« 2013年7月7日 - 2013年7月13日 | トップページ | 2013年7月21日 - 2013年7月27日 »

2013年7月14日 - 2013年7月20日

2013年7月20日 (土)

最後の太陽が咆哮

Zp1800220

バックスタンドを見れば

あれだけ強かった太陽が

いよいよ落ちようとしている。

Zp1800214

だがメインスタンドを見れば、

まだこの西日具合。

あとちょっとで落ちる太陽だが

最後の最後までメインスタンドを照らし続けます。

ただ、メインスタンド屋根の照明もすでに灯っている。

| | コメント (0)

セレッソ&マリノス 選手アップ中

Zp1800171

すべての選手が登場し、アップが繰り広げられる。

キンチョウスタジアムを征するものが

日本を征する。

そんな予感が大阪の街に駆け巡る。

Zp1800185

ヤンマーといえば

ヤン坊マー坊天気予報。

最近はこれが消滅しつつあるという。

まあ、今ではネットで天気予報は得るので

テレビの天気予報を気にする必要はあまりない。

セレッソのスタジアムにおいても、ヤン坊マー坊の存在感はゼロだった。

| | コメント (0)

照明塔も灯ったキンチョウの夜

Zp1800091

まだまだ空は明るいですが

照明塔が灯った。

あれほどスタジアムを焼いていた太陽が

和らいでいく。

| | コメント (0)

横浜の俺らの誇り おおーおおおー榎本哲也

Zp1800076

横浜F・マリノスもGKたちが登場。

横浜の俺らの誇り、おおーおおおー榎本哲也。

この曲が初めて披露されたのは

沼津の愛鷹陸上だった。

プレシーズンマッチ。

試合前、マリノスゴール裏の裏では

決起集会が開かれ

榎本哲也の応援ソングが初披露され、サポーター全員で練習していた。

そんな沼津でデビューした応援ソング。

横浜の俺らの誇り、おおーおおおー榎本哲也。

| | コメント (0)

GKキムジンヒョン登場

Zp1800018

ついに選手たちがピッチに現れた。

まずはGKたちだ。

キープしていたボールをうっかり奪われゴールされるという

おっちょこちょいぶりを披露したこともある

キムジンヒョン。

そして今年の元日には天皇杯決勝戦の舞台にも立った武田。

そんな二人がアップを始めた。

Zp1800036

セレッソゴール裏も一気にヒートアップ。

徐々に優しくなってきた西日。

太陽の威力が弱まり、

セレッソの桜パワーが開花する。

Zp1800040

みんなで腕を伸ばして

ばんざーい。

これを繰り返す。

セレッソ応援。

| | コメント (0)

18時20分 そろそろキンチョウが幕を開ける

Zp1790942

オーロラビジョンにはエンブレム。

ピンクに燃え立つ大阪市。

そろそろ戦いの予感が。

| | コメント (0)

阪和線と金鳥スタを同時に見る

Zp1790925

阪和線がやってきた。

風が強く弾幕がなびく。

Zp1790929

電車スタジアムとしては

東京は夢の島が有名だが、ここまで近くはない。

| | コメント (0)

ようこそ! 横浜F・マリノスサポーターの皆さん

Zp1790877

18時12分。

ようこそ!横浜F・マリノスサポーターの皆さん。

アウェイは距離が遠いかもしれないが

それも試練だと思って。

前まで芝生だったし、今の方がいいでしょう。

Zp1790879

前後間隔が狭いなか、

広めの椅子をはめこんでいるので

足場がなくて窮屈になるも、キンチョウの試練。

椅子の下に荷物も置けないので、

さらに厳しい。

| | コメント (0)

影も延びてきたキンチョウ

Zp1790812

時刻は18時。

影も延びてきた。

まだまだどうして西日はやまない。

東京よりも陽が落ちるのは遅い。

Zp1790815

16時半からの先行入場があり

17時には一般入場、

前座のちびっ子サッカーも終わり

そして現在、18時。

キックオフまで1時間。

Zp1790816

18時でまだ黄昏とはいかないキンチョウ。

しっかし暑い。

7月だもの。

梅雨明けが早かった2013年。

| | コメント (0)

横浜F・マリノス選手バス到着

Zp1790712

横浜F・マリノスのバスは

ホームゴール裏の裏に収納。

選手バスもそうだが、

マリノス選手がアップで使うボールや用具などを

トラックに積んで、

日本中あちこち運んでいるスタッフもいる。

アウェイ遠征は選手やサポーターだけでなく

用具トラックもなのだ。

延々と運転していくよ。

Zp1790703

ホームゴール裏の裏は

まだスペースに余裕有り。

将来的に、さらにホームゴール裏を拡張して、

さらに屋根までつけて

J1規格を満たす考えもあるだろう。

逆にいえば、メインとバック、アウェイゴール裏に関して

これ以上、拡張できる余地はないし、

屋根で覆うのも難しそうだ。

Zp1790750

前座のちびっ子サッカーのゴールも取り払われ

いよいよ選手の登場を待ちたいところですが

まだまだどうして

時間はあるし、サポーターも出ていったきり

帰ってこない。

| | コメント (0)

セレッソ選手バス到着

Zp1790690

セレッソのエンブレムは

某アイドルグループに真似されたぐらい

格好いいものだ。

Zp1790692

通常オオカミバスこと

セレッソの選手バスが到着。

非常に目立つ。

メインスタンドにぺったり張り付くように。

| | コメント (0)

キンチョウスタジアムのメインスタンドはどうでしょう

Zp1790686

メインはしっかり傾斜がありますんで

見やすいですよ。

専スタの上から覗く感じは、陸スタの真横から広く見るアングルとは

また全然違いますので、いいものです。

屋根はあるが、まるで日陰はできておりません。

Zp1790684

そして階段。

一階分まるまる嵩上げ。

メインもピッチレベルから始まる専スタは、日本にほとんどないな。

日立台の両サイドぐらいか。

埼玉はダグアウトから地下に潜っていくけれど

結局、溝があって、嵩上げになるものね。

Zp1790683

最初、入場したとき

出口と書かれていたので出口専門んかと思ったら

片方が出口で片方が入口なんだね。

ゴール裏の裏を突き進んでも、一向に入り口が現れないまま、

端まで行ってしまった。

| | コメント (0)

大旗優先場所

Zp1790666

最前列は大旗優先場所となっております。

ちびっ子サッカーが前座として展開中でございます。

この暑さだと、見てる人が本当にいない。

清水の試合なんかだと、日本平の二階ゴール裏は

確実に日陰になるので

こういうのは結構見てるもんだけどね。

キンチョウは誰も見てない。

というか、場所取りして、みんなスタジアムの外に逃げた。

| | コメント (0)

メインスタンドの方がピッチに近い気がする

Zp1790679

比べてメインスタンドなのだが、

こちらの方がピッチに近い気がする。

芝の外の緑地面部分は明らかに狭い。何分の一かだ。

そしてその外の土色部分にしても、狭いと思う。

その奥にダグアウトがあるわけだが、そのスペースを考えても

やはりメインスタンドの方がピッチに近くないか。

Zp1790720

それでいて、メインスタンドは一階分が丸々嵩上げとして取られている。

ダグアウトから選手が引き揚げても、地下には潜っていかず、そのまま一階で館内となる。

かなりの嵩上げで、最前列が始まる格好だ。

このピッチからの距離と、嵩上げの高さと、客席スタンドの急傾斜は良好だ。

メインスタンドは健全な造りを保っている。

比べてバックスタンドのゆるゆる傾斜と離れ具合。

キンチョウはゴール裏がホームとアウェイでまるで待遇が違うが

メインとバックの待遇さも大きい。

ただメインは西日。

| | コメント (0)

芝かぶりシート検証

Zp1790644

キンチョウはバックスタンドが離れておりますので

専スタなのだが、

芝かぶりを造るというわけです。

できれば、至近距離でピッチレベルな客席スタンドであってほしい。

Zp1790648

芝かぶりの一列目は、ピッチに足がつきますので

完全なるピッチレベル。

二列目も高低差が設けられているので、眺めはいいだろう。

あと芝かぶりシートからホームゴール裏にかけての空白は

身障者シートとなっていた。

身障者シートがバクスタピッチレベルなのは、カシマスタと同じだ。

Zp1790798

だだっ広いこの距離だが

客席勾配のゆるさを考えると

このぐらい離れていて、ちょうど見やすいかという妥協点でもある。

巨大スタジアムの一層目な具合なんだな。

| | コメント (0)

キンチョウ売店GO!

Zp1790639

ここだけですね、売店は。

ゴール裏とバックスタンドを合わせて。

ピンク・プリズナー。

ユニコーンのピンクプリズナーを応援ソングに使いたいところだ。

| | コメント (0)

レディオキンチョウ  ヘッドセレッソ

Zp1790637

ラジオ貸し出しとか珍しいですね。

ラジオで試合を聞いたのなんて

だいぶ前、清水の試合であったかなあ。

風邪がひどくてどうしても行けなくて。

まあ、サッカーをラジオで聞いても、よくわからんかった。

どうなのだろう。

野球はいいけどね。

サッカーはその場その場で起こっていることが、客にとっては重要で

全体と流れとは関係ないところで

ドラマが幾つも起こっている。

その集中と、ラジオの実況が、分かれてしまうと、利益はない。

 

レディオヘッドのライブをネットで見たが、

パラノイドアンドロイドを、めちゃくちゃずらした溜めた歌い方をトムヨークがしていて

がっかりだった。

あんなことするの、リズム感がなくなったベテランの演歌歌手だけだと思ってたのに。

| | コメント (0)

芝かぶりとゴール裏の分かれ道

Zp1790630

右に進むと芝かぶりシート。

左へ進むとゴール裏。

どちらもチケットチェックあり。

キンチョウのホームゴール裏は、

いまだ当日券が出たことがないという。

| | コメント (0)

キンチョウゴール裏の裏な話

Zp1790627

以前はなかったトイレができたそうで。

売店は非常に少ない。

とにかく、バックスタンドにコンコースが存在しない。

このホームゴール裏のコンコースから、バックスタンド客席に入ったら、

あとは客席の通路移動があるだけ。

なのでゴール裏とバックスタンドを賄う売店がこのテントと隣の売店ぐらい。

なのでみな外に出る。

| | コメント (0)

芝かぶれば鐘が鳴るなりキンチョウの夏

Zp1790612

芝かぶりシートはハーフライン辺りだけで

他はまあ、こんな具合にどっぷりピッチと離れるぜい。

重しは中の水を捨てて軽くなるよキンチョウの夏。

| | コメント (0)

バクスタから阪和線路

Zp1790595

バクスタの最上段から阪和線を見る。

下は自転車ですなあ。

長居公園ぎりぎり。

Zp1790605

阪和線が走り抜ける。

京浜東北線のような外観。

高架線路沿いにマンションが多いが

カンカンうるさい踏切がないので、

防音な造りがされていれば、極端にうるさいことはないのだとか。

線路沿いに住むのは、走る電車の音より、踏み切りの音がうるさいらしい。

| | コメント (0)

MBSだよ大阪

Zp1790593

バックスタンド最上段の端には

MBSのパラボナが。

こういうのは刺激されますね。

日本平に来たアウェイサポが、テレ静の看板を撮ってブログに載せてたり。

その土地の人にとっては当たり前だが

ビジターにとって新鮮なもの。

| | コメント (0)

アウェイゴール裏が遠すぎキンチョウ

Zp1790587

この差別が凄まじい。

キンチョウのアウェイゴール裏。

こんなに離れてます。

陸上トラック9レーンが間に入るレベル。

まあ、カーブした9レーンはもっと距離が生まれるので、

陸上競技場のメインやバクスタレベルといったところ。

こうして明らかな差別を出したのは、キンチョウスタの特殊な点だ。

こんなに距離が離れているのに、余計なお世話で

ピッチレベルから最前列が始まるのも、なんとも滑稽である。

Zp1790592

上から見ても離れっぷりがわかる。

アウェイサポーターが日立台やナクスタ大宮で試合となると

その迫力あるゴール裏に引き寄せられて遠征する面もある。

だがキンチョウは、迫力あるピッチレベルな至近距離が、ホーム側だけなんです。

このいやらしい離れっぷり。

なんていやらしいのか、大阪市。

| | コメント (0)

キンチョウ芝かぶりシート

Zp1790571

そもそも専スタに芝かぶりシートがあるっていうのが

おかしな話なのですが、

余りにもピッチと客席が離れているので

その間に造られた芝かぶりシート。

芝かぶりシートですら、日本平や日立台のバックスタンドより遠いかなという印象。

ピッチレベルの低さはあるので、それは評価できるが。

ただ、堂々とテレビカメラが置かれるナンセンスさはある。

お構いなし。

メイン側にだけ置きなさい。

最高価格の席種なんだから。

テレビカメラは公共の利益といえど、これはちょっとないんじゃないか。

Zp1790572

この芝かぶった席の眺望は

実際行ってないのでわからないが、

日本平や日立台、ナクスタ大宮やノエスタ神戸の方が

この芝かぶりより

いいのではとも思った。

Zp1790573

まあどうせならね、

バックスタンドの客席をもっと前まで張り出してしまえば良かったのでは。

激ゆる傾斜にはなります。

だが激ゆるにしてもOKな人達が座ればいいし。

ガチなピッチレベルで、激ゆる傾斜なら、これぞオールドトラフォードとばかり

欲しい人もいるでしょう。

Zp1790574

芝かぶりシートの後ろ

本来のバックスタンド最前ですが、

こちらは前に高い柵があり、柵越しの観戦となる。

なんだかなあ。

急傾斜客席ならともかく、ゆるっとした客席でこんな最前柵がいるのかってよ。

弾幕は柵にはかからないよう、下端で結わえ、下に伸びている。

Zp1790575

そういう理由もあるので、

バックスタンドの前列がさほど人気があるわけではない。

鳥栖スタでも感じたが、意味なき柵は不幸なだけ。

なぜこんなもの造ったかな。

すべてを解消するには、そのまま客席を前に伸ばしていくことだろう。

激ゆるですが。

| | コメント (0)

太陽浴びてKINCHOスタジアム

Zp1790535

向かいのメインスタンドの

太陽浴びっぷりが

いかにも夏でいい。

17時台ですが、

これから夏が始まるんだといわんばかり。

Zp1790536_2

メインスタンド側は細かく照明が分散している。

国立競技場のような感じ。

メインは急傾斜なので、全体を上から見渡したい人にとってはお勧め。

陸上競技場だと、全体を見られてもつねに横からアングルになるので

専スタのような上からすべてを把握する満足感は得られない。

ゴール前の攻防も、選手同士が重ならずに見ることができ

後列で距離が生まれても楽しみが増すのが、専スタの良さだ。

メインが急傾斜、他はゆる傾斜といのは、秩父宮のようでもある。

まあ、予算ということに尽きる。

| | コメント (0)

傾斜はゆるいよキンチョウバクスタ

Zp1790591

御覧のとおり、傾斜はややゆるい。

バックスタンドなら椅子の座面高さで、前後高低差を欲しいものだが

その三分の二ぐらいだね。

ただ、ピッチと距離が離れているので、その点では見やすくなっている。

怪我の功名。

そうした点でも、埼玉スタジアム並みなんだな。

傾斜はゆるいが、距離も離れてる。

いや、それっていいか?ってことにもなるけど

まあ、まずまず80点の良さがあるなら、キンチョウ合格でしょう。

椅子下に荷物が置ける構造ならもっと良かったが

こちらの方が金がかからなかったのだろう。

| | コメント (0)

キンチョウバックスタンド

Zp1790553

バックスタンドは超西日なこの時間帯でも

全部日陰になって楽勝。

やあ、涼しいぞバクスタ。

屋根なかないけどね。

向かいメインは屋根があるのに、まるで機能せず。

燃えてます。

こっちはクールダウン。

Zp1790551

前座のハーフコート、ちびっ子サッカー用の

小さなゴールが置かれてます。

キンチョウのゴール裏は、一度できたあと、さらに拡張したそうで。

そして背後にはピンク色の壁もある。

これは防音という意味合いだろうか。

背後はすぐスタジアムマンションだしね。

Zp1790552

アウェイ側のゴール裏にはオーロラビジョン。

この構図が正しい。

よくホーム側にオーロラビジョンを設置してしまうところがあるが

それだとホームサポが振り返らないと見えないので不便。

アウェイサポがなぜが利便性高くなる。

| | コメント (0)

やっぱり離れてるバックスタンド

Zp1790513

かなり距離が開いているキンチョウのバックスタンド。

元々が、相当距離をとっているスタジアムでして

ホームゴール裏だけ新設する際に、日立台並みに近くしたというね。

メインスタンド側は、最前に嵩上げがあってダグアウトなども用意されるため

そんなもんかといった感触。

だがバックスタンド側は何もないので、この離れ具合は違和感ある。

埼玉スタのような巨大スタと同レベルな距離。

| | コメント (0)

キンチョウゴール裏の傾斜角

Zp1790502

そこそこ傾斜はあった。

ゴール裏の一層目なら、このぐらいで充分かな。

なぜなら、最前列がピッチと同じ高さから始まっているから。

非常にピッチレベルなゴール裏なのだ。

ピッチレベルなので、下を見下ろさず、正面を見ればよく、

余り前後の高低差は必要とされない。

それでこのぐらいの高低差が前後につけられているなら、まずまず満足いくレベルだ。

これがもし、

最前列に嵩上げがあると、この傾斜角では厳しくなることもある。

嵩上げがないからいける。

嵩上げがあって、最前列でもピッチよりかなり高かったりすると、

見下ろす必要が生まれるため、この傾斜角では難しくなってきたりする。

金も掛からず、迫力もある、そんなピッチレベル客席が素晴らしい。

| | コメント (0)

大旗はオーロラリボンの手前で

Zp1790471

旗の文化はJリーグ特有であり

その是非は色々言われてきてるところ。

セレッソのゴール裏は

旗を振る人がほとんどいなかった。

最前で時々ってほど。

| | コメント (0)

オーロラリボンがゴールウライン並走

Zp1790450

オーロラリボンがゴールラインに並走していて、

それがパーテーションな役割にもなってる。

日立台だと、人の身長ほどある柵が端から端まで続き、

それは透明だったりもするけど、やはり印象悪い。

それがないだけ、キンチョウがGOOD。

日立台は鹿島サポが試合中の選手を鈍器で暴行したり

色々あったからね。

Zp1790452

ゴールの裏だけは、緑の高いフェンスが張られている。

これもいらないっちゃいらないね。

まあでも、こうした至近距離の低層ゴール裏があるのはうらやましい。

清水の二階席応援は、物足りない部分でもある。

| | コメント (0)

メインスタンドに直射日光

Zp1790368

メインスタンド寄りのゴール裏は

早々と場所取りがなされていった模様。

みな場所をとったら、また外に出るので、人はほとんどいませんが。

7月の太陽。

暑いぞキンチョウ。

直射日光をこれでもかと。

Zp1790371

メインスタンドにこれだけ

直射日光が降り注ぐ光景は

やはりキンチョウだけ。

VIPも記者も高価指定席も

この日差しを浴びて。

Zp1790445

バックスタンド寄りのゴール裏は空いていた。

平日ですし。

徐々に徐々に埋まっていく。

| | コメント (0)

ゴールネットを吊ってます

Zp1790389

完全にぴんと吊りたいので

ネットのセンターにも引っ張りどころを用意。

もうね、箱のように見えるぐらい

ぴんと張りたいのよ。

ピンク色のゴールネット。

| | コメント (0)

ゴール裏にネット

Zp1790377

ヤマハなんかと同じで、ゴールの真後ろにはネットが張られている。

こんなものいらんと思うけどな。

至近距離なプレミアリーグですら、なんもないし。

そりゃシュートボールで外れたものが、次々に客席に打ちこまれてくる。

だがボールにぶち当たり覚悟でその席に座るなり立つなりすればいい。

そんなものは自己責任だ。

私も日立台で、輝の外れたシュートが見事に自分に命中し、大変痛かった思い出があるが

それもまた醍醐味なり。

まあ逆に、サポーターの大旗でGKを攻撃しないようにという配慮もあるのだろうが

そんなものは即警察対応だし、出禁とするだけ。

こんなネットなんぞつまらんよ。

野球文化の延長。

野球でもメジャーリーグはフェンスなどないしね。

| | コメント (0)

ピッチとちょっと距離があるバックスタンド

Zp1790434

前座のちびっ子サッカー用のゴールが

サイドラインに置かれてますが

こちらがバックスタンド。

ちょっと距離が離れている。

メインスタンド側は、ダグアウトもあるし、嵩上げもあるしで

あんなもんかといったところ。

バックスタンドは、一旦全部取壊して

もっとピッチに近づければ、あと10列多く造れるかも。

まあ、そんな金はないだろうが。

ある意味、バックスタンド拡張の可能性は無きにしも非ずだ。

Zp1790433

小ぶりな専スタのわりに

埼玉スタジアム並みに離れているといったところ。

ハーフライン近くに芝被り席が二列あるが、やはり遠いな。

日本平の中央通路より後ろぐらいが、キンチョウの最前列だろう。

ただ、ピッチレベルにこだわる人は、低くていいかも。

ちょっと距離があるけどね。

| | コメント (0)

キンチョウスタジアムのゴール裏だ

Zp1790339

ついにやってきた。

キンチョウスタジアムのゴール裏。

見事に人がいません。

マフラーやタオルで場所取りだけされてます。

暑いからね。

再入場できるし、売店は外にあるしで、みんな入場したら、また退場するのが

キンチョウスタジアムのならわし。

入った人達が次々出ていくという現象。

試合が始まるまでは、せめて選手がアップに登場するまでは

外で過ごすのがキンチョウのやり方。

Zp1790333

メインスタンドが西日をもろ被り。

これは暑いそう。

テレビカメラも太陽直撃されて、なんも映せなんよな。

17時のこの時間帯、

本当に真正面から太陽がメインスタンドに注いでいて

屋根があっても日陰ゼロ。

Zp1790332

バックスタンド側をカメラで写そうとしても

暗くなってしまう。

西日。

バックスタンドは小さい。

そして背後は線路なので拡張できない。

ある意味、このホームゴール裏をさらにでかくしていくかって。

その可能性は残されている。

| | コメント (0)

キンチョウスタジアム入場

Zp1790330

プライム入場、クラブセレッソ入場に続き

第三弾として一般入場しました。

これが一番数が少ないというね。

いよいよあこがれのキンチョウスタジアムに入る。

セレッソ大阪は、ペットボトルの持込が公式にOKです。

どのスタジアムでもそれが当たり前になってほしいところ。

それをNGにするなんて、客に来るなと言ってるようなもんだ。

| | コメント (0)

一般待ち列に並ぶぞキンチョウ

Zp1790321

先行入場も入り終わりまして、

いよいよ一般入場です。

結構人数が多く並んでいるように見えるが、

これはバックスタンドにコンコースがまったくないため、

ホームゴール裏とバックスタンドの入場場所が同じなためだ。

メインスタンドは指定席が多いし、

結局、開場前にスタジアムに訪れた人の大半が

この一箇所の北ゲートというところから入場することになる。

| | コメント (0)

2013年7月19日 (金)

扇風機だよ金鳥の夏

Zp1790315

水しぶきも飛んでくるタイプの

扇風機が並べられたスタジアム外。

これがどのぐらい意味があるのかは謎。

コミケのときも、

コスプレ広場にこれがあるのだが

カメラに水がかかるし、レイヤーさんもコスチュームが濡れるしで

なんもいいことない。

| | コメント (0)

先行入場開始  キンチョウ

Zp1790304

開場前に集まっていた人たちは

ほとんどが先行入場で、

先行入場じゃない私らは少数派だったので

もう一緒でよかったんじゃないかと思える展開。

でも、普段の土日のゲームなら、先行のありがたみがあるんでしょう。

特にプライムだと激早だ。

| | コメント (0)

ヤンマーと日本ハム

Zp1790303

今はヤンマーが

ユニフォームの胸についてるんだね。

日本ハムが胸についてたときは

全部アルファベットで書いていて、ちと重い印象があったが

背中に移ったら、カタカナロゴに変わった。

ジェフの運営は、JR東日本と古河電工が

ぐだぐだの感じで

延々とJ2だが、

セレッソは、ヤンマーと日本ハムが良好な結果をここ数年は生んでいる。

まあ、香川がいた頃はずっとJ2だったけど。

| | コメント (0)

喫茶はまなす  セレッソ魂

Zp1790302

キンチョウスタジアムのゴール裏から

ほんの僅かの位置にあるのが

喫茶はまなすだ。

ここには戦いの前、そして戦いのあと

ピンク色のサポーター達が集うという伝説の場所。

| | コメント (0)

キンチョウスタジアムマンション

Zp1790301

これがキンチョウスタジアムマンションです。

ここに住むのがセレッソサポーターのあこがれ。

郊外のガンバ大阪は、万博公園の周辺に庭付き一戸建てが立ち並びますが

都心のセレッソ大阪は、六畳一間で充分。

そんなライフスタイルの違いを感じる。

| | コメント (0)

金鳥ロード

Zp1790300

こちらがキンチョウスタジアムへ続く道、

金鳥ロードです。

ホームゴール裏の裏は、アウェイの横浜F・マリノスの選手バスをとめる場所になっていた。

セレッソバスはメインスタンドに張り付くようにとまっていた。

で、その横浜選手バスのさらに裏が、この金鳥ロードとなる。

| | コメント (0)

JR阪和線とキンチョウスタジアム

Zp1790267

阪和線の高架線路が続いていて、

接するようにキンチョウスタジアムのバックスタンドがある。

試合中、阪和線の電車はよく見えた。

ということは阪和線からもスタジアムがよく見えるはずだ。

この確認をしに電車に乗ろうと思っていたが

ちと疲労困憊で、乗らず仕舞いだったな。

Zp1790287

なんばに泊まってる都合、

御堂筋線を利用してしまい

阪和線を使うべきだったかと思いつつも

この暑さのなか

断念。

Zp1790298

撤去された自転車達の怨念が

キンチョウスタジアムに乗り移り

蚊を退治してくれるんだそうな。

だから夏場のナイトゲームでも、蚊がいなくて快適だよ。

| | コメント (0)

バックスタンドはぎりぎり長居

Zp1790275

バックスタンドには照明塔が幾つも立っている。

普通、こうしたタイプはコーナー辺りに四つだけ立っているものなので

分散しているのは珍しい。

それか屋根があるスタジアムは、屋根先に細かくつけられ

影がまったくできないような照明具合を作る。

Zp1790266

メインスタンドは高層ですが、

バックスタンドは小さめ。

それがキンチョウ。

すぐ裏がこのように公園外となるので、これ以上の拡張は無理。

この自転車置場に張り出したところで

すぐに線路とぶつかるので、

やはり限界だろう。

Zp1790284

長居陸上の優雅さと比べ

きっつきつな立地であるキンチョウだが

専スタの恩恵は計り知れない。

| | コメント (0)

バックスタンド裏は大量の自転車

Zp1790265

キンチョウスタジアムのバックスタンド裏は

大量の自転車が置かれていた。

いわゆる放置自転車の蓄積場所なのだ。

ぎっしりです。

バックスタンド裏にはコンコースが存在せず、

すぐに公園外となり、線路が走っているのだが

バックスタンドと線路に挟まれるように

放置自転車が大量収容されている。

どうですか、自転車の山。

こんなJリーグスタジアムはキンチョウだけ!

| | コメント (0)

キンチョウ界隈

Zp1790222

キンチョウスタジアムが、長居公園の敷地ぎりぎりに立ってまして

ホームゴール裏の入口から

ちょっと進んだだけで、マンションが立ち並ぶ住宅地となる。

都心の駅前で平地、人口密度高し、そんな当たり前がJリーグクラブでは珍しい。

電信柱に様々な業者の電線が張られているのも

アジア的。

東京は大通りから電信柱がなくなり始めている。

すると業者が無理矢理外灯に電線を括りつけて道路横断し出す。

電線はいくらでも張っていいという日本的な雰囲気。

有線、ケーブルテレビ、ネット業者、際限なく。

| | コメント (0)

当日券売場キンチョウ

Zp1790242

平日の試合なのに

売り切ればっかり。

ゴール裏の席も売り切れなので、東京で買っておいて良かったです。

スタンディングのゴール裏に、

非現実的な人数を収容すれば(実際の3倍ぐらい)

J1規格なキンチョウスタですが、

やはり実質的な収容数はまだ少ない。

なので、平日開催とはいえ、売り切れております。

長居陸上ならどんだけでも来いよって感じだろうけど。

平日だからこそキンチョウみたいな部分もあるだろう。

| | コメント (0)

オオカミ男あらわる

Zp1790219

セレッソのオオカミ男。

何年も前に長居陸上で会ったときより

レベルアップしていた。

あの頃は、たった一人きりで、スタジアム内を歩きまわっていた。

だがいま、彼には彼女ができたようで

セレッソ鞄を肩から下げた女性が、彼に付き添っていた。

やるな、オオカミ男。

おかげでオオカミ男とのツーショも、彼女に撮ってもらえました。

Zp1790217

胸にはビリケンなんですね。

絶滅したニホンオオカミ。

もはやオオカミは赤頭巾ちゃんにしか現れない。

だがセレッソのオオカミは健在だ。

| | コメント (0)

長居陸上と金鳥スタ まるで兄弟のようだ

Zp1790189

長居陸上競技場とキンチョウスタジアム。

並ぶ様は、まるで兄弟のようだ。

長居の持つ新しさや包容力。

キンチョウが持つ専スタの迫力。

どっちも頑張れと応援したくなる。

ホームとして二箇所のスタジアムを使用といっても

まさに隣同士なので、

違和感はない。

静岡のチームがエコパを使ったり、神戸がユニバを使ったり、

名古屋が名古屋市と豊田市を半々で使うような

そうした距離感や違和感は、ここにはない。

長居とキンチョウは、まさに二つで一つといったところだ。

Zp1790192

そしてキンチョウスタジアム。

もろに西日を浴びているメインスタンド客席。

その裏側は日陰となり、

サポーター達が開場を待って屯している。

冷水こみの扇風機もあちこちで回される。

そんな光景で、右下に何か気になるものが。

Zp1790203

右下にオオカミが現れた。

セレッソのオオカミ。

この真夏日において

無謀ともいえる毛むくじゃら。

誰よりも体を張って命懸けで試合に臨む。

そんなオオカミが右下にフレームイン。

| | コメント (0)

屋台村

Zp1790188_2

キンチョウスタジアムは

コンコースが狭いので

売店がほとんどない。

なのでスタジアムから外への出入りが自由。

一度入場したあとでも

また外に出て、屋台村を利用することができる。

| | コメント (0)

先行入場 プライム&クラブ C大阪

Zp1790236

セレッソ大阪は一般入場者より早く

入場できるシステムがあります。

これはサポーターにとってありがたいし、

清水でもやってほしいところ。

まあ、スペースがないからできないのが現状ですが。

Zp1790238

セレッソ大阪は、

まず最初に入場できるのが

プライムセレッソの会員。

こちらは色々規定があるのですが、

10年以上セレッソの後援会員だったら無条件で入ることができ

それ以外ですと、前の年に観戦した試合数のポイントなどが条件になってくるようです。

Zp1790225

そのあとに入場できるのは、クラブセレッソという後援会の会員。

こちらの後援会、費用は清水の三分の一ぐらいなので安い。

またシーズンシートを購入している人も、

クラブセレッソ会員が入場するときに、一緒に入れる。

またサッカースクールの子供達や保護者もこのときに入場できるようだ。

Zp1790320

そして最後に一般入場者。

この日の状態でいえば、

平日のナイトゲームということもあってだろうが

先行入場者の開場待ちがほとんどで

私のように一般入場で、開場と同時に入ったのは少数だった。

| | コメント (0)

横浜F・マリノス 平成25年7月10日

Zp1790166

歴史に刻まれる

最高の試合。

大阪市の夜。

キンチョウの夏。

Zp1790165

アメフットでも使用することの多いキンチョウスタジアム。

Xリーグのチアリーダーが

大井第二での試合が終わったあと

「次はキンチョウだね。キンチョウだからキンチョウする」

と日が暮れたなか、会話していたのがやけに記憶に残っている。

Zp1790183

そんなキンチョウスタジアム。

やっと来た。

今まで来なくてすまなかった。

87年からこの地にあるスタジアム。

改修を経て、今ここに姿を現す。

| | コメント (0)

KINCHOスタジアム

Zp1790145

メインスタンド裏が正面たるKINCHOスタジアム。

ですが、メインスタンドが西日が当たる方向に作られているため

夏場はともかく、春や秋でもナイトゲームが多い。

デイゲームだと、メインスタンドから眩しくて見えないし、

カメラも上手く映せず、テレビ中継もままならないのだ。

普通のスタジアムはバックスタンドに西日が当たるよう位置している。

バクスタはメインと同じようだが、眩しいですよという。

Zp1790147

日本平なんかは、アウェイゴール裏に西日が当たり、

どちらの陣地をとるか、時間経過が大きな鍵を握る。

デイゲームはコイントスが重要な役割を占める。

ただ、もし敷地に余裕があるなら、バクスタに西日が当たるように造るのが正攻法。

でもキンチョウはバクスタ裏が電車の線路なので、

そちらをメインにすることが難しかったのだろう。

Zp1790148

ひたすら西日の当たるメインスタンド。

19時キックオフでも、今の季節はまだ厳しい。

そんな特殊な事情のメインスタンドに加え、

やはり隣接する建物の影響で、ゴール裏のホームとアウェイが通常と逆だ。

あらゆる点で逆さまなスタジアムだが

大阪市なら不可能を可能にする。

| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

キンチョウスタジアムあらわる

Zp1790135

そして現れたキンチョウスタジアム。

これがセレッソ大阪のホームスタジアムだ。

ガンバ大阪がすったもんだで一向に専スタを立てられないなか

あっさりと専スタへ移行したセレッソ。

軽やかに大阪市。

郊外の大阪府チームとは格が違う。

いまだノンタイトルですが。

Zp1790139

大阪は、阪神が大人気で

数々のタイトルをとり続けたアジアナンバーワンのガンバ大阪もある。

それでもセレッソ大阪を応援しに来た人達だ。

東京なら23区にあたる大阪市。

大阪市のチーム、セレッソ大阪。

| | コメント (0)

長居陸上の向かいにあるもの

Zp1790256

長居陸上の向かいにある

ごつごつした外観のスタジアム。

こっちに用があって

はるばる大阪まで来た。

大阪市東住吉区長居まで来た。

バヴューンと新幹線でやってきた。

向かって右が長居陸上。

そして左は……

| | コメント (0)

長居陸上あらわる

Zp1790131

まず現れたのは長居陸上。

日韓ワールドカップでのチュニジア戦、

中田英とモリシのゴールは

10年以上経った今も記憶に濃い。

だが今日はここじゃない。

いくら、むくはらが誘おうとも、長居陸上じゃないんだ。

| | コメント (0)

大阪府大阪市東住吉区長居公園一丁目

Zp1790128

いっちょめ、いっちょめ、わーお!

大阪市だから。

| | コメント (0)

長居公園に入場

Zp1790126

公園というのは、

こうして大都市の中になきゃ意味がない。

郊外の人気がない僻地に作っても

価値がない。

これぞ公園な長居。

できれば代々木公園ぐらい芝生を増やしたいところだ。

Zp1790124

長居陸上の屋根が見える。

まあ、暑い。

太陽が焦がす人々。

日陰でも尋常でない湿度。

| | コメント (0)

長居駅を出た

Zp1790123

この出口から出るべきではなかった。

そこは間違えた。

遠かった。

暑かった。

| | コメント (0)

御堂筋線で長居に到着

Zp1790120

長居駅は柱がセレッソ。

大阪サッカークラブ。

走り去る御堂筋線。

大阪は環状線があるが、東京の山手線ほど機能しておらず

地下鉄移動の方がいい。

| | コメント (0)

なにわ区なんば到着

Zp1790110

新大阪では御堂筋線に乗り換え。

橋の辺りは地上走行で、あとは地下に潜った。

乗降マナーが年々向上している気がする。

それは大阪らしさの消滅かもしれない。

20年ぐらい前は、新大阪の新幹線乗り場ですら

ドアが開いたら、ごちゃごちゃに人がたかって、乱闘だったもんな。

在来線はもっとひどかった。

それがこう、虚勢されていってしまったのか。

行儀がいいな。

Zp1790115

大阪府大阪市浪速区難波中に到着。

地上に出たら、焼き殺される暑さ。

ホテルはすぐそば。

| | コメント (0)

新大阪 到着

Zp1790101

あっという間の新大阪。

のぞみだが、新横浜はとまった。

新大阪駅はエスカレーターがまだ左並びだね。

東京と同じ。

新大阪を一歩出ると、右並びとなる。

個人的にはエスカレーターを歩くのはやめにしないかと。

階段歩けばいいじゃんよ。

| | コメント (0)

新幹線でバビューンと大阪へ

Zp1790091

下りは2号車が好き。

1号車や3号車は、トイレとか洗面所とか喫煙所とか運転室とか色々あって

客室が狭いから。

2号車は列数が多い。

新幹線ワープを使い、あっという間に大阪だ。

大阪行きはこの日の朝に決めた。

セレッソ大阪戦のチケットを買いに行ったら、セブンイレブンでだけ売ってた。

ホームゴール裏。

じゃあもう行くかってさ。

いつ行くの?

今でしょ!

そんな感じ。

Zp1790093

でもホテルがとれなかったらやめようかと思ってた。

だが難波がとれた。

本気で行くのかなと自分でも半信半疑のまま東京駅へ。

新幹線ワープ。

| | コメント (0)

甲子園から難波にシャトルバスで帰る

Zp1810188

高速を使って帰ってくれたので速かった。

ただ、この高速、外壁が非常に低い。

高架で落ちたらやばいわけだが、

外壁が窓から相当低い。

バスに乗ってるから余計に感じる部分はあるが

それにしても外壁が低かった。

高さの割に。

この外壁の低さが関西の当たり前。

それ以上高くしたところで、どうせ勢いで突き破ってしまうだけだし

低いタイヤ部分でとめられたら、それでOKだし。

そんな外壁低い道楽。

空中に浮かんでる感覚だ。

Zp1810193

そして難波で下車するも

JRの難波駅近くだったので、土地勘がなく帰り方がわからない。

こんなときは地下に潜るに限る。

地下街の番号表示を頼りに移動。

かなり遠かったな。

ホテル近くの出口を探す。

 

難波に来たが、なんだかんだで全国チェーン店ばかりで食事してた。

このあともホテルそばのくら寿司へ。

一人でも、がらがらぽんができたが

当たった賞品が、ラーメンのミニチュアで、捨てるしかないシロモノだ。

甲子園編の完結。

阪神タイガース、ふれーふれふれふれー。

| | コメント (0)

阪神タイガース勝利

Zp1810174

そして9回表を押さえ、

阪神タイガースが勝利。

また舞い上がるジェット風船。

阪神が勝って、めでたし。

外野席の高い位置は涼しかった。

そればっかりは良かった。

六甲おろしが観客全員で歌われ、阪神タイガース、ふれーふれふれふれー♪

| | コメント (0)

リリーフカー バックオーライ

Zp1810162

リリーフカーが出てくるのは

普通だったですが、

ピッチャーをマウンドにおろして帰ってきた際、

バックで収納されるんですな。

これは良かった。

次の登場に備えてバックで車庫入れ。

当然といえば当然。

バックオーライ。

狭い出入り口に小型な車。

ぎりぎりな甲子園。

| | コメント (0)

ジェット風船 甲子園に舞う

Zp1810149

7回はジェット風船。

これは10年前から変わらない。

細長い風船を

誰もが膨らまし始める。

Zp1810153

阪神側の外野席。

にょろにょろとカラフルなものが生えたような。

凄い光景。

揺らめく阪神応援団。

Zp1810156

いよいよ行くぞ、ジェット風船。

黄色が多いですね。

内野席もほとんどの人がスタンバイしてる。

奇妙な形をしたこの風船は

空中を突き進むためにある。

Zp1810158

手を離し、

飛びあがるジェット風船。

一斉に舞い上がる。

屋外球場、夜空に風船を飛ばせ。

Zp1810159

よくJリーグの試合で、

自分のゴミは持ち帰りましょうとか、言いますが

そんな次元を通り越した

激しいゴミの散在ぶりとなった。

野球場はジェット風船で、そこら中、ゴミだらけ。

まあ、人生楽しくいいのでは。

なんでも無駄だと言ったんでは、なんのために生きてるかわからない。

| | コメント (0)

2013年7月17日 (水)

甲子園のオーロラリボン

Zp1810143

内野席の最上段にオーロラリボンが設置されている。

次のバッターの紹介がそこでなされる。

細く長いオーロラリボンに、選手の目の辺りだけが映される。

もし顔全体が映っていたなら、客席の下から上まですべて使うぐらいの大きなものになる。

目元だけがドアップで迫る。

迫力あり。

大和選手は宇宙戦艦ヤマトがテーマソングだった。

Zp1810126

それ以外のときは

ファンからのメッセージが流れていたり。

スポンサー広告が映されていたり。

色々。

Zp1810138

徐々に日も暮れてくると、涼しくなった。

最上段近くにいるおかげだろう、風が吹き抜ける。

屋根もないので、風の通りがいい外野席。

快適に過ごせた。

| | コメント (0)

甲子園の客席スタンド

Zp1810106

傾斜角度はそこそこあるのですが

前後間隔がない。

そこで幅の短いベンチシートぐらいの座席が連なる。

これは良いと思う。

下手に普通サイズの椅子を作ると、足の置き場がなくなり、身動きとれず窮屈。

瑞穂陸上や三ツ沢球のような苦痛な客席ができてしまう。

それよりは足の置場を優先した客席造りの方が、快適性と利便性に優れる。

Zp1810107

もちろん座席も広く、足場も広ければ言うことなしだが

改修前の状況からして、そうもいかないのだろう。

考え無しにでかい座席を狭いスペースにつけてしまった失敗例を多数見てきているので

これはGOODだ。

それにしても綺麗な床。

屋外球場とは思えない。

キンチョウスタジアムなんて砂や土だらけだった。

| | コメント (0)

阪神 vs DeNA プレイボール

Zp1810059

18時になりプレイボール。

まだ客は少ない。

甲子園球場は、外野席も内野席と同じ高さまである。

これは珍しい。

東京ドームだろうが、多くの野球場は

内野席は列数が多く、高くまで造られているが

外野席は列数が少なく、低いものだ。

西武ドームなど、外野はいまだに芝生だけだし。

Zp1810067

外野席は西日がきつかった。

18時でもまだ太陽が強い。

暑い。

焼き殺される。

眩しい。

Zp1810084

帽子は被っていったが

ほとんど真正面から西日が来るので

ツバが役に立たない。

外野の座席はベンチシートを一席ずつの個別にした感じ。

前後幅が詰まっていて、背もたれはない。

Zp1810087

横浜側は、最後までそれほど混まなかった。

中央通路より前はぎっしりだが

それより後ろはまばら。

その点では楽に過ごせた。

寝転んで観ている人もちらほら。

Zp1810094

今回の旅行は天気が良く、毎日暑かった。

雨よりはそれでいい。

傘など持ちたくないし。

横浜ファンは外野席でも内野席寄りの高い場所に固められていた。

ラッパ応援が基本だった。

| | コメント (0)

阪神甲子園球場に到着

Zp1810044

駅からすぐでしたね。

真正面。

もっと古臭いスタジアムかと思ってたら、

改修されたんだね、非常に真新しかった。

外観も客席もぴっかぴかよ。

ツタもお愛想程度に絡まるだけ。

やあ、綺麗すぎ。

10年前の阪神ブームのとき訪れておくべきだった。

あの頃は、ろくすっぽチケットが取れなかったかもしれんが。

Zp1810040

ガラス張りで甲子園と言われても、

近代的すぎて、およよ。

こんな綺麗なとこだとは。

当日券を購入。

外野席のアウェイ側にした。

レフト側。

混んでる阪神側に行っても、ついていけない気がして。

外野なのにレフト側は全部指定なんだね。

ライトのホーム側もそうなのかは知らない。

Zp1810037

甲子園球場の周りは

大型スーパーが立ち並んでいて

ショッピングモールな状況だった。

大阪市内のごみごみとした雑居ビルが立ち並ぶ状況と違い

郊外らしいゆとりを感じさせる。

Zp1810033

阪神を好きな人達。

スキンヘッドに尖ったサングラスをかけたおっちゃん達。

分厚いボリュームの髪の毛に、虎模様の金髪をほどこしたおばちゃん達。

そんな濃い人達に溢れる。

| | コメント (0)

阪神電車で甲子園へ

Zp1810023

大阪の私鉄は、~電車という略称が多く

阪神電車もそうです。

東京だと、~線と呼ぶことが多いかな。

Zp1810024

大阪難波駅がよくわからず苦労した。

地下鉄の難波駅まではホテルからすぐなので

簡単に行けるだろうと思っていたが

意外とスムーズにアクセスできず、

混乱したが

後々気づけば、最短距離移動していた。要は遠い。

地下にプラットホームがあるとは思ってなかった。

Zp1810025

尼崎行きに乗車。

尼崎といえばダウンタウン。

難波で深夜にバイトをして、タクシー代を貰うも歩いて尼崎に帰っていたという二人。

ダウンタウンは下戸のコンビとして有名だが

その下戸さにより、長続きしているのかもしれない。

Zp1810027

わりとすぐ地上に出ました。

車内は阪神タイガースのユニフォームを着た客が多く、安心だった。

車内にいってるおっちゃんがいて、

乗換えがよくわからないと、あちこちの客に粗暴な言葉遣いで尋ね

わからないわからないと連呼していた。

最初は丁寧に応対していた阪神ファン達も、次第に顔を曇らせていく。

おまえの説明が違うじゃないかとキレ出すおっちゃん。

一瞬即発な状況ではあったが、

終点の尼崎でその状況は終わった。

阪神ふぁんは向かいの姫路行きに乗り換える。

Zp1810029

そして甲子園駅に到着。

暑い日でした。

ペットボトルを自動販売機で買ったり。

兵庫県西宮市!

| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

SKE48劇場  「会いたかった」 公演

Zp1810277

今回の大阪旅行、

最後に名古屋に寄ったのは、SKE48のライブを観に行くためです。

SKEは初めて。

名古屋の電気街は大須ですが、大須ではなく

テレビ塔の街、栄(さかえ)に劇場はある。

さかえ=SKE。

周りはテレビ局が立ち並び、まさに一等地。

綺麗に区画整理され、幅の広い道路が貫かれる栄の街。

名古屋駅からは地下鉄で二駅目。

名古屋から栄への電車は異常に混みあった。

Zp1810284

栄に着いたら、まずはテレビ塔真ん前の

アフィリア名古屋店、ダイニングにお邪魔した。

そこでキャストさんから、SKE劇場の場所を聞くと

観覧車のあるビルだからすぐわかると言われた。

実際、目立ちまくりのビル。

この観覧車はソーラーパワーのみで動いているそうです。

テレビ塔のふもとが公園になっていて

その周りにアフィリアもあり、SKE48劇場もありで

非常にわかりやすい栄の街。

Zp1810281

AKB48劇場よりも規模が大きいので

入場開始を待ってるときは、

ロビーが鮨詰めでしんどかった。

暑い。

抽選ビンゴは、なかなか呼ばれず不安になったが

なんとか立ち見は回避。

入場すると、立ち見の一列目は埋まっていて、

客席の後方に空き席がある状態。

独り者なので、少し前に一席空きがあったので、下手寄りのそこに入れてもらうことに。

旅行も五日目で疲れていたので、座りたかったのだ。

席は広めで背もたれもあった。

7列目の下手寄り。

Zp1810307

劇場はビルの2Fですが、

吹き抜けになっている地下一階で、SKEのPVが流され、

ファン同士の交流場となっていた。

ここはAKB48劇場と違って、手に輪はつけませんね。

その代わり、入場時にもう一度、身分証明書で本人確認。

私は一般枠での入場です。

劇場内はAKB48の二倍ぐらいの広さだろうか。

AKB48にあるような視界を遮る二本の柱はなく

天井も高かった。

ここも完全には劇場の造りとはいえない場所だが

秋葉原のドンキホーテビルよりは、かなりグレイドが高い。

Zp1810319

いざライブが始まると、

最初の数曲はセリが最高に上がった状態だったので、

SKEの娘達の足元まで、座った状態から余裕で見え、とても見やすかった。

セリが下がり切ったあとも

部分部分は足元まで見えるし、

ステージ全般を見渡しても、SKEの娘達の膝より上は大体見えるので

ありがたい。

この当たり前が、AKB48劇場はない。

天井の低い一般の商業ビルにあるAKB48劇場は、

どうしてもステージが見えない席ばかりで、二列目以降は雰囲気を味わうだけになってしまうが、

SKE48劇場は、ステージで繰り広げられるダンスパフォーマンスをフルに堪能できた。

名古屋の人は幸せだ。

 

三曲目が「会いたかった」だった。

この曲自体、馴染みあるけど

AKB48劇場では、距離は近いがろくに見えない。

今回ようやくステージで賑やかに踊る女の子達の姿を

間近で堪能できた。

AKB48劇場の狭い親密感や、ときたま見られるメンバー達の近さは素晴らしい。

でもSKE48劇場のようなステージ全体をつねに見られるという

当たり前のようでいて当たり前でなかった利点は、

劇場興行として大事なものだと思う。

ステージに高さがそれなりにあるのは、距離を感じてしまう理由にもなるけど

会えるだけでない、純粋にダンスパフォーマンスを見られる良さは利だ。

 

初めての劇場でも

どうしても緊張があったが

「会いたかった」を聞けたことで

自然と肩から力が抜けて

あとは楽に楽しめた。

 

SKE48劇場の常連からしたら、見やすくてライブが楽しめるが

もっともっと近さがほしいところだろうし

AKB48劇場の常連からしたら、ステージと客席の高さが同じで、

間近な迫力がたまらないが、ステージ内容を見たいところだろう。

 

実のところ、SKEのメンバーは全然知りませんが

ゆぅゆさんを呼ぶ声が

客席からはよく上がってました。

 

ステージを見ていて、背の低い樹奈さんが

飛び跳ねる様は面白かった。

柚香さんはセクシーなポジショニング。

ステージ衣装は夏なせいか、王道の制服ハイソックスに加えて

デニムに白Tシャツもあった。

 

ライブのアンコールも終わったあとは

帰りのお見送りハイタッチ。

これが新鮮だった。

AKB48劇場だと、本当に手と手を重ね合わせる静かなものだけど

SKEの娘達は、ばちんばちんと強くこちらの手を叩いてくれて

面白かった。

ほぼ全員のメンバーの目もしっかりあったし、

こちらの手の平を強く叩いてくれた。

今はなきSDN48のライブであったように、

軽くつかんでくる娘もいて、色々。

やる気に燃えてるね。

 

全員とハイタッチを終えたあとは、劇場の構造上、

コインロッカーが奥にあるので、そこへ行くための列に並ぶわけだが

姿は見えないが

ハイタッチでばちんばちんと手を叩く音が、伝わり続けた。

好印象。

 

最近のライブハウスはどこも

大ホール並みにステージを左右に広くとり

客席は前後列寄りも、左右に長いのが多いが

まさにここもそうした造りで

広いステージをフルに使ったパフォーマンスと、

誰もがステージ近くに位置できる良さがあった。

 

公営の小劇場のような

ビルの二、三階分をぶち抜きで、

ステージは高く、客席には傾斜があって、

となれば、どの席からでも見やすいだろうが

民間の商業ビルのワンフロアを使ったこうした劇場は

なかなか見易さの点では難しい。

だがそれでも、様々な制限があるなかで

相当頑張って見やすい劇場を作ったなという、

設計者側の思いやりを感じた。

それが嬉しいね。

一番嬉しいこと。

そしてそのステージで芸能界での勝利を目指し、演じる女の子達。

そして人間失格を感じつつ、死を避けるためライブを観に来る私達来場者。

 

SKE48劇場、面白かったです。

| | コメント (0)

王立アフィリア・ダイニング

Zp1810249_2

近鉄で名古屋に着きまして、

地下鉄で二駅目、栄に移動。

テレビ塔を中心とした街。

東京タワーやスカイツリーもいいですが、

この区画整理された街並みが、なんとも栄。

ふもとがそのまま公園なのもいい。

その向かいに立つビル。

もろに名古屋の一等地。

その3Fにアフィリアの名古屋店、ダイニングがあった。

Zp1810250

名古屋店は広かったです。

基本、四人掛けのテーブルが並んでいます。

で、客はほとんど一人。

なので四人テーブルを一人で占有していく状態。

壁の両側にテーブルが並んでまして、

中央の通路は広い。

池袋の学院カフェの倍ぐらいありそうな広さなのに、

満席になっても12人ぐらいですか。

シェリーズより少ないかも。

まあ、テーブルに複数人数座れば、一気に四倍ぐらいを収容できるので

パーティなどは大勢で混みあいそう。

Zp1810254

名古屋店はフォーマルで、

池袋の学院カフェのような雰囲気がありつつ

さらにアフィリアのレギュレーションを濃くした印象。

派手さはないが、落ち着きがある。

名古屋の広さが、ゆとりに繋がって良くもあるだろうし

逆に池袋は、密着した狭さが旨みな部分もあるだろう。

名古屋のキャストさん達は、よくしてくれましたが

いかんせん、いつも距離が適度に離れてしまっているなと感じたり。

池袋はガールズバーほどじゃないが、いつも身近にキャストさん達が働いているからね。

Zp1810260

シェリーズのような地下室の狭すぎる密着感と比べると

非常にだだっ広いダイニング。

それが豪華さに繋がり、アフィリアデラックスと思った。

六店舗すべて行きましたが、一番デラックス。

モーリー先生の存在感もデラックスだった。

アフィリアの男の先生は、どこか小柄で細い人が多い。

その点、モーリー先生はラガーマンかアメフットの選手のような

体つきだった。

ときたま厨房から出て、レジまで行き来してましたが、

存在感があるね。

Zp1810264

最初は四人掛けテーブルに案内されて、

一人で使ってしまっていいのか、どぎまぎ。

でも誰もが四人掛けにいるのを見て、ああいんだと思ったり。

喫煙席が多いですが、余り吸ってる人はいなかった。

奥が10人ぐらい座れそうなソファですが、

特にVIPなわけではないそうで、一人で座ってる人もいたりした。

なぜかテレビモニターでは、花火の映像が流れていた。

システムは池袋の学院カフェと同じで、

飲み放題。

Zp1810323

魔法写真は、アメさん、イブキさん、クロミさん、ミヤカさん、ユミさんと

826ポーズで撮りました。

ミヤカさんが微動だにせずに8のポーズをとってくれて

クラシックバレエをやられていたそうです。

ダイニングはみんな8のポーズが上手かった。

ここは写真を撮る場所の背景が、ステンドグラスでした。

昼間の方が明るくていいかな。

名古屋到着後、ここに来て、SKE48劇場行って、またここに戻ってきて

ダイニング三昧。

Zp1810333

途中、一度だけ満席ウェイティングがかかった。

池袋のように電話はないのだが、

時間が書かれたメモが渡される。

テレビ塔の麓辺りでうろうろしてた。

 

午後10時には、カナさんとセイラさんの二人が

ごにょごにょ相談しながら、私のテーブルにやってきた。

そして忍者のように両手をぐーにして、人差し指だけ上にだして重ね、

ぶくぶくぶく~と言いながら

テーブルの下に隠れてしまった。

これがアフィリアダイニングのさよならの言い方だそうで

早上がりのカナさん、セイラさんが、

忍者のように消えていきました。

各テーブルで忍術を披露。

魔法を披露するのはアフィリアの定番だが、忍術が出るとは予想外だった。

 

そういえば、壁には

襲ってきたドラゴンに対して、魔法に乗った人が立ち向かう姿が描かれていた。

 

ユミさんだけは、ドリンクで砂糖を掻き混ぜるとき

あふぃりりる~と一緒に言ったり。

他の娘はそういうのはなかったな。

イブキさんは砂糖の入った細長いスティックを

指に挟んでバキっと折る業を持っていた。

 

ピアノさんのプリンエンカウントを開催していたが、

本人はいないような様子。

最後の最後で、

挨拶に来てくれた娘が「初めまして、ピアノです」と言ったので

「あなたがピアノさんですか」と驚いたら、ウケた。

 

実は名古屋店のキャストさんで

コスプレイヤーをやっている方がいて

その方とは過去数年に渡り、コミケ等で何度も撮らせてもらっているのだが

お会いすることはできなかったな。

 

お店がある場所は一等地だし

店内は広いし、

名古屋店は非常にデラックスだった。

 

コインを貰うタイミングが、

ファーストドリンクの提供時。

ここが僅かな違いだろうか。

| | コメント (0)

2.5次元カフェ  アフィリア・コラボレーションズ!

Zp1810003

なんばに滞在していたのですが、

隣町が日本橋という電気街。

秋葉原ですね。

暑かったが、なんばから歩いて行ける距離でよかった。

堺筋というメインストリートの一階テナントに、アフィリアの大阪店が入ってました。

通行人達の歩道に面した一階に、いきなりそのまんまアフィリア。

意外と他の店舗は上方か地下で、これがない。

そして二階もアフィリア。

Zp1810005

日本橋の商店街は、歩道に屋根がかかっていた。

屋根があるということは、浮浪者の方達があちこちに見かけられる。

東京だと、浮浪者は公園や高架下など、

存在を消すようにいるのだが

大阪の街では、繁華街のメインストリートで、堂々と歩道に陣取って寝ている。

そうした違いを感じた。

深夜になってから、一斉にダンボールの寝どこが組み立てられる東京と違い

大阪は昼間から遠慮せずに、浮浪者が佇む。

Zp1810006

滞在二日目の15時に開店ダッシュをかけた。

一階担当のリクルンが、笑顔で丁寧に応対してくれた。

メイド意識よりアイドル意識の強さが現れ、

落ち着きよりも賑やかさが特徴のキャストさん達だった。

アフィリア大阪は半年ぐらい置きに、コラボするアニメやゲーム作品が変わるのだが

現在はシュタインズゲート。

一階は受付の他、シュタゲの関連グッズ売り場となっていた。

そして受付の奥には厨房。

Zp1810010

こちらの絵を描いているのは、レオンさんという男装キャストで

店内にはさらに大きな布ポスターが天井から床まで広げられ、

幾つも掛けられていた。

お話を聞いたら、そちら系の職もしているそうで、

可愛らしくアレンジされたシュタゲキャラ達が

来場客を包みこむ。

Zp1810014

一階のりくるんはインカムをつけていて、

二階とやりとりし、

一階のボードで席を選び、席番号のつけられた鈴を持って、

階段を上がった。

階段は二箇所も踊り場があり方向転換。入り組んでいる。

二階に上がると、そこは客席が広がっていて

鈴を鳴らすとキャストさんが来て、席に案内してくれた。

Zp1810017

なにわ区日本橋。

二階は左手にカウンター席があり、その中がドリンク作成所となっていた。

池袋の学院カフェのカウンターに、実際にカウンター椅子を並べてしまった感じ。

とはいえ、ここもやはりスペースは広い。

二人掛けのテーブルが二列となり

カウンターに並走して、斜めに続く。これが禁煙席。

そして最奥は喫煙席となり、

壁際にソファが並び、同じように二人掛けテーブルが、横へ一列に並んでいた。

収容人数は池袋と同じぐらいだろうが

スペースの使い方が贅沢。

レオンさんの描いたポスターが天井から床まで幾つも伸びる。

Zp1810019

初日はオープニングから6年間在籍し続けている

アイフィさんが、色々と店のやり方を説明してくれた。

6年間続いているオープニングキャストさんが、4人もいるようで凄い。

ここはキャストさんを呼ぶとき、つねに鈴。

鈴を鳴らして、そのまま高くキープして喚起。

ただ、鈴は鳴りやすいので、下手に触って鳴らしてしまわないよう注意が必要。

Zp1810194

テーブルにはシュタゲのデザインが張られ、

シュタゲのエンカウントメニューが多かった。

キャラクターに因んだドリンクが、たくさん用意され、注文すると

シュタゲキャラのメンコがランダムでついてくる。

    

期間的にはシュタゲコラボなのですが、

ちょうど私が行った週は、私服エンカウントとなっていて

キャストさんの半分ぐらいが私服でお給仕してました。

残りの半分はアフィリア制服。

二階はインカムをつけたキャストが一人か二人ぐらいいて、

あのインカム姿が他店では見られないものだ。

    

複数階に渡って営業されている店といえば、

ディアステージがまさにそうだが、

インカムではなく、トランシーバーでやりとりしているので、それほど見た目の違和感はない。

だがここではアフィリア制服や私服の状態に、

腰にバッテリー、体を伝うコード、耳にはイヤホン、胸元にマイクなので

結構、目立ったな。

    

料金的には、アフィリア6店舗のなかで

もっとも安く過ごせるかも。

僕のカードクラスで、チャージが200円、安いソフトドリンクなら500円なので

700円で滞在できる。

ただ1000円以上使わないと、帰りにコインがもらえない。

そう、帰りにコインを貰うのだ。

    

店舗の質感としては賑やかだった。

東京でも、メイド喫茶スタイルの学院カフェよりも

ガールズバースタイルの、上野、新宿、六本木の方が賑やか。

あの賑やかさに近いが、

あくまでメイド喫茶スタイルの店内で、賑やかさはガールズバーという状態。

ガールズバーだと、客とキャストのマンツーマンになりがちで

局地的な盛り上がりがあちこちで繰り広げられるが

ここは、キャストさんがフリーに動いて、なおかつ賑やかさを保っていた。

     

ドリンク製造所のカウンターに並んだカウンター椅子。

あそこにはマスター(トータル200万以上使った客)しか座れないそうだ。

コラボ形式になって、無料で店を使える特典が消滅したかに見えた大阪店だが

まだまだマスターの利権は生き残っていた。

夜には、気心しれたマスター達がカウンターに並び、中の女の子と楽しそうだった。

ただ、昼とか来ても、カウンターには誰もいないことが多かった。

    

私服エンカウント中なので、魔法写真の交換はできなかったが、

一枚のみの落描きつきを現金で注文できた。

様々なキャストさんに頼み、

ハニロウポーズの写真は15枚できあがった。

すでに7年目の給仕に入った一期生の、

アイフィさん、ヒナタさん、メルティーナさんは8のポーズがとても上手かった。

アイフィーさんはホットパンツだったり、

ヒナタさんは黒のゴシックロリータ。

メルティーナさんはマイクロミニのフレアスカートだと思っていたら

キュロットでした。

これは完全に騙された(笑)。

最も8が上手かったのはルウちゃん。

童顔の可愛らしい姿で、バレリーナのような私服で8を決めてくれた。

今回の私服エンカウントのために、衣装も用意されたそうだ。

ルアナさんやステルさんは、夏らしい軽やかなワンピースで8を決めてくれた。

ショコラさんやファーラさんはハーフパンツで8。

リクルンは三日間とも会えまして、三日目にデニムのホットパンツで決めてくれた

8が一番格好良かった。

     

大阪店に三日間と、名古屋店に帰りに寄ったのですが

どちらの店舗も魔法写真が綺麗に印刷されてたな。

上野や池袋は、カメラは極端に安いのを使っていて、暗い部分が不鮮明だし

プリンターはヘッドがいかれていて、線が入るしで、綺麗でないときが多い。

大阪はこれに代表されるような、様々な点で、

クウォリティの高い店の状態を維持しようという意識が感じられた。

東京は一番人気の上野だと

人気があるからなのか、キャストが三人未満、ときに二人や一人で営業することが多いし

ちょっと運営が怠慢になる。

キャスト達も、時間に余裕があるのに遅くからのスタートにさせられたりと

本人達も疑問にしてる点が多い。

それでも大人気な店なので、今以上の向上はないだろう。見事な売り上げだろうし。

これはキャストさんの問題じゃなく、店の運営側のことなので、まあどうしようもない。

     

まあ、大阪も名古屋も少しだけ居て、

良い点だけが目についてしまったので

長く通えば、あそこが駄目、ここが駄目と、色々あるのだろう。

上野も間近で接する良さはどこにも負けないし、

池袋はかつては、ルイズさんをはじめ、サーガメンバーのランチ営業に定評があった。

   

初めてアフィコラに行った日、

ちょうどその日が初出勤というキャストさんがいた。

シャアリさんという小さな娘。

僕が一人目の接客で、その後、三日とも会えた。

シャアリさんが続いてくれたら嬉しいものだ。

    

おしゃべりはショコラさんが面白かったな。

つねにつねに、あちこちの客席へ移動し続け、

面白いトークを展開し、

こちらが話すことも上手く受け取ってくれた。

メルティーナさんは、じっくりなタイプで、お喋りし出すと、中身が濃かった。

三日間通して絡みが最も多かったのはリクルン。

半ば天然ボケなキャラであり

話している内容も飛んでいるが

面白かった。

    

男装キャストは、絵描き職人のレオン君をはじめ

つねにいた。

三日目の最後は、一階レジにいたシン君が店外まで送ってくれ、幕となった。

    

アフィリアのカードを作らない、ゲスト客が多かった。

あと、女性客も多く、

一人だったり、二、三人だったり、

カップルだったり、

結構来ていた。

そうした人達がわりとゲストな確率が高く

シュタゲの影響かなと思った。

    

一つだけ、アフィリアの他五店舗と大きく異なるのは

先生の存在感がまるでないことだ。

先生とは店長のことで、

厨房のコックを務めているのだが

ここは一階に厨房があり、

二階には営業中、まずやってこない。

池袋だとツカサ先生がしょっちゅう出てきては、キャスト達と絡んでいるし

上野はカメラのシャッターを切るのが先生だ。

六本木はかつてジャッカル先生が賑やかにもてはやされていたし

新宿は現在、キャストが交代で厨房に入っている。

それと比べ、

アフィコラはまるで先生の姿が見えず。

一階のレジからちらと覗いた感じでは

金髪でTシャツの若いお兄さんがせっせと料理している印象だった。

先生不在で、インカムキャストありな状況が、アフィコラならではだろう。

    

久しぶりの遠征で、

三泊のつもりが、五泊に伸びた。

大阪でも名古屋でも、実に苦いことの方をよく覚えていたり

相変わらずであるが

良かったことも忘れずに日々を送りたい。

Zp1810197

どのカクテルも放っておくと

キャストさんが掻き混ぜに来てくれた。

メンコもたくさん集まりました。

サーガの新曲発売に合わせた連動企画も

自然とポイントカードが埋まり

あとはCDを買うのみ。

来月のコミケ開催中に発売される新曲。

サーガメンバーが大阪店でシフトに入ったときのレポートも

レオン君が描いてくれて、

メニューに入っていた。

| | コメント (0)

近鉄

Zp1810198

大阪から名古屋へ移動することになった際、

新幹線を使えば早くて楽なのだが

ここは近鉄しかないだろうと。

新幹線を使う奴は素人だよ。

という意識になってしまうんだよな。

新幹線だと、旅行に来たのに全国チェーン店を使ってしまうような感じ。

大阪から名古屋なら、近鉄でしょ。

新幹線だとダサい。

そんな馬鹿げた発想から近鉄でGO!

Zp1810200

で、のっけから躓いた。

近鉄の特急券売り場が激混み。

半端ない列の長さ。

暑いなか、いつまで待ったら買えるんだろうという。

そしてその長い列のあちこちには

大阪滞在中、やたら見かけたカラフルなセーラー服の女の子達。

Zp1810205

今回の大阪滞在中、街のあちこちで

カラフルセーラー服の女の子達を見かけた。

ミニスカートのセーラー服で、スカートやセーラーカラー、リボンが

黄色だったり、緑や紫など

どぎつい色合いなのだ。

地下鉄などで、必ず見かけたカラフルセーラー服。

どの娘もばっちりメイクで、どうも十代に見えるような見えないような。

コスプレです。

Zp1810208

ラメのセーラー服もいた。

スパンコールがきらめくセーラー服だったり。

ぎらついて大阪。

これがなんなのか、後でわかったのですが

大阪ドームで嵐のイベントがあったそうで。

普通のコンサートではなく、嵐が授業をするという内容なのだそうで

授業なので、客の女の子達が生徒として、

カラフルセーラー服で登校するのだった。

直前に着替えるとかじゃなく、

家からずっとその格好なのだね。

ジャニーズの凄さ。

Zp1810212

長く並んで近鉄に乗り、いざ名古屋を目指し、奈良を突っ走る。

特急とはいえ、普通の近鉄ですので

奈良や三重の街を見物するには良かった。

奈良は平城京跡地に行って以来か。まあ通過ですが。

三重はねむきゅん発祥の地。

それほどスピードアップすることもなく

近鉄は淡々と進んだ。

Zp1810215

途中から隣には女性客。

細い人でよかった。

男が二人並ぶとしんどいぐらいの座席なので。

全席指定。

疲れていたので眠れなかった。

年々そうだが、疲れてるほど眠れないね。

Zp1810233

旅行中はずっとくたびれ続けていて

ろくにブログも書けなかった。

アクティブに動いて、夜はぐっすり眠るという

若い頃のスタイルがもうないな。

ぐだぐだ疲れ続ける旅。

Zp1810234

そばに赤ん坊がいたが、わりと静かだった。

親がつねに相手してやり、偉いね。

超満員の車内だった。

連休中だからだろうか。

ガラガラの新幹線で東京から大阪まで行ったので

混み具合に面食らった。

Zp1810242

名古屋到着。

近鉄をやり切ったぞという達成感。

新幹線なら楽だったな。

まあそれでいい。

地下鉄の乗り換えは近く、

いざ栄へ。

| | コメント (0)

名古屋に宇宙船着陸

Zp1810343

大阪の難波に四日いまして、

最後は名古屋で一泊しました。

テレビ塔のそばに宇宙船が着陸。

エイリアンズ。

そして新幹線でバヴューンとワープして

現在帰宅。

激しく疲れたぜ。

楽しいことも一杯あった六日間の旅だったが

頭に強く残っているのは、しんどいことばっかりで、いやはや。

帰宅!

| | コメント (0)

« 2013年7月7日 - 2013年7月13日 | トップページ | 2013年7月21日 - 2013年7月27日 »