« 2012年12月30日 - 2013年1月5日 | トップページ | 2013年1月13日 - 2013年1月19日 »

2013年1月6日 - 2013年1月12日

2013年1月12日 (土)

白幡いちほ 対魔忍アサギ C83企業

Zimg_0204

パソコンゲーム会社、リリスさんのブース。

くノ一輪姦調教アドベンチャーというジャンルのゲームだそうです。

くノ一ですから女忍者。

女忍者が政府の犬として、悪と戦うストーリーみたいです。

忍者ですが、時代は現代。

いや、近未来といった方が妥当なのかな。

Zimg_0145

主人公のアサギのコスで

コミケ参加者を出迎えてくれたのは

白幡いちほさんです。

なんとお笑い芸人の方。

こんな綺麗なお笑い芸人さんがいるなんて、

笑い文化の発展ぶりには驚きます。

Zimg_0170

ラーメンズやエレキコミックなどで有名な

トゥインクルコーポレーションに所属していて、

ハネリスピカというコンビで活動中。

お笑いはネタ作りが、

とても過酷で大変でして

芸人は365日、24時間、ネタを探して頭をこねくり回しているもの。

Zimg_0154

そんな芸人活動をしながらも

コスプレイヤーとしても活動。

コスプレ芸人だそうです。

そういえば吉本にもそんなジャンルの女芸人さんがいたかな。

幼い頃から芸能界で生きてきて

大人になっても芸人として

芸能界にかじりつく獰猛で必死な姿勢。

Zimg_0125

そんな彼女の生き様に

くノ一のアサギはぴったりだったと思います。

やはり人生を背負ってないと

くノ一は栄えない。

Zimg_0084

長い黒髪のウィッグをつけていて

大人っぽいのですが

実は普段はショートカット。

2013年はネタ番組などで活躍することを祈ってます。

お笑いは難しいし、苦労が多いだろうけど

コスプレパワーで戦おう。

| | コメント (0)

甘栗いるふ 佐久間まゆ ハロウィンパーティー C83

Zimg_8663

AKBのCDが売れに売れてますが

なぜ業界全体が余り良い顔をできないかといえば

販売方法うんぬんじゃなく

利益が業界全体に行き渡らないからだろう。

Zimg_8690

AKBのCDは握手券つきのものしか売れてないわけだが

握手券つきは、一つの店が通販で行っており

実質、その店しか儲けがないのだ。

日本全国に山ほどあるレコード店に旨みはない。

タワーレコードやHMV、TSUTAYAにしても、AKBでは儲けられない。

握手券がついてない時点で価値がないのだ。

Zimg_8645

たとえ一枚しか買わないライトユーザーや

曲を本当に好きになった人にとっても

どうせなら握手券つきのを欲しいのが人情。

握手券つきの唯一の店以外で

買おうとは思うまい。

Zimg_8529

楽曲自体に関しても

ネットのダウンロードやカラオケ等で

やはり売り上げが出ない。

実のところ誰も聴いてないのだ。

ファンもコミュニケーションを求めて、握手券つきのCDを買うし

劇場でのダンスライブを楽しむが

曲自体に対する興味は強くない。

その曲が賞レースなどで成功を収め、グループが素晴らしいものと認知されるのに酔うだろうが。

Zimg_8547

ファンはすべてが、

親や兄弟、恋人の感覚で応援している。

それはとても熱心だ。

だが曲を聴いてどうだというものではない。

そもそも曲自体が、時代と大きくずれた80年代のアイドル歌謡なので

すんなり受け入れられるものではない。

だが伝統芸能ではある。

落語や歌舞伎が続くように、

80年代アイドル歌謡という芸能が、今後も続けられる可能性は高い。

Zimg_8598

実のところ、私はAKBのスタイルが続いてほしいと思う。

吉本興業は早くから自前の劇場を持ち、

365日公演することで、

人気の芸人をたくさん生み出してきた。

その姿勢がアイドルにも派生したのは、本当に素晴らしい。

ブームは必ず去るし、

他が追い越しのさばるチャンスは、すでに現時点で訪れている。

でんぱ組inc.も可能性を買われている。

| | コメント (0)

C83だよ、全員集合!

Zimg_9658

ということで、全員集合で~す!

こんなに可愛い女の子達が

この世の中にはいるのだから

どんなに日々の現実が切なくても

生きる価値はある。

Zimg_9666

五木さんだけコートを着てます。

なんでもこの日は、寝坊してしまったそうで

コスプレエリアにやってきたのも二時過ぎだったとか。

そういう情報がまめに入る点では、

携帯電話でネットが見られるといいな。

いまだ私は電話機能しかつけてません。

Zimg_9694

お目当てのレイヤーさんが今どこにいるのか?

コスプレエリアは庭園、駐車場、屋上、アトリウム、トラックヤードなど

様々な場所があり

さらにどの地点にいるのか、情報が入ればありがたいものです。

でも普段から、ケータイにネット情報が入ってしまうと

なんかこう

生活がかったるくなりそうで嫌なのだ。

フリーでいたいから。

Zimg_9713

そういえばよく、

ケータイでレイヤーさんを撮ってる人がいますが

雨だった二日目は、すべて屋内でしたし、撮れたのでしょうか。

企業ブースなんかでも、コンパニオンさんをケータイで撮ってたりするけど

あれは相当難しいっすよ。

明るさがなければ。

私は今回のコミケからフラッシュを新調。

基本、屋外で晴れていても焚いてます。

| | コメント (0)

となりでコスプレ博C83

Zimg_7646

となコスも例年通り、三日間とも参加できました。

TFTにあんまり早く行っても、

レイヤーさんの準備ができておらず、

ほとんど人がいない状態ないので、

入場待機列がなくなって、外周を回らずに直接入場できるようになったら

入るようにしていた。

Zimg_7655

一日目は余り食事をせずに撮影に没頭して

馬力がでなくなったので

二日目と三日目は、TFTのマックで

ハンバーガーをよく食べた。

単品持ち帰りで幾つも食べた。

空いてるテーブルなんてないから。

すると、最後まで馬力が続いたね。

Zimg_7658

雨が降り続けた二日目は

となコスに居続けるべきかなと思ったが、

試しにビッグサイトへ移動。

すると西館のアトリウムに、人気レイヤーさんが固まっていて

結構撮影できる感じだった。

西館の外回りトラックヤードに出たら、移動も困難な状況でしたが、甘栗さんにも遭遇。

甘栗さんがこんなとこいるの、みんなわからないから

少ないカメコで撮影する調子だった。

Zimg_7664

二日目の企業ブースは、信じられないぐらい空いていて

カメコも余り、コスプレエリアから企業ブースへ移動してこなかったな。

普段の外を進む導線ルートが使えなかったからか。

まあ、面倒だけど一度エントランスまで行って、そこからエスカレーターで企業へ上がった。

   

コミケのあと、となコスに戻ってみると、同じ場所に同じレイヤーさんが居続けたりしていて

朝10時から夜8時までフルに同じ場所で撮影されている方も多く

頭が下がる。

| | コメント (0)

しゅぷれ~むキャンディ C83

Zimg_7986

天乃羽依のえなこさん。

冬の暖かな西日を浴びてます。

名古屋レイヤー。

そしてパナシェ!

Zimg_7984

パナシェの新曲は

五木さんとくろねこさんの立ち位置が変わりましたが

えなこさんは安定のセンター。

Zimg_7950

BSデジタルはDlifeをよく見てます。

日本のドラマはややこしく細かいところを狙いすぎて

見なくなっている。

コールドケース、ドクターハウス、ロストなど

作りは丁寧で本格的だが

話の骨組みはとても単純。

テレビドラマってそういうもんだと思う。

Zimg_7948

えなこさんの絶対領域で

世界を征服。

パナシェのセカンドシングル、発売間近。

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

えなこ C83(晴)

Zimg_7923

初日のえなこさんです。

甘栗さんの隣にいらっしゃったので、自然とこちらにも移動。

甘栗さんは、五木さんやえなこさんの隣が多いですね。

少しお姉さんの甘栗さんに

五木さんやえなこさんも引き寄せられるのでしょうか。

Zimg_7921

えなこさんとは撮影のあと

ほんの少しだけ喋りましたが

とても大人の対応になっていて、びっくり。

自由奔放できっぱり、がえなこさんのキャラクターだと思っていたので

丁寧に接されて、逆におろおろ。

Zimg_7922

アフィリアの学院カフェは

ジゼル、ミント、ミユ、と三人新人が入りましたが、

非常に期待値が高い。

てんぱると、ぼーっと立ち尽くすジゼルさん、おろおろするミントさん。

猫の一生について造詣が深いミユさん。

Zimg_7912

アンジュ&セラが、すっかりベテランの風格となったが

新人でなくなった二人にも、絡んでいけるような

面白可笑しい引き出しを持った先輩でありたいです。

| | コメント (0)

日本平スタジアムに逆戻り  命名権の応募ゼロ

Zimg_5621

清水エスパルスの本拠地、

アウトソーシングスタジアム日本平。

アウスタとして馴染みのあった同スタジアムですが、

アウトソーシングが契約を延長せず。

ネーミングライツが宙に浮いた。

Zimg_5624

新たなネーミングライツスポンサーを

静岡市は募集していましたが、

結局応募ゼロ。

初めて募集をした四年前も、アウトソーシングが唯一の応募企業だった。

四年間の契約を全うし、更新ならず。

Zimg_5634

スタジアムのネーミングライツとなると

実際、略されて報じられるのがほとんど。

アウスタ、と新聞に書かれたとき

どれだけの効果が得られるか。

その辺りも難しさだ。

Zimg_5635

経済情勢の厳しさを、応募ゼロの理由に上げているが

実際、この世のなかで業績急上昇の企業は山ほどある。

彼らからして興味がないのだ。

「日本平」を必ず入れるという条項を外すことや

スタジアムを球技場に変えて

○○○球と、ネットや新聞表記を2文字から3文字に増やすことも考えたいところだ。

| | コメント (0)

(続)魔法少女まどか☆ マギカ C83(暗雲)

Zimg_9633

というわけで、

まどかによって押さえつけられた

キュゥべえ。

Zimg_9636

だが、キュゥべえも

まどかを抱き返す。

混沌としてきた駐車場。

Zimg_9637

これ以上、

後戻りはもうできない。

| | コメント (0)

ローソン×魔法少女まどか☆ マギカ C83(暗雲)

Zimg_9411

キュゥべえ達が地球を侵略。

街のホットステーション、ローソンが

その拠点になった。

Zimg_9403

先日、アスタリスク近くのローソンに入った。

ローソンといえばトイレの貸し出しがフリーな印象だが

あそこは、トイレの入口に鍵がかかっており

レジの操作でその鍵が開かれるシステムだった。

Zimg_9412

ここから逆襲のほむほむが始まる。

空に暗雲たちこめる。

| | コメント (0)

2013年1月10日 (木)

企業ブース C83

Zimg_9724

猫娘がお出迎え。

C83の企業ブース。

この頭のでかさと、むくむく感が

コミケのデラックスさをアピール。

Zimg_9681

今回のコミケは、

脅迫やテロの影響により、黒子のバスケに関するすべての出展が見合わされ

そのため、ぽっかりと空いたスペースが存在してしまい

困ったものでした。

落選したサークルも相当な数いるので、まったくもったいない。

Zimg_9676

企業は1日目と3日目は、ほぼ例年通りだったが

2日目は雨の影響か、

コスプレエリアが終了したあと訪れたら、がらがらだった。

こんな企業ブース、初めてだった。

雨だと、ここまで人がいなくなるかという。

カメコも全然いなかったし。

館内移動ルートがちと面倒だから、コスプレエリアから余り移動してこなかったのかも。

| | コメント (0)

柊まよん in アトリウム C83(雨)

Zimg_5597

アトリウムでの撮影。

雨にも負けず、風にも負けず、サークル参加者にも負けず、

ひたすらコスプレ、

コスプレ天国、コミケがあるから生きていける。

囲み撮影道楽。

Zimg_5601

AKBの握手会でもビッグサイトには来ましたが

とても空いてて快適に感じた。

果たしてコスプレエリアは必要なのか、企業ブースは必要なのか、

様々な議論がコミケにありますが

すでに必要な人達が大勢いる時点で、それは不可欠なのだ。

Zimg_5588

個人的に、今回のコミケでは

ROMを8本購入。

コスプレエリアのレイヤーさんの多くは、

サークル売り場でROMを販売しているし、

カメコの多くは購入者だ。

その点では、コミケと密接に絡み合っている。

Zimg_5589

大規模な市場を相手にした

メディア戦略や販売網の整備。

それに対して、

とても身近な狭い範囲を相手にしたコミケ。

ネットで繋がり、ビッグサイトでリアルに集まる。

Zimg_5592

テレビ番組を見て、

テレビタレントを友達に思う道楽が

20世紀だった。

21世紀は、誰もがテレビ局を持ちえて、ネット放送で相互に行き交う。

ビッグスターの消滅と、分散化。

Zimg_5611

今の都内の乾燥ぶりを思うと

30日の雨が懐かしい。

あれから一滴も降ってない。

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

一騎当千 C83(雨)

Zimg_2765

西館アトリウムの中央には

エスカレーターがある。

かなり長いエスカレーターだ。

このエスカレーターの回りに、レイヤーさん達が陣取り

さらに周囲をカメコが屯する。

Zimg_2766

雨の日なので、どうしても暗い。

屋内だが、全面ガラス張りでなので

もし晴れていたら、

かなり撮影環境は良かったろう。

Zimg_2769

一騎当千は、

私も漫画喫茶で原作を読んだりしました。

基本、見えそうで見えないという美学だと思う。

今回のまよんさんのコスプレも、その美学を踏襲。

Zimg_2782

一騎当千といえば、

五木あきらさんの十八番だったので、

一瞬、あきらさんかと思ってしまった。

| | コメント (0)

柊まよん C83(雨)

Zimg_1829

柊まよんさんです。

前回のコミケでは、ルイージのコスで

人気急上昇。

今回は一騎当千です。

Zimg_1850

雨が降り続いた二日目。

西館外のトラックヤードは、混雑にも穏やかさがありましたが

西館入口のアトリウムは、てんやわんやの激混みに。

まよんさんの撮影では

人垣解消のため、10カウントが頻繁に行われました。

Zimg_1864

アトリウムは西館のサークル売り場に行き交う人達の

出入りルート。

そしてアトリウムは、献血の実施場所でもある。

そんな場所をがっつりコスプレ関係が陣取ってしまうので、

コスプレと非コスプレの争いが

激しかった。

Zimg_1892

今後どうなるのかわからないが、

雨さえ降らなければ、こういう事態も起こらないので

神頼みかな。

屋外であればこそのコミケらしさでもある。

Zimg_1904

12月30日以来、

東京には雨が降っておらず、異常に乾燥している。

自宅では加湿器をつけているが

窓だけでなく、玄関ドアが結露する。

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

佐久間まゆ C83

Zimg_8200

コスプレ的な要素としては

ハロウィンです。

ハロウィンパーティーの佐久間まゆ。

Zimg_8204

ハロウィンというと

アメリカ在住の日本人留学生が、仮装して各家庭を回っていたところ

銃で撃たれて殺された事件があった。

殺人者は裁判で無罪となった。

Zimg_8208

銃社会、

銃の蔓延とは恐ろしいものだ。

銃の製造や流通、銃に関わって生活を成り立たせている人達が山ほどいる現状で

合衆国から銃をなくすことは不可能だ。

Zimg_8212

同じように戦争の兵器を造ることで

生活を成り立たせている人達が

夥しい数いる時点で

この世の戦争はなくならない。

Zimg_8224

銃乱射事件がやまない社会。

どうしたらいいものかと考えるうちに

我々はみな年老いて消滅していく。

大切なのは、次の世代の人達に嫌がらせを残さないということ。

| | コメント (0)

メッシ 4年連続バロンドール

Zimg_8146

お台場で行われていた

にこにこジャンボ宝引き。

クイズ解答者としてやってきた小学生のサッカー少年達。

好きなサッカー選手は?

とMCのお姉さん達に尋ねられると

二人揃って

「メッシ」

Zimg_8155

本田でも香川でもなく

Jリーガーでもなく

日本人じゃないのだ。

「メッシ」

即答。

Zimg_8162

世界一のサッカー選手、メッシ。

年末年始のテレビ番組でも

洗顔料のCMがよく流れていた。

メッシなんだよなあ。

Zimg_8175

ただ、実際、バルセロナの試合を見ていても

FWというポジション柄、

それほど見所は多くない。

だが、その試合を決めるゴールを

ずばっと叩きだす。

その決定力。

Zimg_8188

メッシに足りないものは

W杯での結果だ。

世界一のメッシは、ブラジルW杯で活躍できるのか。

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

甘栗いるふ C83(晴)

Zimg_8079

晴れた初日のコミケ。

二日目が雨で、三日目はコスプレROM販売だったので

馴染みのレイヤーさん達を

まともに撮れたのは初日だけだったかな。

正月は延々と晴れが続いており、乾燥してる。

30日の雨が最後だった。

その前日のコミケ初日ショット。

Zimg_8089

アイドルマスターシンデレラガールズの佐久間まゆです。

ハロウィンパーティーバージョン。

これまで見てきた甘栗さんのコスプレのなかで

最も大人っぽい。

Zimg_8097

甘栗さんのROMを買いに

三日目は東館へ行ったのですが

行列ができていて、混雑のなか大変そうだった。

甘栗さんの二つ隣に、

アフィリアのアリスさんが出店していて

そちらも買いに行ったり。

Zimg_8109

個人的に昨年末は、

秋に交通事故に遭ってしまい

そこから色んな作業が中断してしまった。

治りも遅くて

冬コミまでに、左手の動作や、肋骨の骨折は治るのだろうかと心配だった。

だがなんとか間に合った。

肋骨は寝ているときはいまだに痛むが、起きてるときは平気。

左手は感覚が完全ではないが、カメラのレンズは回せる。

Zimg_8135

甘栗さんの成長や、

でんぱ組inc.のブレイクを見ながら

自分はなんら発展してないので、悔しい思いはあります。

彼女達の成功が嬉しい反面、

自分はどうなんだ、このまま年老いるだけかと

身の程を痛感。

Zimg_8138

鏡に映る自分の姿は歳相応だが

精神はいまだ二十代のまま。

甘栗さんやえいたそを何年も見続けてきて、

愛と悔しさの入り乱れる感情を抱える。

私は身の程を弁えず、勝手に敗北し続け、

そしてこの歳になった。

結局、自分のことばかりで、他人を思う気持ちなど幼い頃からなかったよ。

| | コメント (0)

2013年1月 6日 (日)

オービックシーガルズ日本一

Zimg_3003

試合終了まで残り3分。

その状況で関西学院大に逆転された。

だがこの時点でも、

オービックシーガルズは、必ず得点して勝利するんだという

思いが誰にもあったはず。

Zimg_3007

ところが次のオービックの攻撃が

あっさりインターセプトされてしまう。

この時点で、誰の体にも絶望が芽生え出す。

それを振り払うために応援に熱が入った。

ある種、やけくそな声援なのだ。

自分の体から敗北の不安を叩きだし、追い払う。

Zimg_3010

関西学院大の日本一が近づく。

残り1分39秒から関大の攻撃。

だがここでオービックの底力、

関大の攻撃を押さえ、もう最後の最後、

残り34秒からのオービックの攻撃。

アメフトはプレータイム以外は時計がとまっているので、

ドームのオーロラビジョンに記された0:34の数字が

大きな可能性を秘めて見えてくる。

Zimg_3012

勝負に出たオービック。

ロングパスが成功し、エンドゾーンまで1ヤードに攻めこめた。

残り10秒。

オービック側観客の爆発ぶりは凄かった。

さっき地獄の一歩前まで落とされたのに、今や日本一が目の前だ。

オーロラビジョンの0:10表示が続くなか

3点のフィールドゴールでいいだろうと、観客は騒ぎ立てる。

だが観客の予想を裏切った、見事なタッチダウン成功。

    

残り2秒での関西学院大の攻撃は、

無謀な超ロングパスが失敗に終わり、試合終了。

選手もチアも白い帽子を被り、オービック日本一。

Zimg_3087

今年の干支は巳。

へび年だ。

元日のぐるナイ荘を見ていたが、

優勝した流れ星が、ベースギターを弾くと見せかけて、

蛇をこちょこちょしているというギャグをやっていた。

これにてライスボウルも完結。

オービックシーガルズがこの三年間、日本一。

クラブチームの運営と継続はとても大変なことだろうが、非常に強い。

| | コメント (0)

KOME KOME WAR  東京ドーム

Zimg_3177

観客席内での応援もあったオービックチア。

他にもイレギュラーな応援スタイルが飛び出した。

KOME KOME WARの音楽と共に

チアが一斉に走り出し、外野席前に移動。

しばらく外野席前でパフォーマンスをしていた。

外野席は、東京ドームの手狭さを補うべく、高いですね。

だが、その高さを越えて入るぞ、ドームラン。

| | コメント (0)

27371人 ライスボウル 東京ドーム

Zimg_3001

ドームの雰囲気としては

オービックがいけるだろうという、漠然とした余裕が

オービック側の観客にはあった。

前半を7-7で折り返しても、まあ大丈夫だろうと余裕。

実際、後半が始まって、タッチダウン成功し、14-7でリード。

よし、このまま予定調和で正月が上手くいく。

そんな按配だった。

Zimg_3002

だが最終クウォーターで、関西学院大がタッチダウン成功。

ここでキックが決まれば、同点に追いつかれるだけだったが、

関西学院大はもう一度タッチダウンに挑戦。

そして成功。

+1点でなく+2点が入り、

関西学院大が1点リード。

もう時間がない。

もし逆の形で、シーソーゲームだったなら、オービックが+2点を狙えただろう。

勝負の命運が関西学院大に流れた。

急に青ざめるオービックファン1万人。

負ける……その現実が初めて襲いかかる。

Zimg_2981

関西学院大のチアはスタンツで盛り上げる。

観客はカンカン棒で応援。

ちなみに帰りの電車、

アスタリスクに寄ってこうと思って、水道橋駅から中央総武各停に乗ったのだけど

隣の女性二人が関西学院大のカンカン棒を

膨らました状態のまま持ち続けてたな。

最後の数十秒でひっくり返された悔しさが、カンカン棒を萎ませられない。

| | コメント (0)

オープニングチアショー

Zimg_2738

ドームに入りまして、

コートも脱いだ。

向かいの関西学院大学側も、客席が埋まっている。

アメフトは学生レベルで関西で盛んだが、大学を出ると企業が東京に集中してるから、

Xリーグは関東チームばかり。

まずはコイントスの前に、

ウェルカムダンスには参加しなかったチアチームも登場し、

全チアのダンスショー。

Zimg_2781

全チームがプルデンシャルのTシャツを着用して演じた。

私は見なかったのですが

開場してから二時間、

ウェルカムダンスショーに参加しなかった様々なチアチームが

ドーム内でダンスを公開していたようです。

再入場不可なので、中で行われるイベントと、外のウェルカム、片方しか見られません。

Zimg_2800

大人数での壮大なラインダンス。

のっけから迫力満点。

ハーフタイムショーがマーチングバンドのドリル演奏となるので、

プルデンシャルチアの出番はこれが最後。

そしてオービックと関西学院大のチアは、

ここからが本番。

Zimg_2804

個人的に年末年始は

コミケ3日間~天皇杯~ライスボウル

という流れで、ばたばたと一週間が流れていった。

イベント尽くし。

でもこの東京ドームの戦いで、私の道楽もひと段落。

Zimg_2808

普段、川崎球場で試合を観ていると

選手もチアも、徐々に体が人工芝塗れになっていく。

千切れぬけた人工芝が体に張り付きまくるという。

だが東京ドームの人工芝は

一切、芝が千切れず、つかないね。

その代わり、どんどん体が黒くなっていく。

それがドームクウォリティ。

| | コメント (0)

« 2012年12月30日 - 2013年1月5日 | トップページ | 2013年1月13日 - 2013年1月19日 »