« 2012年10月28日 - 2012年11月3日 | トップページ | 2012年11月11日 - 2012年11月17日 »

2012年11月4日 - 2012年11月10日

2012年11月10日 (土)

ブラックゴールドソー

Zimg_1687

日常がちょっとずつでも

回復していけたらね。

今日もまた人を怒らせ、

それでもたらたら生きてくよ。

Zimg_1639

鎮痛剤の影響で

意識までどろんとしてる。

それはそれでいいかと

思ってる。

Zimg_1633

エイリアンズのクラシックギターは

フォークギターにはない

音色を奏でていて、艶やか。

だがエレキギターなら、どうにでもなるのかな。

Zimg_1075

パンスト姉妹。

パンティのセックスシーンは

えの素にあるような

極めて記号的なもの。

Zimg_1037

ニーハイスタイルのストッキングが

世の中増えてきた。

仮面のようなスポーツカーが火を吐いた。

Zimg_0983

喉さえ楽になればね。

咳と痰に怯える日々。

咳をしそうでしないまま何時間も経過したり。

Zimg_0982

事故の翌日、

思い切り痰を吐いたら、ぼきって肋骨が鳴ったからね。

激痛で涙とまらなかったし。

まるで僕らはエイリアンズ。

| | コメント (0)

遥か空にボーイング 音もなく

事故から丸三日経って、

肋骨の骨折箇所以外は、だいぶ楽になった。

左手の握力も半分ぐらい回復したし

左半身全体の打撲による痛みは、かなり軽減した。

顔と頭の裂傷も瘡蓋に。

    

まあ痛みどめを飲み続けて、そんな感じなので

本調子には遠いけど。

   

サーガのシングル発売イベントが

一週間に渡ってある。

行きたかったなあ。

    

清水の試合やアメフト、コスイベ、その他もろもろ、

行けたら良かったんになあ。

   

体重がたった三日間だけで、一気に増量してしまった。

治ったらダイエットだな。

今も気をつけねば。

    

志賀直哉の城の崎にて

みたいな最近。

生きていて痛い。

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

自信ない日々  苦痛

自宅で静養してます。

    

じっとしてるだけで痛い。

ベッドで寝ても、痛くて寝返りがうてない。

結果、まとまった睡眠はとれない。

常時、眠くて、でも体の痛みで寝させてもらえない。

   

椅子でまどろんでいても、同じ姿勢がつらくなり、

ベッドに寝ても、やはり同じ姿勢がつらくなり、

あちこちを点々と、24時間移動を続ける。

    

そして体を動かすと、当然痛い。

ベッドに寝るのは比較的楽だが、起き上がるのは30分がかりだったり。

痛くて起き上がれない。

でも寝たままでも痛い。

    

最悪なのが咳。

一発でかいのを咳きごんだら、ぼきっと音がして

さらに肋骨が折れた感じ。

涙だらだら、10分ぐらい呆然と痛みに堪えた。

   

軽い咳でも、脇腹を鉄パイプで殴られたぐらい、痛みを感じる。

    

痛みどめや鎮炎症剤を飲んでいるし、

肋骨をバンドで圧迫して固定しているのだが

それでも痛みは続く。

    

気管支炎と肋骨骨折を同時にやると、本当地獄だ。

咳さえ出なきゃ、まだいいのに。

咳は自爆行為。

    

良かったのは、左手が半分ぐらいの本調子に戻った。

力は入らないが、要所要所で痛みを我慢すれば使える。

    

顔と頭の擦り傷がグロテスクで

血まみれルックスの影響で、周りの人達の関心を集め、

救急車をすぐに呼んでもらえたのだが

やはりグロテスクな容姿はなかなか治らず。

    

空中に放り出されて、頭からアスファルトに突っこんだのを覚えている。

三度、アスファルトに頭を打ちつけた。

勢いで。

それが裂傷だけで済んで、頭と首の中身がまるで痛くないのは、良かった。

    

左の手のひらが全滅状態で痛々しいが、

無意識に左手で受身をとるぐらいの

反射神経は、まだ私に残っていたらしい。

    

天皇杯は次が、セレッソ大阪と対戦だそうで。

大阪市長居陸上だそうな。

Jリーグは残り三試合。

前の新潟戦は、ヨンアピンが非常に悪かった。

悪い予想だが、

ナビスコカップ後の過ごし方が良くなかったのではないか。

すぐにボールを出さずに、

二手先まで読んでから出すというヨンアピンだが

新潟戦はただ鈍間なだけのDFになってしまった。

本調子の彼を取り戻してもらいたい。

| | コメント (0)

2012年11月 7日 (水)

清水エスパルス 0-1 アルビレックス新潟  アウスタ日本平

午前中に交通事故に遭いまして

救急車で運ばれ

肋骨骨折と左半身打撲と頭部裂傷で

帰宅したハニロウですが、

テレビで見てたよ、この試合。

     

なぜにここまで予測を越えない内容になってしまうか。

    

だが、タスキエリアが元気よく健康そうなのは

なによりでした。

脇腹の痛みもだが

左手使えないと、服も一向に着られないし、トイレも面倒だし

パソコンも右手で一つずつボタンを押す具合でしんどい。

    

残り3試合。

困難な相手ばかり。

優勝の可能性もこの敗戦をもって消滅。

   

肋骨骨折で気管支炎がいかにしんどいかという現在。

| | コメント (0)

骨折した

自転車運転中に、

鉄パイプのガードレールにぶつかり

体が空中に投げ出され、アスファルトに叩きつけられた。

    

背中から脇腹の痛みが激しく、左手の感覚がない。

だが周囲の人らは、頭の流血に驚いていた。

顔も頭も血まみれ。

でも痛いのは、そっちより脇腹。

   

救急車を呼んでくれた通行者の方がいて

搬送された。

本当に感謝。

救急車内では乗り降りや、体の向きをかえるのが激痛。

   

病院では、

やはり頭と顔の傷はたくさんあるが、縫わなくてなんとかなると言われた。

CTで脳に異常なし。

レントゲンで肋骨の骨折判明。

   

車椅子で検査に連れ回され、まあ、色々検査して、骨折だけということに。

左手首はいまだ痛みで使えないのだが、

打撲どまり。

  

右手だけでキータッチ。

    

怪我してない部分を動かすでも

すべて折れた肋骨に負担がかかり

激痛で動けない。

    

自分の汚らしい生き様に天罰が下ったのだろうか。

予定はすべて白紙化。

    

入院しなくて良かった。

だが困難。

| | コメント (0)

交通事故 肋骨骨折した

救急車で運ばれたが、現在自宅に戻れた。

脇腹の痛みで不便な生活になりそうだ。

| | コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

120分間の戦い 負けた

Zp1770553

延長戦の前半が始まってすぐだった。

西日を浴びる清水選手。

林の背中をサポーターで支える。

だが、それは本当に、あっさりと、

鹿島がゴールを決めた。

どんな過程だったかは覚えていない。

ただ、鹿島の選手がゴールを決める姿だけ記憶に残っている。

Zp1770555

そして延長戦の後半でも追いつけず、

最後は曽ヶ端の時間稼ぎを見させられ

試合終了。

負けた。

    

また繰り返してしまった国立ファイナルの敗北。

よくやったよと選手を褒め称える人達。

たいしたものだ。

俺はハラワタ煮えくり返って、怒りだけだ。

そして泣く。

   

ナビスコカップ 2012 終了。

| | コメント (0)

90分終了 1-1で延長戦へ

Zp1770547

後半の清水は、西日を浴びて戦った。

GK林の背中をサポーター全員で支える。

だがその林がPKをとられ、鹿島が先制。

そのすぐあと、今度は清水にPK。

これを大前が決めて同点。

なんとも家本だった。

Zp1770548

同点に追いついてからは、

絶対ここでタイトルを獲るしかないんだという

強い気持ちが、ゴール裏全体に生まれた気がする。

    

残り15分、15分で結果を出す。

| | コメント (0)

0-0でハーフタイム

Zp1770544

前半はこちらに清水が攻めてきた。

西日対策を鹿島が仕掛けてきたわけだ。

国立は陸上トラックの半円カーブがあった上で

客席の傾斜もゆるいので

西日の影響がそのまま出る。

Zp1770541

西日を背中に浴びる前半のうちに

どうにかしたかったが

スコアレスで終わった。

背後の電光掲示を試合中、何度か見ていたが

時計の方は動いてなかったみたいだ。

Zp1770542

そして後半へ。

水を2リットル用意してきたのだが、

すでに前半で

ほとんどなくなってしまった。

後半以降は、砂漠の水のように大切に飲んでいった。

| | コメント (0)

ゴスペラーズ 君が代

Zp1770534

君が代は歌うに難しく

どんな歌手でも出だしの音を間違え、

音程とテンポが好い加減になる。

だがそこを

ゴスペラーズは正確なピッチと音程でまとめあげた。

Zp1770536

ゴスペラーズが長いこと

飯を食っていけてる姿は

大したものだと感嘆する。

それはJリーグの歴史と同じぐらい、ロング&ワインディングロードだった。

Zp1770538

完売で満員の国立。

埋め尽くされたバックスタンド。

取壊される前に、必ず優勝したい。

| | コメント (0)

巻き上げられたビッグフラッグ

Zp1770522

そしてビッグフラッグは巻き上げられた。

高速で下へおりていく。

炎天下に我らは復活した。

Zp1770524

一斉に挙げられたゲーフラ。

いよいよキックオフ。

入場した選手達は整列し、

国立の舞台に立つ。

Zp1770525

国立を目指してしまうと

国立に行くどまりになる。

優勝を狙わなくては

優勝できない。

Zp1770526

どれだけナビスコカップを掲げる自分を

選手達が想像できたか。

国立まで行けば、あとはどうにかなるじゃない。

ナビスコカップを掲げなきゃゼロだ。

Zp1770529

優勝した自分を

思い描けなければ

優勝はできない。

Zp1770530

決して強い相手に負けたわけじゃない。

勝つこつを知っているチームに負けた。

Zp1770531

試合後の監督・選手のコメントを読むと

大前封じが成功した点で

鹿島に分があり、清水はつらかったようだ。

そんな試合内容は、陸上競技場のゴール裏だからわからない。

ただ、命懸けでボールをゴールネットに突き刺す

その姿が見たかった。

| | コメント (0)

8回のファイナル敗退  清水に何をもたらしたか

Zp1770517

92年 ナビスコカップ・ファイナル敗退

93年 ナビスコカップ・ファイナル敗退

98年 天皇杯・ファイナル敗退

00年 天皇杯・ファイナル敗退

05年 天皇杯・ファイナル敗退

08年 ナビスコカップ・ファイナル敗退

10年 天皇杯・ファイナル敗退

12年 ナビスコカップ・ファイナル敗退

Zp1770518

Jリーグが始まって20年。

8回のファイナル敗退。

この多さは飛びぬけていて

選手や監督が変わっても

なぜに続いてしまうのか。

Zp1770519

私が出した結論は

国立を目指すんじゃなく

優勝トロフィーを掲げる自分を思い描け。

それに尽きる。

国立を目指してしまった時点で、そこで終わってしまう。

あくまで思い描くのは

優勝トロフィーを掲げる自分なのだ。

| | コメント (0)

燃えるオレンジ  国立の炎

Zp1770515

もちろん練馬ナンバーの街だけで、

日々の生活は終わらない。

アイドルオタをするために行く秋葉原、

千代田区外神田は品川ナンバーエリアだし

カメコをするために行く有明、

お台場の大部分は足立ナンバーエリアだ。

Zp1770516

ただ、やはり、生活の重心として

練馬ナンバーエリアがある。

渋谷にたまに行く機会があると

人の多さにうんざりし、

池袋ぐらいがちょうどいいわと思える。

Zp1770513

準決勝のFC東京戦は、

久しぶりのタスキエリアとなったが、

神がかった試合だった。

あのミラクルをこのファイナルでも起こさなきゃいけなかった。

起きなければ、

この順当で残酷な結果が下る。

Zp1770514

清水は国立で力尽きた。

そして日数を開けずに、リーグ戦で新潟がやってくる。

新潟はこの日本平の試合を

崖っぷちの天王山だと思って、死闘してくるだろう。

その意気ごみを蹴散らせる力、

これこそタイトルを獲るために最も必要とされるものではないか。

| | コメント (0)

清水エスパルスはなぜ優勝できなかったのか

Zp1770506

まあ、自分が好い加減な態度と行動で

色んな人に迷惑かけつつ

それでも厚顔無恥に

カップ戦のファイナルだからと、

ゴール裏にやってくる。

Zp1770507

それは

ゴール裏の面々に対し

おまえらに気を遣う筋合いなんかまるでないから

という意志である。

Zp1770510

何が起ころうとも

ゴール裏で好き勝手にやるのが

ゴール裏のゴール裏たる所以だ。

Zp1770511

どうでもいいようでいて、面倒であって

そんな穢れを背負うのも

日本の文化伝統であり

その点においても、なんら問題ない。

Zp1770512

なんでもかんでもすっきり片付けようなんて

大間違いで

しこりも濁りも含んだまま

エスパルスを応援すりゃ、それでいいのだ。

| | コメント (0)

ビッグフラッグ広がる

Zp1770501

外から見れば、清水のエンブレムが

ゴール裏に広がっているのだろう。

内から見れば

ゴシックな油絵が視界いっぱいに広がった印象。

この抽象派の大胆な色遣いが

サポーターを熱狂させるのだ。

Zp1770502

ビッグフラッグは外に対するアピールだけじゃない。

内に隠された人間達を興奮させる。

爆発していいか、爆発するぞ、

そんな意気ごみをサポーターに芽生えさせる。

そう、このビッグフラッグが広がった時点が、ピークだったとも言える。

Zp1770503

希望に溢れたビッグフラッグ広がり時。

何も恐れるものはないオレンジ魂。

燃えるオレンジは国立を呑む。

Zp1770504

まあ、実際、自分が再上京して

練馬ナンバーの土地で暮らしてるわけですが、

やっぱ練馬ナンバーの街が

一番かなと思ってます。

品川ナンバーの街は、何をするにも金がかかりすぎるし、

足立ナンバーの街は、昔からの先住民に対するコンプレックスがある。

Zp1770505

練馬ナンバーの街で

寝起きして、畜生馬鹿野郎と不満抱えて

そんな池袋の喧騒が

好きだ。

| | コメント (0)

コレオグラフィーで選手入場

Zp1770495

両ゴール裏とも

コレオグラフィーの実施はなかったが、

Jリーグ側がバックスタンド客席にボードを配り

バックスタンドのみ

コレオグラフィーが実施された。

Zp1770498

強かったから好きになったチームじゃない。

二十代を挫折して都落ちし、

静岡に戻っていた時期だった。

田舎は暇で、リア充でない自分には、どうしようもなくて

ふらっと行ってしまった日本平。

アホみたいに毎日通った三保の練習場。

清水エスパルスがそばにあったから、応援した。

Zp1770496

マスコミ媒体通じて、魅力を感じたような

プロ野球や相撲、オリンピック、その他のスポーツとは違う。

そばに清水エスパルスがあった。

だから応援した。

再び上京もした。人生のやり直し。

八年が経った。

いまだタイトルが獲れない。

Zp1770497

なぜ清水を応援するのか。

この感覚は、テレビやマスコミ主導でスポーツを好きになる人にはわからないだろう。

静岡だからエスパルスだった。

この静岡のオレンジ色の人達全員に、タイトルを獲ってもらいたかった。

それは怒りと涙だ。

| | コメント (0)

清水エスパルス選手紹介  国立ナビスコ

Zp1770430

4年前のナビスコファイナルで、

登録されていたのは、控えGKの海人だけ。

他は全員、4年前のナビスコファイナルを知らない選手達。

そのぐらい激しく入れ替わった今の清水。

Zp1770435

26歳のキャプテン平岡。

年長者として

清水を引っ張る。

Zp1770438

PKでやられたあと、

すぐにPKを得ることができ

大前がそれを決めたのは本当に素晴らしかった。

ただそれは喜びではなく

極度な不安から抜け出る安堵だった。

周りのサポーター達も、さほど喜びを表してはいなかった。

Zp1770441

延長戦で、

鹿島にゴールを決められたとき

その重さを振り払うべく応援した。

だが、

最後まで結果が得られなかった。

Zp1770449

太陽を浴びたゴール裏の戦いは

また無に終わった。

カップ戦は優勝しない限り無だ。

Zp1770457

天皇杯で浦和に負け、

ナビスコカップで大分に負け、

天皇杯で鹿島に負け、

そしてまたナビスコカップで鹿島に負けた。

Zp1770469

どうしても勝てない。

八年間見守ったが、やはり勝てない。

勝てない清水。

Zp1770482

ニューヒーローが誕生したが

このニューヒーローが上手く育ったところで

やはり他所に逃げる宿命にある。

今の0円移籍市場において

何が清水を清水たらしめるだろうか。

| | コメント (0)

鹿島アントラーズがナビスコカップ連覇

Zp1770389

鹿島アントラーズは曽ヶ端、小笠原、岩政、青木という

ベテランどころが非常に憎らしい。

このファイナルの結果について

事前予想が当たったという

サッカーファンは多かったのではなかろうか。

その予想を覆す力が欲しかった。

本田の紹介では激しいブーイング。

Zp1770386

終わったあと、

ああしてこうするべきだった、という考察は

誰にだって簡単に言える。

それは隙のない完璧な正論だろう。

そんなくだらなさは放っておいて、

決戦にリアルタイムで臨み続ける選手とサポーターの緊張。

| | コメント (0)

国立競技場に三本の旗

Zp1770388

清水エスパルス旗、Jリーグ旗、鹿島アントラーズ旗。

清水が幾ら選手を育てても

他所へ逃げてしまう宿命にあり

そんな中、

タイトルを獲れるチームになるには、どうしたらいいか。

| | コメント (0)

山岸脱ぐ

Zp1770382

清水のゴール裏を訪れた山岸舞彩が

コートを脱いだ際、

「脱いだ脱いだ」と

盛り上がったゴール裏サポーター。

Zp1770383

大前の同点PKゴールは

決まってほっとしたという安堵が強く、激しい喜びは蔓延しなかった。

この「山岸脱いだ」が

ナビスコカップ一番の盛り上がりポイントだったのではと

後日思った。

それくらい、何もないんだよ。敗者には。

| | コメント (0)

団結清水2012 国立競技場

Zp1770369

暑くて暑くて仕方ないホームゴール裏。

応援の声援で

さらに熱く。

Zp1770370

何をするにも遅くはなく

一歩踏み出した世界。

清水の優勝を必ず。

Zp1770374

西日が徐々に強くなってきたゴール裏。

この太陽を浴びながら

決勝戦が始まる。

| | コメント (0)

マボロシのナビスコカップ

Zp1770348

アップする選手達を

たくさんの旗が後押しする。

旗を作るのも、また一つの応援。

大きな弾幕で思いを。

Zp1770351

準決勝の2nd。

アウスタ日本平のFC東京戦は神がかっていた。

決勝進出が決まったときの高揚は

もはや何もない

ファイナル敗退後。

Zp1770355

まあ、座席に関しては、

かなり前の日にちから

国立周りに延々と養生テープで

順番が叫ばれ、

前日からはテントを張って徹夜の番で、列整理に持っていく。

そしていざ、当日の入場となったとき

人々は消耗し尽くされているし、

彼らが獲った場所に呼んだ知り合いは、応援はしない。

この繰り返しこそ、清水エスパルスの良くも悪くも伝統だ。

Zp1770356

そんな人々でも乗れたのが

メガダンだったろうし

見栄えは悪くなかった。

だが現在のノンストップ応援、サンバ縮小となり、

応援するしないが、ゴール裏において、差が広がってしまったのも事実。

この日の試合、前列応援チームとタスキの間が、デッドすぎた印象が強い。

こんなことを愚痴るのも

タイトルが獲れなかったせい。

獲れてたら、それでいいと全部許して喜んでるはず。

| | コメント (0)

オレンジの紙レープが舞う国立

Zp1770343

普通、勝利のあとに舞うことが多い紙テープですが

今回は

選手達がアップで登場した際、

一斉に投げ入れられました。

Zp1770344

これができるのも

ピッチが遠い陸上競技場ならでは。

清水のゴール裏から

オレンジの噴水が湧き起こる。

Zp1770345

実際、試合に負けて

非常に悔しく

鹿島が喜ぶ様を見せつけられるのが

ひどい苦痛だった。

Zp1770346

鹿島は順位が低いけど

降格することはさすがにないだろうし

今年はこのタイトルでよしといったところか。

Zp1770347

過去四回のファイル挑戦で

浦和や大分のサポーターの喜びようといったら

凄まじいものがあり

こちらは圧倒された。

だが鹿島サポーターは、どうもそんなに喜びが爆発しているようにも思えず

あれがイヤミだ。

Zp1770341

カシマサッカースタジアムも、

見易さをとことん追求した反面、

ピッチレベルのない客席だ。

あの平凡さも、

日本平ほどの席取り合戦を生まず、つまらない。

Zp1770340

清水のサポーターは

席取りに異常なほど

体力を使い果たしてしまい、

そこで終わってしまった感もある。

開場して30分ほど経ち、まだガラガラの鹿島ゴール裏に対し、

ほとんど空き席がなかった清水のゴール裏。

そこで終了した感は拭えない。

| | コメント (0)

私の旗 清水の旗 オレンジのゴール裏

Zp1770310

私が振っていた旗。

勝利を願う旗。

Zp1770311

陸上競技場なのでピッチは遠いが

想いを伝える。

8トラックの半円カーブを乗り越えた先の戦場。

Zp1770318

太陽を視界に入れて

目をくらませながら振る旗。

オレンジの旗が太陽に。

Zp1770295

そしてオレンジの紙テープ。

勝利を呼び込め。

| | コメント (0)

天に突き刺す旗

Zp1770300

そして一斉に旗が

天に向かって突き出された。

今回はコレオグラフィーはやらず、

旗での応援がテーマ。

Zp1770303

旗が一斉に振られる。

勝利を願い

客席の外観を高揚させる旗。

Zp1770315

選手に届ける熱き思い。

旗が大量に振られる様は

客席が沸騰するよう。

Zp1770316

風に乗って

旗は舞う。

強きエスパルスを。

Zp1770324

国立にオレンジのプライドを。

清水エスパルスが

開花するとき。

Zp1770330

大分トリニータに敗れたとき

大分サポーターは西日を集め

青き壁をゴール裏に作った。

Zp1770331

天皇杯で敗れたとき

浦和レッズの轟く声援、

鹿島アントラーズの赤い壁、

それらが強く迫ってきた。

Zp1770332

今度は清水エスパルスが

オレンジの息吹で

相手を圧倒する番だ。

| | コメント (0)

ゲーフラ開花  清水エスパルス登場

Zp1770321

過去三回と違い

ホーム側に陣取った清水サポーター。

オレンジユニで

国立に突撃。

Zp1770296

清水エスパルスの

長い長い時間に渡る悔しさを

ここで晴らす。

Zp1770298

フットボールを越えた

清水という土地の

挑戦。

Zp1770306

吉が三つで三吉。

サンバの踊りで

日本一を。

Zp1770317

オレンジの魂。

オレンジの血流。

オレンジの情熱。

Zp1770319

頂点を目指してきた。

日本一の栄光を。

つかみとりたい。

Zp1770320

よく晴れた秋空。

ナビスコカップの決勝戦。

戦いはいつだってシビアだ。

Zp1770292

勝つことに意味がある。

それがカップ戦。

ファイナル。

Zp1770293

絶対に勝ちたかった。

ハニロウ四度目の国立ファイナル挑戦。

| | コメント (0)

勝ちロコまで90分前……のはずだった

Zp1770283

清水エスパルスの選手達がピッチに登場。

一斉に掲げられたゲーフラ。

頂点を獲る。

Zp1770282

もはや応援チームも個人も関係ない。

団結清水。

オレンジが一体となり勝利をつかみとる。

Zp1770286

キックオフ45分前。

ニューヒーロー賞は清水の石毛がゲット。

現役高校生だが、ナビスコカップ出場。

Zp1770289

勝つことが何よりも大事。

結果を出す舞台。

Zp1770294

勝ちロコをやるために。

そのために。

| | コメント (0)

ビッグフラッグ運びこまれる

Zp1770275

中央通路にビッグフラッグがやってきた。

中央通路は狭いのだけど

客席側の通路は狭いほうが、傾斜角も失われず、いいかなと思える面もある。

だがコンコースは目一杯広く。

Zp1770279

いよいよです。

選手もやってきそうな気配。

| | コメント (0)

陸上トラックに張り出した弾幕

Zp1770269

弾幕も国立を清水色に染めるための大事なもの。

本当なら、ナビスコ旗が張られているところに

弾幕をつけたいわけですが

そこはスポンサーとの折り合いもある。

Zp1770271

でも、あんまりスポンサー広告な掲示でもない。

ナビスコカップファイナルとデザインされてるだけで。

だったら弾幕でもいいかなと思ってしまう一面も。

Zp1770273

弾幕張るスペースがないというのは

逆にいえば

スポンサーで壁が満たされていて、ありがたい状況なのです。

Zp1770274

非常に濃い痰が出る現在。

体の中に入ったウィルスと戦った白血球。

彼ら白血球が、戦いの果て、死骸となり

痰となって排出される。

痰を見るたび、ありがとう白血球、俺の体全体を生かすために戦って死んでくれてと

感謝しなきゃならない。

| | コメント (0)

ナビスコ決起集会

Zp1770256

コンコースでは試合前、

決起集会が開かれた。

どっさり集まったサポーター。

とても核心には近寄れず。

だが歌声は響いた。

Zp1770259

決起集会に対して、

いま体力を使うべきかとマイナス意見もあるし

いや、サポーター全員に戦う意識を芽生えさせるんだという

プラス意見もある。

Zp1770261

両方正論かなと思う。

いい歳したおっちゃんが、決起集会でくたびれてしまうのも事実だし

余り応援する気のなかった人達が

決起集会で「よし、頑張ろう」と思ってくれるのも、また事実。

Zp1770262

どちらも正論でいい。

清水がどうしても勝ちたいんだという思いが

ゴール裏に大勢いる

ぬるい感じの人達にも伝染し、

よっしゃ、今日ぐらいは声を出して応援しようと思ってくれるのもまた一つ。

Zp1770264

まあゴール裏でも実際は

前列の各応援クラブと、タスキエリアの間に嵌まった人々は

なかなかサンバもやらなきゃ声も出さない感じで

場所取り成功に命をかけ、力を使い果たした感じなのだけど

それもそれで、一つの観戦スタイルであり、尊重すべきエスパルスサポーターの姿なのです。

彼らだって勝利を願ってる。

Zp1770266

でも、旗を振って飛び跳ねて声を出す人達も

尊重されるべき。

どちらも尊重されるべきなんです。

決起集会も尊重されるべきもの。

Zp1770267

国立競技場のファイナルは

特別な出来事で

そこに自分の生き様を投影していい。

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

ナビスコ前座試合の勝利

Zp1770251

あらゆるジンクスがそのまま反映された結果なのは

うざいものだ。

前座試合での勝利や、リーグ戦の勝利や順位の上位、

色んなものが被さっていき

そんなの関係あるわけねえだろと蹴散らしつつ

結果、敗戦したナビスコカップ。

Zp1770268

何度も何度もファイナルで負けて

どうしたらいいだろう。

リーグ優勝もあと一歩のPK戦でつかめなかった清水。

脈々と受け継がれるこの体質を

打破する力は、ゴトビにあり。

| | コメント (0)

11月3日 昨日の決戦が遠い過去のよう

Zp1770247

こちらは入場時に全員配布された袋の中身。

チップスターの小さいのと、オレオの小さいの。

そしてマッチデイプログラム。

不況で家電メーカーが数千億の赤字という状況が続くなか

食品業界はやはり強いなと思います。

不況に打ち勝てる食品力。

どんだけ不況になっても、ポッキーやチップスターの売り上げが減るものではない。

Zp1770246

日本ハムの食肉だったり、

これからは食品メーカーに、もっともっとスポンサーになってもらいたいものです。

食塩水で膨らませたハムが

好き。

| | コメント (0)

オレオとポッキーで戦うオレンジ戦士

Zp1770245

オレオ二袋と、オレオスティックをゲット。

オレオスティックなるものを初めて知った。

これは打倒ポッキーか。

だがバーに置かれるまでに成長したポッキーを

果たして倒せるか。

ポッキーの半分は、宣伝広告費でできています。

オレオはボインのオが二つもあるのが、言いやすくていいやね。

Zp1770242

お菓子でいうと、

ポテロングもわりと好きです。

うまい棒もいい。

トランス脂肪酸が使われてなきゃ、もっといいのに。

日本も好い加減、トランス脂肪酸はやめようぜよ。

放射能ばら撒いても平気な国柄だものなあ。

そのうち、死んでも、死とは自然な成り行きですので、安全ですとか言いそう。

Zp1770239

原発事故のときも

医者のふりをした医学博士が色々出てきて、(博士号は誰でもとれる)

とんでも理論を振りかざしたものですが

今度のノーベル賞の後追いで現れた自称学者に比べれば、たいしたことないね。

どうせなら、あれぐらい振り切れて馬鹿やらにゃ。

| | コメント (0)

チャンスは二回、ゲットゴール

Zp1770238

私が挑戦したのは、こちらのPKゲーム。

二回蹴ります。

20点をぼこぼこ成功させてやったぜ。

だが40点穴は狙えなかった。

他の人のを見てたら、強いシュートを撃った場合、

幕が張ってしまい、ボールが入らずに弾かれていた。

なので、多少ゆるめにシュートしたら上手くいった。

Zp1770236

ですが、こんなゲームは廃止して

入場者全員に

ヤマザキナビスコのお菓子を1000円分ぐらいは配るという

昔のナビスコファイナル方式に

戻していただきたいものです。

| | コメント (0)

ヤマザキナビスコのお菓子の山

Zp1770233

たんまりお菓子が並べられる。

オレオは美味い。

チップスターもいい。

だがリッツの美味さはいまだに謎。

沢口靖子氏が開くリッツパーティー、

あれが現実に可能かどうか。

だが不可能を可能にするのがカルマヨガだ。

| | コメント (0)

ドリブルFINALナビスコ

Zp1770232

恒例のドリブルゲーム。

やりませんでした。

昔のナビスコカップは、こんなゲームやらんでも

入場時にチケット代と同じ分量のお菓子をくれたもんです。

ジェフが二連覇した時代。

いつからこんなゲームをやらにゃ、お菓子をくれなくなったのでしょう。

私は古きよき時代に戻せといいたい。

| | コメント (0)

国立を彩る秋の雲

Zp1770231

コンコースも野晒しですから、

借景で

秋の雲が綺麗でした。

Zp1770235

千切れ千切れ

流れるのが秋の雲。

国立競技場を覆う。

Zp1770237

キックオフの頃には流れていき

青空でした。

| | コメント (0)

世界はエスパルスのもとに

Zp1770222

気管支炎は夜中にひどくなりますなあ。

もうね、この爆弾を喉に抱える面倒臭さ。

そんなに痛むわけじゃないし、

重病でもなんでもないのだけど

刺激的なもやつきを喉に延々と抱え続ける苦痛。

Zp1770230

やっぱTシャツ売るのが、すべてのビジネスの根幹だ。

永ちゃんだって、タオルを売って何十億も稼いだ。

だがしかし、Jリーグのグッズは、どのチームのコンフィットシャツも

Jリーグが一括して販売しているので、儲けはなかなかエスパルスに下りてこない。

エスパルスに直接金が入るのは

レプリカのマーキングや、オリジナルグッズに限られるようだ。

| | コメント (0)

YAMAZAKI NABISCO CUP 20th

Zp1770228

暇だからコンコースうろうろしてます。

スタッフさん達はこのジャージ、終わったら貰えるんですかね。

Jリーグカップは20年間ずっと

ヤマザキナビスコがスポンサーだ。

これは世界的に例がなく、ギネスに申請したという。

たいしたものです。

Zp1770229

グリコのポッキーも凄いと思う。

お酒を飲む店に行くと、どこでも必ずメニューにポッキーがあるものね。

異常に高い値段ですが。

特にグリコが普及活動をしたようにも思えないし

ポッキー以外の駄菓子では駄目だったのだろうし

神がかっている。

| | コメント (0)

国立のコンコースにエスパルス旗

Zp1770197

歴代の様々な旗が掲げられた売店。

国立をエスパルス色に染める。

日本は日本国旗など立てなくても、日本たりえている。

だがアメリカでは、あちこちにアメリカ国旗を立てておかねば、アメリカを維持できない。

その辺の感覚で

Jリーグにおいては旗が重要だ。

エスパルス領土にしなくてはならない。

Zp1770199

織田ポールについて、色々言ってしまったのは

ひとえに、試合に負けて腹が立っているせいだろう。

もし勝っていたら、

ホーム側で織田ポールがあったから勝てましたと

感謝してそうだ。

| | コメント (0)

織田ポールの栄光と罪

Zp1770201

客席に入場。

国立競技場でいつも思うのは、織田ポールの存在だ。

メインスタンド寄りに立つ、細長い棒。

日本人として初めてオリンピックで金メダルをとった織田氏。

彼の三段跳びの記録の長さだけ、このポールは聳え立っている。

Zp1770203

それはそれで、モニュメントとして存在価値はある。

だがなぜ客の視界を遮る形で、

陸上トラック内に立っているのか。

聖火台のように客席最後尾だったり、もしくは外の入場口に立ててはいけないのか。

メインスタンドに陣取るお偉方には関係ないが

ゴール裏の特にクルバの客にとっては、非常に大きな障害だ。

Zp1770208

国立だけでなく、

織田氏の出身地である広島ビッグアーチにも、

同様のポールが立てられている。

サンフレッチェ広島のタスキが張られる辺り、

サポーターの多くは

織田ポール越しにピッチを見ることになり、視界の邪魔であるのは明白だ。

Zp1770213

陸上界においては

織田ポールの撤去は非国民どころの騒ぎでないので、困難なのだろう。

陸上界はそれで構わない。

そもそも陸上競技大会には客がほとんどいないので、

客席からの眺望は関係ない。

今の時代、国立競技場は1種ではないので、大きな大会は開けない。

Zp1770217

サッカー協会としても、

陸上界の神である織田氏のポールを

撤去してくれとは言えないのだろう。

ただ、陸上トラックの中に立てることはなかったろうにと思える。

Zp1770220

国立競技場が建て替えられるとき

織田ポールはどうなるのか。

どうせなら、メインスタンドの中央、真ん前に立ててほしい。

そしてお偉いさん達が、そのポール越しに、

陸上大会もサッカーも見たらいかがだろうか。

神聖なる織田ポールが邪魔とは絶対に言うまい。

Zp1770211

個人的には、聖火台の隣か背後に立てておけばと思う。

織田氏の偉業は、日本人の誇りだ。

だが織田ポールがいつまでも、人々に苦痛と不利益を与え続けるのを許すのは

高度経済成長が終わった今、

違うと思う。

次の世代の人達に、嫌がらせを残さない。

    

国立はともかく、

広島ビッグアーチの織田ポールに何一つ不平を言わないサンフレッチェサポーター。

彼らはある種、隷属を望んでいるわけで、

それを他チームのサポーターがとやかく言う必要はなかったかもしれない。

| | コメント (0)

パノラマナビスコ

Zp1770191

誰が命名したのかパノラマシート。

パノラマってのは横長でぐるっと360度見渡しちゃうような写真のことだけど

まあ雰囲気が出てるやね。

バックスタンド上段も指定席にすることで、

自由席並び列を減らす効果はあった。

Zp1770194

元々、日本のサッカーは

ヨーロッパ同様、冬にやっていたのだが

Jリーグを始めるにあたって

プロ野球同様のシーズンに移行することになった。

当然、空白の期間が生まれてしまうわけで

そこを埋めたのが、第一回ナビスコカップだった。

あれから20年。

俺も歳をとるわけだ。

| | コメント (0)

2012 ナビスコカップFINAL 20th  朝の国立

Zp1770181

気持ちよく晴れ上がった日。

ナビスコカップと天皇杯は必ず晴れてるな。

過去三回のFINALと違い、今回はホーム側。

入場待機列は、アウェイゴール裏の方へ向かって、ぐるっと伸びています。

場所取りだけは命懸けでやるのが清水サポーター。

タスキエリアに応援しない人が混ざっちゃうのは、どうかなとも思うが

それも自由だしね。

観戦スタイルは自由だから。

だが応援する自由は奪われない。

Zp1770184

J2は残り一試合。

2位争いは熾烈だが、プレーオフ参加チームは揃った。

どこかがプレーオフに参加せず、自動昇格となる。

残りはプレーオフ。

そしてJ2残留をかけて、岐阜、鳥取、町田がデッドヒートを繰り広げる。

得失点差でハンデのある鳥取は、町田に勝利されると不味い。

長崎がこのままJFLで優勝すると、J2最下位は初の降格を味わう。

Zp1770186

まあ、実のところ

タスキエリアで、私の隣も

まったく応援はしないお爺さんと娘さんだったわけですが

それでも応援する人に文句を言わない点で嬉しかった。

たまにモッシュや旗の応援スタイルに、ぶちキレるおっちゃんとかいるからね。

| | コメント (0)

長谷川健太の錯乱  ゴトビの敗北

Zp1770565

長谷川健太は最後、錯乱した。

リーグ優勝の望みがほとんど消えたにも関わらず、

リーグ戦のために主力を温存し

タイトル獲得の可能性があるナビスコカップを戦った。

そして当然のごとくナビスコで負けたあと、クラブ社長からクビを言い渡された。

あの一連の流れは、誰もが誤魔化して忘れようとするが

大きな事件だ。

現場の監督が錯乱していたのだ。

Zp1770560

長谷川健太監督は、うわべでは、

マスコミやネット上で語られるようなことなど、

すべてわかった上で、

判断を下し、決断していると言っていた。

だが実際は、劣勢の試合中、試したことないフォーメーションを無理矢理指示したり

所々で錯乱が見られた。

最も大きな錯乱が見られたのが、あのナビスコカップでの主力温存だった。

Zp1770557

もちろん長谷川健太は無能ではなく、むしろ魅力ある人間であり、監督だった。

誰もが健太さんと慕うそのカリスマ性。

彼にはサポーターも、選手達も、信頼を寄せられる、大きな器があった。

それはフットボールに関わる時間に限らず、

彼が生きてきたすべての時間が積み重ねられた、価値なのだ。

彼が去ったあと、主力選手の一斉離脱があったのも、また然り。

もし彼の采配に疑問を持ち、

他のJクラブから監督オファーがないならば、残念だ。

彼にはチームを引っ張るだけの魅力がある。

実利があるのだ。

Zp1770574

今、私はゴトビに錯乱してほしくないと願っている。

ゴトビがナビスコカップファイナルに向かって、

チームを上手く引っ張れなかったのは事実だ。

それが自分の能力だと認めなくてはならない。

だが錯乱してはいけない。

自分の頭の中にある妄想は、簡単に他人に伝わらないし、

世の中は本当に思い通りに動かない。

リーグ戦の残り試合は、降格圏のチームばかりで、非常に困難だ。

だが逆にいえば、戦力は清水が上回っている。

そこをどう導いていけるのか、ゴトビ監督に期待したい。

ゴトビあってこその清水エスパルスだ。

Zp1770562

| | コメント (0)

45228人の国立で斜陽

Zp1770579

西日を浴び続け、暑かった国立。

応援しながら何度も

くらっと体がいかれそうになるも

踏ん張り、そして負けた。

Zp1770571

後ろめたさと穢れを抱えて私は立つ、

清水のゴール裏。

八年のサポーターライフ、斜陽。

| | コメント (0)

敗戦から一晩明けて

Zp1770564

落ちこむときは落ちこむがいい。

選手達はリーグ戦が数日後に迫っていて大変だが

私は落ちこむ。

Zp1770561

来年のユニフォームも世界地図が継続で、アウェイが青らしいね。

これはいいことだ。

     

ロンドンオリンピックで、日本代表のアウェイユニが赤になると聞いたとき

赤を着る日本代表なんて

中国や韓国みたいでちょっとなあと抵抗が強かったが

蓋を開けてみれば

対戦相手が赤系のユニフォームだと、日本がアウェイ側でも

すべてホームの青ユニを着ることができ

結果、全試合ホームユニフォームで戦えた。

     

これを狙っていたのかと、サッカー協会に脱帽だった。

Zp1770550

今回の清水のアウェイ青に関しても、

実はホームのオレンジユニを、アウェイの地でも着るための戦略なのではないか。

白や灰色のアウェイユニではなく

アウェイでも極力オレンジを。

来年はアウェイでホームユニを着る回数が増えるだろう。

アウェイ青の戦略は、効きますよ。

Zp1770567

| | コメント (0)

« 2012年10月28日 - 2012年11月3日 | トップページ | 2012年11月11日 - 2012年11月17日 »