップで敗れた頃の

ゴールデンメンバー。

Zimg_7998

今年のJリーグ、

リーグ優勝したサンフレッチェ広島との勝ち点差は、13。

決して詰めるのが困難な差ではない。

優勝した広島は、34試合中、19勝6分9敗。

決して飛び抜けて強くはない。

だが団子状態のJリーグにおいて、どのチームにも優勝の可能性があると言える。

来年は1ステージ制が最後。

Jリーグ最終章だと思って、リーグ優勝を勝ち取りたい。

再来年からの2ステージ制は、まあ、どうでもいい。

Zimg_8000

ジュビロ磐田がJ2降格したことで

来年は静岡ダービーも消滅し、経営的にも厳しくなる。

静岡ダービーがないのは、

ナビスコカップや天皇杯のファイナルが消滅したぐらいの影響がある。

とにかく0円移籍の市場において、どれだけの選手が揃うか、

そこが勝負だ。

ギャラが多少下がっても、東京近郊のチームへ移籍して

モデルやタレントと合コンし、結ばれたいのはサッカー選手の本音であり願望だろう。

キャバクラ嬢としか接点を持たせてやれないのは、

清水が選手を集める上で、ハンデである。

| | コメント (0)

波止場・宮加三橋  清水駅直行  シャトルバス二系統

Zp1810646

シャトルバスは行きも帰りも

二系統に分かれた。

清水駅・新清水駅にしか停まらない便。

波止場・宮加三橋にしか停まらない便。

これによりアクセス時間を短縮。

少しずつの努力が、利益をもたらす。

周辺の民間駐車場の車で、道路が詰まってしまうわけですが、少しでも良いほうへ。

行きは15分、帰りは1時間以上かかる、清水駅への道程も

少し軽減。

待機列の場所に屋根ができたのですが、

これはただの屋根ではなく、ソラー発電のパネルになっています。

Zp1810647

波止場行きのバスに乗車。

スイカも使えるようになったので、

いちいち現金で乗車券を買う必要もなくなった。

ドリームハウスに寄って、後援会の4000ポイントを使って、Tシャツを買った。

そのあとドリームプラザに寄って、食事もした。

これにて2013年の清水エスパルスは終了。

翌日は三保にて、応援感謝デーが催された。

来年もゴトビ監督で行くということで、

とにかくどんなメンバーが残り、そして加わるのか。

0円移籍なJリーグにおいて、まるでわからないが、突き進むぞエスパルス。

| | コメント (0)

オレンジ戦士が餅を客席に投げ入れ、スタジアムを一周

Zimg_7956

セレモニーの最後は、

オレンジウェーブを先頭にして、

清水エスパルスの全選手が、スタジアムの客席前を一周した。

昔はオレンジのゴムボールを投げたりしたが

今は餅を投げる。

最前に寄ってきた子供達には、餅を手渡ししていた。

餅を食べて、大きくなれよ。

| | コメント (0)

試合終了  清水敗北  2013年のIAIスタジアム日本平に幕

Zimg_7948

後半アディショナルタイムは長かった。

柏の時間稼ぎでぶっ倒れなどがあり、

それを審判がきちんと取ってくれた。

ただ、幾ら最後に放り込みをしても、

受け手が背の低い大前だと、厳しいものだ。

ラドンチッチがそこに居ればねえ。

ロングボールを、高身長の柏DF数人に囲まれた大前が

それでも必死に受け取ろうと、キープしようと、そりゃ懸命で涙の出る思いだった。

Zimg_7953

セレモニーではキャプテンの杉山浩太から挨拶があった。

社長の挨拶は、3月の試合から順に一年間を追っていくもので、

鳥栖での勝利や、静岡ダービーについて熱く語られた。

その話の長さに痺れを切らしたサポーターから、奇声も届けられた。

ラドンチッチの退場が痛かった試合だった。

大前は前線に放り込まれるロングボールを

それでもなんとか収めようと、スピードとパワーで戦った。

だが余りの身長差に実を結ばず。

| | コメント (0)

ラドンチッチ退場  柏レイソルの逆襲が始まる

Zimg_7926

ラドンチッチが退場するまでは

なんとか1-1だったのですが、

このあとやられたね。

柏のシュートはゴールポストに当たって、内側にシュートボールが跳ねてゴールだった。

あれは柏側のゴール前だったとはいえ、鮮明にそのボール軌道がわかった。

Zimg_7932

ラドンチッチの退場には、ベンチ外の選手達も唖然。

こんなことなら俺らが出たかったなあ。

揃いのベンチコートを着るも、ベンチ入りすらできず、

メインスタンドで観戦。

試合後には契約の更新をしない選手も発表され、寒さが身に沁みる季節だ。

| | コメント (0)

700人が消滅  IAIスタジアム日本平から行方不明

Zimg_7924

後半も残り20分となり、

本日の来場者数が発表された。

14885人。

柏サポーターもたくさん来てくれた。

Zimg_7925

だが、ほんの一分後、

IAIスタジアム日本平から、700人が消滅したことが発表された。

彼らの行方は今のところわかっておらず

県警だけではなく、自衛隊の出動も要請されていることが、アナウンスされた。

いったい700人はどこに消えたのか。

だが試合は続行。

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

ゴトビ監督の咆哮  太陽は沈んだ  柏レイソルを打ち破れ

Zimg_7919

15時半に同時キックオフだった、Jリーグ最終節。

後半はすっかり陽が暮れた。

太陽が沈んだなら、柏レイソルのパワーも半減。

あとは清水の時間が来る。

ゴトビ監督も咆哮。

Zimg_7922

だがしかし、太陽が沈んでからも勢いが増した柏レイソル。

なぜ、ゴトビ監督の通訳は、もっさりしているのか。

通訳なのに滑舌も良くない。

そこが相手を油断させるためのゴトビ戦略であるのは、言うまでもない。

| | コメント (0)

大前元紀  たらふく給水 発射スローイン  柏レイソル戦

Zimg_7911

大前は入団したときのインパクトが強くて

あの頃はよく三保に通ってたなあ。

今では図太くなり、すっかり大人だ。

Zimg_7912

この試合、最後はヨンアピンの

ロングスローインに

かけるシーンも多く見られた。

シーズンをホームで負けて終わるのは残念なものだ。

天皇杯もないし、休んでほしい。

| | コメント (0)

石毛秀樹  ボールを頭にのせる  IAI日本平  柏編

Zimg_7904es

スローインである。

だがボールを握らない。

頭にのせる。

それがオレンジ魂。

Zimg_7904

俺達のオレンジ魂は

たとえ世界がどうなろうとも

燃え続ける。

| | コメント (0)

オレンジウェーブ  IAI日本平  柏編

Zimg_7889

ハーフタイムショウはオレンジウェーブ。

Jリーグチアはアメフトチアに比べると

出番が本当に少ない。

Zimg_7865

NFLでも、日本ほどではないにせよ

一応、終始、ピッチサイドには出続けてるしね。

オレンジウェーブは試合中、

メインとバックスタンドの各ゲートで、ひっそりとジャージ姿で応援している。

人前に出るスタンスではない。

Zimg_7879

東京や大阪に住んでいたなら、

アメフトチアの方が、断然やり甲斐があるだろう。

Jリーグだと、唯一の見せ場であるハーフタイムは、客が売店やトイレに移動してしまう時間だしね。

だが、観客数の多さでいえば、Jリーグだ。

プロ野球チアだと、ハーフタイムすらない。

だが観客数が桁外れに多い。

短い時間だが、何万人もの人々に見てもらうか。

それとも少ない客相手だが、数時間みっちり応援パフォーマンスを演じ、スタジアムを引っ張るか。

| | コメント (0)

ベンチ組はベンチコートでアップ  IAI日本平  柏編

Zimg_7862

一階ゴール裏の前で

アップするのが

日本平の慣わしですが、

ベンチ組はベンチコートでアップしていた。

いつかベンチコートを脱いで、ベンチを脱出したいものだ。

| | コメント (0)

徳島ヴォルティス  J2プレーオフ優勝  初の四国J1チームに

Zimg_6361

J1昇格プレーオフ

京都サンガ 0-2 徳島ヴォルティス  国立競技場

得点 千代反田 津田

徳島がついにJ1昇格を決めた。

四国に初めてJ1がやってくる。

鳴門大塚のポカリスエット陸上に、来年はJ1チームが続々と押し寄せるわけだ。

四国にとっては、これが93年のJリーグ開幕と

同じぐらいの意味を持つ。

四国でもJ1リーグ。

しかもW杯イヤーに。

Zimg_6352

京都サンガは二年連続で、

年間3位だったが、昇格できず。

旧ルールなら、自動昇格、もしくはJ1との入替戦だったはず。

だがそれを言っても始まらない。

Zimg_6368

J2からJ1に昇格するのは

ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、徳島ヴォルティスと

すべて関西勢となった。

    

J2とJFLの入替戦は

JFLのカマタマーレ讃岐が勝利。

讃岐はJ2昇格の栄誉を勝ち取った。

そして敗れた鳥取は、JFLに落ちる必要はなく

来年から始まるJ3の、オリジナル創立メンバーとなることが決定。

J3の舞台で暴れ倒してほしい。

Zimg_6392

これまで3部の位置づけだったJFLは

来年から4部になる。

そんな新しいJFLに

静岡県沼津市のアスルクラロ沼津も昇格が決定。

愛鷹山の陸上競技場へのアクセスが

改善されることを願う。

公共の交通手段さえあれば行きたいのだが、

自家用車を持たない身分としては、現時点で観戦が不可能。

Zimg_6396

四国にもJ1クラブが誕生ということで

ダイナマイト四国など、四国ゆかりの有名人も是非応援してほしいものだ。

大塚製薬は絶対にクラブチーム化しないと言われた、企業アマチュア時代があり

まさかの徳島ヴォルティスとなってJ2参加。

そしてついにJ1へ。

Zimg_6384

渦巻く鳴門海峡、

黄緑一色に塗られた大塚製薬の工場群の中に

ポカリスエット陸上が現れる。

来年の戦績は、今年の大分のようになるのがわかっているので

それを踏まえた上で、フロントとサポーターは

盛り上げる術を考えるべきだろう。

せっかくのJ1なのに、誹謗中傷やバス囲みばかりでは、人生つまらない。

| | コメント (0)

でんぱ組.inc TSUTAYA Limited NON STOP MIX

Zp1810649

ツタヤでレンタル専用の

ノンストップミックスを借りてきた。

これはリミックスというよりは、でんぱ組.incの曲をメドレーで流し続ける

DJ的なものだ。

音的には、これまでの作品とは変わりが余りなく、

こんな風に曲と曲を繋ぎ合せて、なるほどなあという商品。

   

いよいよ水曜日にはセカンドアルバムが発売です。

水曜日は横浜のクイーンズスクエアで、無料観覧ライブがある。

特典会はないのだけど、誰でも楽しめそうだ。

木曜日は恒例のお休みで、

金曜日は札幌、土曜日は博多、日曜日は昼に名古屋、夜にお台場で

握手会を開催。

全国を飛びまわる一週間だ。

| | コメント (0)

5-1 南方海域 あっさりクリア  艦これ

Zgfdrtyu

足柄のレベルが低いので、

時間かかるかなと思ったが

二度目の挑戦で、あっさりクリアだった。

いよいよあと二つしか面が残されていないわけで、

艦これ自体をクリアしてしまうのかと寂しさもある。

| | コメント (0)

ゴトビ監督  妻への愛を日本平に轟かせる  セレモニー

Zimg_7949

Jリーグ全試合が終了し、

2013年のエンディングセレモニーが催された。

そこでゴトビ監督は

サポーターへの感謝や選手達への労いはわずかにとどめ、

妻への愛を延々と語り始めた。

この苦しいシーズンを乗り切る上で、どれだけ妻が貢献し、自分を支えてくれたか。

妻あってこその清水エスパルスだと、日本平に轟かせた。

Zimg_7951

ゴトビ監督は17歳下の韓国人女性と結婚している。

いわゆるアーティストであり、オノヨーコに近いテイストを持っている女性だ。

その妻に対し、

熱烈なる愛情を語り続けた。

それは通訳を通して、日本平の観客にも伝わった。

妻に対する思いを告白することに、全体の90パーセント方を使うあたり

いかにもアメリカ人の気質を見た。

これから老いが増すゴトビ監督に対し、

若い妻はどう付き合ってくれるのか。

アメリカ人は離婚率が飛び抜けて高い。

ゴトビ監督は叫んだ。妻よ、愛してるぜ2013。

夫婦間の不安を蹴散らす、ゴトビ監督の挨拶だった。

| | コメント (0)

清水エスパルス 1-2 柏レイソル  IAIスタジアム日本平

Zimg_7840

得点 高木 太田 田中

一階ゴール裏で観戦してたのですが、

一番厄介だったのは、柏の大谷だ。

前半はこの人がキーとなって、ひたすら柏が攻めてきた。

いつだって、どこだって、大谷だ。

代表とは無縁の、ハイレベルなMFが存在するのは、どのJリーグクラブも同じか。

Zimg_7846

俊幸の先制ゴールは

柏側のゴール前だったので、

はっきりとはわからなかったけど、

いいものだった。

勝てると思ったのにね。

Zimg_7857

前半に柏の同点ゴールが

目の前で決まってしまったのだが、

柏の選手達が全然喜びを表さず、

淡々としていたので

本当にゴールが決まったのかと、

周辺の客席でも半信半疑となった。

あれ?オフサイド?みたいな。

だがゴールは決まっており、同点。

Zimg_7903

逆に後半の

柏の逆転ゴールは、

柏側のゴール前で遠かったが、

彼らが揺りかごダンスを披露して、祝っているのが見えた。

二十代の選手が最も割合多いので、

世界中のいたるところで、揺りかごダンスだ。

Zimg_7927

柏は一つ前の時代に

ゴール裏のコアサポーター達が出禁になり

その後、リーグ優勝まで届いた。

清水は先日、ゴール裏のコアサポーター達が出禁になり

果たしてこの後、どうなるのか。

柏がサポーター団体同士の内紛だったのに対し、

清水の場合は、建前はともかく、

反ゴトビへの弾圧と、長年に渡る客席破壊へのけじめだったと思う。

私はゴトビ推進派だが、建前となったジュビロへの侮辱うんぬんは無関係に思う。

Zimg_7930

二階ゴール裏を軽く覗いたが、

タスキが張られていた後列の中央は、

二代前のコールリーダーが前列から出戻りし、

辺りを喚起していた。

2014年はどんなゴール裏となるだろうか。

| | コメント (0)

艦これ 4-4カスガダマをクリア 5面の南方海域に突入

Gyuiklopoi

長かった4-4カスガダマをついにクリア。

3-2キス島と同じぐらい大変だった。

4-4は三回ボスを倒したあと、四回目でようやくラスボス登場だったので、

何度も何度も繰り返し、結局運次第。

ラスボス戦では、意外とラスボスはポイントゲージが高いだけで、あっさり撃沈したが

最後まで潜水艦が沈まなかったな。

Cvbnmoi8uy

島風が大破してやばかった。

そのわりに夕立は無傷。

夕立だけ無傷。

レベルも相当高くなった。

5-1では重巡が二艦必要らしいので、摩耶以外育てておらず、時間がかかりそう。

だが翔鶴をロストさせて、一から育てた加賀がもうレベル73なので

まあやってくうちに、どうにかなるだろう。

| | コメント (0)

サンフレッチェ広島  Jリーグ優勝★★連覇

Zimg_8013

日本平スタジアムで、清水×柏を観戦していたのですが、

隣の客がモバイルで横浜の試合を見ていた。

清水が柏に負けたあと、

広島の優勝が客席のあちこちで話されていた。

横浜F・マリノスは前節にも優勝が決められたのに、

最後に連敗で転落した。

清水も長谷川監督時代、残り数試合で首位に立ち、

そこから全敗してシーズンを終えたこともあった。

敗者の美学がある日本において、

横浜F・マリノスの転落ぶり、中村俊輔の挫折がJリーグの魅力となる。

   

何年も前、サンフレッチェ広島のJ2降格が決まった入替戦、

私は広島広域で観戦していた。

試合後に居残るサポーターと、フロント陣とのやり合い。

寒い中、それをそばで眺めていた。

あのチームが、今ではリーグ連覇なのかと感慨深くなる。

   

そして清水は延々とタイトルがとれないまま、彷徨い続ける。

日本平では最後に花火が打ち上げられた。

その画像と共に、2013年のJリーグ終了。

    

追伸……

今年の大宮はなんだったのだろうか。

リーグ首位をキープした優秀な監督を、少し連敗すると追放し、

マスコミはそれを絶賛した。

その後、ほぼ全試合惨敗し、残留ぎりぎりまで転落した。

広島の連覇より、「大宮の変 2013」といったシーズンだった。

| | コメント (0)

« 2013年12月1日 - 2013年12月7日 | トップページ | 2013年12月15日 - 2013年12月21日 »