« 2012年3月4日 - 2012年3月10日 | トップページ | 2012年3月18日 - 2012年3月24日 »

2012年3月11日 - 2012年3月17日

2012年3月17日 (土)

清水エスパルス 2-1 サンフレッチェ広島  OUST日本平

得点 ブロスケ 高木 千葉

土砂降りの日本平。

かつては日本平に存在せず、

さすが清水とビジターサポから称えられることも多かった、

そんなはずの傘差し観戦も多く、

様々な面でクウォリティが落ちてきているのは否めない。

私も現にスタジアムへ行っていない。

まあそれでも、清水の試合をテレビで見て、

いいだの悪いだのと書き記す自堕落な生き様。

    

ブロスケがオフサイドポジションにいた際、

両手を高く上げて閃かせ、

プレーに関与しないことを、はっきりアピールしたのが良かった。

次のアクションで

ブロスケが零れ球を奪い、ゴール。

2012年清水初ゴール。先制。

     

後半、高木が広島ディフェンス数人に囲まれながらも

強引にシュート。

ゴール。

やはり撃っていかないと始まらない。

不可能な状況からでも撃ってゴールをもぎとった高木。

清水2点目。

    

2-0のまま勝利が目前となった清水、

ゴトビ監督はここで新戦力FWのジミーを投入。

そして投入直後に失点。

あまりにも既視感がある、この光景、このパターン。

我々は何度この采配と展開を見てきたか。

    

2-1のまま広島に押され続ける。

ロスタイムは4分。

ジミーさえ入れなければ、しっかり守れて楽に勝てたはずだが、

ここでジミーを入れてしまうのも、また清水なり。

サンドバック状態だったが、

小林大悟が時間稼ぎプレーに全体を導くと、徐々に清水がボールを回し始める。

    

試合終了。

色気を出して首を絞められるあたり、非常に既視感ありありだが、

バクスタ中央指定、ピッチレベルの混雑のなか

堂々と傘差し観戦には負ける。

最高価格エリアまで、傘の猛威が振るったアウスタ日本平。

後ろの客達は、傘に視界の半分を奪われようとも、

傘から流れ落ちる雨水に下半身をずぶ濡れにされようとも、

最後まで耐えた。

そして勝利。これぞ一致団結。

      

2012清水エスパルス、最高の勝ち点3。

| | コメント (0)

アウスタ日本平開幕  清水エスパルス2012発進

ホーム開幕戦、

日本平にオレンジが開花。

   

メンバーからは枝村が完全に外れた。

スタメンに小野、ベンチには新加入のFWジミー。

鍋田がベンチから外れ、高原がベンチ入り。

    

広島はムジリが帰国していなくなったのだね。

清水戦では活躍したが、シーズン通して昨年はいまいちだったようだ。

     

雨の日本平。

| | コメント (0)

2012年3月14日 (水)

ロンドンオリンピック出場決定  U23日本代表

日本 2-0 バーレーン 国立

得点 扇原 清武

改めて思うのは、サッカースタジアムの人間模様だ。

仲間内で村社会を作り、場所を確保して、安心して楽しむ。

これはアウスタ日本平において、とてもよく見られる光景だし、

自由席の多く、良席は指定席化している。

    

自立した先には孤独がある。

孤独の先で、相手を尊重し、自分も尊重されれば幸せだが、

実際は殺伐とした序列が待ちうける。

最底辺である自分を発見するや、

恫喝と威嚇で最低限の権利を得るか、それとも仲間を作る能力があるか。

     

人間関係を放棄した醜い人間にさえ、

席は用意される。

それは後ろかもしれないし、見づらく死角かもしれないが、スタジアムにいられる。

     

各村社会の内側では、互いの尊敬が培われるが、

村社会の外に対しては厳しく、

特に団体ではない個人相手には相当厳しく、

何一つ権利を認めず人にあらずとするだろう。

    

だとしても、スタジアムにいることはできる。

そしてスタジアムの歓喜を享受できる。

それに感謝できない人間はスタジアムに来る権利はない。

    

感謝を忘れた私は、スタジアムから足が遠退くが

それでもサッカースタジアムの興奮に憧れる。

自分が加害者たること、数々の横暴や狡猾さには盲目となり、

被害ばかり声を大にする醜さ。

そんな人間でもサッカースタジアムの歓喜に

どうしようもない憧れを抱くのは自由だ。

    

孤独と共に自由を。

サッカースタジアムは最高だ。

     

サッカースタジアムは誰にでも開かれている。

決して平等じゃない。

それが人間社会じゃないか。

もし平等をうたう場所があるなら、

そこはあらゆる団体が権利を奪い合う、過酷な戦場となるだろう。

    

互いに侮辱と軽蔑の蔓延した客席ですら、

勝利には一致団結して喜び合う。

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

ヴィッセル神戸 首位発進  オレンジ軍団ボトム3

大久保嘉人を10番に据え、

野沢や伊野波、橋本など加入選手がずらりとスタメンに名を連ねた神戸。

ついに強化が実るシーズンが来たか。

首位スタート。

    

そして清水エスパルス、大宮アルディージャ、アルビレックス新潟の

オレンジ3チームが

ボトムを占めた。

    

上昇するぞ。

    

    

樋口が岐阜にレンタルとなった。

とてもいいこと。

高校サッカーの優勝&得点王だが、清水入りして以降、何もない一年だった。

出場機会なしに年数を重ねてもまるで意味なし。

岐阜では背番号10で異例な感じだが

J2の舞台で暴れてほしい。

| | コメント (0)

東日本大震災より一年

黙祷。

| | コメント (0)

« 2012年3月4日 - 2012年3月10日 | トップページ | 2012年3月18日 - 2012年3月24日 »