« 2013年5月26日 - 2013年6月1日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

2013年6月2日 - 2013年6月8日

2013年6月 8日 (土)

ピンキーサインGET  二箇所目OK

Zp1780864

いよいよ自分の番が来て、

ピンキーさんが水色のスタンプを押してくれ、サインを書いてくれた。

ピンキーさんのサインは

汗という漢字にも見え、

汗を飛ばして踊る姿が彷彿される。

いまいち社交辞令的なことしか喋れなかったので、

ゴール地点でリベンジ。

Zp1780865

新星堂が一番端にあるから

すぐ外に出られた。

あっという間に横断歩道を渡って60階通りへ。

帰りは早すぎ。

行きに遠回りし過ぎた。

| | コメント (0)

踊ってみた ピンキー

Zp1780852

旧来の四人はよく知ってるわけですが

ピンキーさんは余り接点なし。

キラキラチューンのインストア後に

ディアステに行ったら

ゲゲゲの鬼太郎のコスをしているところを拝見したぐらい。

Zp1780850

でもインストアでは一番反応が速くて

何を言っても、答えが返ってきます。

それが若さ?

いや、元々の頭の回転の速さか。

にゃっほい。

| | コメント (0)

ピンキー盤購入  池袋サンシャインシティ

Zp1780914

ピンキー盤を購入。

ピンキー盤はPandaBoYのリミックス。

宇宙空間を漂っているような雰囲気。

スターウォーズを思い浮かべる。

スペースコロニー内を

無重力で漂っているような。

そんなサウンド。

| | コメント (0)

藤咲彩音と愉快な仲間達

Zp1780853

サンシャインにはピンキーこと藤咲彩音さんがインストア。

段取りはアキバ店と同じなので

荒ぶることなく、暑さに耐え。

ピンキーさんは現役JKの最年少メンバー。

大人の色気が漂うでんぱ組において異色の存在。

| | コメント (0)

新星堂サンシャインシティアルパ店に到着

Zp1780862

サンシャインの中をぐるぐる無駄に歩いて

新星堂に到着。

でんぱヲタの列は、やはり普通にCD売り場を横断してできていた。

そんでもって、めちゃくちゃ暑かったですね。

冷房がないのかというぐらい。

Zp1780861

狭い場所に余りに人が密集しちゃってるので

空調が間に合ってないんだろうな。

新星堂のその箇所だけ

異常に暑いのだもの。

酸欠すら起こりそうな密度。

Zp1780851

サンシャインシティは

噴水広場のライブが有名。

噴水広場のライブのために、この店舗が存在するのではと

思えるような部分もある。

| | コメント (0)

サンシャインシティに入場

Zp1780847

60階通りの終わりは東急ハンズ。

かなりの頻度で通う店。

ここから地下に潜って、サンシャインシティへ。

でもこれが失敗だったな。

レコード店の場所を知らずに、

えらい大回りをしていた。

普通に、横断歩道を渡って、地上からサンシャインシティに入れば良かったようだ。

Zp1780849

まあでも、ハンズから地下を通っていくのが

サンシャインシティへ行く正しい作法じゃないかと

思ったり、くたびれたり。

一度、かなり奥まで行って、それから引き返して

かなり歩いてしまった。

Zp1780867

そろそろ正午といった時刻。

メシを食ってる暇もなく

スタンプラリーは続くのだ。

Zp1780868

首都高とサンシャイン。

こうして見ると、近代的で格好よろしい姿。

だが実情は

おびただしい排気ガスで、あたり一面、煤けております。

サンシャインといえば、排気ガスの濛々とした中に立っている印象。

三軒茶屋駅前に匹敵する。

車たちの騒音と排気ガスに包まれた魔境。

| | コメント (0)

60階通りを爆走中

Zp1780846

馴染みの60階通りを進む。

シェーキーズという店は、上京した20年前から気になっているが

一度も入ったことがない。

ピザとパスタの食べ放題ということで、

土日なんかは十代の子達が店に吸い込まれていく光景をよく見る。

そしてスピンズ。

でんぱ組の写真も入口にあります。

その先のケンタッキーを右折すると、アフィリア魔法学院やね。

学院カフェもしばらく行ってないなあ。

サンドラッグはレジのフォーク並びを禁止しているのだが

すぐに客はフォーク並びをし出し

店員がレジごとに並べと言う。

だがしかし、物騒で不信の街・池袋において、フォーク並びしないのも、しんどいよな。

| | コメント (0)

山手線で池袋へ移動

Zp1780843

秋葉原のえいたそをこなし

続いては山手線で池袋へ移動。

つうか、戻ってきたというか。

ここを起点にできたら楽だったんですけどね。

たぶん、アキバのヨドバシカメラが9時半オープンということで

秋葉原をスタートにすれば

色んな準備がしやすかったのでしょう。

Zp1780844

転落防止の柵が当たり前になってきました。

でもこれって、もたれて上半身を乗り出すと

電車に轢かれますからね。

柵ぎりぎりに電車が走ってくるので。

そこがトラップやな。

倍の予算で、人の身長より高いものが付けられたら良いのだが。

南北線みたいに。

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

えいたそサインGET!

Zp1780841

えいたそのサイン会は、フライングスタートした。

もう10時台で結構な人数が並んでいて、

タワレコ秋葉原の売り場がカオスになってたからね。

助かる。

日程的にきちんと回れるか不安だったから。

えいたそは広めのサインテーブルに座っていた。

前日のラクーアでの握手会では、小説のことを話したが

「絶対、やらなきゃ駄目だからね」とサインのあと念を押された。

結果を出しているえいたそが言うと、説得力がある。

黄色のスタンプと、えいたそサイン。

     

ちなみに、えいたそサイン。

なんだかもったいないという気がする。

えいたそは顔デカのキャラを描くことに定評があり

メンバー内で最も漫画が上手いのだが

なぜかサインにその要素が見られない。

他のメンバーは、絵的に面白いサインを持っているのに

えいたそだけは、文字のみ。

せっかく顔デカキャラがあるのに、もったいないなあ。

| | コメント (0)

えいたそ盤購入  タワレコ秋葉原

Zp1780836

まずはCD購入。

えいたそ盤は、

でんでんぱっしょんの作曲者である玉屋2060%さんのリミックス。

でんでんぱっしょん自体は、釣俊輔さんの編曲なのですが

作曲者本人のリミックスということで

ある意味、これが本当のでんでんぱっしょんなのでは?

という気もしてしまう、えいたそ盤。

自身が作曲したサビに入るまでもなく、極端なリミックスで全編が終わるという。

| | コメント (0)

みんなの太陽!えいたそがばびゅ~んと秋葉原店に登場!

Zp1780838

でんぱ組がしっかりデコレーションされて

売られていて安心。

いまいち段取りがわからなかったが、

まず最初にCDを買ったあと、

スタンプラリー列に並ぶということだった。

えいたそといえば、ばびゅ~んが定番に。

Zp1780834

で、この列なのですが

タワレコ秋葉原店に、並ぶようなスペースがあるわけもなく

洋楽コーナーの陳列棚前に

ずらっと、でんぱヲタが並ぶことに。

午前中の早い時刻だからいいが、

混む時間帯だと、他の客にとって迷惑だったかも。

でんぱヲタが並んでて、CDが手に取れないよって。

そういうことも考えて、秋葉原店が午前中だったのかな。

| | コメント (0)

タワーレコード秋葉原店に到着

Zp1780840

ヨドバシカメラに入って、

エレベーターで7Fへ移動。

タワーレコード秋葉原店に到着。

うむむ、時代はAKBの総選挙なのか。

確かにそんな話題が賑わう。

だがしかし、今日ここに来るのは、えいたそ!

Zp1780832

午前10時半ぐらいに着いたかな。

タワレコ秋葉原はそんなに来たことがない。

秋葉原でインストアといえば、石丸とかになっちゃうし

タワレコでインストアといえば

ライブハウスのある渋谷店が多い。

Zp1780833

そういえば、

秋葉原店で大量買いすると

no idol no life

というでんぱ組ポスターが貰えたんだな。

| | コメント (0)

でんでん ヨドバシカメラ ぱっしょん

Zp1780831

まずはスタンプラリー、最初のインストアはヨドバシカメラ。

秋葉原に来ることは多くても

メイド喫茶の多い外神田三丁目や、中央通りへ出てしまい

ヨドバシカメラ側に来ることは、実は少ない。

Zp1780829

広大な売り場面積を誇る

秋葉原のヨドバシカメラ。

淀橋はそもそも新宿だよなと思いつつも、

アキバのヨドバシへGO!

| | コメント (0)

でんでんぱっしょん 秋葉原に到着

Zp1780824

地下鉄で秋葉原入り。

山手線で行けばいいのに、なぜ日比谷線で遠回りしたかというと

スタンプラリーに浮き浮きしてしまい

自宅を早く出たくなったから。

でも外で時間を潰すのも面倒。

だったら地下鉄で遠回りして行けばいい。

スタンプラリーは午前11時の開始ですが、早めの出発。

Zp1780825

本当は地元でもスタンプラリーがあるので

そちらから回った方が

移動距離的に効率がいい。

でも各メンバーの在店時間がずらしてあり

トップのえいたそから回らないと、上手くいかない可能性あり。

なので、順序通りに秋葉原へGO!

| | コメント (0)

でんでんぱっしょん インストア最終日 スタンプラリー始まるよ

Zp1780823

でんでんぱっしょん発売週は

怒涛のインストアでしたが

ついに最終日。

日曜はスタンプラリーとなった。

これは6人のメンバーが都内あちこちに散っているので

ファンは

6人すべてからサインを貰い、

ゴールのテレ朝に向かって、ラストライブに参加しようという企画。

わっしょい。

| | コメント (0)

くちづけキボンヌ

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

でんでん東京ドームシティ  ぱっしょんインストア終了

Zp1780794

最前センターで、夕方のライブは見られまして、色々ありましたが総合的には良かった。

難を言ってしまえば、

ライブハウスとは違って、最前の前の柵が頑丈ではなく、クッションもなく

長椅子をつなぎ合わせただけなので、弱いのですね。

そして鉄パイプが所々突き出ていて、危険。

なのに盛り上がったファンが、ダイブして後ろから突っこんできてしまって、

そのたびに最前の私どもは柵に押しつぶされ

尖った鉄パイプが体のあちこちに刺さりまくって、痛い危ない、やばかった。

一度は、長椅子ごと前倒しになって、痛いのなんの。

そこでようやくカメラを抱えたスタッフ達がフォローに現れた。

ライブハウスなら、ある程度のことはOKだと思うのです。

リフト、ダイブ、モッシュ、ヲタ芸での蹴り合い殴り合い、

私はすべてOKだと思ってます。

なにしろディアステでのライブがアイドル現場の基本だと思って来たので。

でも、今回ばかりは、やばかった。

私の隣も女の子でしたが、何度も呻いてたし。

Zp1780815

でもまあ、終わり良ければすべて良しってことで。

思い出すのはラフィンノーズの野音の件。

あれが頭に過ぎったけど、まあ無事に終えて何より。

もし対応策があるとすれば、

最前のパーテーションなどなくしてしまい、いきなりステージ被りつき状態に

すべきだってこと。

そうすれば幾ら、押し潰されたって、尖った鉄パイプもないし安全だもの。

こんな最前に並べた長椅子が、人を傷つけてるんだって。

   

ライブ後の握手会は、最前の流れのまま、最初の列として握手に参加でき

待ち時間なしで助かった。

朝からどっぷり疲労だったので、さっさと地下鉄に乗って帰った。

    

握手会で、りさちゃんが

「今日は一日でんぱ組と一緒にありがとう」と言ってくれ、

それに答えることもできず剥がされてしまったのだけど

帰りの電車でずっとその科白が頭で繰り返され、良い気分だった。

    

握手一番手のえいたそとは

小説のことで力強く約束した。

それはでんぱ組のように結果を出すことで初めて意味があり

ここで詳しく書く意味はまるでない。

| | コメント (0)

17時の部 開演  最前センター セクシーねむきゅん

Zp1780777

サイゼリヤを出て、

16時半には、ガーデンステージ前の二階に集合。

今回は整理番号が早いので、

スタッフの案内に従って、一階のライブフロアに入場。

ライブは最前のセンターで見ました。

Zp1780779

印象的だったのは、ねむきゅんのセクシーさ。

一回目のライブでは、2階席から見ていて、

上から覗くと裸みたいな格好だなと驚いた。

黄緑のシースルーコスチュームが、半裸だから。

でも二回目のライブでは、最前センターということで、

目の前ではまた印象が違った。

Zp1780791

でんでんぱっしょんでは、全員がどたっと腹這いに寝転んで

死んでしまったかのように寝続けるシーンがある。

目の前でシースルーコスチュームのねむきゅんが

どたっと腹這いに寝る姿は

魚市場にマグロが横たわるような迫力があった。

Zp1780792

ねむきゅんは短いスカートがひるがえり、

お尻丸見えかといえば、そうではなくホットパンツを着用。

だが生脚は、目を奪う勢いがあった。

今回の曲の衣装は、ストッキングもニーハイもなく、生脚なんだよね。

靴もリボンを操る都合、トゥシューズのようなもの。

で、屋外ステージの床がどうしても汚れているものだから

みんな膝頭が黒ずんでいて、

その生々しい質感が良かった。

Zp1780793

屋内でライトに照らされた肌だと、幾ら生脚でも人工的な質感になる。

直射日光を浴びた生脚も、強いコントラストでやはり人工的な質感になる。

だが屋外ステージの屋根のもと、

とても良く晴れた日の日陰。

この光量具合は、あらゆるものを鮮明にして、生々しいリアリティを溢れさせる。

そんな状況のステージで、

マグロのように腹這いに寝続ける、

ねむきゅんの両脚は、たまらなく肉感的だった。

170センチの長身から繰り出されるロングレッグ。

Zp1780801

でんでんぱっしょんの生脚パフォーマンスは

この屋外ステージの屋根下の日陰でこそ、

最高の美しさを発揮していた。

各メンバーの元気よく弾けるような脚の動きは、

装飾された色合いでもなく、血の通った生きる女のパワーを感じた。

床の汚れも吸ってしまった

穢れた肌ではあるが

限りある人生、今という尊い時、その瞬間を爆発させる、生脚だった。

ねむきゅんが目の前で腹這いに倒れる姿、その肌の質感は、頭に焼きついたままだ。

| | コメント (0)

東京ドーム×でんぱ組.inc

Zp1780798

14時過ぎぐらいに、握手を終えてラクーアを離脱。

暑くてしんどかったので、どこか屋内へ。

14時半から高額チェキ会のようだが、そちらはパス。

ラクーアの飲食店はどこも混んでそうだったので、

外に出て、サイゼリヤへ。

サイゼリヤ内は、黄色いTシャツを着た

ファンキーモンキーベイビーズのファンばかりだった。

Zp1780785

彼らの話が耳に入る。

解散ライブだという悲壮感は余りなく

東京ドームの物販売り場の混雑具合を

情報交換し合っていた。

仲間内で誰かが買いに行って、グッズを抱えて戻ってくるみたいな。

Zp1780790

おっさんからギャルまで

ファンキーモンキーベイビーズな店内だった。

でんぱ組ファンはちょこちょこっと。

二回目の部が始まるまで、冷房の効いた店内でだらだら。

| | コメント (0)

回転木馬のデッドヒート  でんでんぱっしょん

Zp1780788

回転木馬のデッドヒートといえば

村上春樹の短編集。

なんでもできる、賢くよろしく生きてきた女の子。

大学時代に仲間同士で雑魚寝する機会があったとき、

その娘がなんとなく僕に体を預けてきて、まあそんだけなんだけどさ。

それから10年以上経って、僕は小説家になって、

そしたら妻が僕のことを知ってるって人に、喫茶店で声をかけられた。

話を聞いたら、あの娘のことで、

彼は彼女と結婚して、赤ちゃんが生まれたのだけど

赤ちゃんはシーツを被って呼吸困難で亡くなってしまった。

自分のことばっかで、他人を失くす喪失になれてなかった彼女は

人が変わってしまって、もうあなたが会っても、昔の面影はないよって言われた。

住所を渡されたら、近所で驚いた。

   

という、村上春樹の売りである喪失感を、短い文章で表した傑作だと思う。

    

で、それとはなんの関係もなく

ラクーアのステージ隣には回転木馬があって

この回転木馬から、でんぱ組のライブを子供達が見ていて

回転木馬ライブなんてあるのだと、驚いた。

これまで車に乗りながら映画を見るとか、ビアガーデンで野球の試合を見るとか

色々あるのは知っていたが、

回転木馬に乗りながら、アイドルライブを見る。

これは画期的だった。

| | コメント (0)

でんでんぱっしょん発売記念ツアー 握手会

Zp1780805

ステージに上がって握手会となりました。

えいたそが一番目だった。

超高速になりまして、握手したと思ったら、腰をぐいぐいスタッフに動かされる

光速の剥がし状態。

その短時間で、何を喋ったらいいやら。

こっちのアピールを一方的にしても、適当に頷かれて終わってしまうし

向こうのアピールを聞いても、返答する時間もないし。

でも互いに顔を付き合わせるだけで充分なのかもね。

ハニロウもたまには来るぜよ。

Zp1780806

前回のWWDのインストアでは

僕が行ったとき、ねむきゅんが病欠だったので

本当にお久しぶりだった。

ワンマンライブには、ゼップもリキッドも行ってるのだけど

ライブ後の高額チェキ会には参加してないので

一方的にこちらが見に行ってるだけで

顔を突き合わせてはいないのだな。

Zp1780807

握手会では、僕の前が女性ファンだったのですが

女性ファンだと、もがちゃんが両手をすりすりと握手してくれていて、

それがなんとなく視界に入り、うらやましいもんでした。

ピンキーさんは会うたびに好きになる。

短い握手会において、最も反応が早くて、何を言っても返答が返ってくる。

| | コメント (0)

感じてパッション!みんながいるし、仲間だもん  13時開演

Zp1780814

13時の部は、余りに整理番号が遅かったため、

下のライブフロアで観るのはやめにして

東京ドームシティ内の二階通路から見てました。

「二階席のみんな~!」とでんぱ組も呼びかけてくれた。

この二階席、思いの他、見づらい場所ばかりで、この位置を取れたのが上々だった。

どういうことかというと、

針葉樹がたくさん生えているため、

針葉樹の枝葉が目隠しになり、ステージがろくに見えないのだ。

これってたぶん意図的なものだと思う。

二階席から見る人が、多くならないようにと。

でも、二階席もどっさり詰まってたけどね。

Zp1780816

二階席から下を見ると、

でんぱ組のファンと同じぐらいの勢いで

黄色いTシャツの

ファンモンファンが多かった。

ファンモンファンでCDまで買って、ライブフロアに入ってくる人もいる。

ファンモンライブは夕方からで、

まだまだ時間があるのだな。

二階席は、実は整理券を持っているでんぱ組ファンで埋め尽くされて、

ファンモンファンがいないが

一階は、柵の外にファンモンのファンが結構溜まってるのが見てとれた。

Zp1780796

でんでんぱっしょんを初めて生で見ましたが、

新体操のリボンを使った演技を

プロモーションビデオ同様、

生でもそのままやっていた。

あれが結構絡まってしまって、曲が始まらなかったり。

曲の途中で、置いてあったリボンをまた拾い直すのだけど

えいたそのリボンをねむきゅんが拾ってあげて渡すシーンに

ほっこりした。

Zp1780797

四曲やってライブが終わると

階段を下りて、握手会の列に並んだが

これがしんどかった。

炎天下の握手会並びって、体力勝負の地獄苦行ですね。

屋内の握手会並びなんて、精神的なストレスだけだけど

炎天下に数百人がぎっしぎしに混み合いながら待ち続けるって、想像以上の苦行だわ。

二階から下りてきたので、

当然、並びの最後尾。

ステージに辿り着く前に死ぬかと思った。

| | コメント (0)

午前10時  でんでんぱっしょん発売開始  ラクーア

Zp1780789

午前十時の発売時刻には

かなり列ができてました。

暑かったわ。

入場順はランダムの整理番号なのですが、

まあ、お祭ごとは早くから来ちゃうもんだよね。

木が生えてるんだけど、広葉樹じゃなくて針葉樹だから

日陰を全然作らない。

Zp1780786

涼しそうな絵だが、灼熱だったよん。

ステージ横のテントで、CDが販売されていった。

30分ぐらい並んで購入。

1枚購入で握手会に参加できるので、

今回のインストアツアーでは、一番ハードルが低い。

ライブは通行人も見られるのだが、

ステージ前のフロアに入るには、握手券と同時配布の入場券が必要。

整理番号は、17時の回は良かったが、13時の回は悲惨な遅さだった。

Zp1780787

でまあ、13時にライブが始まるまでは

ラクーアの外に出ちゃいまして、

まだファミレスも開いてない時刻だったので、ドトールでまったりしてた。

後で知ったのだが、

公開リハーサルをやっていたそうなので、

見とけば良かった。

そうだ、この手の野外イベントは公開リハがあるのだった。

ざんねーん!!

| | コメント (0)

ラクーアガーデンステージ

Zp1780782

後楽園駅からだと、

駅舎からそのまま東京ドームに連結されてまして

スカイウォークの途中を折れることで

ラクーアに向かいます。

ラクーアというと温泉スパリゾートというイメージが強いかもしれないが

ラクーアのガーデンにはステージがあるぜよ。

Zp1780775

まだ誰もいません。

普段ならベンチシートが並べられているそうなのですが

そんなものは撤去して

オールスタンディング状態。

客を詰めこめるだけ詰めこむ模様。

Zp1780776

この週は天候が悪かったので、

週末はこうして晴れてよかった。

むっちゃ暑かった。

アイドルのインストアライブには、色々レベルがあり

池袋のサンシャインシティの噴水広場がファーストステップなら

セカンドステップはラクーアガーデンステージのようだ。

Zp1780780

9月には野音のワンマンライブも控えているし

ラクーアがそのステップにも

なってるね。

| | コメント (0)

後楽園ゆうえんちで僕と握手!

Zp1780774

後楽園ゆうえんちで僕と握手!

でんぱ組.incと握手をしにやって来ました。

だが、十年前に名前が変わって、東京ドームシティアトラクションズになったそうで。

後楽園ゆうえんち時代は

入場券が必要だったようだが、

今では街を行き交う通行人が、誰でもフリーに入れます。

Zp1780778

まあ、ジェットコースターの類は

事故があったりして使われておらず

モニュメントとして機能。

後楽園周辺は高層マンションが多い住宅地ですが

騒音苦情も多かったんだよね。

ジェットコースターを設計した人が、まったく音の出ない車両を開発したのだが

乗った人が上げる絶叫が、周辺住人をノイローゼにさせたという。

Zp1780784

朝から晩まで

十分に一回ぐらいのペースで

ひゃああああ、とか、きゃああああ、という悲鳴が

マンション内に響くという。

まあ、そういう絶叫マンションとして売り出せばいいかもしれない。

| | コメント (0)

ファンキーモンキーベイビーズ  解散ライブ 東京ドーム

Zp1780773

6/1(土)は、

東京ドームシティのラクーアにて、

でんぱ組.incのインストアライブがあり

行ってきました。

で、CD販売が10時からなので、

その少し前に丸の内線の後楽園駅を下車。

すると、周りが黄色いTシャツの人達ばかりで驚いた。

そう、この日の東京ドームは、ファンキーモンキーベイビーズの解散コンサートだったのです。

ファンキーモンキーベイビーズのテーマカラーって黄色なんだな。

思いきりイエロージャップな意識。

Zp1780820

ファンモンのライブは夕方からですが

物販は朝からやっていて

そりゃファンの人達も最後なので、買い捲りですわな。

ファンモンは清水エスパルスの公式応援サポーターだったので

実はデビュー間もない頃は知ってるんです。

日本平スタジアムで試合前にライブやったりね。

ところが売れてしまったので、清水エスパルスとは縁が切れたという。

ファンモンの前に公式応援サポーターだった、冷凍みかんソングのガールズバンドは

売れなかったなあ。

Zp1780771

ファンモンのファンは、男女が半々ぐらいに見えた。

これって普通なのかな。

僕はもっと女性ファンが多いのかと思ってた。

ファンモンといえば、CDのジャケットが有名で

いつかは自分もあのジャケットに載りたいと

世の中のあらゆる人達が願っていたのだろうが、解散により終止符。

   

だが僕は、東京ドームではなく

隣のラクーアに向かったのだった。

| | コメント (0)

でんでんぱっしょん  でんぱ組.inc  オリコン週間 6位

Zp1780969

私もたくさん買いました。

でんでんぱっしょん。

めでたくオリコンウィークリーで6位を獲得。

発売週が違っていれば、もっと上位も狙えたのですが、また次の機会に期待。

   

デイリーチャートでは最高4位だった、でんでんぱっしょん。

デイリーチャートを毎日見ていたが

嵐、2PM、AKBの牙城は強くて、一度も抜けませんでしたね。

AKBなんて発売二週目なのに。

    

逆にいえば、4位の倉持、5位のうたプリとは

ほとんど枚数差がない状態で6位だったので

木曜日だけインストアイベントを打てなかったのが残念。

木曜日も打ってたら、たぶん逆転してたんだろう。

     

これから先、どんな展開があるのか、

とりあえず、もがちゃんCMのワコールブラが発売されるので

女性ファンの方はブラを買うってことで。

| | コメント (0)

2013年6月 4日 (火)

ブラジルワールドカップ出場決定

日本 1-1 オーストラリア  埼玉スタジアム

得点 オアー 本田

本田のど真ん中PKが決まり、

日本はブラジルW杯への出場を決めた。

ピッチに立つ輝かしい彼らの姿。

自分も前に一歩進みたい。

| | コメント (0)

すーぱーそに子  ベビードール  cofi  2013ドリパ春

Zimg_5294

でんでんぱっしょんは

速報によると、オリコンウィークリーで6位だったそうで。

嵐やAKBや韓流もいて

なかなか難しい週だったようですが、なんとか6位。

ミュージックステーションのランキングでは7位だったのかな。

私も土日はインストアに参加しまして

くたびれでござった。

Zimg_5296

そして今から

オーストラリア戦が始まります。

池袋駅から自宅に歩いてくるまで

あっちこっちのバーが

サッカー日本代表戦やります、と表に張り出していて

雰囲気があって嬉しいですね。

Zimg_4398a

首都高下とか、

洒落たバーが並んでいて、普段そんな雰囲気でもないのに

日本代表戦をお店で見ようやと

どこも立て看板に書かれていて

いいもんです。

Zimg_4526

日本代表はベストなメンバーが揃っていて、頼もしい。

埼玉スタジアムで、オーストラリアを倒す。

オーストラリアは勝ち点で出遅れているので

この試合、相当なガチだろう。

余裕のある日本と比べ、オーストラリアは背水の陣。

こういう相手は手ごわい。

Zimg_4536

ピッチから客席を撮ると

客席ののっぺり具合がよくわかる

激ゆる埼玉スタジアム。

日本の激ゆる魂を魅せてやるぜ!

Zimg_4553

オーストラリアも島国。

日本も島国。

島国と島国のしましま対決。Zimg_5288

やっぱナショナルゲームは

テレビで見ていても、身が引き締まる思いです。

それがW杯予選なら尚更。

Zimg_4577

だが日本国の国歌を歌う人がいないという事態。

これはしょっぱなから躓いた。

残念だ。

確かに君が代は難しい。

だがその君が代をハートで歌ってほしかった。

演奏するぐらいなら、俺が歌う、私に歌わせろ、という意気ごみある人が多いだろう。

たとえ上手く歌えなくても

誰か歌ってほしかった。

声が力になるスタジアムだから。

Zimg_4603

その点では、マリノスや甲府や大分、柏が

ラッパ応援するのは嫌い。

せっかく声で押してるのに

ラッパが入るとげんなりするわ。

ラッパチームはJリーグでも負ければいいのにと、つい思ってしまう。

声のチームは、どんなに憎らしい相手でも、頑張れこの野郎と心の底では思う。

Zimg_5220

黄金世代でまるで試合に出られなかった遠藤が

こうしてベテランになって

ピッチに立つのが誇らしい。

遠藤の力に期待。

キックオフ。

| | コメント (0)

貧乏神が! 桜市子(アメリカンポリス)  猫沢みさと  ドリパ春

Zimg_6085

さてさて今夜は

ワールドカップ最終予選。

オーストラリア戦が埼玉スタジアムであるそうで。

Zimg_6101

先行申し込みは50倍の競争率。

見事に外れた。

自宅観戦だがや。

Zimg_6163

もしW杯出場を決められても

ブラジルは日本とまったく時間が逆となり

本大会は真夜中から早朝にかけてとなる。

日本人にとっては厳しい。

だから、オーストラリア戦が視聴率的にピークになるのかも。

Zimg_5902

一度、行ってみたいですわ、ブラジル。

実のところ、外国に一度も行ったことがない。

北海道や九州、四国ですら、1,2回行っただけ。

私の四十年近い人生は、ほとんどが本州だし

静岡と東京の間でしか存在しなかった。

Zimg_5958

金に余裕あって、運もあるなら、ブラジルに行きたいもんだ。

まずはW杯出場を決めないと何も始まらないけど。

ブラジルに建築されたスタジアムを見たが

まあ、激ゆるゆるゆるで、オールドトラフォード一層のゆるさだけで

全部を作ったような、

視界など一切考えていない、ウルトラハイパー激ゆるスタジアムばかりだったな。

Zimg_5979

それもそれでお国柄。

たぶんピッチなんぞ見えなくても

でかい空気棒を鳴り合わせて

サンバの踊りで楽しもう。

そういう感じになるのだろう。

ピッチを見るなんて下品な真似をしてはいけないのだ。

Zimg_6115

僕は飛行機も札幌行きのしか乗ったことないし、

世間知らずじゃのう。

代わりに、青春切符を使って、

日本中、あらゆる地域の鈍行列車には乗りまくりました。

日本海側から山陰、四国、九州に到るまで。

それはプライド。

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

有涼ちえり ヘレナ・ハーパー BIOHAZARD 6  ドリパ2013春

Zimg_7174

でんでんぱっしょん、聞きまくってます。

この曲が独特なのは

ベースラインがリズミカルでもメロディアスでもなく

ひたすら冷蔵庫のように

ブーと低く重く呻き続けている点だ。

Zimg_7179

ベースが活躍する楽曲が多いなか

いや、ベースとはそんなんじゃない。

ベースでリズムを作るな、

まるでギターのようにメロディアスなラインなど弾くな。

ベースとは、音程などほとんど変えずに

低く重くぶーと唸ってるのがいい。

Zimg_7184

そんな決意を感じる

でんでんぱっしょんのベースだ。

その反動で

キーボードやギターが好き勝手に弾かれてる。

Zimg_7187

どちらかというと

音数が多く、アピールしすぎなぐらいの

キーボードやギター。

ヴォーカルなしバージョンが当然収録されているが

そちらがもはや楽曲として成立している。

ヴォーカルなんて最初からなかったかのように。

Zimg_7188

それは歌謡曲としては

やりすぎなのかもしれない。

だがなんでもアバンなディアステなら

それでいいのだろう。

Zimg_7193

ちなみにでんでんぱっしょんは

作詞がいつもの畑亜貴さんだが

ラップ歌詞として、もふく社長が書いている。

Zimg_6647

でんでんぱっしょんのインストバージョンが

そのまま曲っぽく聴けるのは

パフュームやきゃりーぱみゅぱみゅに代表される中田ヤスタカの曲が

まるでキーボードリフにそのまま歌詞を載せたようなものばかりで

でんでんぱっしょんのキーボードリフにも幾らでも歌詞を載せられる、

そんな近さがあるせいかもしれない。

| | コメント (0)

2013年6月 2日 (日)

でんでんぱっしょん 発売記念スタンプラリー

Zp1780959

こういうスタンプラリー企画。

一度もやったことがなくて

わくわくしながら挑戦でした。

でんぱ組.incの6人のメンバーが、都内あちこちの六箇所のレコード店に散り

インストアイベントを開催するというもの。

一日で全部周り終えると、最終地点の六本木・テレビ朝日でのラストライブに参加できる。

 

やり終えた印象としては、どこのレコード店も非常に暑かった。

世の中、節電で弱冷房でしょう。

狭いレコード店内に、大勢のでんぱヲタが押し寄せて、

陳列棚の隙間という隙間に待機列を作るものだから

人の熱気で空気が熱くなりすぎ。

レコード店は屋内なのに、どこも暑くなりすぎだった。

 

そしてラストライブ、最後はオレンジリウムで

ホール全体がオレンジのサイリウムに染まった。

清水サポーターなら必見のこの光景。

でんぱ組.incのみなさん、一週間のインストアお疲れ様でした。

オリコンデイリーも4位にアップということで、ウィークリーでベスト5入りを狙えたら。

 

今は風呂から上がり、やり終えた達成感を味わう。

スタンプラリーの日だった。

| | コメント (0)

« 2013年5月26日 - 2013年6月1日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »