« 2011年11月20日 - 2011年11月26日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »

2011年11月27日 - 2011年12月3日

2011年11月28日 (月)

松本山雅 首の皮一枚 3位浮上も一試合少ない

1位 佐川 64

2位 長野 60

3位 松本 56

4位 町田 55

5位 長崎 55

   

松本山雅は3位浮上も残り一試合。

他は残り二試合。

2位の長野には追いつけない。

とにかく次の最終戦を勝って、最終節を祈るのみ。

次の試合はホームとアウェイが入れ替わっての同カード。

同カード同結果となれば、松本にとっていいが、

なかなかどうしてフットボールはわからない。

次の節で松本が負けて、5位転落で終わりかもしれない。

長崎次第とはいえ、松本が勝たなきゃ何一つ始まらない。

| | コメント (0)

ロンドン最終予選 U22 日本 2-1 シリア 国立

国立はバックスタンドの上段を封鎖し

下段だけにしたせいか

びっしり埋まっていて、テレビで見る限り

満席の雰囲気が出ていて良いですね。

25482人の動員。

    

香川でもいてくれたら全然違うんでしょうが

なかなかしっくり来ない。

バランス崩れまくりでギクシャクのU22日本代表。

11人のプレイヤーが一つの体となって連動するんじゃなく

11人が11人、ばらばらな感じ。

Jリーグチームを見ても、

これだけギクシャクしたチームってないものな。

     

コーナーキックだと、間近のカメラで真横から撮ってることがあるけど

中央カメラから斜め後ろのアングルのままの方が

めっちゃ見やすいんですが。

真横からだと選手が重なりまくって、

よくわからん。

     

U22シリア代表、1月1日生まれが五人もいるそうで。

アジア予選からオーバーエイジ枠使いまくり。

ほとんどA代表みたいな。

U22という仕切りでいくと、

日本のような戸籍が明白な国だと、実年齢以外ありえないし

そうでもない国だと、匙加減次第だな。

    

もっともっと点が入って、圧勝してもいいはずなのに

なかなかゴールが生まれない。

それでも二点とって勝った。

次のアウェイシリア戦。

大一番。

| | コメント (0)

ハンモックカフェ アサン 秋葉原⇔2k540⇔御徒町

にもやんが久しぶりに働くというので行ってきました。

場所はハンモックカフェのアサンを貸しきって

知り合いの娘達と組んで一日だけの単発営業。

    

山手線の高架下です。

アキバと御徒町の中間地点。

山手線の高架下というと、アメ横が有名ですが、

この2k540というエリアは

高架の裏を真っ白に塗って、柱も真っ白にして

洒落た感じにデコレーションしていた。

フラットなスペースに、単発の出店が連なっている感じ。

手作り鞄店とか、

工房系の出店が大半。

東京駅から2キロ540メートルの地点なので

2k540だそうで。

      

道路に面した外側にだけ

空調のある固定店舗が連なっている。

トイレもとても綺麗でした。

     

で、ハンモックカフェのアサンで

にもやん&知り合い数人の単発カフェが開催されました。

結構並んでいて、

入るのに30分ぐらいかかった。

    

中に入ると、

ハンモックでした。

天井のバーに綱が結わえてあって、

そこからハンモックがぶらんと吊り下がっている。

ハンモックには乗ったことがなかったのですが、

意外にすっぽり収まった。

不安定な面はなく

逆に圧迫感が少しあった。

体全体をぎゅっと包みこまれた感じ。

     

ハンモックにいると、

ハンモックの白い生地と白い綱、

そして黒い天井しか視界に入らず、

店内がどんな按配かさっぱりわからない。

漫画喫茶の個室にこもるより、さらに限定された空間に閉じ込められた感じ。

ハンモックにぎゅっと詰め込まれ、

身動きもとれず、

なんだこれはと戸惑う。

    

チェキを撮るときになって、

ようやくハンモックから出まして、

ああ店内はこうなっていたのかと、初めてわかった。

AKBのコンサート映像がモニターで流されていたり、

にもやん以外の女の子達の顔を確認したり、

ハンモック内にいるとわからないことばかり。

    

帰るときにも外の並び列は途切れず、

たいした人気でした。

にもやんはニートから脱することを考えているようで

少しずつ進めていけたら。

| | コメント (0)

2011年11月27日 (日)

サガン鳥栖99,999% J1昇格決定  札幌と徳島が最後一席

徳島ヴォルティス 0-3 サガン鳥栖  鳴門海峡大塚製薬ポカリスエット陸上

このゲームはスカパーで生で見てましたが、

鳥栖の一点目は完璧な形で崩して見事だった。

そのあと徳島がPKを得たのだが

それを外してしまい

なんだよなあって感じに。

3点目が入った時点で、もうええわって思ってテレビ消して出かけてしまった。

鳥栖の勢いが半端なかった。

    

J2オリジナル10、最後のJ1未昇格だったサガン鳥栖が

ほぼJ1昇格を手に入れた。

最終節、20点差ぐらいで負けると昇格できない可能性もあるが

まずそれもないだろう。

    

そして勝ち点で並んだ札幌と徳島。

このゲームの0-3負けを受けて、徳島が得失点差で2点ビハインド。

総得点では徳島が優位なだけに

なにも3点差で負けなきゃなあと。

   

最終節は徳島がアウェイで岡山戦。

札幌はホームでFC東京戦。

非常にわからない。

鳴門大塚の徳島×岡山はドローだった。

味スタでの東京×札幌はドローだった。

となると、ホーム優位の結果となるなら、

札幌が優位なのかと思えてしまう。

またドローでも得失点差で札幌だし、

札幌が優位な気になるが、

やっぱりわからない。

両方勝って、その上で徳島ががっつがつに勝って、得失点差で上回るかもしれないし、

両方負けたが、札幌がぼろぼろに負けすぎて、徳島が得失点差で上回るかもしれないし、

まあどうなんだろ。

どうなのかなあ。

勝ったらどう、負けたらどうっていう、そんな簡単な状況でもないなあ。

いや、札幌が勝って、徳島が負けて、それで終わりなのか。

これは非常にわかりません。

もうわからん。

| | コメント (0)

« 2011年11月20日 - 2011年11月26日 | トップページ | 2011年12月11日 - 2011年12月17日 »