« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年10月21日 - 2012年10月27日 »

2012年10月14日 - 2012年10月20日

2012年10月20日 (土)

清水エスパルス 1-1 ヴィッセル神戸  アウスタ日本平

Zp1770151

得点 相馬 村松

前半ロスタイム、村松のゴールで救われたドロー。

下位相手に崩せずにドロー。

非常に残念なドロー。

だけど勝ち点1の確実な上積み。

Zp1770167

入場待ちしているときに、

目の前のタクシーから降りてきたのは、前監督の長谷川健太。

静岡ローカルのテレビ放送の解説だったようだ。

    

シャトルバスの始発の次で清水駅を出て、

ホームゴール裏に並んでいたが、スタジアム開場してから15分で入れた。

以前と比べ、大幅な短縮。

坂の上に作った列を、空いたエリアにどんどん移動させてしまう戦法はお見事。

    

今日は2Fゴール裏の前列で応援してました。

端っこ。

Zp1770174

この時期難しいのは西日との付き合い方かな。

前半ホーム側に攻めて、後半アウェイ側に攻めるという、普段の逆パターンをとったのは

西日対策なんだろう。

   

だが間違っている。

    

前半だけ清水が西日を浴びてプレーして

後半、西日が傾きすぎて、客席の陰に隠れて、ピッチが全部日陰になり

神戸は西日のハンデなしという。

神戸のごっつぁん90分だったな。

清水の失点は、強い西日を浴びていた時間帯だっただけに

GK林も悔しかろう。

Zp1770175

その辺り、細かに下調べできるはずなんですが。

今の時期、この時間帯の試合なら、どうか。

清水だけが西日ハンデを被った試合でした。

もったいない。

ホームアドバンテージを活かそうよ。

長谷川健太時代も、この単純なことにおいて、損をしている。

    

多くのスタジアムは西日をバックスタンドに当てる方位に造られているので、

どちらの方向に攻めようが関係ないのですが、

アウスタ日本平は西日がアウェイ側に当たる方位なので、

その綿密なリサーチをお願いしたいところです。

ゴトビ監督ならば。

Zp1770169

神戸サポーターも来てるぜよ。

後半は神戸がこちらに攻めてきたのですが、

都倉のオーバーヘッドキックはやばかった。

空振りですっぽ抜けたけど。

ぞくっとした。

Zp1770156

前半、西日を浴びて、まぶしいなかプレーする清水。

    

今まで生で見た中で一番凄かったバイシクルは

J-STEPで甲府が合宿してたとき

甲府の選手が放ったオーバーヘッドキックだった。

あれは目の前で度肝を抜かれた。

ど迫力なゴール。

プロはやっぱ違うなと。

同僚の選手達からも褒め称えられ、驚かれていた。

寒い夜、最後のセットで、そのあと宿舎に引き上げていく選手が印象的だった。

   

テレビで見たので一番印象的なのは

神戸のツネ様のロングオーバーヘッドキックだな。

強烈なバイシクルでゴールに突き刺した。

Zp1770132

決勝戦を控えた清水と鹿島のスタジアムに

ナビスコカップがお披露目されたわけです。

ハニロウ自身、四度目の国立ファイナルですが

初のホーム側。

西日をがんがん浴びて、勝利しよう。

当日は恐ろしくゴール裏が混みそう。

なぜなら、みんなゴール裏で応援したいのに、

チケットがとれなくて、指定席を買っている人が多いからです。

以前のナビスコなら、パノラマはゴール裏と同じ自由席だったのにね。

この弊害が、当日、どんな混乱を巻き起こすかは、目に見えておりますので

運営の方は収拾つけてね。

    

追伸……

広島が負けたので、清水は5位。

首位の広島と2位の仙台が勝ち点で並んだ。

残り5試合、まったくわからない。

    

次の鹿島戦はナビスコファイナルの前哨戦でもあり

大きな位置づけとなる。

| | コメント (0)

うる星やつら C82

Zimg_9519

ラムちゃんが一人でどこか行ってしまって

主人公不在のなか

それでも盛り上がるコスプレ広場。

Zimg_9589

作品は終わりに向かわせるとつまらなくなるという反面、

終わりに際し

何か読者に残さないといけないと思っている。

Zimg_9717

来週あたり、ごたつきそうで

色々困難なのもまた生活。

Zimg_9737

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

甘栗いるふ 甘ぐればドリームパーティ

Zimg_5307

舌を噛んだまま、ちっとも治らない日々。

噛んだ直後より、

数日経ってからの方が、痛くなってきた。

Zimg_5308

前歯が欠けて、

補強した部分で噛んだから

普通の歯で噛むより凶暴だった感じ。

Zimg_5309

今の拠り所。

あとはもう何にもないよ。

Zimg_5310

舌が痛くて少食なハニロウ。

パンがもっともつらい。

硬いものの方が逆にいける。

| | コメント (0)

自妹党 四つ葉 C82

Zimg_3916

ナビスコカップファイナル。

せっかくエスパルスの後援会に入っているのに

後援会先行で

チケットを買えなかったハニロウですが

Jリーグのオフィシャルでチケットを無事に確保。

Zimg_3925

プレイガイドを通さずに

Jリーグでチケットを一万枚売ってしまうというのは

面白い。

そりゃそれが一番儲かる。

Zimg_3936

柏レイソルなんかいまだにローソン扱いのみだし

既存のプレイガイドに売り上げをもっていかれることの

深刻さは大きい。

主催者がダイレクトに儲かればそれでいい。

Zimg_3960

鹿島は非常に面倒な相手。

その面倒に若さで対抗。

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

アカギ C82

Zimg_4109

カイジが弱さを持った主人公なら

アカギは無敵なんだよな。

Zimg_4091

アカギは若い頃から死に到るまで

描かれていて

博打の本質以外の部分で見せてくれる。

Zimg_4039

カイジは

作者が作ったオリジナルのゲームをやり出し

そのゲーム内の攻防に

こだわりだしてしまい

興醒めになった。

Zimg_4033

もっと単純な

パチンコ台を傾けるために

ビルごと傾けたとか

そういうのが面白かったな。

Zimg_4001

| | コメント (0)

C82がまだ続くのさ

Zimg_2966

なんも気を使わずだらだら書くブログは

ストレス解消。

Zimg_3042

C82から初の使用となった

エントランスの空中庭園。

日陰があるのは夏コミではよかった。

よく晴れた日に屋外で日陰撮影が一番いい。

Zimg_3829

夏コミが終わって二ヶ月も経つのに

いまだアップし続けてる。

Zimg_3963

アメフトも今シーズンは一度も行ってないのだなあ。

それで満たされてるかも。

| | コメント (0)

甘栗が火をふいた C82

Zimg_5290

コンカフェにも全然行ってないな。

Zimg_5291

アフィリアの良さは

最低限のフォローが店員から客にある点で

もてる客はそりゃ天井知らずにもてるけど

そうでない客もそれなりにといった感じ。

Zimg_5293

ディアステはその点、戦場だった。

駄目な客は終始放置で終わりだし

特定の推しがいて、

その娘が客のために融通してくれないと

オーダーすらまともに来ない。

Zimg_5222

まあ、それがアキバのコンカフェの実情でもある。

結局、にもやんが辞めてから、

アウェイになっちゃったな、ディアステは。

Zimg_5223

だがいまだ、でんぱ組.incのライブにも行くし

彼女達の成功を祈ってます。

Zimg_5224

コンカフェもアイドルライブも

行かなきゃ行かないで済むし

行ったら行ったでその時間、面白いだろう。

Zimg_5220

アメフトもこのところ行ってない。

川崎球場なら、今だけピッチレベルで観戦できていいんだけどね。

サッカー日本代表戦すら行けなかった気力のなさ。

それだけにフランス戦に感動して、ナビスコの試合で日本平に行ったのは珍しかった。

Zimg_5086

ブラジル戦の後半以降、

キリンジばかり聞いてしまっている。

| | コメント (0)

2012年10月17日 (水)

羽瀬川小鳩 C82

Zimg_3443

夜はジャージを着て過ごす。

Zimg_3476

真昼の決闘。

Zimg_3500

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

日本 0-4 ブラジル  スタディオン・ヴロツワフ (ポーランド)

Zimg_0361

得点 パウリーニョ ネイマール ネイマール カカ

Zimg_3994

途中から音消しで見ていた。

Zimg_4025

キリンジのエイリアンズをエンドレスリピードでかけて。

Zimg_6776

和服ぜよ。

Zimg_6782

毎日さ。

Zimg_6908

| | コメント (0)

ストリートファイター キャミィ・ホワイト となコスC82

Zimg_0472

何が凄いかといえば、

後ろの壁が結構距離あるのに

レイヤーさんの影が映ってるところ。

Zimg_0534

TFTはかなり熟知してる場所ですが

どうしても入口ホールでとると

暗くて影が

気になってしまいますね。

Zimg_0511

アフィリアで出会うことになるエコさんを

最初に撮ったのも

ここだったな。

Zimg_0977

猫が可愛いのは

自立して一人前だからだろう。

Zimg_0960

夜になると冷えこんで

街を歩くと

哀愁漂う。

日が完全に暮れる前の薄暗さで

イルミネーションや車のライトが輝き

それでいて、まだぎりぎり風景も見えているぐらいの

そんな時間帯は好きだ。

Zimg_0955

黄昏というと

なんだか実感湧かない。

安易にそのフレーズが使われすぎて、

中身がどこかへ飛んでしまったのだろう。

| | コメント (0)

平和アプリDX C82

Zimg_0272

ドリパの画像も終わったので

再びコミケに戻ろう。

企業ブースには、またもや平和アプリDXが登場。

Zimg_0275

スマホも持ってない私なので

詳しいことは知りませんが

戦国時代を彷彿させるコスチュームが

みなさん格好いいです。

Zimg_4053

一時期コミケは規制が強まりすぎて

企業ブースのコンパニオンも

みな肉襦袢を羽織っての

仕事でした。

Zimg_4051

でも最近はようやく規制が緩んで

肉襦袢よ、さようなら。

普通に素肌です。

やっぱりそれが自然でいいね。

Zimg_0263

企業ブースは知らないけど、

コスプレ広場は色々決まりがまた多く

おっぱいは三分の一まで、

三分の一より多くは出さない、みたいな決まりもあるようです。

Zimg_0268

どこからどこまでが

果たしておっぱいなのか。

というおっぱい議論になってしまうのですが

まあ三分の一までなら、

下からも横からもそれなりにOKらしい。

Zimg_0304

一応の目安ですね。

コスプレ広場の入口でも

レイヤーさんのチェックはやめましたし。

Zimg_0308

企業ブースがどうなのかは誰も知らず。

コミケのりじゃないブースがあると、つまらないですね。

平和アプリDXは

思いっきりコミケのりで盛り上がってました。

Zimg_0310

夏コミと比べれば

冬コミは安全で楽。

気負いはそんなにない。

あるとしたら、年越しへの気負いかな。

Zimg_0313

昼間は暑いが夜は寒い。

そんな昨今。

冬の布団を出すと、収納がようやく空く。

だがその空いたところに何か入れると

春になったとき、布団を入れられずに困る。

Zimg_0317

わりとこう落ち着いた暮らしを

取り戻しかけているような

気がするようなしないような。

Zimg_0325

そのぐらい。

 

 

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

タスキエリアで筋肉痛  そして国立競技場へ

Zp1770031

勝ちロコも、スタッフが何も言わんでも

自然と選手達がゴール裏の前にやってきて

定番化しました。

ロコロコロコロコ♪

これを国立競技場でもやるのだ。

ハニロウ、4回目の国立ファイナルにして初のホーム側。

西日を強烈に浴びて応援することになりそうです。

国立のホーム側って、JALデイの鹿島戦以来だな。

       

スタジアム出口では、オレンジパーカーの女性スタッフがずらりと並び

ハイタッチロードができあがっていた。

で、ハイタッチしていって、終わりまで女性スタッフかなと思ってたら

最後にDJ克馬さんが登場。

この歳になるまで、色んな人に会ってきましたが

克馬さんほど顔のでかい人を

他に見たことありません。

4度目の国立で、勝利を。

    

追伸……

甲府がJ1昇格を決めたそうで。

J2で飛び抜けてたね。

今日の試合、ホームスタジアムを完売させ、16000人を越える観客を集めたのも素晴らしい。

2005年の初昇格のとき

なぜか日立台の甲府ゴール裏で応援してたハニロウですが

小瀬での雨と停電も、記憶に深い。

体の芯まで冷えた。

| | コメント (0)

大前元紀ハットトリック 国立へ行くぞ

Zp1770028

2008年のナビスコファイナルは

未明から国立前の公園での待機だったり

色々と思い出深い。

振り返れば、サポーター生活の頂点にあった。

試合終了が近づき

西日を浴びた大分ゴール裏、

勝利を確信した大分サポーターが

一斉にタオルマフラーを掲げ、青い壁ができあがった光景。

決して忘れられない。

Zp1770029

三度目の国立ファイナルは

2010年度の天皇杯。

2011年の元日、鹿島との対戦となった。

これに敗戦したのだが、

試合終了後、大量離脱することになる選手達が

ゴール裏での挨拶で、余りいい対応を見せず

藤本に到っては、サポーターに喧嘩を売り、恫喝行為に及ぶ始末。

そして試合後、

清水の主力選手が、一斉に他のJクラブへのゼロ円移籍を発表し続けた。

すべてが0になった。

Zp1770030

そしてゴトビ監督となり二年。

Jリーグでもっとも平均年齢の低いチームで

ナビスコカップのファイナルへ出場することになった。

ハニロウ自身、4度目の国立ファイナルである。

これまでの経験からいえば

駄目な要素が多すぎる点において、逆にいけるんじゃないか。

そんな可能性を感じさせる。

この若いチームの瞬発力が、MAXに発揮されたとき、長年待ちわびたタイトルが手に入るだろう。

一週間前にリーグ戦で鹿島とやるのが、

いい方向に結びつくことも大事だ。

それがアウェイのカシマスタジアムなのは好条件だ。

| | コメント (0)

ハニロウ 4度目の国立ファイナル

Zp1770021

「頂」が逆さまで非常に不吉だが、

あえて逆フラグで

タイトル獲得。

ハニロウ自身、4度目となる国立のファイナル挑戦だ

Zp1770023

最初は2005年度の天皇杯ファイナル。

日立台でのチェテウクのゴールで、かろうじて15位残留を決めた清水が

とんとん拍子で国立ファイナルまで行ってしまった。

あの天皇杯の準決勝、エコパ陸上が

初めてタスキを担いだときでもあった。

準決勝の相手、セレッソ大阪のオオカミも来てたりして

パルちゃんの服を畳んだあと、投げ捨てるというパフォーマンスを覚えている。

Zp1770025

2006年元日の国立。

浦和に負けた。

途中出場したワイルドプリンスが、審判にくるくるパーをして即退場。

その後、彼がどういう人生を送ったかといえば……

だが彼の人生はまだ長く長く続く。

これが終わりじゃない。

Zp1770026

試合後、国立競技場を出たあとも聞こえた、あのコール。

マーリッチ、マーリッチと単純なコールが延々とやまない浦和ゴール裏。

あのマーリッチコールほど、強烈なコールは後にも先にもない。

シーズンでほとんど活躍できず、移籍が決まったあとの

天皇杯での決勝点。

浦和サポーターが繰り出すマーリッチコールは、全然やむ気配がなく

国立競技場の外に轟き続けた。

Zp1770027

そして2008年のナビスコカップファイナル。

ファイナル進出が決まってからの一ヶ月間が

優勝するもんだとばかり思っての

浮かれた時間だったから、

敗戦したあとの虚無が凄まじかった。

| | コメント (0)

ナビスコカップ ファイナルは清水VS鹿島

Zp1770008

今は絶賛、筋肉痛。

ふくらはぎがやばい。

階段のぼりおりがつらいすぎ。

   

でもね、いい時間が過ごせたと思います。

3-0で勝利して、決勝進出で、当たり前なのだけど、日本平で戦えた充実感。

   

将棋の駒に似た、この二階ゴール裏からの光景も

日本平ならでは懐かしいもの。

他の専スタではピッチレベルになってしまうし、

陸スタでは、遠すぎて理解不能になってしまう、

この高所から眺める独特の専スタアングル。日本平だけ。

Zp1770011

ファイナル、ベテランの並ぶ鹿島が征するのが世の見方だろうが

一発勝負はわからない。

ファイナルの一週間前、リーグ戦がたまたま鹿島戦であり

鹿島と二連戦となる。

この按配も、選手だけでなく関係者やサポーター、すべてに影響あることで

終わったあと、色々語られるだろう。

だが試合があるまでは、何がどうしてどうなるのか、誰にもわからない。

結果論の世界。

| | コメント (0)

FC東京の涙

Zp1770017

スタジアム全体がわりと空いていたのだけど

向かいのFC東京ゴール裏は

ぎっしりだった。

向かい側の三分の二ぐらいはスペースとってたし、

隙間なく窮屈なぐらい入ってた。

12000人を越える集客でしたが、

FC東京サポーターの割合がとても大きかったと思う。

予想外にどっさり来てたね。

えっ、こんなに来るのっていう。

逆に、FC東京サポがこんなに来てるのに、清水サポ少ないだろっていう。

メインとバックの指定席はガラガラだし。

Zp1770022

試合が終わったあと

オーロラビジョンに号泣するFC東京サポーターの女性が

映し出された。

彼らとしたら、一試合目にホームで勝ってるわけだから、

ドローでもよかった。

だが結果はこう。

最後のPK獲得は、清水サポーターにとって決勝進出確定のときだったが

FC東京サポーターにとっては、斬首であった。

| | コメント (0)

アウスタ日本平はオレンジとレッドの二色カラー

Zp1770005

久しぶりにゴール裏に来まして

なんかスタジアムの見栄えが違うなあと。

あっ、メインスタンド最上段に並ぶ旗が、違う!

エスパルスの旗に混じって、プーマの旗が掲げられていた。

Zp1770006

スポンサー配慮も大変なご時勢。

そういえばメインスタンドの端にもテレビカメラが設置された。

フジテレビのCSチャンネルで放送したのかな。

プーマ旗の清水エスパルスでござい。

| | コメント (0)

« 2012年10月7日 - 2012年10月13日 | トップページ | 2012年10月21日 - 2012年10月27日 »