« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »

2011年10月23日 - 2011年10月29日

2011年10月29日 (土)

アーヤ・Z・ミュウ  バースデイ・エンカウント

いやあ、エレベーターの扉が開くや、

暖炉前にぎっしぎしの人々。

エレベーターから降りられません。

激混みでした。

東急ハンズでうろうろして、一時間待ちで入店。

    

プレゼントの山に埋もれて、ジャポネスク学習帳が公開された。

キャストたちが綴る交換日記。

いろいろ考えさせられる内部資料の限定公開。

    

アーヤさんは白エプロンで活動。

一番魔女らしく見えるアーヤさん。

四ヶ月前のファースト魔法写真のお相手、ハッピーバースデイ!

| | コメント (0)

鹿島アントラーズ優勝  ヤマザキナビスコカップ

ナビスコカップFINAL

浦和レッズ 0-1 鹿島アントラーズ  国立

得点 大迫

浦和レッズは知らないうちに、すっかり面子が変わったな。

闘莉王、ワシントン、阿部、都築、長谷部、永井といった

ACL制覇の面子がもう存在しない。

     

バックスタンド上段が自由席でなく指定席になったので

緩衝地帯が消え、

バックスタンドもぎっしり客が詰まった。

     

前半がスコアレスで終わり、

後半は鹿島が西日もろ被りとなる。

浦和有利。

バクスタに西日が被る埼玉や日産ではありえない、

国立の西日劇場。

どうなるか。

     

と思ったら、

後半始まってすぐ、山田直輝がイエロー2枚でレッドカード、退場。

10人の浦和と西日の鹿島。

これで五分五分か。

    

鹿島の猛攻。

何度もシュートまで行くも決まらない。

    

後半終盤、今度は鹿島の青木が退場。

青木は鹿島の黄金期を支えてきた選手だが、

日本代表に縁がないのは、Jリーグに特化した鹿島の戦いぶりの影響か。

    

これで10対10。

     

後半もスコアレスで終わり延長戦へ。

    

小笠原と啓太、両ベテランキャプテンが下がって、

延長戦開始。

    

そういえば去年まで清水にいた原一樹はどうなったのか。

浦和にいるはずなのだが、ベンチ入りもしていない。

     

ついに大迫がゴールを決めた。

鹿島アントラーズ先制。

意外性はなく、お手本のようなPA内の攻撃だった。

    

延長後半。

太陽も客席スタンドに隠れ、

西日も関係なし。

浦和の加藤、なかなかいいキーパーですね。

この試合で一番キレてる。

    

浦和のエスクデロのシュートがゴールネットでなく集音マイクを直撃し、試合終了。

| | コメント (0)

ハニロウィン

東急ハンズに行ったら、

ハロウィングッズがわんさかあった。

だがスポンジを買った。

| | コメント (0)

2011年10月27日 (木)

J2DAYの水曜日  鳥栖が千葉に勝利

鳥栖が千葉に勝ちました。

ライバル千葉相手に勝ち点6の意味がある勝利。

オリンピック代表の試合が鳥栖で開催されたり、

鳥栖が上昇ムード。

サガン鳥栖はユベントスのイントネーションでお願いします。

      

FC東京が大分に負けてしまいましたが、まあ大丈夫だろう。

そんな試合もある。

     

札幌が徳島に勝った。

個人的には徳島に頑張ってほしかったが

札幌だって上がりたい。

強いところが結果を出す。

    

ヴェルディがむくむく上がってきてダークホース的存在。

残り6試合もあるし、まだまだわからんね。

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

アビスパ福岡 J2降格

最下位だが現時点で5勝もしていて、

極端に弱いわけではなかった。

去年の湘南が3勝、だいたい4勝というのが最下位の通例。

    

新潟のGK武田。

このままスタメンをつかみ続け、未来を切り開こう。

      

九州からJ1の炎を消さないために

鳥栖に上がってもらわにゃいかんのう。

| | コメント (0)

清水エスパルス 3-0 ヴァンフォーレ甲府  OUST日本平

見事!

勝ち点50を目指そう。

    

甲府はなんとか最終節まで喰らいついてほしい。

| | コメント (0)

« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »