« 2012年11月4日 - 2012年11月10日 | トップページ | 2012年11月18日 - 2012年11月24日 »

2012年11月11日 - 2012年11月17日

2012年11月17日 (土)

清水エスパルス 1-3 ガンバ大阪  アウスタ日本平

Zimg_2609

得点 倉田 大前 レアンドロ 倉田

なんでこう、想定した範疇を抜け出せないのか。

非常に残念。

ACL圏内でのフィニッシュは、かなり困難になった。

残り2試合。

Zimg_2619

次の川崎戦は、同じように優勝も降格も関係ない相手。

自然体で臨める。

川崎にはかつて、全勝していた清水だが

今はもう、そんなこんな。

Zimg_2648

等々力陸上は、とても公平な場所になるだろう。

そういえば、去年の等々力陸上は

ユングベリが出場して、川崎サポーターもどよめかせたものだった。

Zimg_2695

今さら、どのチームが格上格下などない。

団子状態のJリーグだ。

今年を終わる上で、最後に等々力で勝利を見せてほしい。

Zimg_2715

最終節の大宮戦は、残留かけた相手となるので、今の清水では申し訳ないが期待できない。

次の川崎戦が、今年最後の望み。

ほぼ真っ平らな等々力陸上の一層目で、

オレンジサポーターが勝ちロコする姿を。

川崎戦が最後の最後の望み。

Zimg_2736

今首位の広島は、かつて京都に入替戦で負けた降格した。

西京極とビッグアーチ、両方の試合を

私は観戦したが、

降格後、ビッグアーチに居残ったサポーターと経営陣のやり取りは

よく覚えている。

Zimg_9930

今2位の仙台は、長らくJ2で

J2ながらユアスタはいつも満席で、熱気に溢れていた。

そうした浮き沈みを経験したチームと比べ、

清水は延々と20年間J1で

一度も優勝できずにやっている。

Zimg_9941

次の等々力の川崎戦を、タイトルだと思って挑んでほしい。

このまま終わるんじゃ、いつもの清水。

監督が変わろうが、選手が変わろうが、

何も変わらないこの体質は、

良くも悪くも清水だが、次の川崎戦で勝利を。

Zimg_9961

| | コメント (0)

TFCC損傷

Zimg_4327 

事故から十日経ちまして、

色々面倒な毎日。

どうしても身動きする際、肋骨骨折の痛みはあるが

それより面倒に感じてきたのが

左手首の損傷。

Zimg_4218

TFCC損傷といって

骨折はないが、

つなぎ目の靭帯が傷んでいる。

ドアノブを回すような動きがまるでできない。

厄介なもんです。

Zimg_4285

利き手の右手は

最後まで自転車のハンドルを握っていたので

投げ出された体で受身をとったのが

左手だったわけだ。

事故直後は、まったく力が入らず、左腕の存在がなくなったようだった。

Zimg_4317

肋骨と同じで、

まあ結局、保存して治すしかない。

左手も指先は問題なく動くので

手首固定で指先動かすパソコンが

自由にできるのはいい。

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

咳きして骨折して エンドレスループ

Zimg_7601

肋骨の骨折、治りが悪い気がする。

咳きするだけで、治りかけた骨折箇所が折れるんだもの。

ぐきっぼきっと明らかに音が立って

激痛にしばらく泣いて

これを繰り返しじゃん。

いつになったら治るよ。

Zimg_7608

咳止めだけでなく、痰を出しやすくする薬も飲み

とにかく咳がでないようにと

用心して毎日生きてる。

笑うのも厳禁。

くしゃみも駄目。

胸に巻いたバンドで肋骨締め。

Zimg_7610

サーガのインストアに行けてない自分が情けない。

なにやってんだろ。

| | コメント (0)

新国立競技場

Zimg_6733

新国立競技場のデザインコンテストが終わり、

最優秀に選ばれたのは

イカのような形の陸上競技場だった。

初代ガンダムのジオン軍に、こんな戦闘機がよくあったなあと

いった感じ。

戦闘機というか、母船かな。

Zimg_6759

ところが財源の1300億円は

どこにもないという現状。

実は建て替えと散々言ってるけど、建て替えられる予算はどこにもない。

totoからでも足りないし、

このまま建て変わらない可能性もある。

オリンピックが決まるかどうかが命運を分ける。

Zimg_6798

まず、収容人数が多い時点で、

高度を上げるには限界があるので、

客席勾配をゆるくゆるく造っていき、

どの席も見づらいものしかできあがらない。

長居やビッグスワンのような、しっかり傾斜でどの席からも見やすい陸上競技場にはならない。

長居やビッグスワンとほとんど同じ高さで、客席を倍増させるわけだから、

そりゃ見づらさも倍増だ。

Zimg_6843

一部の人が、

ピッチ際へせり出す客席に、期待を寄せているが、

あんなものこそ最もいらないものだ。

エコパの張り出しや、札幌ドームの可動内野席に座ったことありますか?

Zimg_6861

座席ってのは前と後ろに高低差があるからピッチが見える。

いくら低層のピッチレベル席で正面を見ればといっても、

それなりに前後の高低差、つまり客席スタンド勾配がなきゃ、何も見えない。

陸上競技場の張り出しってのは

前後に高低差がほとんどない劣悪な客席スタンドを、

前に張り出していくだけだからね。

何も見えないですよ。

Zimg_7695

どれだけ後ろの列に行っても、高さはピッチレベルのまま、ピッチは遠く遠くなり、

前が邪魔になり何も見えず。

遠くのピッチが、低いまま、見えたり見えなかったり、なにこれっ?

それが陸上競技場の張り出しだから。

Zimg_7711

たぶん札幌ドームのメインとバックスタンドの前列、可動内野席部分が

最も近い感じのモデルスタイルとなるだろうから、

張り出しに興味のある人は

一度、札幌ドームのメインかバックの前列に座ってみたらいい。

そこで何が見えるか。

Zimg_8903

長居やビッグスワンが、たとえ距離はあろうとも、

しっかり嵩上げ、急傾斜の客席スタンドで、非常に見やすいのに比べ、

張り出しがどれだけ劣悪なものか。

誰も寄り付かないドブだからね。陸上競技場の張り出しってのは。

Zimg_8974

ゴール裏なんてスタンディングになれば

誰も前が見ない状況が発生するだろう。

そんな張り出しを、喜ぶ人らがいるのが、理解し難い。

一度でいいから、張り出しで見たら?

Zimg_6226

前後の高低差がない客席スタンドが前に出て、

最前列以外、視界のない、雰囲気だけ。

あの見づらさ。

ただ、問題なのは、そんな張り出しだけでなく、

スタジアム全体が、全席そうした見づらいものしかできないだろうなという悲嘆。

つまらない。

Zimg_8912

五万席以上のスタジアムを造ることになったとき

どうすればいいのか、非常に難しい。

どこをどう考えても、五万席が全席見やすいスタジアムを造る上で

リミットであり、

それ以上は、高層建築にすることはできず、見づらくしていくだけ。

Zimg_8941

町田の市陸が、

J2リーグに入るために、非常にのっぺりした客席スタンドを造りまして

そしてJFL落ち。

あの、のっぺり平らに近い客席スタンドに、

未来は感じない。

松本アルウィンの急傾斜こそ、確実な明日。

   

あんまり好い加減なもの造っちゃいかんですよ。

まあ、99パーセント球技使用なのに

陸上競技場を立てる時点で、

終わってるけどね。

| | コメント (0)

2012年11月14日 (水)

オマーン 1-2 日本 スルタン・カーブース・スポーツコンプレックス

Zimg_3007

同点に追いつかれた日本。

やばい興奮が伝染するマスカットのスタジアム。

細貝投入で、遠藤が前に上がってから

攻撃内容が非常に面白くなった。

遠藤は代表最多出場を更新する124試合目。

Zimg_2981

ここから大切になってくるのは

土曜日のガンバ大阪戦だ。

暑いオマーンで試合をした遠藤と今野を

中二日でアウスタ日本平に迎え撃つ。

ここで彼らを徹底的に、コテンパンに、脳天かち割る勢いで

倒さなければ、清水エスパルスの未来はない。

Zimg_2998

モスクワ在住の本田にとって

中東のデーゲームは

猛暑どころの騒ぎでなかったろう。

何年も暮らし、すっかりモスクワ住民となり、ロシアを横断し続ける彼の人生。

ヨーロッパの小国で、短距離移動だけのリーグ戦、そんなのはつまらない。

ロシアとモスクワと本田。

| | コメント (0)

岡崎 決勝ゴール オマーン撃破

Zimg_5496

最後の最後で

岡崎が決定力を見せてくれた。

誰もが欲しがるこの決定力。

どんなに攻撃を組み立てられようが、ゴールが決まらなきゃ意味がない。

価値ある決勝ゴールを岡崎が挙げた。

Zimg_5506

同点に追いついてから、

オマーンのスタジアムは雰囲気がやばかった。

オマーン国民の歓声で、ジャッジの笛も通らない。

スタジアムが沸騰していく姿が

テレビからも窺えた。

Zimg_5513

決勝ゴールは、

途中出場の酒井高徳が左サイドを持ち上がり

そしてクロス。

ペナルティエリア内で、無理な姿勢から遠藤が繋ぎ

岡崎がゴールへ押しこんだ。

Zimg_5516

清々しく力強い決定力。

これがあるかないかが実力だ。

いくら攻撃過程を評価しても、献身的に守備をしたといっても

この決勝ゴールが生まれなければ

何も意味がない。

Zimg_5521

岡崎は同じようなゴールシーンが多い。

最後に押し込む役割。

そうしたポジショニングができている。

最後に押しこむことができる岡崎の能力。

何度も同じようなゴールシーンを見てしまうのは、岡崎の力なのだ。

Zimg_5541

先取点は逆光の中で、非常に上手く獲った。

ロンドンオリンピックを戦った清武が

A代表でも頭角を出す。

先取点は日本全体の力が、丁寧に出た。

左サイドを上がった長友が、顔トラップでボールを受け、中に折り返し

清武の先制ゴール。

Zimg_5542

オマーンの同点ゴールは

フリーキックだが、

グラウンダーのシュートが、壁をするっと抜けて入ってしまった。

オマーン選手と一緒に飛びあがってしまった日本ディフェンス。

川島はまるでボールが見えなかっただろう。

Zimg_5563

理想的な組み立てをした先制ゴール、

なにがなんでも決定力の決勝ゴール。

日本代表の二つの面を存分に見ることができた。

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

オリコンデイリー1位 「SURVIVE!!」 アフィリア・サーガ・イースト

Zimg_4351

アフィリア・サーガのニューシングル

「SURVIVE!!」がオリコンデイリーで首位発進となりました。

首位だと、

オリコンHPのトップにもジャケットが載るからいいね。

初日に4567枚の売り上げ。

これから一週間、都内や関東のあちこちで

インストアイベントを繰り広げられます。

Zimg_4354

なのに、なのに、

ハニロウは事故って静養中のため、何一つ貢献できず。

無念。

申し訳なくてサーガメンバーの誰にも顔向けできんわい。

Zimg_4356

体全身の打撲は、痛みが引いてきた。

肋骨の骨折箇所は長くかかるのがわかってる。

ただ、骨折のない左手が

いまだ力が入らず、痛いんだよね。

これってどうなんだろう。

Zimg_4359

でんぱ組.incが

外の世界、メディア全体に向かって発信するのに対して

サーガはどうしても

アニメ、ゲームというカテゴリー内で

収まりがちなのですが

この曲のヒットで、表の社会への突破口を切り開けたら。

Zimg_4387

サーガの応援まっさかりに思えたこの一週間、

痛みに堪えながら、回復を待つ日々になるとは。

咳が出そうになると恐怖。

健康を俺にくれ。

Zimg_4422

なにわともあれ、1位とはいいもんです。

これから七日間の順位変動がどうなるかはわかりませんが

初日で1位。

あとはどうにでもなれ~。

Zimg_4431

来月は品川で

ワンマンライブも開催される。

その頃には体が全快してることを祈る。

Zimg_4434

| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

町田ゼルビア  JFL降格決定

Zimg_2008

本日のJリーグ臨時理事会にて

町田ゼルビアのJ2退会と、JFL復帰が決定した。

どれだけ不貞腐れても落ちようがないJ2だったが、

ようやく健全なピラミッドスタイルが生まれたといえる。

1部と3部以下は、昇降格を備えた健全な体制があったのに

2部だけが、降格なしの異常な14年間だった。

Zimg_2072

J1、J2、JFL、地域リーグ、同2部、都道府県リーグ1部、同2部、同3部、支部

大体、どの地域でも

このような9カテゴリーで成り立っている。

どんな小さなサッカーチームでも、リーグの年間優勝や入替戦を征していけば

J1にまで到達するのが、サッカーの特徴だ。

Zimg_2408

J1、J2、JFL、地域リーグ、同2部、都道府県リーグ1部、同2部、同3部、支部

隣近所の町内でサッカーをやっていた

支部リーグから

県3部のリーグに這い上がることも可能だ。

そして毎年、県2部、県1部と上がっていき、

県のトップを目指す。

Zimg_4487

J1、J2、JFL、地域リーグ、同2部、都道府県リーグ1部、同2部、同3部、支部

県の頂点を極めたなら、

今度は幾つかの隣県をまとめた、

関東リーグ、中部リーグ、関西リーグなど、

地域リーグの2部に突入する。

そして地域リーグの1部へ。

Zimg_4525

J1、J2、JFL、地域リーグ、同2部、都道府県リーグ1部、同2部、同3部、支部

各地域リーグの優勝チームを集めた

全国地域リーグ決勝大会は、

カルトな人気を誇る短期決戦だ。

そこを征すれば、初めての全国規模となるJFLに参加することになる。

そんなJFLなので、

末端の9部から数えれば、天にあるような3部リーグ。

町田ゼルビアは、その誇りある3部、JFLで来年は頑張ってほしい。

| | コメント (0)

V・ファーレン長崎  満場一致でJ2入会承認

Zimg_2112

本日のJリーグ臨時理事会にて

満場一致で

JFL優勝チーム、V・ファーレン長崎の

J2リーグ入会が承認された。

ヴィファーレンも来年からJ2だ。

Zimg_2121

これまではJ2へは入る一方だったが

定員の22チームに達したということで、

長崎と入れ替わるべく

初の降格チームが生じた。

J2で最下位の22位だった町田ゼルビアは

来年からJFLに所属となった。

Zimg_2127

たった一年でのJFL転落。

J2を味わえたのは一年間だけだった。

やはり現実は厳しい。

私は町田ゼルビアのJFL時代しか知らないのだが

何かいい要素があればと頭を捻るも出てこない。

Zimg_2129

町田市陸の客席には

フットボール通がそれなりにいるぐらいで、

町田ゼルビアのファンなんだという

地方都市のクラブに見られる熱烈な地元ファンが非常に少なかった。

町田という街の所在が、色々と難しい。

Zimg_2132_2

町田は小田急線的にいえば、

世田谷区を抜けて川崎市に入り、

そこからまた東京都に復活して町田という順序。

神奈川県より遠い、東京都というイメージを

抱いている沿線住民も多いだろう。

Zimg_2746

町田市民は

新宿を中心とした土地意識で

精神構造が成り立っている場合が多く

地元クラブに対する帰依が見られない。

静岡の地方都市で、

なんも見つけられず、そこにあったよ清水エスパルス、みたいな

地方の憂さを晴らすべく道具にはならない。

Zimg_2750

町田にとっての唯一の可能性は

隣の相模原が

同一カテゴリーに上がってこれば

そこで初めて、

ダービーが開催される点だ。

だがその前に、

来年を乗り切るものを見つけ出さないと。

| | コメント (0)

2012年11月11日 (日)

J1昇格プレーオフ  京都×大分 横浜×千葉

Zimg_5599

というわけで、一週間後の日曜日は

プレーオフの準決勝が開催される。

ちなみに今年は土曜J1、日曜J2という割り振りを徹底したのだが

どうだったでしょう。

個人的には、あんまり意味なかったんじゃねえの?って感じ。

来年はやめてほしい。

Zimg_5600

でまあ、昇格プレーオフですが

順位が高い方のホームスタジアムで開催されるのですが

最も特徴的なのは、同点の場合。

同点で90分間が終わると、延長戦もPK戦も一切行わず

リーグ戦の上位チームが勝利。

これは画期的だ。

Zimg_5633

中立地での決勝、国立競技場でも

やはり同点の場合、

リーグ戦の順位が上のチームの昇格が決定する。

このレギュレーションにより

ある意味、京都は1点もとらずに昇格を決める可能性もある。

Zimg_5641

リーグ戦の結果を尊重した形。

ドローでもいいという状況は

W杯のグループリーグ突破でも、似た条件が現れるし

慣れている人も多いだろう。

リーグ下位チームは、ドローでは駄目というリスク覚悟で臨むし

上位チームは、相手がドロー狙いで来ないという有利さを持つ。

Zimg_5647

ただ、この短期決戦、

どこが昇格を射止めるのかわからない。

サポーターの応援という要素を考えたとき

準決勝で三ツ沢に集まり、決勝で国立に集まるジェフサポは

非常に多いだろう。

潜在的なジェフサポ(普段はもう行かないが、サポ復活的な)も多数出現するだろう。

次の日曜日、

三ツ沢は黄色に染まっているかもしれない。

| | コメント (0)

V・ファーレン長崎 JFL優勝  J2入りは…

Zimg_7023

本日のナイトゲーム、

2位の長野が敗れたため、

残り一節を残して、

首位の長崎のリーグ優勝が決定した。

3部リーグであるものの、長崎という地方都市が優勝を果たしたのは素晴らしい。

そしてJ2入りの公算も、金銭的な問題がクリアできれば、可能性は高い。

Zimg_7025

長崎にとってここまでは薔薇色だった。

だがここから先は

非常に困難な状況が待ち構えている。

岐阜や町田など、

J2に入るまでは、あんなに輝いていたチーム達が

いかに苦難を抱えることになったろう。

Zimg_6982

四部の全国地域リーグ決勝大会で

激しい泥試合を演じていた時代。

あの頃の上だけを見続けた心地よさと違い、

いざJ2に入ると

そこから先は、ぐつぐつと煮えたぎった魔境が待っている。

Zimg_7030

勝利、勝利で快進撃を続けてきたチームが

まるで勝てずにシーズンを終える。

なんだかんだで、やたらかかる金。

気づけば借金の山と、客入りの少なさ。

Zimg_7037

長崎にとって糧となるのは

他の大都市から距離が離れていること。

そして地元テレビ局の存在だ。

岐阜は名古屋圏になり、町田は東京圏で扱われる対象にならず、

この2チームは地元マスメディアが希薄で、

プッシュが何一つ得られない状況だ。

Zimg_7054

比べて長崎は

県内の民放ローカルも4局あり、NHK長崎もありで

ヴィファーレンを後押しする状況にある。

是非、推してほしい。

Jリーグの試合が地上派で流れないと言われる昨今だが

清水エスパルスの試合は、デーゲームの多くが土日に地元民放で生放送しているし

ナイトゲームすら、キー局のゴールデン特番をネットせず、

清水の試合をオンエアしたりしている。

そのぐらい長崎にもやってほしい。

Zimg_7057

岐阜はまだNHK岐阜が

かろうじてフォローしてくれているが

町田はそこにマスコミが存在しえるのかというレベルで

何も情報が発信されない。

町田は長崎と入れ替わって、JFLに落ちる公算が高い。

Zimg_7058

なぜ長崎がJ2入りできそうかといえば

国体の順番が回ってきて、

新しい陸上競技場を造ってるから。

町田のスタジアム改修も、東京国体のためのもの。

所詮、Jリーグごときでスタジアムが建つ金は出ない。

    

町田がJ2至上初の降格チームとなるのか。

最終的な決定は、長崎の金回りの調査があるので、少し待つかもしれない。

| | コメント (0)

湘南ベルマーレ J1昇格決定  京都はプレーオフへ 町田は…

Zimg_6090

J2のリーグ戦、全日程が先ほど終了した。

前節まで2位につけていた京都はドロー。3位転落で昇格ならず。

また、湘南は勝利で飾って、2位に浮上。J1昇格が決定した。

甲府と湘南のJ1昇格でリーグ戦は終わったが

もう一枠を巡って

3位~6位の4チームがプレーオフです。

Zimg_6095

2位 湘南 75

3位 京都 74

4位 横浜 73

5位 千葉 72

6位 大分 71

という形で、綺麗に勝ち点が1差ずつ並んだ。

    

75点の2位湘南は自動昇格し、74以下の4チームがプレーオフ。

早々と優勝を決めた甲府は、勝ち点が飛び抜けているし、

6位と7位の勝ち点差も開いているため、

まさにプレーオフのための4チームだ。

Zimg_6098

そして最下位の22位でフィニッシュした町田ゼルビア。

3部リーグのJFLは

J2に昇格できる資格を持つ長崎の最終順位が、命運を分ける。

長崎はすでに2位以上でのフィニッシュが確定。

優勝して自動昇格か、それとも2位で入替戦か。

     

今夜の試合で2位の長野が勝てなければ、長崎のJFL優勝とJ2昇格が決まり

町田のJFL降格が決まる。

J2からJFLへの降格は史上初だ。

J1からJ2へ史上初の降格をした札幌の記録に肩を並べる。

    

だが長野が今夜勝てば、JFLはあともう一節あるので、じらされる。

果たして町田は自動降格するのか、それとも入替戦の望みがあるのか。

Zimg_6103

新設のビッグサイトエントランスのコスプレ広場。

逆さピラミッドがすぐそば。

屋上広場より、さらに近くに感じられる。

ただ、レイヤー密度も少ないので

多くのレイヤーさんに会いたいなら、やっぱり混雑してる場所に踏みこむしかない。

Zimg_6121

寝起きが一番つらいです。

痛み止めが前に服用してから12時間経ち、

効き目が失われているから。

やっぱりこれぐらい本当は痛むのねって実感。

あと、寝返りが打てないので

体の節々が、特に腰が痛くなってる。

左手や左半身も、痛み止めなしなど動かせないね。

肋骨なんて折るもんじゃないです。

| | コメント (0)

J2最終節

Zimg_4760

J1は12月まであるのですが

J2は一足早く終了。

ナビスコカップとかもないし、

普通に日程をこなしていけば、無理なくこのぐらいで終わる。

年間ホームゲームも21試合開催で、理想的。

Zimg_4763

そしてプレーオフに突入。

3位~6位までの4チームが参加。

そこから1チームだけJ1に昇格できる。

勝ち点的にも団子状態だし

プレーオフ導入は良かったと思う。

Zimg_4789

J1のチーム数を減らして

プレミア化したい人もいるようだが

まず失敗に終わるだろう。

もしもJリーグが世界のトップリーグならば、話は別だが

各上のリーグが世界のあちこちにある時点で

プレミア化など、すでに不可能なのだ。

Zimg_4801

そもそもが、よくも悪くも

突出したチームのない団子状態だしね。

その点においては

J2のプレミア化が言われるべきだ。

J2は上位半分と下位半分の戦力差が激しく、勝ち点に大きな開きもある。

Zimg_4805

だがそれでもやはり

J2は現在の22チーム体制を貫くべきだと思う。

その理由のひとつは

興行として見たとき、年に一度、日本の様々な土地のチームがやってくるという

スタンスが貫かれた方が面白いからである。

プロスポーツは金儲けの興行でもある。

マイナーなチームばかりが揃えば揃うほど、年に一度で充分であり

二度も三度も来られても萎える。

| | コメント (0)

« 2012年11月4日 - 2012年11月10日 | トップページ | 2012年11月18日 - 2012年11月24日 »