« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

2013年4月21日 - 2013年4月27日

2013年4月27日 (土)

浦和レッズ 0-1 清水エスパルス  埼玉スタジアム

得点 バレー

これは本物だと恐れ入る。

あれだけ不調のチームがここまで立ち直る。

監督や選手、サポーター、一丸となっての勝利。

   

横浜F・マリノスは甲府に引き分けた。

最後の最後で青山直晃がゴールを決めた。

甲府の青山。

数年ぶりのJリーグ活躍が続く。

   

ジュビロ磐田が今季初勝利。

先行きはまだわからないが、これから当たるチームは今までのようにはいかないだろう。

いまだ未勝利は大分のみとなった。

J2でも6位だったチームだけに、期待はできない。

これがプレーオフ勝者の翌年。

だがプレーオフ制度は続けるべきだろう。

    

バレーが自信を持ち、バレーに対する信頼を全員が持てる。

そんな清水エスパルスの今シーズンを追いかけたい。

    

首位にはついに大宮アルディージャが登りつめた。

ナクスタはどの席でも特等席だと思うので、

強さの次は集客でも力を。

| | コメント (0)

東海道線で清水を去る  セレッソ大阪戦に幕

Zp1780733

隣の興津駅どまりに乗っても意味がないので

その次の熱海行きに乗る。

熱海から東京行きに乗り換えることになる。

さらに小田原辺りで湘南新宿ラインに乗り換えるのも手だ。

Zp1780734

エンブレムが燃える清水の広告。

スタジアムに火が移って燃え出さなければいいが。

IAIスタジアム日本平が炎上。

そんな不安を掻き消すには、勝利だ。

Zp1780735

この街には清水エスパルスがある。

| | コメント (0)

清水駅でセレッソ大阪戦を振り返る

Zp1780726

みなと口。

私が育った沼津から見える富士山と

清水から見える富士山は

まるで姿形が違うので

違和感がある。

地域によって、住民の意識する富士山像は大きく異なる。

Zp1780727

駅前ではテントが立ち並んでいた。

今住んでいるマンションの周辺は

路上生活者が多く

深夜に最寄のコンビニに行こうとすると

幾つものダンボールハウスや寝袋を避けながら進むことになる。

Zp1780728

高速道路の高架下は

ホームレスが居つくのを防ぐため、

広かった歩道にわざと意味なき金網を張り巡らせ、

歩道を狭く修正してある。

だがホームレスは高架の柱下だったり、あちこちにねぐらを構える。

非常に狭い通路は、逆にホームレス達で占領して、通行不可となる。

Zp1780731

夜が明けると、一斉にダンボールハウスや寝袋が片付けられ

彼らはどこかに消え行く。

そしてまた夜になり、商店などのシャッターが下りると同時に現れる。

銀行を取り囲むように続くダンボールハウス。

Zp1780729

ドローで終わったセレッソ大阪戦。

夏の金鳥スタジアムでのアウェイゲームに期待したい。

| | コメント (0)

シャトルバスで清水駅へ  IAI日本平を去る

Zp1780715

14時55分。

清水駅行きのシャトルバスが出発。

ドローで終わった試合なので、弾幕のような勝ちロコは見られなかった。

まだ次の機会に。

Zp1780719

バス車内は立ち乗りも多く、混雑した。

バス自体は十数台がすでに公園内に待機しているので

次々とスムーズに乗車できる。

ただ、民間駐車場にとめてある車が動き出すと、

日本平を下山する道路が、完全に渋滞して一向に動かなくなる。

そのため乗る便が遅くなるにつれ、到着時間が数倍に膨れ上がる。

それを避けるため、早い便に立ち乗りでも乗車。

Zp1780720

セレッソ大阪は、大阪市という遠方ながら

選手バスを持ってきた。

大阪からの選手移動でフルに使ったかどうかはわからない。

これとは別に、メインスタンド裏にセレッソトラックもある。

アップ時の練習用具一式を積んだトラックを

アウェイの地に運転していくのも、またクラブの仕事だ。

Zp1780721

15時3分。

宮加三のバス停に停車。

ここで大半の乗客が下りて、立ち乗り客が消滅した。

ここまで極端なのは、この便が早いせいだろう。

宮加三は公園外では、スタジアムに最も近い、客用の駐車場がある。

スタジアムから歩いてきても、さほど距離はない。

ちなみに公園内の客用駐車場は、

下山不可で、日本平を一旦登って、別ルートで下りることになっている。

Zp1780722

15時8分。

フェルケール博物館に停車。

オフィシャルショップのドリームハウス清水、

シネコンや飲食店街の入ったエスパルスドリームプラザがここにある。

グッズ購入や食事などの際は、駅前に何もないので、ここで降りた方がいい。

エスパルスドリームプラザからは、清水駅行きの無料送迎バスが出ている。

清水が試合に勝った場合は、海に面した場所で祝勝イベントが開催されるが、

この日はドローなので無し。

Zp1780723

15時12分。

新清水駅に停車。

どう見ても駅ではないが、ここを真っ直ぐ歩いた先に駅舎がある。

静岡鉄道は、東京でいうところの都電荒川線や世田谷線のような存在。

よくよく考えてみると、一度も乗ったことがない。

静岡市内だけを走る住民の足。

Zp1780724

15時15分。

清水駅到着。

20分の乗車だった。

どんよりした雲。

今にも降りだしそう。

| | コメント (0)

バス乗り場に異変が IAI日本平

Zp1780716

スタジアムを出て、バス乗り場に来た。

ぐるっと大回りするのかと思ったら、

斜めに横切ってください、と係員に言われ、最短距離でバスの場所へ。

なにやらバス乗り場には、画像のような鉄骨が組まれていた。

これはただ単に屋根を組むのではなく、

特殊なプロジェクトが進行中なのだが、

まだ完成してないので、ここでの発言は控えておく。

| | コメント (0)

試合終了  清水とC大阪はドロー

Zp1780711

終わった。

勝ち点1。

桜色にアウェイゴール裏が染まった戦いはドロー。

私はバス乗り場に向かった。

| | コメント (0)

アディショナルタイムも過ぎて、いつ笛は吹かれるか

Zp1780706

押される清水。

選手達は向こうのハーフコートに行ったまま。

動員が少なく、コアなサポーターが多いせいか

メインやバクスタの通路を見ても

帰路に急ぐ人は見当たらない。

誰もが戦況を見守る。

Zp1780710

肥大した自意識を嘲笑われても

加害も被害も日常に溶けこんで、誰の記憶にも残らなくても

やがて誰もが死に消えても

この街に清水エスパルスがあり続ければ。

| | コメント (0)

セレッソ戦 終わりまでの猶予

Zp1780704

2Fゴール裏が真上に被さった

洞窟のような1Fゴール裏。

後半ロスタイムの貴重な時間が流れる。

Zp1780705

その前にできることがあるんじゃないかって言うんですよ。

私はその科白を長年に渡り、聞かされてきた。

ない。

| | コメント (0)

清水の街にはJリーグがあるから

Zp1780702

1Fゴール裏の客席後方通路より、試合の行方を眺める。

正面からとらえると、ガラガラのバックスタンドだが

ゴール裏から縮めて見ると、満席に見える。

このピッチレベルのバックスタンドを誇りに思う。

フクアリやカシマやユアスタは、全席の視界を確保した抜群の専スタだが

こうしたピッチレベル客席はない。

日立台やNack5、日本平のピッチレベル席は

ピッチ全体を見渡すことを決して約束しないものだが、ファンは多い。

Zp1780703

もし清水の街に生まれたなら、

私はサッカーを好きにならなかったかもしれない。

2Fゴール裏の変わらぬ面々を見ると

そこまで清水エスパルスを好きになれる人生は素晴らしいと、羨ましくなる。

| | コメント (0)

日本平を半ば去る

Zp1780700

バックスタンドを出て、1Fゴール裏の後方通路へ向かう。

すると、アウェイユニフォームを着用しての通行は不可と掲示があった。

以前はなかったもの。

決してアウェイサポーターを締め出すものではない。

コンコースの封鎖はないまま、

トラブルを避けるマナーを徹底させる。

コンコースと違い、1Fゴール裏通路にそれほど用があるとは思えないが

それでもマナーをうたったうえ、封鎖は行わない。

Zp1780699

自分がアウェイのスタジアムに乗り込んだとき

アウェイゴール裏が完全隔離されるのは

何一つ雰囲気を楽しむことができず、つまらないものだ。

IAI日本平に来たアウェイサポーターは、

IAI日本平を自由に楽しむことができる。

楽しみは人それぞれだ。

試合前、選手が登場する前の無人のピッチを前に、

そんなものを見て何が楽しいのだと笑う人もいれば

それが魅力だと満足を得る人もいる。

縛りがないと、人々の可能性が広がる。

| | コメント (0)

90分が終わり後半アディショナルタイム

Zp1780695

90分が終わり、アディショナルタイムが告げられた。

私は席を立って、中央通路を歩く。

1-1のままゲームは動かない。

Zp1780698

このピッチに立つことができる人間達に対し

羨望または僻みは尽きない。

自分の幼さは、彼らへの過度な期待や勘違いの批判にも繋がる。

スタジアムの構造が好きで

設計に携われたらという十代の頃の夢は、鬱と共に潰れたが

まだ生きている限り、行動を起こす。

| | コメント (0)

逃げ場はどこにもない  セレッソ戦終盤

Zp1780693

新井場のスローイン。

私は人生の到るところで

様々な人間からひどく憎まれてきたし

それは正当なものだったりするが

どこかに救いがあるから生きてきた。

それは清水エスパルスだったり、他のものだったり、つねにあった。

Zp1780694

いま清水エスパルスから力は受けていない。

それはもう過去のものだ。

だが過去において自分を支えるものだった。

| | コメント (0)

セレッソ大阪GKキムジンヒョン

Zp1780688

アジア枠ができて以来、韓国人選手のいないJリーグチームなど

ほとんどないような状態だ。

韓国人がJリーグにやってくる一番の目的は、やはりギャラだろう。

韓国サッカー界は、日本のプロ野球と同じドラフト制なので

本人の希望は通らず、一度入ったら抜け出せもしない。

強制的なトレードがあるのみ。

だから多くの韓国人選手が大学を中退してJリーグにやってくる。

二年間の徴兵もあるし、彼らが背負ってくるものは大きい。

いまだ北朝鮮との戦争中であるし、軍部が力を持ちたい以上、徴兵はなくなるまい。

| | コメント (0)

竹内涼 登場

Zp1780691

石毛のフリーキックも上手くいかないし、

交代して竹内が登場。

竹内というと、リーグ戦では控えであり、ナビスコで出場機会を得ている。

この活動スタイルは、よく言えば、ローマ時代の中田英寿か。

いや、そうでもないか。

Zp1780686

ローマの優勝には中田英寿という控え要員が絶対に必要だったろうし

世界中どこのクラブも

いかにレベルの高い控えをキープできるかに苦労する。

あの手この手で誤魔化しながら、出場機会を与えつつ、居させ続けるも

やはりみな去っていく。

| | コメント (0)

オオカミ←IAI→オレンジ

Zp1780677

またしても石毛のコーナーキック。

私のニューバランスの靴も写りこませた。

ピッチコンディションの異常なまでの良さ。年中そうだ。

これがもう一つのアートだ。

Zp1780678

Aゾーンもホーム側だと、

わりと応援ソングもそこそこ歌ったりしてます。周りも。

エンドレスじゃないけど。

Zp1780679

サッカー選手は膝と股間の関節を

酷使して消耗させていく職業。

それが早く駄目になる人もいれば、40過ぎても平気な人もいる。

プロ選手としての寿命は、上手い下手よりも

膝と股間の関節次第だ。

Zp1780680

石毛のキックは最終的にGKに押さえられた。

メインスタンドの指定席の空洞具合。

シーズンシートの人だけ来てるとして、やっぱ階段脇希望が多いのかな。

最前か階段脇みたいな。

| | コメント (0)

そうだ、10連休はJリーグに行こう♪

Zp1780696

今日から10連休が始まるよって人も多いようで。

10連休。

にゃはっ。

本日、清水は埼玉スタジアムで浦和と対戦。

激ゆるなら誰にも負けない、そんな埼玉のプライドをへし折る!

| | コメント (0)

2013年4月26日 (金)

大宮アルディージャ  19戦無敗と記録更新  暫定首位

Zp1780682

柏レイソル 0-4 大宮アルディージャ  日立台

大宮はなぜこんなにも強くなったのか。

謎。

なんなのだろう。

ナビスコではあっさり清水に負けてますが。

| | コメント (0)

パナシェ! 本日解散

Zimg_9065_2 

なんだか腑に落ちない、本日をもっての解散。

半年間に渡り、2枚のシングルと1枚のアルバムをリリース。

ソニーミュージックも本腰を入れていたのですが。

   

表立った解散理由は、下手のくろねこさんが四月から就職したこと。

ただ、半年前のデビュー時点で、くろねこさんの就職はわかっていただろうし

事態は混沌としている。

   

センターのえなこさんは大学生を続け、

上手のあきらちゃんは春から専門学校生となった。

その生活が続けられるのだろう。

    

予想した売り上げをクリアできなかったので

大きな赤字が出る前にやめた、と考えることもできる。

ただ、くろねこ就職がやはりよくわからず、

パナシェで上手くいくようなら、就職を蹴って続けたし

上手くいかなかったので、就職をしたということか。

そのことは金をかけて売り出したソニーにしてみれば苦い。

    

それでも、くろねこ採用だったのは

空いた身分の才能なき者より、

条件つきでも、才能あるレイヤーを選びたかったわけだ。

このことは身につまされる。

    

なにはともあれ、えなこさん、くろねこさん、あきらちゃん、半年間お疲れ様でした。

半年しか続かなかったのは残念。

今はアイドルでも、下積み何年で頭角を現す時代だから。

| | コメント (0)

ヨンアピン  Aゾーン全員の気持ちと一緒にスローイン

Zp1780674

ヨンアピンのスローインにかける

バックスタンドAゾーンの気持ちは熱かった。

最前の柵に肩をつけ、

全力でスローインに臨むヨンアピン。

その姿に、Aゾーンの全員が願いをこめ、

一身同体とばかり、スローインを見守る。

Zp1780675

最前に荷物が多く散らかっているのは

中央通路より前は、

椅子の下に空洞がないため、荷物の置き場がないからだ。

前列部分は増築前からあったエリア。

Jリーグ開幕当初。

Zp1780676

そして今度は

自分の頭より後方からしっかり振りかぶってスローイン。

フットボールをすることで金が得られる奇跡。

ヨンアピンは異国の地でそれを体感する。

| | コメント (0)

またまたヨンアピンのスローイン  キャラ!キャラ!キャラ!

Zp1780671

石毛より俺の方が黒い。

そんな自信を持って登場したヨンアピン。

そういえば背番号35、村田和哉も途中出場していた。

元所属のセレッソ大阪戦だからという

アドバンテージもあったろう。

Zp1780672

今年のユニフォームは襟つきなので

襟を立てる選手がいるかなと思ったが

まだ存在しないようだ。

Zp1780673

そして恒例のごとく

客席最前列いっぱいまで下がってきた。

まあいっぱいまで下がっても、ゴールラインまでは5メートル。

この助走が

スローインに与える影響とは。

| | コメント (0)

石毛秀樹コーナーキック  蹴る編

Zp1780667

一眼と違ってコンデジの場合

液晶ディスプレイなど見ずに、手元で適当にシャッターだけ切っておいて

自分は実際生でプレーを見続け、

後で写ってるかどうか確認することが多い。

このコーナーキックもそんな調子だったが、まあまあ撮れてる。

Zp1780669

石毛キック。

18歳の魂を日本平で飛翔させる。

一眼だと止まって撮れてるだろうが、まあコンデジの限界。

名刺大のコンデジで、ここまで撮れれば良しとするか。

Zp1780670

まあ、蹴ったボールはいまいちでした。

石毛のような背の低い選手は、

蹴り手を任されないなら、たぶん最終ラインでの守り番になってしまうだろう。

| | コメント (0)

石毛秀樹コーナーキック  セッティング編

Zp1780663

コーナーキックだ。

石毛がやってきた。

この客席の旨みは、やはりコーナーキックを間近で見られること。

Zp1780664

ヨンアピンよりも肌が黒いんじゃないかという石毛。

日焼けできる人は

皮膚がんにもなりにくいそうで。

赤く腫れて日焼けできない人は、そういうリスクが高いらしい。

Zp1780665

で、コーナーキックはよく見えるだろうと思ってたら

線審が邪魔であんまり見えないという……

これは盲点だったな。

石毛を隠す線審。

Zp1780666

なんとも宿命でござった。

そういえばこの辺りの客席で

兵働のゲーフラをコーナーキックのたびに掲げるおばさんがいたな。

後ろの人は全然見えない。

ゴール裏ならOKな行為だろうけど

Aゾーンだと揉めてそう。

| | コメント (0)

10252人  どうするJリーグ?

Zp1780654

なんとかぎりぎり1万人を越えたIAI日本平。

岡崎フィーバーに沸いた頃、超満員だったのが懐かしい。

Jリーグ全体として動員は下降している。

一番の理由は、世間一般に知られるタレント的存在である日本代表に

Jリーガーのスタメンがほとんどいないことだろう。

スタメンどころかベンチも海外組に制圧される。

Zp1780683

2ステージ制の復活という声もある。

確かにチャンピオンシップをやれば、

それが多少、新聞やニュースで取り上げられるだろう。

ただその程度。

年間勝ち点1位という価値が無意味と化す。

良くも悪くも、よりローカルな競技になる。

| | コメント (0)

白髪のオオカミ 山口蛍FK

Zp1780658

ロンドンオリンピックで全試合フル出場し、健闘した山口蛍。

ベスト4という好成績を残しながらも

3位決定戦でライバル韓国に敗れた。

この致命的な事件により

まるでこの代表が大失敗だったような印象を国民に残した。

ベスト4なのに、ずたぼろの敗北者。

マスコミも腫れ物に触るように、この代表から逃げた。

運が悪い。

Zp1780659

そんな山口蛍も今では

髪を銀色にして、IAI日本平でフリーキックを蹴った。

銀髪といえば

98年のフランスW杯直前、

代表を下ろされたキングカズが、銀髪となって報道陣の前に現れた姿が印象的だ。

ベスト4なのに、韓国に敗れて終わったため

完全な負け犬として帰国。

この苦味を振り切るべく、銀髪だ。

Zp1780660

蛍といえば

元ぴんぽんずのボケが、

尻に挟んだサイリウムを割って点灯させ、

「蛍来た、めっちゃセクシー」

と顔芸ダンスを披露している。

| | コメント (0)

八反田なのに7番 これいかに

Zp1780651

新シーズンがスタートして

もっとも面食らったのが八反田の背番号だ。

てっきり8になると思ったのに、7。

八反田なのに7。

この矛盾をどう処理するのか。

延々と付き纏う問題だ。

ピッチ上で走る背番号7が、7だから八反田と、

ワンクッション置いて、頭の中で変換するようなタイムロス。

Zp1780652

じゃあ名前の康平で覚えておき、

7番が康平だと記憶しようとする。

だが康平というと、「平松康平ゲットゴール♪」という応援ソングが頭に浮かび

康平は8番じゃないかと

またしてもフィンガートラップ。

混乱が世界に巻き起こされる。

石毛が7で、八反田が8では不味かったのか。

確かに8は平松→枝村と下部組織出身者がつけてきた流れもある。

だがそこはさすがに八反田。

エスパルス20年の歴史以上に、長い年月、八反田という名前は存在している。

それは八反田康平個人にとどまらず、先祖から続くものだ。

Zp1780653

ご先祖様が、今の康平を見て、どう思うだろうか。

八反田なのに7……。

親も祖父母もさらに先祖も、様々な苦労を背負い、必死に生き抜いて家が存続してきた。

そしてこの世に生まれた奇跡。

八反田が7。

7はヨーロッパ的なエースナンバーだ。南米の10に匹敵する。

ただ、そんなサッカーの歴史よりも長い

八反田の歴史があったのではなかろうか。

| | コメント (0)

セレッソの枝村匠馬登場

Zp1780645

刈り上げた茶髪で登場した枝村匠馬。

これが大阪スタイル。

「ああ、枝村だ」「枝村が出てくるよ」と客席のあちこちで

喋り声がした枝村の途中出場。

ゴトビからクルピへの移籍。

    

2005年組は印象深い。

日本代表に定着した岡崎、

この試合も清水でプレーする平岡、

何年も出場機会がなかった青山は、甲府で久々のピッチを踏む。

J2で活躍する兵働や岩下。

東北の底辺リーグを歩き回った財津。

枝村はセレッソで花咲くか。

| | コメント (0)

出られないオレンジ戦士の前には鈴与の宅配ボトル クリクラ

Zp1780643

ベンチ外のオレンジ戦士達が見学するエリアの前には

鈴与の宅配ボトル・クリクラの広告が。

最近はマンションの一人暮らしでも、クリクラを使ってる人もいたり。

カップ麺が作りやすくていいと評判。

だが私は、通販でペットボトルを配達してもらってる。

Zp1780644

メインスタンドの客席を見ると、

椅子が空いていても

最上段通路で立ち見派が多いのがわかる。

| | コメント (0)

新井場 鹿島仕込みのスローイン

Zp1780640

新井場はJリーグ出場400試合を越えるベテラン。

そういえば楢崎が輝の記録に追いつくのも、あと2試合となった。

輝はナビスコには出ても、相変わらずリーグ戦ではベンチ外。

Zp1780641

静岡鉄道の電車って、実は乗ったことないかもしれない。

草薙行くときも、

JRから歩いちゃうしな。

| | コメント (0)

ヨンアピン オランダ仕込みのスローイン

Zp1780633

客席いっぱいまで下がったヨンアピン。

スローインは助走が大事。

できれば空中で一回転ぐらいしたい。

Zp1780634

そしてボールを高く掲げた。

バックスタンドの客全員と一緒に投げるスローインだ。

柵に触れた体と共に、日本平の魂で投げる。

Zp1780635

そしていざスローイン。

見ての通り、頭の後ろから振りかぶってボールを投げていないので

あえなくファウルスローとなった。

ぎゃふん。

| | コメント (0)

2013年4月25日 (木)

飛び出せバレー  EL DRAGON ESTILO

Zp1780638

そういえば金鳥スタジアムがスケールアップしたそうで。

ホームゴール裏が1.5倍ぐらいに列数が増えて、

その下には待望のトイレができたのだとか。

これまでトイレなしスタジアムだったからね。

あと芝生だったアウェイゴール裏は、客席ができたそうで。

金鳥は造り的に、ピッチ外に余裕ありまくりで、

陸上と専スタの中間ぐらいの位置づけなんだけど

ホームゴール裏だけは、べったりゴールラインにくっつけて

アウェイ側は異常に離れてるんだよなあ。

| | コメント (0)

石毛秀樹にイエローカード

Zp1780632

というわけで、また自分の席に戻ってきました。

ぐるっと回ってきたわけさ。

本当はこうしたIAI日本平巡礼を

試合前に終わらせておきたかったが、

いかんせん、東海道線の人身事故により

キックオフ数分遅れての到着となったので、こうなったとさ。

Zp1780639

まあ、昔は自分の顔写真も普通に載せてたのですが

数年前、浦和レッズの件で炎上して以来、自分自身はほとんど載せてません。

だが靴ぐらいは載せてみた。

なぜ最前列で見るのにこだわるかといえば、

Jリーグレベルの試合を上から俯瞰して見ても、つまらんから。

ピッチレベルで観て、選手達が獰猛に迫り、戦う様を堪能したい。

ある種、ボクシングの試合でも観に来ているようなノリだ。

だからJリーグを陸上競技場で観て楽しめるっていうスタンスがないね。

それか、視界ゼロで構わないから、ゴール裏で応援し続けるか。

どっちかだね。

前半は村松がよくやってきて、この辺りは盛り上がった。

Zp1780637

ピッチレベルで見た場合、その場所で起きた出来事に対する思い入れが深くなる。

横浜の三ツ沢球で見た天皇杯のマリノス戦。

ゴールシーンより記憶に残ったのは、

後半ロスタイムの勝ち逃げを狙い

伊藤翔が中村俊輔相手に、コーナーで時間を稼ぎ続ける対決だった。

あれが目の前で繰り広げられて、

雨の中、喰らいつく中村俊輔と、脚の長い伊藤翔がボールキープしてじらす姿。

もうそれが三ツ沢までやってきたすべてなのよ。

高所から内容を俯瞰したり、陸上競技場で見る人にとっては

ありえない観戦の仕方だろうが

そういう些細な名場面、勝負、戦いを観にやってくる。

| | コメント (0)

2013エスパルス後援会  メインスタンドコンコース

Zp1780631

後援会の寄せ書きが掲示されていた。

私もまあ長いこと後援会に入っておりますが

5月はナビスコの試合が無料招待だったりします。

まあ行かないだろうけど。

うぉおおおおと衝動に突き動かされたときだけ行きます。

Zp1780630

2013エスパルス後援会という文字も

マジックで必死になって塗り潰して描いたようですし

そういう想いなんだな。

想い。

| | コメント (0)

エジノとシンプリシオは機能したのか

Zp1780628

清水エスパルス弁当が

静岡県内のサークルKで売られているようです。

サークルKってのがポイントですね。

清水駅前にもローソンしかないような気がするし

沼津はセブンイレブンばっかりだし

なかなかどうして、サークルKを発掘調査するのに時間かかりそうだ。

Zp1780627

非常に空いておりますが、

大変良席であります。

陸上競技場ではありえない、ゴール裏から全体を把握できるシートです。

| | コメント (0)

オオカミと鼓動の争い  IAI決戦

Zp1780619

ペナルティアークに立ち、戦況を見つめる林。

GKとは孤独なものだ。

そして重大な責任を背負わされる。

Zp1780619_2

水曜日のナビスコカップが終わり、

清水にとっては非常に困難な、他会場の結果となった。

数字的な可能性は残っているが、厳しい。

ACLはBSスカパーで浦和の試合をやっていた。

前半がつらい内容だったので、見るのをやめた。

後半途中ぐらいで点けたら、三点も入れていて驚いた。

柏に続いて決勝トーナメント進出を勝ち取ってほしい。

広島は相変わらずだな。

Zp1780615

IAIスタジアムの掲示板。

右手に梯子がある。

これに登って、最上に行きたいものだね。

まあ手すりも何もない場所なので、

落ちたら最後だが。

| | コメント (0)

セレッソ大阪ボールで後半キックオフ!

Zp1780606

センターサークルにはセレッソ大阪選手が二人。

セレッソボールで後半キックオフ。

1-1で終わった前半。

後半はどちらの手に。

ハーフタイム中に抜けていた緊張が復活する。

Zp1780609

そして後半キックオフ。

勢いよく攻める清水。

コートのこちら半分にはGK林だけぽつんと。

これでいい。

Zp1780625

ちなみに今度は自分自身が

テレビカメラ塔に移動しまして、そこから観てました。

セレッソのエンブレムに包まれるような按配。

ここが空いてるときは、わりと子供達が集まりやすいのだが、誰もいなくて

そういや子供達の姿が余り見かけられなかった試合だった。

静岡県内では民放で生放送があったようで、その辺りが影響か。

ただ、そうしたテレビ放送はどんどんやるべき。

相乗効果を期待していく。

閉塞的になると、すべては萎んで無になる。

| | コメント (0)

後半キックオフに向けて、清水とC大阪の選手が登場

Zp1780601

どちらのチームも

センターサークル付近で円陣を作っている。

気持ちを一つに。

11人が一つの体になって機能したとき、初めてゴールが生まれる。

Zp1780602

セレッソ大阪サポーターも応援を開始。

日本平のセレッソ大阪戦というと、2006年のゴールデンウィークの試合を思い出す。

2005年の残留争いとは違ったシーズンになることを

誰もが確信していた。

当時のコールリーダーは前半から手拍子だけの応援ソングをやり、余裕を見せ

1-0で手堅い勝利となった。

Zp1780604

選手達が各ポジションにばらけた。

後半が始まる。

| | コメント (0)

テレビカメラ塔に弾幕を

Zp1780597

オレンジウェーブのハーフタイムショーのあと

今度はアウェイゴール裏の2Fにやってきた。

もちろんホームエリア。

ホームエリアですが、2Fゴール裏は全体的にアウェイチームに弾幕の掲示許可がある。

最上段の中央にあるテレビカメラ塔には

セレッソ大阪のエンブレムが巻かれた。

Zp1780595

やっぱこれがないと、しっくりこないね。

清水側のテレビ塔には清水の次郎長が巻かれているのが通例だが

エンブレムで対抗したのは礼儀に適っている。

以前はアウェイ側のテレビ塔にカメラが来たのだが、

この試合ではホーム側のテレビ塔にカメラがある。

まあ、ホーム側の方が中継車に近くて、配線が短くて済む。

Zp1780594

それでも以前はアウェイ側にカメラが置かれていたのは

ホーム側だと大量の旗が振られるので、

カメラの視界を確保できないためだったか。

まあ、テレビ中継において、ゴール裏からのアングルはそんなに多くもない。

Zp1780593

曇りな日に風強く。

フェアプレイは大事だ。

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

桜戦ハーフタイムはオレンジウェーブが登場

Zp1780570

まあ、コンデジですので

ろくに撮れてません。

雰囲気だけ。

チアリーダーは雰囲気が一番大事ですから。

Zp1780574

そういえば、最初にスタジアムに入場したとき

キックオフから少し遅れていたのだが

メインスタンド入口で、1Fゴール裏の地下通路から抜け出してきた

黒ジャージ姿のオレンジウェーブと対面して

挨拶したりした。

Zp1780590

1Fゴール裏の下には記者会見場などがあるのかな。

内部に関しては全然詳しくないので

見学ツアーがあったら参加したいものですね。

埼玉スタや日産、ホムスタなんかは月に何度かは定期的にやってるけど

日本平はごくたまになので、大抵情報を逃して行けてない。

| | コメント (0)

ゴーゴーバレー 清水のバレー

Zp1780568

おっぱいバレーのゲーフラもよく掲げられたが、

ゴーゴーバレーという

横長のゲーフラもあった。

ゴーゴーカレーに影響を受けたものだろう。

ゴリラの看板をよく見かける。

入ったことはないが。

カレーは栄養価が高く、良い食べ物だが

いかんせん香辛料の塊なので

胃腸が弱っているときにはつらい。

Zp1780566

大阪はカレーというより串揚げですかな。

だるまは必ず行ってしまいます。

池袋のヤマダ電機にも、最上階のレストランフロアに串揚げ屋が入ってるね。

時間制の食べ放題。

まあ、そこも入ったことないけど。

| | コメント (0)

1-1で前半終了  オレンジ桜の中休み

Zp1780569_2

風になびく旗。

オレンジ旗と桜旗がともに強く広がる様は

1-1という状況をよく現している。

Zp1780565

フリーキックは実を結ばず、そして前半終了。

引き揚げる選手達。

失点後に追いついたことに、大きな希望を感じた。

| | コメント (0)

前半ロスタイム 最後のフリーキック

Zp1780559

アディショナルタイム1分の表示後、

伊藤翔が倒されて、清水がフリーキックを得た。

この時間帯でのチャンス到来。

ものにしたい。

Zp1780560

ジャージ監督のクルピは

異を唱える姿勢。

セレッソ選手も色々言っている。

だがフリーキックは行われる。

Zp1780562

セレッソ選手はペナルティエリアの線上にラインを作った。

セレッソ大阪のゴール裏からは

ブラジル国旗と太極旗が振られる。

そういえばどちらのチームにも、ブラジル人と韓国人のプレイヤーがいる。

それがオーソドックスなJリーグクラブか。

Zp1780563

世界中のリーグ、

どこに行ってもブラジル人選手はいる。

日本もJリーグが始まってからも、始まる前からも

ブラジル人選手は多い。

Zp1780564

そして外国人枠3人にプラスして

アジア枠1人ができてから

韓国人とオーストラリア人が増えた。

加えて在日枠が1人あるので、

11人中、最高5人まで外国人で埋めることができる。

ヨーロッパのリーグは、EU圏内が外国人扱いされないので、

蓋をあけてみたら、スタメンが全員外国人とかあるものだ。

| | コメント (0)

Additional Time 1min. 表示時間は目安です

Zp1780558

前半もいよいよアディショナルタイムを残すのみ。

失点のあと追いついた、未来の見える内容だった。

アディショナルタイムが1分だけなのは

試合が円滑に進められたことも意味する。

Zp1780556

プレス席の極度な出っ張りで

余りピッチ全体が見えない中央寄りの客席ですが、

なぜかアウェイ側は指定席なんだよね。

昔はここもAゾーンだった。

基本、ほとんど誰も座らない。

不思議な空間。

| | コメント (0)

GK林のエスパルスキック♪

Zp1780552

ファウルのあった地点から、GK林のキックで試合再開。

コートの半分には、林しかいない状態。

林一人ぼっち。

だが林の背後には、熱烈なオレンジサポーター達がいるのだ。

一人ぼっちな林を勇気づける存在だ。

Zp1780553

なぜセレッソの選手達は、

林のいるゴール前にもっとポジショニングしないのかと

疑問な方もいるだろう。

これはオフサイドというルールがあり、林の他にもう一人エスパルスの選手が前にいないと

味方からパスを受けられないのだ。

エスパルスの最後尾の選手がラインを上げることにより、

セレッソの選手はなかなか前線に進めない。

もしオフサイドがないと、互いのゴール前に選手を張り付かせ、

ロングボールを互いのゴール前に上げあう競技になってしまうため、

それを防止するためのルールだ。

| | コメント (0)

エスパルスのオレンジ旗  PUMAの赤旗

Zp1780550

いつしかときから

オレンジ旗だけだった、メインスタンド最上段の並びが

プーマの赤旗が交互に入るようになった。

赤旗といえば、

共産党の赤旗新聞は30万部から20万部に部数を落とし、

かなり厳しい状況らしい。

Zp1780555

聖教新聞は、私が育った家の向かいが取っていて

たまに間違って、うちのポストに入れられていて、持っていってあげたりしていた。

向かいは、公立小学校の校長をやっている家だった。

実家はずっと朝日でしたね。

従軍慰安婦の捏造問題が、先の国会でも取り上げられたが

まずまず良い新聞なんじゃないでしょうか。間違いや捏造はたまにある。

でも後々の訂正とかは、きちんとしてほしいですやね。

| | コメント (0)

白鳥のごときスローイン

Zp1780546

セレッソのスローイン。

清水が金鳥でやるときは、アウェイの青ユニなのかな。

アウェイユニが白や灰でないと

コントラストが強いピッチ上になる。

Zp1780548

ロンドンオリンピックの代表の

アウェイユニが赤となったとき、赤は違うんじゃないかと思った。

だが実際は、

相手チームが赤系のユニだと、

日本がアウェイ扱いでもホームの青ユニを着られるため

結果、全試合ホームの青ユニだった。

そういう狙いもいいやね。

| | コメント (0)

ブランコ 桜吹雪のコーナーキック

Zp1780542

セレッソ大阪がコーナーキックのチャンス。

バックパスはオフサイドにならないので

ゴールライン上から蹴るコーナーキックにオフサイドはない。

ないんだよん、よん、ヨンアピン♪

Zp1780543

ヨンアピンのことを愛称のキャラと呼ぶのが

ゴール裏の応援でもある。

だがヨンアピンという本名も、なかなかどうして素晴らしく、捨てがたい。

昔、チョジェジンがいた頃は

選手や監督の間での呼び名がジェジンで統一したのに対し、

いや姓名を分けた場合、チェジン発音が正しいからと、

チェジンと呼ぶサポーターやマスコミも現れ、

いやいや、選手や監督もジェジンで通しているのだからと、ジェジン派も多く、

ジェジン対チェジンの壮絶な争いが起こったものだ。

だったらチョでいいんじゃねえの、と言われても、

チョでは、どこの誰だかよくわからない。

| | コメント (0)

ヨンアピン VS ブランコ  ライン際の攻防

Zp1780538

試合序盤に痛がり大賞を受賞済みのブランコは、

その後、なんの遜色もなく

全力プレー。

アウェイチームの選手は、バックスタンド側は客がピッチにせり出してくるので

気持ち的にやりづらいが

メインスタンド側は客席にかさ上げがあるので、楽な模様。

ダグアウトやスタッフ達がいても、プレッシャーにはならず。

| | コメント (0)

曇り空のJリーグ  日本平に桜

Zp1780534

新井場がセレッソにいたんだな。

スポンサーボードには県内企業が並び

大変ありがたいものです。

二階にはまだスポンサー掲示枠が余っているようなので

ご希望な方は是非。

Zp1780537

たとえどんなチーム状況にあろうとも

どんな戦況が繰り広げられようとも

ピッチコンディションだけは良い。

いつだって良い。

| | コメント (0)

林”ピンキー”彰洋

Zp1780533

ゴールキーパー、それは孤独で責任の重い仕事。

その負担を少しでも軽くすべく

フロントは今年のGKユニフォームをピンク色にした。

ピンク色の服を身につけることで

気持ちがふわふわっと安らぐ。

そんな効果があるのだ。

Zp1780532

男なのにピンク?

そんな発想はつまらない。

男だからピンク。

ピンク色こそ長身で骨太な男に似合う。

| | コメント (0)

2013年4月23日 (火)

ナビスコ 大宮アルディージャ 2-3 清水エスパルス NACK

Zp1780530

今さらナビスコがどうにかなるとは思わない。

ただ、チームが調子を上げてきている。

その事実が結果として出た。

| | コメント (0)

アイスタ!  IAIスタジアムNihondaira

Zp1780526

時刻が1時42分で、

試合開始38分ということは

1時4分にキックオフしたようだ。

Zp1780544

パチンコのスポンサー解禁について、しばしば議論に上がる。

一つの見方とすれば

多くの依存症や破滅した人間を作っている点では

アルコールはなぜいいのだと疑問だろう。

アルコールもパチンコも自己責任である。

清涼飲料水もスナック菓子も、突き詰めれば健康被害。

ただ、どれも過度にやらずに楽しめば

人生を楽しくするパーツである。

ギャンブル、アルコール、砂糖水、油菓子は人を癒すし、喜ばせる。

そして破綻もさせる。

そこは安全などない人生だし、原発も爆発する世の中なのだ。

Zp1780525

年間3000万円のネーミングライツ。

3000万円でスタジアムにこのように企業名が出るのは、いいものでは。

新聞などの略称はいまいちかもね。

| | コメント (0)

2013年4月22日 (月)

控え選手のアップ中  セレッソを叩くのは俺だ

Zp1780528

日本平はラグビー仕様の専スタなので

ゴールライン後ろにも芝生がたっぷり広がる。

そこで控えの選手達がアップをすることになる。

自分が試合に出なくては何も始まらない。

1-1の状況を見据えながら、登場の機会を願う。

Zp1780523

1Fゴール裏は専スタにしては、やや遠い造りとなる。

バックスタンドの至近距離と比べ、1Fゴール裏は選手が間近に迫ることはない。

では、全体がもれなく見渡せるかというと、そうでもない。

ゴールラインに沿って並べられたスポンサーボード。

これが死角を作ってしまい、1Fゴール裏の前から数列は、

選手達の足元が見えない視界となる。

客席のすぐ手前にあるなら問題ないのだけどね。

Zp1780529

陸上競技場だと、このスポンサーボード死角の問題で、どこも四苦八苦している。

極端な例だと、クラブワールドカップのとき

横国は、ライン際にぴったりとオーロラリボンを組んだため、

数万席が、ライン際攻防では足元が見えない死角席化した。

普段の横浜F・マリノスの試合では、それに気を使って、

スポンサーボードはピッチからかなり離してある。

当然、スポンサーボードのテレビ映りは悪くなり、難しいところだ。

Zp1780524

2Fゴール裏は、1Fゴール裏の後ろに作らず、真上に作られている。

そのため、2Fゴール裏を前に延長していくと、ゴールラインに重なる按配になり

二階席というより、こちらが本来の客席であり、

1Fゴール裏は地下室のような構図となる。

1Fゴール裏は、天井がすぐ近くに迫るので、雨天時に100パーセント濡れない。

多くのスタジアムは屋根が高いので、横から雨が入り込み、どんな席も結構濡れる。

世界的に観ても、屋外スタジアムでここまで完全に雨をシャットアウトできるのは珍しい。

| | コメント (0)

ゴトビ監督のIAI戦略

Zp1780511

戦況を見守るゴトビ監督。

一対一に追いついた。

この当たり前のメンタリティをチームが得るまでに

長い時間を費やした。

育った選手は他のチームに消えていく。

手元には新人やJ2上がりのみ。

この手駒でどうするか?

Zp1780518

精神的な支柱が

プレイヤーにも監督に存在しないのが

今の清水エスパルスだろう。

こうなると一人一人が自立するしかない。

自立した先にあるのは孤独であり、

抱えきれない責任に精神は傷つけられていく。

だがそこを乗り越えた先には、一つ上の自分が生じている。

Zp1780510

この日のベンチには

ついにDFの控えが存在せず

いくら人材難とはいえ、戦力に計算できない岡根を入れておいても意味なし

という監督判断だろう。

ヨンアピンと平岡の二人、どちらかが欠ければ

清水にはセンターバックの本職が消滅する。

Zp1780515

GK4人体制とか、あらゆることを想定して充実させているはずが

センターバックはリーグ戦のベンチ入り選手すらいない。

これはメンタルではなく、フロントが夏にはどうにかしてほしいところ。

控えで来てくれる人なんて、ろくなのがいないから

ヨンアピンや平岡をベンチにおいやるような選手を呼んでほしい。

| | コメント (0)

IAI道中膝栗毛

Zp1780508

アウェイ側のゴール裏にいるとき

ちょうどバレーのゴールが決まりまして

間近で見られてタイミングが良かったのですが、

ぐるっと回り、

今度はメインスタンドにやってきたわけだ。

Zp1780509

日本平は選手が引き揚げたとき、地下に潜っていくモグラ構造になっていないので

メインスタンドは最前列でも2Fの高さがあり

バックスタンドのようなピッチレベルの良さはない。屋根もない。

普通のスタジアムはメインスタンドの方が豪華な造りだろう。

ただ、日本平のようなJリーグ発足前から存在していた古い施設では、

Jリーグのために増築されたバックスタンドの方が、色んな面で豪華だったりする。

| | コメント (0)

クルピ監督のジャージ道

Zp1780506

サッカー監督といえば、たいていスーツにネクタイ。

そこに風穴を空けたのが日本代表監督の岡ちゃんだった。

ジャージで指揮をとり、

ジャージで食事をし、

ジャージで寝る。

ジャージさえあれば生きていける。

それがジャージ道だ。

現在のJリーグでは、セレッソ大阪のクルピ監督が同じくジャージ道を貫いている。

Zp1780504

ジャージ監督のクルピは戦況を見守る。

一対一に追いつかれた今、

セレッソには何ができるのか。

できたら選手達にもジャージを着せてやりたい。

だがさすがに暑いだろうな。

そんな思いが、クルピの後姿からは感じられた。

| | コメント (0)

セレッソ桜 日本平に舞う 大阪市の心

Zp1780490

大阪市のチームだと、ハングルもより一層馴染む。

JRはそうでもないが

私鉄だと駅名を、英語表記と並んでハングル表記を必ずつけてるものね。

そのぐらい侵食してきたハングル。

Zp1780492

やはりセレッソ大阪に思うのは

もっともっとピンクに。

これにつきる。

濃いピンクより、明るく、ショッキングピンクなんかがいい。

そして紺色の部分はなるべく少なく。

Zp1780493

2005年はほんの僅かな差で

リーグ優勝を逃し

一気に5位まで転落したセレッソ大阪。

その後はJ2に長らくいたが

香川がぬくぬくと育ったりした。

Zp1780494

清水エスパルスを応援する人の多くは

近くにあるのがエスパルスだけだから

という理由が多いだろう。

だが大阪ならガンバ大阪もある。

御堂筋線の長居と、万博記念公園では、

それほど距離も離れておらず、

どちらも選択肢に入る場合が多数だろう。

Zp1780495

ガンバ大阪ではなく、セレッソ大阪を選んだ。

その心意気なんだろうな。

北摂と大阪市というホームタウンの違いはあるが

それが真に影響しているサポーターがどれだけいるだろうか。

おんぼろ万博に比べ、近代設備の整ったW杯スタジアムの長居。

そして専スタの金鳥。

そのスタジアム格差が、セレッソサポーターを引きつける一面もあろう。

| | コメント (0)

勇桜舞進

Zp1780498

邁進ではなく舞進。

この意味は、

決して勝ち続けることだけを求めるのではなく

スタジアムの劇場空間において

華々しく舞ってくれという

大阪らしい願いがこめられているのだろう。

| | コメント (0)

桜吹雪のセレッソ大阪 御一行

Zp1780489

そういえばBANはベンチにもいなかったな。

どうなったんじゃろ。

アウェイ側の1Fゴール裏は客が疎ら。

1Fゴール裏でまったり座って観戦とは、微妙な席具合でもある。

メインやバクスタのように試合全体を俯瞰するのとも違い、

あくまでゴール前の迫力を求めている。

Zp1780496

弾幕などでセレッソの色合いに染め、

領土を得る。

海外の陸続きの国だったりすると

こうした行為を国自体が行って、あちこちに国旗を立てたり大変。

日本はどこにいても日本という島国意識しかないし、

わざわざ領土主張することもないのだ。

Zp1780497

日本があちこちの島などで

領土主張に失敗して、形勢不利になるのも

根底には領土において、島国丸ごとだから苦労してないせいかもな。

陸続きの国は、いつ領土が狭くなるかわからない不安がつねにある。

| | コメント (0)

開場後30分 メイン→東サイド 通行できません

Zp1780487

開場後30分経ったら、剥がしてしまっていいような掲示。

ややこしくなるしね。

なぜ通行を禁止してるかといえば

メインスタンドの入り口が最もスムーズに入場できるから。

入場待機列が何にも邪魔されていないおかげ。

逆にいえばホームゴール裏やバックスタンドの入口は、

入場待機列が車道によって分断され、

車両の通行のたびに入場がストップとなる。

Zp1780488

いざ開場となったとき

メインスタンド側に並べば、列消化が最速スピードなので

さっき来たばかりの人もほとんど待たずに入場でき

そこからバックスタンドやホームゴール裏に移動してしまえば

バックスタンドやホームゴール裏の入場待機列に、ずいぶん長く並んだ人達よりも先に

それらの席を得ることができてしまう。

というわけで、開場後30分は

メインスタンドから他のエリアへは移動できなくしているのだ。

Zp1780491

とは言っても、昔ほどその差はなくなってきた。

バックスタンドの入場列は変わりないが、

ホームゴール裏の入場に関して、様々な改善策がとられ、スムーズになってきたのだ。

待機列の一列ごと入場させていたが、空きができたスペースに

坂の上の待機列を次々に呼び寄せ、

無駄な空き時間なしに入場をこなせるようにした。

Zp1780499

岡崎ブームに沸騰し、毎試合超満員だった時代に

色んなことがパンク状態になり、

改善策が生み出されたのだった。

そして今、そんな改善策が一切いらないほど、客入りが悪い。

皮肉なものだ。

Zp1780502

まあ、入場に関していえば

どんなに早く並んでいても

開場時間直前に、どさっと大量の仲間内が現れ、

様々な応援団体が先行入場するのも、必然だったりする。

そして入場できても、

まだ客は余り来てないというのに、座席のほとんどがマフラーなどで場所取りされていて

居場所はない。

場所取りされた席の多くは、最後まで誰も来ないままだったりする。

Zp1780503

そんな様々なごたごたを抱えつつも

エスパルスの活動は続く。

IAIスタジアム日本平に集まった人達の情熱は

勝利を渇望する。

| | コメント (0)

燃え上がるバレーの闘志  IAIスピリッツ

Zp1780484

バレーのゴール後、

セレッソボールで試合再開。

そういえば、去年の暮れにはガンバ大阪で

出場機会を得ていた武田洋平。

天皇杯の決勝にも立ったことで、上り調子に見えたのだが

現在所属のセレッソ大阪では、いまだ出られず。

故障中のようだが、厳しいものだ。

Zp1780485

マクドナルドのスポンサーボード。

マックへ行くと、病気の子供達のためにあれこれしてるとか

チャリティーを主催してるとか、写真つきで壁に貼られている。

反面、サービス残業の店長が次々に潰れていってしまう現実もあり

どっちかといえば、彼らを救ってほしいような気がしないでもない。

このあたりの構造が、すっかりアメリカ的だ。

アメリカで起こったことは、日本でも遅れて必ず起こるのだろう。

Zp1780486

サンフレッチェな色合いのESPOT。

ホームセンターはわりと好きです。

用のないときでも散策しちゃうね。

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

みなに祝福されるバレー  IAI伝説の始まり

Zp1780478

コーナーキックを蹴った石毛と

ゴールを決めたバレー。

感動の対面。

Zp1780481

ヨンアピンもバレーを祝福。

前半序盤の失点から

沈まなかった清水エスパルス。

これはチームの成長だ。

Zp1780482

そしてオレンジに染まるホームゴール裏も

バレーを祝福。

まあ、この日は動因が少なく

虫食い穴のようなゴール裏だが、

その隙間を埋めてくれたバレーのゴールだ。

Zp1780483

隙間があるなら旗を振って埋めてしまおう。

元気を取り戻すゴール裏。

| | コメント (0)

総立ちの1Fゴール裏  バレー爆発

Zp1780477

バレーのゴールにより

死んでるか生きてるのかわからないぐらい沈黙していた

アウェイ1Fゴール裏の住民達も

一斉に総立ち。

ばんざーい!

バレーが死人達を生き返らせた。

ゾンビに応援するぞ、アウェイ1Fゴール裏。

| | コメント (0)

バレー GOAL!GOAL!GOAL!

Zp1780476a

フリーだったバレーがシュート!

ボールはゴールネットに突き刺さった。

突き刺さったまま落下しないボール画像。

1-1の振り出しに戻った。

失点した後、崩れなかった清水エスパルス。

若いチームが着々と自信をつけていく。

Zp1780476

バレーのゴールに沈黙を貫いていた1Fゴール裏も総立ち。

バレーのゴールが世界を救う。

| | コメント (0)

村松から浩太、そして……

Zp1780475

石毛が蹴ったコーナーキックのボールは

まずは村松のもとへ。

そこから浩太へ渡った。

だが平岡と被ってしまっている。

浩太と平岡の周りに関心が集まるセレッソ選手達。

そのおかげで

混雑とは反対のポスト付近にいるバレーがフリーだ。

どフリーだ。

浩太と平岡の間にあるボールに、白いセレッソ達が全神経を集中。

一方、反対ポストのバレーには

白いセレッソ達が誰も来ない。

この状況を浩太が察知。

| | コメント (0)

石毛秀樹 渾身のコーナーキック

Zp1780473

バレーがシュートを放つもGKに弾かれ、ボールはゴールラインを割った。

コーナーキック。

蹴るのは18歳の石毛。

エスパルスサッカースクール→清水エスパルスジュニアユース→清水エスパルスユースという

生きてきた過程がそのまま清水エスパルスな選手。

昨年は高校生ながらリーグ戦に16試合出場。

ファイナルで敗れたナビスコカップでもニューヒーロー賞だった。

一杯一杯な清水が躍進するには、石毛の飛躍あってこそ。

Zp1780474

そして石毛のコーナーキックが蹴られた。

洞窟のような1Fゴール裏で、サポーター達は固唾を呑んで見守った。

ホーム側の1Fゴール裏だと、真上の応援がまるで聞こえず、静か。

だがこちらアウェイ側の1Fだと、対面から清水の応援がやってきて賑やかだ。

| | コメント (0)

山口螢 VS 村松大輔  ロンドンから日本平

Zp1780471

巡り巡って1Fゴール裏にやってきた。

とはいっても、その外通路だが。

ちょうど清水のチャンス。

失点したからといってうな垂れる清水じゃない。

Zp1780472

コンデジ画質だと

選手名を出してもいまいちわからないなと気づいた。

コンデジだと

自分の目はピッチに釘付けで

手元のシャッターだけ適当に切っているので、

後で何が映っているか確認するまで、内容がわからない。

| | コメント (0)

柿谷曜一朗の咆哮

Zp1780470

この試合に関して、いまいち存在感がなかった柿谷。

ボールボーイはローティーンで、

ちょこまか動いてました。

プレミアなんかだと、客席の一つにボールボーイが座ってるといった感じだね。

| | コメント (0)

IAI日本平グルメスペシャル

Zp1780469

試合中のコンコースは閑散。

ハーフタイムに備えてスタンバイ。

自分が酒が飲めなくなって以来、

酒飲みの爺達が

本当すげえなあと思うようになった。

Zp1780629

コンコースは崖っぷちでして、

かなり下にはテニスコート。

| | コメント (0)

IAIスタジアム日本平  山と海とセレッソ大阪

Zp1780459

一万人も実数で入って、

少ないというのは贅沢かもしれないが、

もう少しは入ってほしい客入り。

Zp1780461

僕は静岡時代も東部の人間でしたし

今は東京からの遠征サポ。

地元の清水の人達はどうなのかな。

スタジアム周辺の人達がどれぐらい足を運んでくれてるだろうか。

Zp1780464

興味がない人にとっては興味がないだろう。

下北沢に住んでいても

まったく小劇場に足を運ばない人もいるだろうし。

神宮球場や東京ドームのそばに住んでいても

野球観戦なんてしたことなしって人が多いかもしれない。

Zp1780465

自分の街にJリーグクラブがあったら

こんな素晴らしいことはないと思うのは

こっちの趣味嗜好であって

清水の住民の大半は、実のところ清水エスパルスに興味はないか。

Zp1780466

うちのマンションの近所にも

寄席やらボクシングジムやらあるけど

興味なきゃ関係ないものね。

Zp1780468

試合の宣伝などは

選手が直接、チケットを手売りするという形にならないと

効果は薄い。

そんなアメリカのマイナーリーグの野球選手のようなことができるわけはないし

だったらせめて、練習場での対応ぐらい、きちんとしないとね。

良くも悪くも所詮、客商売であり、最高の客商売。

| | コメント (0)

通路の指定席チェック

Zp1780463

コンコースからの入口だけでなく、

客席内の通路にもチケットチェックの方がいました。

以前は試合開始すると、

消えていたような印象がある。

でも久しぶりに来たら、試合中も常駐でした。

最後方の通路にもチェックの方がいる。

これはこれでいいかもね。

| | コメント (0)

桜の季節に日本平を染める

Zp1780462

セレッソサポーターが四月にやってくると

桜の時期と相まって

ちょうどいい。

大阪市から日本平へようこそ。

| | コメント (0)

松本山雅  積雪により試合中止

Zp1780451

四月の中旬でも、

いまだ積雪するのだなあ。

ジェイズゴールの写真を見たりする限りでは、

ピッチはともかく、客席に雪が積もってしまい、危険な状態だ。

水をかけても溶けるどころか凍ってしまうだけだろうし、

あの客席の積雪度合いはどうにもならんな。

Zp1780452

周辺の道路にも積雪があり

車の通行も危険な状態のようだし、

来るまでに怪我して、中に入ってからも怪我するようでは、

運営できないだろう。

Zp1780454

ただ当日の昼前に中止発表はつらいね。

仕方ないとはいえ、

ビジターのヴェルディ選手やサポーターは、がっかりだろう。

この時期に積雪なのだ。

Zp1780456

松本山雅のホーム、アルウィンは

サッカー専用スタジアムだが

地下構造なんだよね。

地上から見ると、非常に小さな、練習場ぐらいの建物があるなと思わせといて

いざ入場すると、

地下に思いきり掘り下げされて、2万席の構造が発覚するという。

あの地下構造も、雪を搬出し難い原因かもしれない。

Zp1780457

松本空港に併設された施設でして

飛行機がぶつかるので、そういう地下構造になったらしい。

雪知らずの清水は、楽だ。

真冬に新潟や甲府が、清水に合宿にくるわけだし。

| | コメント (0)

バレー VS 茂庭  ライバル対決

Zp1780450

茂庭とバレーの壮絶なボールの奪い合いが展開されている。

非常にオレンジがまばらなメインスタンド。

たぶん向こうからバックスタンドを見ても、同じようなものか。

   

茂庭といえば、2006年のドイツワールドカップだろう。

初戦のオーストラリア戦で

途中出場したものの、途中後退させられた。

茂庭は本来、落選していたため、ハワイ旅行に出かけていたのだが

田中誠が離脱したので、急遽ハワイから呼び出されたのだった。

コンディションをMAXに持っていけないままワールドカップのピッチを踏み

不本意な形でのキャリアが残った。

    

FC東京は大怪我のあとクビになるも、セレッソ大阪ではプレーが続く。

そういえばセレッソは練習場が新しくなったそうで、見てみたいものだ。

前の西成区のところも悪くないが、天然芝一面なので、芝を休ませることができない。

| | コメント (0)

逆襲の清水  セレッソ帝国の崩壊なるか

Zp1780441

アストロビジョンに2Fゴール裏の客席が映ってる。

試合中に普通にCMが流れてることも多い。

メンバー表に次の試合の告知が張られているが、

次じゃなくて、今でしょ!

この試合で勝たないと、次の試合なんて誰も来ないし、

この試合で勝てば、対戦相手がどこだろうが、またほいほい来る。

かな?

Zp1780445

一眼レフは重くて持ってくるのは断念。

というかあきらめ。

関東アウェイだと、そんなに使わなくても、一応持ってきちゃったりするけど。

曇り空のしたで、このコンデジ画質。

ぺらぺらのコンデジでも

風景撮るならいい。

Zp1780447

コンデジは携帯画質より劣るような、安価なものが出回りすぎ。

一眼レフメーカーが出してるコンデジは、

たとえコンデジでも性能が保障される。

どんな安物でも、よく晴れた日の屋外なら綺麗に撮れるが

屋内の撮影になると、差が歴然。

Zp1780448

とは言っても、自分が使っているのはパナソニックのコンデジだったりする。

一眼はキャノンだけど。

パナソニックはコンデジに関しては、他を圧倒してる。

ミラーレス一眼は共感できないけど。

| | コメント (0)

大宮の不敗記録をやたら持ち上げるマスコミ

Zp1780437

まあ地味なJリーグを扱ってくれて

大変ありがたいです。

そこに目をつけたか!

余りにもマスコミがJリーグを取り上げてくれず

リーグとしては、昔のような2ステージ制でチャンピオンシップの復活を考えているとか。

でも画期的なものではないよな。

Zp1780439

半人前のリーグになることに、サポーター達は落胆だろうし。

プライドの問題なのかもね。

自分達のリーグは、その手の余興システムでしか成り立たないレベルだと

認めることのつらさ。

ただ、観客減は事実。

もしプレミアに学ぶなら、それは外資参入を認めるってことでしょう。

それぐらいのことをしないと、劇的な変化はない。

Zp1780440

2ステージ制にして、多少、テレビや新聞に取り上げてもらえるのは確実。

ただ、その先はない。

| | コメント (0)

IAIスタジアム日本平を探索

Zp1780436

Aゾーンの別場所でも試合を観戦。

半分ぐらいが空席だったこの日の日本平。

人が混んでいそうなところでも

隣席に荷物を置いていたりと、ゆったりな仕様。

これは昔からずっとそうだが、

Aゾーンはホーム側だと、荷物で座席をとっちゃ駄目だよマナーが貫かれ

アウェイ側だと、そんなもんええじゃないか音頭が広がる。

だからキックオフ後に来ても、ホーム側なら空き席が点々とある。

アウェイ側は荷物が広がって無理。

まあ、この日はガラガラなので、どうでもいい状況だが。

Zp1780434

向かいのメインスタンド。

あまりのすかすかぶりに……。

週末のリーグ戦でこの動員は厳しい。

やっぱ考えなきゃいけないか。

原因のもとは、日本代表のほとんどが海外組で

Jリーグに来ても、人気の日本代表選手がいないということだ。

その大元原因を解消できなまま、小手先でああだこうだしても、難しい。

| | コメント (0)

スポンサーボードの裏にも客席

Zp1780432

そういえばスポンサーボードの背後で観ているお客さん達がいました。

流行りの芝かぶりシート。

日本平はラグビー仕様の専スタなので、ゴールラインから距離があり

1階ゴール裏の前数列は、

スポンサーボードとカメラマン達が邪魔になってピッチがよく見えない。

わざわざそこに固定客を置いてしまうのは、1階ゴール裏の客達の障害にしかならず

本当、日本平は次々と死角席を作るわな。

バックスタンドのように客席に張り付く形でのスポンサーボードは障害にならないが、

距離が生じることで、死角は次々生まれる。

メインスタンドの極端に出っ張ったプレス席をはじめ、

バックスタンドの増築したエレベーター。

そして今度は芝かぶりシート。

日本平は死角席を作ることにかけて超一流。

全エリアの客席中央通路が、前列じゃなく後列の高さに合わせてあることも、

設計者の心なさしか見えてこない。

| | コメント (0)

GK林キック 願い

Zp1780423

今年はピンクなGK林。

それでセレッソ大阪はピンクユニを着られなかったのか。

まあただ、

セレッソは紺色のユニフォームになり、

ピンクがデザインのように、ちょちょっと入るだけになってしまった。

あれじゃあ駄目だ。

今の林ぐらい、もっと全面的にピンクに。

Zp1780424

ピンクって世界的に見ても珍しいわな。

海外のチームでも、ピンクがチームカラーって知らない。

まあ探せばあるのだろうけど。

香川はセレッソにずっと居たが、そのほとんどはJ2だった。

パクチソンも京都に居たとき、出場機会が得られたのはJ2時代。

Zp1780429

願いがある。

一度、この旧スコアボードの上に乗りたいものだ。

反転式のこのボードは、もう動かないシロモノだが、

赤っぽい6色カラーは懐かしい。

この上から写真が撮りたいものだ。

| | コメント (0)

« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »