« 2013年9月8日 - 2013年9月14日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »

2013年9月15日 - 2013年9月21日

2013年9月21日 (土)

となコスC84  ピカチュウ&ライチュウ  sasa&神崎愛美  その2

Zimg_7618

横浜F・マリノス 1-0 清水エスパルス  ニッパツ三ツ沢球

得点 中村俊輔

広大なる日産ではなく、

コンパクトな三ツ沢球での試合。

芝は驚くほど禿げている。

すってんてん。

ヨーロッパのサッカー場みたい。

ピッチ上に×印やラインが多く、サッカー以外の使用をした後なのだろう。

Zimg_7633

試合開始直後、

中村俊輔がパワフルに清水の村松を吹き飛ばし、

そのままゴール。

力強さとテクニックの両方が出た。

その後も中村俊輔のパワフル差が際立つ。

何人ものオレンジがぶつかりに行っても、決して負けない。

Zimg_7635

今夜はNHK-BS1での中継。

再来年から2ステージ制に戻るJリーグ。

だが過去、そもそも1ステージ制にして、動員は上がったのだ。

動員が下がる原因となったのは

NHK-BS1での放送が数分の一の規模に縮小されたせいだ。

これで新規のファンがつかなくなった。

Zimg_7638

歌手やバンド、劇団、スポーツ、あらゆるエンタメ興行がそうだが

一人のファンが金を使ってくれるファンであり続けるのは

大体3年だ。

3年しか消費してくれない。

サザンオールスターズだって次々と3年限定のファンを

入れ替えて獲得している。

もちろん長年に渡るファンもいるが、それは少数派だ。

Zimg_7640

Jリーグも過去には、3年限定のファンを次々と獲得していた。

NHK-BS1の中継を通じて。

土日の分散開催だったので、

土曜日に2試合、日曜日に2試合、合計4試合ぐらいやって当たり前だった。

そのうち1試合は地上波のNHKだったりした。

そうした中で、スタジアムに来てくれる人が現れ

新たなファンが生まれていた。

Zimg_7645

だが発端はNHKにあったのだが

NHKはJリーグに放映権料を従来ほど払えなくなった。

そこでJリーグはNHKを切り捨て、スカパーと大型契約をした。

スカパーに入り、月3000円でJ1J2全試合、生中継で見られる。

これはファンにとっては魅力的なコンテンツだったが

新たなファンを獲得するという

エンタメ興行にとってもっとも大切な部分を捨ててしまった。

Zimg_7650

興味のある人しかスカパーは見られない。

NHK-BS1の試合中継は、週に一回だけ。

これが動員の減少を呼んだ。

NHK-BS1では、野球を24時間、中継し続ける。

午前や深夜はメジャーリーグ、夜はプロ野球。

その数分の一でもJリーグを放送してほしいものだが、

たった週に一度だけだ。

かつては土日のNHK-BS1といえば、Jリーグ中継だった。

今ではそれがない。

Zimg_7651

Jリーグは再来年より2ステージ制にし、

動員アップをさせ、プレーオフの放映権料を得るという。

確かにテレビ局はチャンピオンシップを中継し

マスコミはその結果を報じてくれるかもしれない。

興味のない人達を巻き込む要素にはなる。

だがその興味のない人達がスタジアムに足を運んでくれるだろうか。

そして興味のあるファン達は

年間勝ち点首位のチームが、チャンピオンシップで敗れたとき

なんとも言えぬ脱力を感じるのではないか。

Zimg_7653

結論としては

1ステージがどうこう、2ステージになったらどうというものではない。

スカパーの放映権料や、プレーオフの放映権料に惑わされている。

JリーグがコンフィットTシャツなどのグッズ製作利権を握っているのも問題だ。

各クラブが努力して、見返りを得られる構造がないと、閉塞していく。

それはバランスの問題で難しいのだが

今のJリーグは余りにも社会主義に傾きすぎ、バランスがおかしい。

Zimg_7654

今年のJリーグは2ステージ制を考える上でわかりやすく

大宮アルディージャは年間順位がどこまで下がろうとも

プレーオフに出場するだろうし

チャンピオンシップに勝ち進んで、リーグ優勝するかもしれない。

Zimg_7655

本当に動員が増え得るのか。

リーグだけが手前味噌に放映権料を獲得し

各クラブが減収になり、結果としてリーグも減収。

観客動員の減少。

そうしたシナリオしか見えてこない。

Zimg_7657

最悪な始まりだが、前半をその失点だけで抑えたのは

今の清水の力だ。

ヨンアピンがプレー後のアフターで俊輔の足首を踏んで、

それを見ていたマルキーニョスが激怒。

マルキーニョスとヨンアピンが激おこぷんぷん丸。

Zimg_7658

こればっかりはヨンアピンをフォローできない。

いっつもそうじゃないか。

毎試合やるじゃないか。

この件に関して、ゴトビ監督が責任を持って、ヨンアピンにやめさせないといけない。

もっといえば、越権かもしれないが、クラブ社長がヨンアピンに直接、指導があって然るべきだ。

だって毎試合だもの。

清水を応援したいが、ヨンアピンの愚行は誰の利益にもならない。

Zimg_7660

これを続けるようでは、オランダに帰れとしか言えない。

オランダなら幾らでも通用するプレーだろうから。

でもここは日本だから、プレー後のアフターで足首を踏んではいけない。

それは日本が守らなければならない根幹だし

日本のプライドなのだ。

Zimg_7662

マルキーニョスが怒ってくれて、俊輔は無表情ながら嬉しかったろう。

これが俊輔からマルキーニョスへのパスにも繋がる。

そうしたことでチームが成り立っている。

さすがJリーグにもっとも適応したブラジル人、マルキーニョスだ。

直接、俊輔が感謝を示さず、なんの言葉もかけず、表情すら出さなくても

マルキーニョスに恩が返ってくるのがわかっている。

そうした日本人気質を理解したマルキーニョスというブラジル人。

彼はそのプレー能力だけでなく、日本とJリーグを理解した商才がある。

Zimg_7663

他会場、埼玉スタジアムでは

後半アディショナルタイム6分にて、青山直晃が同点ゴール。

甲府は勝ち点1をアウェイで獲得した。

清水もこの粘りを大事にしたい。

超満員の三ツ沢だけに、すかすか日産スタとは違ったドラマチックな展開を。

Zimg_7664

だらだら歌い続ける応援ソングが多いJリーグだが

清水はゴールコールをはじめ

緩急ついていて良い。

結局、試合開始直後の中村俊輔ゴールが決勝点となり

横浜F・マリノスの勝利。

清水は確実にパワーアップしているが、負けは負けだ。

俊輔に吹き飛ばされた村松。

ここでケリがついた。

| | コメント (0)

となコスC84  ピカチュウ&ライチュウ  sasa&神崎愛美

Zimg_7616

ピカチュウとライチュウ。

ライチュウのパワーアップした感じが

そのままレイヤーさん同士の

体格差になっていて

表れている。

Zimg_7619

女を美しく撮ることに

否定的な人もいる。

もっとリアルに、生々しく、体毛や匂いや息遣いがわかるものをと。

だが、

女を美しく撮るのは良いものだ。

共犯関係で詐欺を働き、作りあげた美しさを永遠のように見せる。

Zimg_7625

charaのbreak these chainを

エンドレスで数時間聴いていた。

自分が十代の頃、よくcharaの1stアルバムを聴いていた。

エピックが深夜に番組を持っていて

heavenのPVは脳裏に焼きつくほど繰り返し流されてたな。

Zimg_7626

幾ら原案が、プロットが、一つ一つのネタがしっかりしていても

中身があってコンセプトがあっても

伝えたい塊があっても、

作品にするのは別問題で難しい。

なぜこんなに中身が濃いはずなのに、駄目なのだろうというものを見かける。

それは演出であれ、製作が致命的に失敗しているのだ。

Zimg_7620

ネタばかり、深刻なものや、人間性、絡み、風土、性別、どれだけ掘り下げていっても

その作品化に失敗していると台無しだ。

あの失敗した映画の脚本を、駄作の中身を

能力ある監督に渡したら

傑作に仕上げるんじゃないかと思えることがある。

Zimg_7629

ライチュウの足元に

ドアの衝突止めが床から突き出ている。

これに躓いたり、ぶつかると相当痛く

TFTのトラップである。

| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

C84  Panty&Stocking with Garterbelt

Zimg_0452

パンスト姉妹。

作品自体が淡々と収束したわりに

キャラクター人気は

沸騰し続けている。

Zimg_0456

コスプレ広場が広くなりすぎて

屋上も最初のうちは

囲みでなくて列撮影だった。

囲みがコミケの醍醐味なので、少し寂しい感じ。

Zimg_0464

多摩の辺りはもう降っていて

お台場もそろそろやばいよと

言われ続けたが

最後まで降らなかったな。

| | コメント (0)

C84  ファイナルファンタジーVII  ユフィ・キサラギ  くろねこ

Zimg_4982

ぴょんぴょん飛び跳ねながら

360度回転し続けていた

くろねこさん。

Zimg_5031

非常に大きな手裏剣が

見所です。

忍者になって巻物をとりにいく。

Zimg_5050

カメコが幾らシャッターを切ろうと

忍者らしく逃げ惑い

なかなか収まってくれない。

僅かに撮れた画像をアップ。

| | コメント (0)

となコスC84  麻マ壱京

Zimg_4427

TFTの窓際は

日光が大量に降り注ぎ

ありがたい。

直射ではないのがまた良い。

Zimg_4430

なんの工夫もしてないが

影もほとんどできてない。

やんわり全方向照明。

Zimg_4432

ベランダを人が通ると

写りこんでしまうのが厄介なぐらい。

運営が早めに、外周を歩いたあと入場させるのを、やめさせてくれればいいのだが。

なぜかなかなか切らない。

Zimg_4436

東京オリンピックではビッグサイトも使用するそうで

コミケはどうなると話題になっているが

幕張でいいんじゃね?

としか考えてません。

| | コメント (0)

となコスC84  ラブライブ!  矢澤にこ  桐山かめ

Zimg_1964

気候が涼しくなり、

夜は特に冷えます。

Jリーグは再来年から2ステージ制復活が決定。

ガラパゴスには権威な日本なので

大いに盛り上げていただきましょう。

私は撤退するきっかけを作っていただき感謝。

来年でJリーグが終了すると思っているので、最後の輝きを観に行きたい。

| | コメント (0)

となコスC84  化物語  忍野忍  にゃい

Zimg_2302

午前のTFT、

恵の日差し。

影もあまりできず。

平和で撮りやすい。

Zimg_2309

60年代ぐらいのバンドサウンドがいいなあ。

ヤードバーズとか。

ドラムの音がまとも。

80年代以降、スネアが刺激的だったり硬かったり、バスドラが打ち込みの凶暴音だったり

そういうのは疲れる。

Zimg_2351

頭のヘルメットやゴーグルを見ると

BKBを彷彿させる。

バイク・川崎・バイク。

BKB。

| | コメント (0)

2013年9月19日 (木)

干物妹!うまるちゃん  サンカクヘッド  1巻GET

Zp1810439

うまるちゃんの1巻が

今日発売された。

近所の書店に行ったら、置いてなくて、しょぼーん。

店員に聞いたら、発売日なのでまだ陳列されてなくて

積まれたカートから持ってきてくれた。

Zimg_3146

うまるの宴。

みそしるさんのおかげで知ることができた漫画。

コーラとジャンクフードで

単行本発売をお祝い。

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

台風18号×でんぱ組.inc  日比谷野音

Zp1810407

二回目のアンコール、

でんでんパッションでは、

一旦曲が途切れるところで、みりんちゃんのバースデーを祝う流れとなり

客席が真っ赤なサイリウムで染まった。

去年の恵比寿リキッドルームに続いての、アンコールバースデーだった。

そういえば、白魔女学園の白い制服姿の客も見掛けた。

もちろんおっさんだ。

あの手の汚い女装を、昔のコミケのサークル売り場ではよく見かけたものだった。

今は綺麗な男の娘ばかりで

ああした汚い女装が見受けられない世の中になった。

Zp1810409

終演後の物販はなんとか可能になった。

これまでだと、メンバーとの握手や撮影があるから購入するというものだが

今回は特典としてチェキが貰えたりするだけ。

それでも物販に大勢並ぶのだから凄い。

僕もユニコーンのライブでは、終演後の物販に並んで色々買ったものな。

でんぱ組もそんな次元に。

Zp1810412

二回目のアンコール後、

最後にマイクを使わずにメンバーが挨拶する場面があったが、

BGMが大音量で流れていたため、何も聞き取れず。

そんな別れ方となったが、

野音をやりきった充実感は満ちていた。

Zp1810413

色んなホールや体育館でライブをするとなっても

いまいち個性が出ない。

ステージなど一から立ち上げると、その場所とは関係なくなるし

背景やら凝り出すと、そのライブオリジナルにはなるが、場所の個性が失われる。

その点では野音は

ステージを囲む砦が一貫していて、個性を発揮する。

ステージだけは雨風から守るよう、左右背後を固め、天井はやや前に張り出した姿。

どの野音ライブを見ても、

あの砦があり、そこにでんぱ組がいる誇らしさがある。

Zp1810415

ステージが広くなく、ステージ袖もなく、

何もいじれないというのが野音の現実でもある。

客から見えないステージの両脇や背後に、

膨大なスペースがあるコンサートホールなら、

演劇などで、次々に背景セットを変え、様々な演出が可能。

だが野音には何かをできる可能性がない。

そこが逆に、野音の揺らがない姿となり、

ユニコーンの野音ライブと変わらない姿で

でんぱ組も野音ライブができた。

何十年経っても、あのステージの見てくれが変わらない素晴らしさ。

でんぱ組.inc 日比谷野音 成功。

| | コメント (0)

ミームトーキョー初夏のでんぱまつり  でんでんほんこん

Zp1810436

でんでんぱっしょんのオマケで

白いDVDが郵送されてきた。

内容は香港の飲食店で6人のメンバーがお喋りするもの。

大勢での会話となると、途端にみりんちゃんが無口になるな。

Zp1810438

りさちゃんはどんなときでも、しっかり自分を出せている。

りさちゃんがやはり、言葉数は多くなくても、意味があって他人を活かすことを言えている。

| | コメント (0)

~みんながいるし、仲間だもん!~  日比谷野音.inc

Zp1810402

恵比寿リキッドルームや、

ZEPP東京のときのような感動は

今回の日比谷野音にはなかったけど、

夏の終わりに花火大会があったような

そんな印象の健やかなライブだった。

Zp1810403

この台風でよくやった。

当日のツイッターは、

公演を中止にするか、実行するかで

公式アカウントの行方を見守った。

当日の午前9時に発表となったが、

9時の時点で「まだわからない」という回答。

そして12時の時点で「やっぱりまだわからない」。

16時の時点でようやく「開催する方向で進んでいます」となった。

Zp1810406

物販でがっつり収入を確保しないといけないのが

音楽で飯を食っている人達の事情。

CDを幾ら売っても、歌っている人達まで金が回ってこない。

偉大なロックスターもタオルを売って、何十億も稼ぐ。

タオルやTシャツ、その他様々な衣類を売り、

服屋として生計を立てている世界中のアーティスト達。

その面でいえば、

昼間にライブ本編の何倍もの時間をかけて、

行われるはずだった物販ができなくなってしまい

経営陣は青ざめただろう。

Zp1810405

この世のロックンロールやアイドルは

タオルやTシャツを売って、なんぼの世界。

もっともっと売りたかったはず。

CD売って、印税がどうたらこうたら言ってるより

自分んとこでタオル作って、しこたま売れば、ひと財産作れるものな。

ロックとはいかにタオルを売るか。

その道を示してくれた矢沢に対し、

僕はサムバディーズナイトをカラオケで歌いたいと思います。

Zp1810432

名刺大の口上カードを配っている人達がいて、

初心者も入りやすい、でんぱ組だった。

野音のライブを色んな形で盛り上げるファンの人達がいて、

自分もなんとかして、でんぱ組のお役に立てないかと悔しい思いでいます。

でんぱ組の役に立ちたいです。

Zp1810434

でんぱ組から何かしてもらいたい、受け取りたいではなく

こちらがでんぱ組に貢献したい。

それが応援道楽の基本だろう。

アイドルは応援する喜び。

宇宙兄弟の作者がユニコーンのファンで

自作のアニメ化に対し、

ユニコーンをテーマソングに起用した。

これが最高のファンの姿。

ユニコーンのために役に立つ。

Zp1810431

帰りには、チラシを貰いました。

最近のライブは、荷物になって面倒な入場時でなく

退場時に配るのがありがたいです。

目玉は来年の1~3月にかけて行われる全国ツアー。

神戸・横浜・福岡・札幌では、女子限定ライブを開催。

そういえばMCでは、一切このツアーに関して触れなかったな。

大阪城野音で発表したので、日比谷ではあえてする必要なしか。

それとも、東西野音ツアーの特別版を10月にやることになったので

そちらの発表を目立たせたかったかも。

Zp1810427

生活にもっとでんぱを。

というわけで、でんぱ組のファンクラブが募集中です。

今回の野音ライブも、チケットをきちんと取れてよかったです。

ただ、他の色んなイベントは

今のところ全部外れているので、

なかなかどうして、ファンクラブに入ったから、どこまでも融通が利くわけではない。

ただ、でかいワンマンライブに確実に行くことを思えば、

入っておいて得、いや徳なのでは。

Zp1810429

今のファンクラブって

ローソンチケットが管理していて、

事務所負担がぐっと減ったんですね。

ロッピーで入会申し込みできます。

かなりの数のアーティストが、ローソンチケットでファンクラブを持っている。

電波人間になろう。

| | コメント (0)

でんぱ組.inc  東西野音ツアー  「夏のパッション!」

Zp1810363

霞ヶ関駅の階段。

ここを出ると、日比谷公園の門の真ん前。

そして野音に一番近い出口。

出ると、涼しい風が吹いていて、心地よかった。

Zp1810364

白魔女学園の演出は

もしかしたら屋内のホールだったら、

スクリーンの映画映像に集中力が向いて、

上手くいったのかなと思ったり。

野音で夜空のもと、どうしてもスクリーンへ意識が集中せず、拡散していた。

普段ならステージだけに集中が行くが

つねに日比谷公園の風景と共に、ライブがあった。

Zp1810365

良くも悪くも

野音というこの場所、この音楽堂に呑まれてしまったかも。

どんなライブハウスやホールでやっても

野音ほど、場所自体が影響力は持たないはず。

この屋外感は、

日本平スタジアムで清水の試合を観ているときのそれに近いなと思った。

Zp1810366

野音に花道があったのは意外だったな。

くちづけキボンヌは

花道にメンバーが散って、演じられた。

くちづけキボンヌは自宅やアイポッドで聴く分にはリズミカルだが

こうしたコンサートの大音響で流すと

どうしても、重たくなってしまう。

その重たさも、また良いかなと思えた。

威圧的なバスドラと分厚いベースラインに合わせ、

花道に点々と連なり、踊る彼女達。

Zp1810367

くちづけキボンヌは

とてもリズムメインの曲だと感じるので

終始、僕も飛び跳ね踊ってた。

それは自宅で聴いたり、アイポッドで聴くときはありえないことだが

爆音で客席に向かって響かせると

いつもそうなる。

Zp1810369

前半の疾走感、相乗効果で曲ごとにグレードアップする高まり。

比べて後半の白魔女学園は、

一曲ごとに盛り上がりを完全に断ち切り、

フラットな状態に戻される格好となった。

強い気持ち、強い愛はとても好きな曲だけど、

もっと盛り上がりたかったなと、少々残念。

白魔女学園のスクリーン内容が陰鬱なのに、途端に明るい曲をやられても

気持ちがついていけなかった。

Zp1810371

いつもは、ゆでだこ状態になるねむきゅんが

最後まで白い肌を貫いたのは

野外で涼しい気候の影響かな。

気候がとても良かった。台風通過後だけに。

開演前は缶ビールや缶チューハイを飲んでる客もちらほらいた。

ときたま後ろから通路を駆け下りてくる客達もいたが

特に事故などもなかった。

推しメンバーのソロパートになるたびに、

椅子の上に立ち上がってサイリウムを振るファンの姿が目立った。

僕の隣の客は、もがちゃん推しで

もがちゃんパートになると、すくっと巨大化していた。

Zp1810378

初めて、もがちゃんのことが好きになれたライブだった。

僕はもがちゃんが加入した頃、

ディアステにもでんぱ組にも行かなくなっていて、

もがちゃんのディアステ店舗時代はまるで知らない。

ピンキーが握手会にやる気満々で臨んでくるのと違い、

もがちゃんはいつも目も合わせてくれないし、握手も握力ゼロですぐ離されるしで

マイナスイメージしかなかった。

Zp1810389

でも、野音のステージや花道で

歌い踊る彼女を見ていると

引き摺りこまれていった。

たぶんメンバー6人のなかで、一番見ていたな。

ステージ背景のスクリーンにアップで映し出される彼女は

真っ白な肌が汗だくで、半ば放心したように目を大きく開き、唇が目立った。

それはオバQに似ていて、

とても可愛く美しかった。

Zp1810390

少女アンドロイドAで

二人一組ずつになり

アンドロイド的なロボットダンスを披露する姿。

あれが一番、もがちゃんの美しさを描いていた。

他のメンバーと比べ、小さな顔や細い腕や脚は目立ち、

それらが魅力的に機能する振り付けだった。

Zp1810401 

今後、握手会などあっても

たぶん、もがちゃんのスタイルはこれまでと変わらないだろう。

それは他の五人のメンバーが意欲的な中において、異端だけれども

そんな娘が一人、

でんぱ組にいるのも良いかなと初めて思えた。

僕はつねに、ライブアイドルに対して見返りを求めてばかりだったかもしれない。

たまには一方通行で、応援するだけのアイドルがいてもいいかも。

そんなもがちゃんだった。

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

でんぱ組.inc  日比谷野外大音楽堂

Zp1810370

野音から帰ってきました。

でんぱ組がついに野音を達成した。

誇らしいですよ。

ロックバンドが人気が出てくると、登竜門として渋谷公会堂や日比谷野音があると思う。

ユニコーンのライブビデオは服部が一番好きですが、

前半が野音、後半が武道館なんだよね。

で、前半の野音の方が断然好き。

野外の雰囲気は独特だし、

郊外の公園でやるのと違い、東京のど真ん中、高層ビルが並び立つ土地で

野外ライブができる。

日比谷野音は日本の誇り。

こんなにいい舞台が日本にもある。

Zp1810379

とはいえ、今回のライブ、

中止になると半ば思ってた。

台風18号が迫っていたから。

屋内のホールライブでも、交通機関の影響で中止することが多いし

実際、多くのイベントが台風で中止となっていた。

だが、でんぱ組は最後の最後まで粘った。

台風来てるのに野音ですよ。

ゼップ東京で野音ライブを発表したときから

この時期に野音はやばいだろと思ってた。

そしたら本当に台風18号とバッティング。

さすがにでんぱ組も終わりかと思った。

Zp1810380

だが公演は開催された。

普通の主催者ならやめてたはず。

この辺りが、一軒のコンカフェからスタートした

もえジャパンの好い加減さでもあり、決定力でもある。

大手のプロダクションなら、まず中止してたと思う。

だが、でんぱ組は博打に出た。

台風来てても、野音やります。

そして台風は激しい風と雨をぶつけたあと、

関東を通過した。

そしてライブは予定通り開催。

もえジャパンの経済的な体力から言って、

中止できなかったんだろうな。

Zp1810381

行きの丸の内線は、御茶ノ水辺りの地上部分で

夕焼けがとても綺麗だった。

嵐のあとは空気中の埃が多くて、夕焼けになる。

再び地下に潜り、

霞ヶ関で下りて地上に出ると、もう陽は暮れていた。

涼しい夏の夜。

今年の夏は余りにも暑くて、夜も湿度の高さにへとへとだった。

ようやく普段の夏らしい夜が来た感じ。

地下鉄の出口から、即、日比谷公園で、野音入口なのがありがたい。

開演時間の18時半少し前で、

立ち見はどんどん入っていたが、

指定席は長い行列が続いていた。

Zp1810382

野音のアーチです。

日比谷野音ってのは、ロックの殿堂で、僕は武道館よりもリスペクトしてます。

野音で色んなライブを見てきて

忌野清志郎さんのライブを最後に見たのも野音だった。

ユニコーンの野音ライブも、生では見てないけど

ビデオテープが擦り切れるほど繰り返し見た。

夏の涼しい夜。

夜空の元に大音量でやらかせる楽しさ。

知らなかったけど、野音って土日祝日しか

ライブはできないんだね。

平日だと、周りの高層ビルに勤める人達に迷惑だからかな。

Zp1810383

これまで20年ぐらいに渡って、野音で色んなライブを見てきて

野音どまりになってしまったバンドもある。

野音が最高のキャパシティで、後は下り坂。

野音の3000席は、一般的なホールより大きいし、巨大な体育館よりは小さい。

     

入場して驚いたのは立ち見の多さ。

これまで野音で色んなライブを見てきたけど、

こんなに立ち見が多いのは初めて。

精々、2列ぐらいに並んでるのが、通例なのですが、

もう4列、5列と、到底ステージが見えない場所に

立っている人達がわんさか。

鮨詰め。

凄い。

こんな立ち見だらけの野音、見たことない。

Zp1810384

最後列に立ち見はあるだけでなく、

客席左右の端にも立ち見が続いていたし、そこも数列の膨らみ。

分厚い。

指定席でよかったわ。

ファンクラブ先行で購入した指定席は、

下手寄りの真ん中辺。

これは運だったけど、前が背の低い女の子達だったので、ステージの眺めは抜群だった。

女の子ファンも多いです。

一般のチケットは30秒でソールドアウトだったそうで、

今の上昇気流は素晴らしい。

そういえば、入場前、「チケット余ってたら買うよ」のダフ屋もいた。

ついにでんぱ組にダフ屋登場。

公園の外の歩道には露店も出ていたし

なんだかそういうレベルになってきたのだな。

Zp1810385

野音は客席の中央に花道が作られ、

客席には傾斜勾配があるので

段々にのぼっていく花道となっていた。

    

いざライブが始まると、

ステージよりも客席の美しさに驚いた。

夜空のもと、ほとんどの客が振りかざすサイリウムがとても綺麗。

余りにその光景が美しいので

ステージそっちのけで見惚れてしまったほど。

3000人がふりかざす様々な色合いのサイリウム。

それが夏の夜に輝く。

蛍よりも激しく。

日比谷公園の森林も染めるように、サイリウムの波が客席を行き交った。

Zp1810386

ライブ全体を通じて思ったのは、

客席を彩るサイリウムだな。

これまでディアステージで、色んなライブハウスでサイリウムの色合いは見てきた。

でも野音で輝くサイリウムは特上ものだった。

他と比較にならない。

ずば抜けて美しい。

野音のゆるやかな傾斜の客席に、

同じ色が一斉に点灯したり、様々な色が混ざりあったり

あの感動はなんだろう、

屋外でしか得られない、野音だけの素晴らしさだった。

これから先、

でんぱ組が武道館をやろうが、でかいホールでやろうが

野音の夜空のもと、輝く3000のサイリウムには敵わないだろうな。

客の密集具合だったり、傾斜のゆるさや一層式だったり、

周りの木々だったり

あらゆるものが重なりあって、この光景が生まれた。

Zp1810387

ライブは前半はとても面白かった。

でも後半の白魔女学園からは、ちぐはぐな印象だった。

でんぱ組の初主演映画が公開され、

その映像やストーリーと、楽曲をシンクロさせていくのだが、

野音の盛り上がりをやや低下させたかな。

僕個人でいえば、それまで飛びあがって盛り上がっていたのが

それ以降、ゆったり観賞するスタイルになった。

あえてライブのノリを消して、フラットにさせるような、つまらなさ。

    

君も絶対降参しないで進まなくちゃ!

で、物販を担当していたディアガール達が

ステージ後方でタオルを振り回し登場するのは定番。

だがそこに、かりんさんが居たのが大ウケだった。

かりんさんが野音のステージに立っているというね。

もうそれだけで、度肝を抜かれた。

| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

C84企業  日本文芸社  宮内桃子

Cimg_5448

天井からコードが垂れてくる幕張メッセと違い

東京ビッグサイトは

この鉄板の下から、配線が伸びてくる。

企業ブース。

Cimg_5450

コスプレ広場が終了し、

体を冷やそうと思って屋内に入ったのに

全然涼しくなかった企業ブース。暑い暑い。

ガンガンに冷やすことで人命を救おうよ。

Cimg_5454

上半身ぐらいで撮れば

自然と背景はボケます。

でも全身で撮って、背景をボカしたいな。

被写体に近く、背景を遠く、と色々考えるけど

絞りを開いたり、まあ難しい。

| | コメント (0)

C84  クロス・マネジ  豊口深空  うーちゃん

Zimg_4312

コミケのコスプレ広場は

全体的にレイヤーさんの年齢層が低い。

15歳のうーちゃん。

Zimg_4322

わりと悩ましげな表情が多いレイヤーさんなのですが

このコスに関しては

とても表情がほがらか。

| | コメント (0)

C84  TENGA  TENGIRL  一葉

Zimg_5282

TENGAの擬人化です。

一葉さんの手に握られているのが

本物のTENGA。

Zimg_5283

TENGAとは何かというと

この小さなひょうたんのような物には

穴が空いてます。

そこに男性がペニスを入れる。

でまあ、あとはマスターベイションです。

Zimg_5189

本来は女性器とライバル関係にあるグッズです。

それを女性のレイヤーさんがコスしてしまうのが

コミケの面白いところ。

Zimg_5264

今から何百年も、何千年も経って

この時代を振り返ったとき

TENGAが庶民に流行していてねと

紹介されそうな一品。

Zimg_5259

私は実のところ

使ったことも触ったことすらないのですが

TENGIRLのお二人の魅力に取り込まれ

その存在を強く認識。

| | コメント (0)

C84  ラブプラス  高嶺愛花  柊まよん  その3

Zimg_3279

冷えていないドリンクを呑みまくるのも

コミケの醍醐味だ。

次々と補充される自動販売機のペットボトル。

だがアクエリアスもポカリスエットも何一つ冷えてない。

Zimg_3282

スポーツ飲料がどうしてもないときは

コーラを買ったりするが

ぬるいコーラは相当きつい。

それでも飲まずにはいられない。

Zimg_3283

炭酸系でぬるいのが

人気ないね。

普段ならコーラやビタミンドリンクが人気あるのに

ぬるいので、みな敬遠。

でもやっぱり売れる。

Zimg_3286

このぬるさ。

どうだ。

ぬるい道楽。

冷たいでも熱いでもない、ぬるいという表現。

Zimg_3287

ぬるい缶コーラを仕方なく飲むC84。

ただ、どの自動販売機も

売り切れを防ぎ続けているのは立派。

| | コメント (0)

« 2013年9月8日 - 2013年9月14日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »