« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »

2012年5月6日 - 2012年5月12日

2012年5月12日 (土)

清水エスパルス 1-1 セレッソ大阪  OUST日本平

得点 柿谷 ブロスケ

いやあ、神童といわれた柿谷がまだ生きていたのだ。

香川より柿谷という序列だったのにな。

私生活うんぬん、すべてがすべて込みで能力であり実力。

試合序盤に柿谷ゴール。

清水は延々と追いかけ続けて後半ロスタイムへ。

最後の最後の後半ロスタイムで、なんとか追いつきました。

ホーム日本平では全勝していたので悔しいですが

負けなかった力。

様々な問題点、ビルドアップや攻撃守備に関してあるでしょうが

ヨンアピンがいないと、こんなもんだという結果でもある。

三保でヨンアピンが、午後練に備えて客席で弁当食ってたら

スプリンクラーが客席に降り注ぎ

ずぶ濡れで逃げていた光景は

いまだ忘れられない。

勝ち点1。

命懸けで勝ち点1。

  

メインスタンド下にベンツが置いてあるのが面白いですね。

この日の試合はベンツがスポンサー。

テレビカメラからは死角で映らない。

テレビカメラに映るバックスタンドには、車一台すら置くスペースがないのも、ピッチレベル専スタならではでいい。

昔、大分の練習場に行ったとき

ピッチサイドすぐの場所に、シャムスカ監督のRV車が置いてあったのを思い出した。

| | コメント (0)

甘栗いるふ in ドリームパーティ

Zimg_7064

すぐそばで撮影されていたレンフリードさんも、

甘栗さんとまったく同じコスだった。

島村卯月。

アイドルマスターのスマートフォン版。

プロ野球の横浜ベイスターズは、携帯電話ゲーム会社がオーナーになったりして

多くの国民がプレイするモバイルゲーム。

携帯は電話機能のみの私は、すっかり取り残される。

Zimg_7063

ガットゥーゾがミラン退団。

芝を食ったり、獰猛なイメージのガットゥーゾ。

イタリア代表でもワールドカップ優勝。

目が不自由なので、

今後の活動は難しそう。

ユベントスが久しぶりに優勝し、セリエAもあと一試合。

長友インテルの順位やいかに。

Zimg_7065

香川のドルトムントはブンデスリーガ連覇だったが、

いかんせん試合を見てないので、興味はない。

インテルはNHKでやるものな。

セリエAを近く感じる。

イングランドプレミアも同様。

シティとユナイテッドの行方やいかに。

NHKでやらないドイツとスペインは、無いも同じ。

Jリーグ、セリエA、イングランドプレミア、このNHK三大リーグのことしか知りません。

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

アトレティコ・マドリード  ヨーロッパリーグ優勝

BSスカパーでの生放送。

アトレティコ・マドリード 3-0 アスレティック・ビルバオという結果に。

会場となったルーマニアの専スタは

陸上競技場を解体して作ったもの。

日本も本当なら国立を解体したあと、こうした専スタが建つはずだった。

だがまた陸上競技場に。

ルーマニアにこのレベルの巨大専スタがあるのに

東京に何一つないのはなぜだろう。

フットボール人口に比例しない。

あらゆるものごとは憎しみのうちに寿命が尽きて消滅するのみ。

だが未来を担う子供達はドースル?

| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

Dream Party 東京 2012春

Zimg_7095

物凄い強風でした。

ドリパは普通、屋上広場が混雑するのですが、

この日はすっかすか。

風が余りに強すぎて、衣装やウィッグや小道具が飛んでいってしまう。

始まったばかりの頃は

こんなに晴れているのに

風がたまんないのよ。

Zimg_7094

展示棟内のコスプレエリアは

非常に狭い。

そして暗い。

なのに、そんな屋内エリアが、ぎっしぎしの鮨詰め、大混雑。

こんなに晴れてるのに

五月でまだ暑くもないのに

風の猛威にやられました。

それでも屋外に出て、

ビッグサイトの象徴たる逆さピラミッドを背景にゲットする甘栗さん。

| | コメント (0)

戦闘機プラモデル

Zp1640397

久しぶりにプラモデルを組み立てた。

スプリングボウルで配布していたものだ。

色つきプラモデルなんて、幼い頃はなかったなあ。

ガンプラでドムやゲルググを組み立てる日々。

ガンダムを作りあげたのに、

合体と解体を繰り返し、壊してしまう。

| | コメント (0)

ベガルタ仙台 0-1 清水エスパルス  ユアテックスタジアム仙台

得点 大前

13時キックオフの試合なのに、雨模様。

まるでナイトゲームのよう。

暗いなか、照明がぼんやり照りつける。

雨のなかキックオフしたものの

雷の音。

前半13分、ひょうが降ってきて、試合中断。

かなり大きな塊のひょうが大量に降り落ちた。

直径1センチ以上の大きなもの。

そして土砂降り。

360度屋根のかかるユアスタでまだ助かったか。

それでも前の座席はひょうにやられていた。

主審がとめたタイミングはぎりぎりで良かった。

中断させるや、ひょうの嵐だった。

余りに強い雨とひょうで、カメラで客席のアップを撮っても

雨とひょうの嵐が邪魔で客が映らない。

     

試合中止だと、大枚はたいてアウェイ遠征している清水サポは

たまったものじゃない。

満員だったスタジアムは見事に前列がすっかすかになった。

みな避難。

   

幸いにも

試合中止にはならず、14時に試合再開。

東日本はどこも異常気象にやられた。

あちこちの会場にて、強風でスポンサーボードも倒される。

    

勝ち点3。

2位キープでいよいよ首位との勝ち点差が詰まってきた。

だが様々なものが

そんなに甘くないことは

誰もが充分わかっていること。

私もカップ戦のファイナルで、三度も国立に行きましたが、全敗でいまだにタイトルとれません。

リーグ終盤で首位だったこともありますが、

それから連敗で総崩れだったこともあります。

    

だがしかし、今がなきゃ先もない。

戦いはまだ始まったばかり。

    

     

追伸……

試合終了が大幅に遅れたせいで、

選手達は予約した帰りの新幹線に乗れなかったそうで。

GW最終日のため新たな指定席も得られず

選手達は自由席の立ち乗りで

帰静したそうな。

お疲れ様。

    

ユアスタは専用スタなのに、ピッチレベルシートがある。

金鳥なんかもそうだね。

もともとピッチレベルの座席を作っていないのだ。

そのあたり、

日本平や日立台、ホムスタなどは

ピッチレベルの座席が最初からある専スタとして

他の専スタより、さらにワンランク上でもある。

反面、全体としては、眺望の計画性が余りなく、

日本平や日立台は死角席が多いのも否めない。

ユアスタやカシマ、フクアリ、アルウィンのような

全席眺望良好で急傾斜な、ピッチレベルなしの嵩上げスタジアムがいいのか。

それとも死角席が多いものの、

イングランド並みにピッチレベルを設ける日本平や日立台がいいのか。

まあ、この試合に限っていえば

ひょうが降ってきて、

ピッチレベルシートは怪我しますわ。

| | コメント (0)

« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »