« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »

2013年4月14日 - 2013年4月20日

2013年4月20日 (土)

横浜F・マリノスついに敗北  清水は11位↓ 磐田は最下位

Zp1780421

さっきナイトゲームが終わりまして

全試合終了。

首位横浜F・マリノスがようやく負けた。

相手は下位の新潟だが、

雨の降るビッグスワンに、横浜のベテラン達は体力切れか。

俊輔も中澤もマルキーニョスも、いい歳してるからね。

彼らの持つ技術も、雨のピッチでは充分発揮できず。

Zp1780422

面白かったのは埼玉ダービー。

やはり勝つ。

大宮アルディージャが勝利。

儲け目当てで埼玉スタを使わず、

Nack5でやるのが実った。

清水は次は浦和レッズとの対戦ですが、勝ちたいっすねえ。

Zp1780425

いよいよ大宮アルディージャが首位に立とうとしているが

大宮の時代は来るのか。

清水は今日の試合、勝ってほしかった。

タメを作って、振り切って、自分で撃つような、そんな力強さを。

ゴール前で他者へ任せすぎる、自分勝手にシュートを撃ち捲くる、

この二つは両極にあるが、

このバランスがとれたとき、ゴールが生まれチームが好調となる。

| | コメント (0)

ブランコ転んで痛がる

Zp1780418

今日のMVP……ではなく

最も痛がりましたで賞。

セレッソ大阪のブランコがゲットです。

もう痛くて痛くてしょうがねえっつうのって全身でアピール。

Zp1780419

線審が、髪型も体型もなんとなく家本似で

それが気になった。

   

東横線と副都心線が直通されたばかりですが

今度は東海道線と東北線が直通するそうで。

まあ元々、京浜東北線というものがあるのだが、

あれは東北線と東海道線の都心部だけの各駅停車といったイメージだ。

で、東北線や東海道線はそれ自体が急行みたいな。

Zp1780420

宇都宮、高崎、常磐線が東京駅まで直通して、

東海道線をそのまま走る。

自分は東京駅の始発を乗って静岡まで帰るのが定番。

空っぽの状態で乗りたいんだよね。

それが東北線と繋がってしまうんじゃ、平塚まで立ち乗りがデフォになる。

しんどいわ。

| | コメント (0)

セレッソ大阪サポーター息巻く

Zp1780411

前半11分の先制ゴールに

盛り上がるセレッソ大阪サポーター。

よく見ると、スポンサーボードが途切れてるな。

スポンサーも集まらず、

徐々に空白化していくスタジアム壁か……

まあ、その分、アウェイサポーターはそこなら旗を垂らせるよっていう。

でも一応、客席内に収納してくれてますね。

Zp1780410

ガンバ大阪が大阪府なのに対し、

セレッソ大阪は大阪市。

大阪市のこのチーム、

非常にピンクですが、今日は白ユニフォーム。

| | コメント (0)

林呆然  セ扇原が先制ゴール

Zp1780405

私がバクスタに着席して、

ゆっくりする間もなく、

セレッソ大阪が先制ゴール。

なんとも。

ぐさっとゴールネットに突き刺さるボールを、ほぼ真横から眺めた。

ボールの勢いに押されて伸びるゴールネット。

なんとも。

Zp1780406

だが旗を振って選手達を鼓舞。

ゴールを決めた扇原といえば、

AKBの柏木さんと、深夜に合コンしたことで有名な選手。

これがAKBパワーか。

やっぱこうなると自信がついてくるよな。

だがまだ試合は始まったばかり。

ここで崩れる以前の清水じゃない。

| | コメント (0)

初めてのIAIスタジアム日本平

Zp1780404

IAIスタジアム日本平に初めて来ました。

去年までのアウトソーシングスタジアム日本平との違いといえば

まあ、違いを見つけるのが難しい。

IAIという工業用ロボットを扱うメーカーが登場したことで

パルちゃんがロボットダンスをやるというのはどうだろうか。

Zp1780403

まあ、IAIのロゴがこれだけ大きくでるのは格好いいじゃないか。

IAI!

新聞等の短称はIAIスにするのかなと思ったが、

アイスタなんだな。

| | コメント (0)

7分遅れでバックスタンドに着席

Zp1780400

一時はもう行くのやめようかと思ったが

それでも東海道線に乗ったのは、周辺にちらほらとオレンジサポーターの姿があったから。

それに支えられ、なんとか遅れながらもIAI日本平入り。

当日券売り場で、後援会員証を渡し、Aゾーンチケット購入。

ホームゴール裏から入場。

Zp1780397

スタジアム内は結構空いてた。

それは外から見たときもわかった。

Aゾーンのアウェイ側とか、通路後方は誰も座ってなかったから。

やばい客入り。

でもまあ、どうせスタジアムに来たならピッチレベルで見よう。

ということで、コーナーフラッグの立つ端っこながら、

最前列の空き席に座った。

Zp1780402

まあ、本当、コーナーフラッグが真ん前。

こんな端っこに座るのは初めて。

ゴールラインがコーナーフラッグより内側に見えるので

コーナーよりやや内側といったところ。

間近のピッチレベルで見た方が、スタジアムに来た価値はある。

| | コメント (0)

一時間の足止め後、東海道線発車

Zp1780394

電光掲示も消えてます。

上りも下りも出てません。

御殿場線だけ運行中。

TOICAの利用は二駅隣の函南駅までや、と書かれてる。

三駅目の熱海でもはや使えない、またぎ不可地獄。

Zp1780395

一時間も不通の上、ようやく島田行きが発車。

島田は車両基地がある街で、

下りても何にもないよ。(豆知識)

沼津から清水へ行くならSuicaが使えるので、安心して使用。

やっぱ地方は、電車内のマナーは老若男女みんな悪いやね。

激混みの東京は、ヤンキーからガキまでみんなマナー良すぎ。

     

40分後に清水駅到着。

キックオフまであと20分。

シャトルバスに乗るも、なかなか人が集まらず発車せず。

あちこちでサポーターを拾っていき、

ちょうどキックオフと同時に、IAIスタジアム日本平に到着。

早くスタジアム内へ!

| | コメント (0)

Suicaまたぎ不可能

Zp1780396

Suicaは全国どこでも使えると思っている人が多いが

実はまたぎができない。

JR東日本内ではもちろん使えるし、JR東海内でも使える便利さだが

JR東日本で乗って、JR東海で下りたりする場合、NGなのだ。

またぎ不可。

沼津駅は各駅停車でたった3駅隣の熱海駅で、JR東海からJR東日本に切り替わる。

この切り替えエリアで暮らす人達の不便さたるや。

SuicaもToicaも通用しない、

またぎNGの不便さよ。

| | コメント (0)

沼津に前乗り太郎

Zp1780392

明日は静岡で清水エスパルスの試合があるからって

沼津に前日入りしたわけだ。

でまあ、当日になり、東海道線で清水へ行こうとしたら

人身事故発生で、電車が出てません。

東京とは違い、迂回ルートなどない。

たった一本の交通手段。

熱海~沼津駅間での運転見合わせとあるが、

その区間で運転がとめられているので、それ以外の区間でも

一向に次の電車が来ない。

沼津駅で結局、一時間ぐらい足止め。

清水の試合に間に合うか?

それとも行くのをやめて、Biviのサラダ食べ放題でも行って帰るか。

いや、そもそも試合後に東京に帰りたいので、そういうわけにもいかない。

| | コメント (0)

清水エスパルス 1-1 セレッソ大阪  IAI日本平

Zp1780433

得点 扇原 バレー

初めてIAIスタジアム日本平に行きました。

IAI初観戦にて、勝利を見たかったがドロー。

まだIAIで一勝しかしてないしね、エスパルス。

気候は程よかった。

花粉もようやく収まったし。

ただ、雨が今にも降りそうなので、即行帰った。

うーん、勝利はなかなか見られないか。

IAIデビューはドロー。

| | コメント (0)

2013年4月14日 (日)

J2は神戸独走

首位のヴィッセル神戸は、

2位以下のチームを大きく引き離している。

降格した際の主力、大久保などをあっさり切ったときは不安だったが

蓋を開ければ強い神戸だった。

    

自動昇格できる2位は、ガンバ大阪が今はいるが、この辺り勝ち点が並ぶのでわからない。

    

プレーオフとなる3位~6位には岡山、長崎、千葉、山形が並ぶ。

去年導入されたプレーオフは

結果、6位のチームがJ1昇格した。

その不条理さはあるが

最後まで多くのチームが、昇格争いができ、効果はあった。

まあ、2位以内に入らなきゃ、昇格は難しいってこと。

| | コメント (0)

清水エスパルス  オフィシャルイヤーブックの怪

年々薄くなるオフィシャルイヤーブックだが、

今年は非常に迷走している。

意図がよくわからない。

    

選手写真はどの選手もカラーで1ページずつだったのが

今年は多くの新人が半ページ扱い。

もしそうするなら、貢献度に合わせて数ページの特集選手から

ほんのひと欠片の選手まで差をつけたら?

一般誌と違い、

どんなベンチ外の選手ですら応援するサポーターがいて

そんなサポーターとの交流を繋ぐ、オフィシャル冊子たるべき。

それを断絶してしまっている。

    

昨年全試合のデータファイルも

縮小度合いがさらに進み、

近眼の私でも読みづらいほどの、百科事典並みの小ささに。

これたぶん中高年のサポーターは絶対読めないレベルだし

そんなに載せたくないなら、載せるな。

ネットでない、本には本の良さがあり

データファイルを眺め捲るのは面白かったのにね。

ネットで見りゃいいじゃんと言われてしまうだろうが、

冊子で編集されたものは、それを俯瞰できる良さもあった。

      

今年のイヤーブックを見る限り、

そんなに出したくないならやめちまえと思えた。

エスパルスが出す冊子は

他のサッカークラブやスポーツ全般を扱ったものと違い

サポーターとの交流を目的としていると思っていた。

それが大きく裏切られる構成だった。

    

表紙に選手の姿が来ないのは

代表できる選手がいない悩みかもしれない。

自らの選手を軽んじ、サポーターも軽んじ、

誰のなんのためのオフィシャルイヤーブックなのか。

    

清水が二勝できて、順位も真ん中になった今、ちょっとはクラブに体力も出てきたと思うので

つまらないことを書いてみた。

    

     

一つだけ良かったなと思えたことは

巻末の会員紹介ページで

いつも自分の名前の一つ上にあった、同じ苗字のよく似た名前の方が消えたこと。

やめてしまったのかと一瞬不安になるも

ゴールドのページを捲ったら、そちらに移動されていた。

実際スタジアムですれ違っていても、まるで顔もわからない相手だが

10年目の後援会員おめでとう、と心で囁いた。

| | コメント (0)

清水エスパルス  2勝2敗2分で10位

得失点差がワーストの-7ながら

フラットな戦績でなんとか10位。

次のセレッソは叩きやすい相手だと思うが、枝村がいるのが悩ましい。

枝村は今節久しぶりのスタメンだったが、セレッソは負けている。

元所属の選手が対戦に来るとやたら力を出せるのは

たぶん試合前の一週間を

その対戦のためだけにストイックに費やすという、外的な側面が強いかも。

      

Jリーグの出場試合数は

長年首位だった伊東の511試合に

楢崎が508試合と迫っている。

たぶん抜くだろう。

楢崎のような実力ある輝かしい選手ならば順当なこと。

とはいえ、輝の記録保持が消えるのは寂しい。

輝はナビスコに途中から出た程度で、リーグ戦ではベンチ入りなし。

楢崎は自国開催のW杯で全試合フル出場したスターながら

やはり川口に比べ影が薄い。

南アフリカW杯では、直前で川島にスタメンを奪われる苦痛も味わった。

そもそもキャリアがスタートしたフリューゲルスが消滅するという苦さ。

だが名古屋で淡々と守り続け

いよいよ出場試合数でトップに立とうとしている。

    

まあ、そんなことより

清水が次の試合でも勝つことが何よりも大事だ。

ようやく形が見えてきたのか。

それはつねに攻略されてしまう宿命だ。

センターバックのヨンアピンと平岡。

彼らがどちらか欠けると、ベンチに岡根しかいないのかという絶望もある。

ぎりぎりで成り立っている清水。

だがベンチの充実とは難しく、試合に出られない状況なら選手は去るし、

来る人もいない。

世界中どこのクラブも、そこで頭を悩ませる。

    

岐阜はさっそく樋口がスタメンでフル出場し

今年初勝利。

清水のベンチ外より、岐阜でピッチに立ち続ける方が絶対良い。

| | コメント (0)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年  村上春樹

感想は、

普段はツイッターにしか書かないのだけど

たまにはブログにも書こうかと思えた作品。

    

作者は長年に渡り、喪失を扱ってきたのだけど

この作品でようやく初めて、

そのケツを持った気がする。

これまでの作品ではぐらかし、文章外に追いやってきたもの。

それをターゲットにしていて、最初から打ち上げ角度の違った作品となった。

    

終盤の流れは、ノルウェイの森や国境の南太陽の西を彷彿させ

作者の力量でもって作品を終わらせようとする仕業が見えてしまうが

それでもこれまで放置してきた喪失に対するツケを

丁寧に支払い続けた長編となった。

    

還暦を越えた作者が、新たなテーマを扱うというのではなく

これまでのツケを支払い始めた。

そんな作品だった。

| | コメント (0)

« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »