« 2011年8月21日 - 2011年8月27日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »

2011年8月28日 - 2011年9月3日

2011年9月 3日 (土)

埼玉スタジアムに架かる虹

Zp1120378

急に雨が強い勢いで降り始めた。

慌ててみな傘を差す。

だが雨はまたすぐやんだ。

そのあと、埼玉スタジアムへ向かって歩くサポーター達の足がとまり、

浦和美園駅の方を振り返る。

そこには虹が架かっていた。

Zp1120380

綺麗な虹。

遮蔽物がないので

空一面、もれなく見渡せる。

Zp1120382

晴れ上がる空。

太い虹。

キャプテン翼にありがちな、土砂降りの試合後の光景。

Zp1120384

テキヤの上にも虹。

ケータリングカーに並んで、

やたら金のかかってそうな改造車、ワンボックスカーがあちこちに駐車してあった。

金があるときはあるし、ないときはなくなって

人も周りからいなくなれば

また頑張るのさ。

|

ハルヒの情熱 長門の刹那さ ゆらゆらきらめく祭の飾りに

Zimg_3520

ハルヒバニーをたくさんアップ。

学園ものの楽しさと

バニーのセクシーさ。

両方を味わえる。

Zimg_3524

ハルヒの学園世界。

テグジュペリの飛行士魂。

様々な価値観。

Zimg_3514

焼けた鉄板のように熱い石畳。

なぜ座りが可能になったかといえば

タオル!

タオルを敷いただけではまだ激アツで

半分に畳んで二枚重ねにしてみたら

膝立ちができた。

そんな夏の日。

Zimg_3545

自分が死んで消えていくことは

とても感じてしまう昨今。

まだ人生は長いけど

自分の親の老いっぷりを見ると

若者テンションで突き抜けられるのは

あと20年ぐらいかなあと。

あと20年は若者テンションで突き抜ける気でいますが。

Zimg_3489

ZⅡはミニアルバムらしい遊び心があっていい。

おどる亀ヤプシに近いような、番外編的なノリ。

テッシーが喋りまくる手島いさむ大百科。

民生の作曲なんだけどね。

ライブでやるんだろうか。

やったら面白い。

Zimg_3492

今回のツアーでは

オールウェイズを披露しているテッシー。

フォーク調の曲が再結成以後、出てこない。

    

付属のDVDは

Z各曲のプロモーションビデオとなっているが

ほとんど人形劇であんまり面白くない。

ZⅡのレコーディング風景は面白かった。

|

浦和美園から決戦地へ

Zp1120369

だらっだらっだらっと

歩いていく埼玉スタジアムへの道。

台風上陸といわれていたものの

浦和美園駅に着いた時点では

雨は降ってなかった。

Zp1120372

サムライブルー。

ジーコJAPANのときサムライブルーという言葉が生まれ

さあ行けサムライブルー♪という応援ソングもできたが

ドイツW杯の惨敗を受け消滅。

だがサムライブルーという言葉だけはいまだに生き残っている不思議。

Zp1120373

浦和美園駅前のセブンイレブンは繁盛し、

ケータリングカーが

埼玉スタジアムまでの道のりに並ぶ。

距離はあるけど平地だから楽。

Zp1120374

埼玉スタジアムが見えてきた。

だがこのとき……雨が!

|

SOS団 夏コミ参戦っ

Zimg_3574

思いきり逆光だが、

フラッシュ爆焚きで対抗。

真夏の炎天下、光の攻防。

Zimg_3504

BSやCSでやってる二時間ドラマの再放送は

わりと好きです。

刑事ものとか。

一直線に話が進んでくのが悩ましくなくていい。

Zimg_3431

サークル出展しているロムの宣伝に

コスプレ広場に来られている

レイヤーさんも多い。

後日、アキバ系のお店で売られることも多い。

|

W杯3次予選  日本 1-0 北朝鮮  埼玉スタジアム2002

Zimg_6861

得点 吉田

ゴールの瞬間、地割れが起こった。

スタジアム爆発。

最後の最後の最後まであきらめない。

その結果がここに。

|

みくる&ハルヒ&長門  ファニーバニー

Zimg_3474

ハルヒのバニーは盛り上がるなあ。

コスプレ広場に

みくる&ハルヒ&長門と三人揃い踏みすれば

大人気沸騰。

Zimg_3461

レイヤーさんが楽しそうにやってると

こちらまで楽しくなってきて

とても嬉しい。

Zimg_3451

マンチェスターユナイテッドの試合を見る機会は

NHKでもスカパーでも多く

プレミアの契約なんかしてないのに、全試合視聴可能な具合。

それにしても、

オールドトラフォードの激ゆる傾斜ぶりは凄い。

Zimg_3437

代わりにピッチレベルで造られていて、

見下ろさず真正面を見ればいい構造となっているわけだが

それでも前の方は高低差ゼロに近い。

そんな客席でも満席になるのが凄い。

ドイツの急傾斜スタジアムなど鼻で笑う姿勢。

イングランド式の激ゆるスタだと、余り見えてないから、

間近でプレーが白熱するとみんな立ち始めて、やはり見えないという。

Zimg_3475

逆さピラミッドもちょっぴり見えているのが

ビッグサイトらしくていい。

|

北朝鮮に劇的勝利  W杯予選

Zimg_6918

最後まであきらめなきゃゴールは生まれる。

スタジアム全体がそれを信じてた。

もうね、シュートが外れるたびに歓声の反響、どよめきが半端じゃなかった。

応援ソングより、メインやバックスタンドから生まれる雄たけびが

何度も体を揺さぶった。

全身ずぶ濡れになって観戦だったけど、

自宅に帰る頃には服が乾いてたな。

|

ハーフナー・ディド就任  眞田GKコーチが突然の休養

大量失点の試合が多く、

得失点差では致命的な今年の清水。

長年スタメンを務めたGK西部を戦力外にしたまではいいが

今年は海人も碓井も失点が多すぎる。

    

そこでGKコーチが交代した。

シーズン中に非常に珍しい。

ユングベリ獲得といい、動きの大きな移籍期間。

|

2011年9月 2日 (金)

涼宮ハルヒの大百科 C80

Zimg_3360

コーヒー色のタイツが素敵なバニーガール。

セクシーかつ上品でいい。

真夏の戦い。

ブログ書いてる今はもう9月。

9月だよ~。

Zimg_3379

バニーガールって肌の露出がそんなに多いわけでもないのに

引き寄せられてしまう不思議。

魔力のあるコスチューム。

Zimg_3384

|

長門有希★バニーは命果てるまで

Zimg_3316

ゴッドノウズ、

イントロのギターソロが脳を駆け巡る。

青春の苦しさと刹那さ。

過ぎ去った時代。

バニーガール。

Zimg_3325

台風上陸。

台風の中心は関東を逸れているのに

なぜ関東で豪雨なのか。

よくわかりません。

Zimg_3336

コスプレ広場上空の高架。

ここから撮影する人がこれまでは多かったが

撮影禁止の立て看板が

多数立てられたおかげで

今回はほとんどなかった。

参加者意識。

|

2011年9月 1日 (木)

アジア最終予選  なでしこJAPAN 3-0 タイ  山東陸上

得点 川澄 田中 OWN

ロンドンオリンピックのアジア最終予選を、中国で短期集中開催。

     

予想通りの苦戦。

栄華のあとは、どれだけ誠実になろうとしても

色んな部分で崩れてしまうもの。

チームスポーツなら尚更。

    

控えメンバーさっぱりで、

後半から宮間投入。

徐々にチャンス。

      

やっとこさ川澄がゴール。

グラウンダーでコースを狙った素晴らしいシュートだった。

この実力差をもっと出していきたい。

    

混戦のなか田中のゴール。

川澄、田中とルックスに分のある選手がゴール。

やはりなでしこたるもの美しさも大事だ。

    

宮間がいるいないで

他の選手全員の動きや意識がまるで変わってくるな。

     

オウンゴールで三点目。

3-0という結果を見ると、非常にいいのだけど

前半のひどい内容は

悩ましいものだ。

|

ユニコーン ZⅡ 購入  タワレコ団扇もあるよ

Zp1120367

地元のタワーレコードでZⅡを買いました。

前作のZは最高傑作でして、

売り上げの低さが本当悔しい。

シャンブルみたいなユニコーンっぽさを再現したアルバムじゃなく

新たなユニコーンがバンド力を結集させたアルバムだもの。

そんな最高のZの続編、

6曲入りのミニアルバムZⅡが発売された。

Zp1120368

こちらは力が抜けた感じ。

Zがクイーンぽいアルバムなら、ZⅡはストーンズかな(超適当)。

手島いさむ大百科、メダカの格好は合唱ソング。

いちじくはライターのEBIではなく、民生が歌ったほうが味が出たかなという思いも。

   

民生は、ソロ活動もつねに並行しているので

自分の曲を積極的に入れることもなく、ヴォーカル曲も少なめなのかもしれない。

曲は阿部、パフォーマンスは手島というのが

今回のZ~ZⅡの流れだろう。

でもそろそろ、ユニコーンで本領を出してほしい期待もある。

ソングライティングでもヴォーカルでも、ユニコーンの奥田民生が大きく出るような。

他のメンバーが発表機会をユニコーンに絞っているぶん

幾らでも発表機会がある奥田民生は、ユニコーンに限定する必要がないのだろうけど。

    

ZⅡ買ったとき籤を引いたら団扇が当たりました。

熱烈ファンのアーティストだからCD買うけど、

今の時代、CDはなかなか売れず、販売店は新たな道を模索しないと消滅してしまう。

AKBがCD発売後に

全国ツアーで握手会をしていくのは凄い。

     

CDに入っている握手券が命。

握手会は有料公演じゃないから場所代も極端に安いだろうし、

コンサートじゃないからステージ設置等も凝らずに済ませ、

そして朝から晩まで、

ひたすらCD購入者と握手していくという。

AKBの売り上げは、握手会での手売り枚数だものな。

    

AKBのメンバー個々は、芸能界を勘違いせずに臨めていいんじゃないかな。

ファンと隔離された従来のアイドルじゃ、

どうやって自分達の活動が成り立ってお金が手に入るのかわからんでしょう。

自分が握手していくおびただしい数のファンによって

タレント業が成り立ってるんだって、

嫌でも自覚するだろうし。

    

Jリーグのサッカー選手でも、

所属クラブがファンサービス対応を限定してるところじゃ

結局、選手が勘違いしてしまって、つまらないことになってしまう。

もちろんファンと接点を持たずに成功しているアーティストもいるし

スポーツ選手だっています。

     

ただ、未成年のアイドルや社会経験のないスポーツ選手にとって

ファンと直接触れ合う場があるのは

必ず力になるはずなんです。

    

スタジアムが半分も埋まらないのにファンサなんかせんでええわと思ったり、

CDが売れないのに手売りしようとしなかったり

そんなの自分の首をしめてるようなもの。

握手会やってCD売る、ファンサしてスタジアムに来てもらう、

これはあるべき姿でしょう。

    

音楽出版に関する著作権ビジネスは、

ネットによって曲がり角に来ているけど

音楽自体はこれからもどんどん発展するし、

ミュージシャンはコンサートを開いて収入を得るという

当たり前の活動に戻っていく。

レコーディングだけして、CD印税で豪遊なんて、

バブルの夢だったのよ。

|

ブラックロックシューター もう一度だけ走るから

Zimg_3590

走り続けるレイヤーさん、そしてカメコ。

8月の暑い空。

たまらない湿度。

どこまでも走る。

第一庭園で。

Zimg_3588

マンU 8-2 アーセナル オールドトラフォード

これだけ大きな敗戦で、

今年のアーセナルがどうなのかがわかって、

よかったんじゃ。

まだ三試合、手を打てる。

Zimg_3584

レイヤーさんが太陽に背を向ける場合が多いので

屋内以上にフラッシュが必要となる。

キャノンのスピードライトは、暗い場所なら弱い光を

明るい場所なら強い光を発する。

炎天下だと最強の光を発しないと、逆光に勝てない。

Zimg_3287

いつも思うのは、10時ぐらいにゆりかもめで有明入りしたとき

コスプレ広場を高架から眺め降ろすのですが

ほとんど誰もいない。

座ってだらけるカメコがちらほら。

そんなに早く行って誰もいないだろうに。

Zimg_3274

正午に規制が解かれたあたりからが勝負。

昔だと、りんかい線で正午入りすると

国際展示場駅のプラットホームには

満員の車内以上にどっさりのコミケ帰り客がいて

中と外を大入替となった。

Zimg_3275

あの光景って最近なくなった気がする。

どっさり荷物を抱えた帰り客と車内を入れ替わる術。

宅配便での発送が当たり前になったせいか。

手で持って帰るってあんまりないものね。

Zimg_3240

なんに興味を持てなくなって

震えるだけになっても

もう一度だけ走る。

ブラックロックシューターのように。

|

メルト 溶けてしまいそう 炎天下のコミケで

Zimg_3227

もう9月になってしまった。

8月のコミケは遠い過去。

その寂しさ。

外は大雨。

年末の冬コミは遠い。

終わってしまったんだなあ、コミックマーケット80。

Zimg_3299

コスプレ広場は連日満員だったので

マスコミが三日目が特に記録タイの大入りだったと騒いでも

別になあって感じ。

毎日激混みでしたよってそんだけ。

Zimg_3390

昔のコスプレ広場は屋上だけで

企業の待機列が少なくなっていくにつれ

面積を広げていく方式だった。

あのときの混み具合は異常で

あれと比べりゃ、

この世のどんな混雑も楽ですよ。

Zimg_3401

今回から規則が一気にゆるんだ。

長物がOKになったことを初めとして、

露出に関しても

余りくどくど言わなくなった。

レイヤーさんOKなら、ある程度の囲みもロングスパンもOKで。

もちろんレイヤーさんがOKならということですが。

そうした確認とりは参加者全員の義務。

Zimg_3405

マナーの問題は難しく、

アップお願いしますと前に出てしまうのはありなのか、

全員がやりだしたら大混乱だが自分がやるだけならOKなのか、

勝手にカウントとりだして、

レイヤーさんを個撮に誘うのはありなのか、

いろんな意見や価値観がぶつかり合う。

それでもなんとか運営できていけるのは、全員が参加者だという意識。

客は一人もいない。

Zimg_3418

猛暑。

8月から。

人生において今だけ輝ける瞬間を。

|

ブラックロックシューター それは魂の叫び

Zimg_3192

まさに夏本番。

異常な暑さだった3日目。

あつあつの鉄板の上でコスプレ。

床の石畳も噴水の縁も焼けた鉄板。

海の砂浜と同じように、少しテクニックがあって

しばらく物を置いておくと急速冷凍され、座れるぐらいの熱さになる。

ほっとくとまたすぐ焼けた鉄板と化すが。

Zimg_3397

といっても、あついあついと言いながら、腰かけてくださるレイヤーさん。

しばらく我慢すると、お尻が鈍感になるのか、

熱さも減るのか、平気になってくるようで。

カメコも膝立ち不可能な熱さ。

無理矢理座ってカメラを構えるも、十秒後ぐらいには「あつ~っ」となり腰をあげる。

Zimg_3425

コミケはお祭なので、誰もが参加者意識を持てば、楽しめる。

でもお客さん気分で来たり、事情を理解してないと不愉快なものと化す。

コスプレ広場も、決して良いロケーションは得られないし、

ロケーションどころかヤケド確実であり、太陽と決闘。

それを理解した上で、お祭に参加してもらうと嬉しい。

|

2011年8月31日 (水)

C80 3日目は過去最多の20万人

Zimg_3108

最終日のこの日は、過去最多タイの20万人だったそうで。

といっても、余りに膨大な参加者数を誤魔化すため

少なく報告するコミケですから、

2006年ぐらいのピーク時には、

もっと過激なやばい動員があった気がする。

まあ、1日目2日目より混んでたのは事実。

Zimg_3145

特にコスプレ広場に関しては、

日曜日の最終日が一番混雑でした。

このロケ地は、庭園から少し外に出た

隠れスポットなのだけど、

そこにもレイヤーさんやカメコがわんさかいたし。

Zimg_3148

コスプレ広場にいると、

カメコが多くて、男性が多いイベントだなと勘違いしてしまうが、

いざ展示棟に踏み入ると、

女性参加者の方が多いのもコミケの特徴。

ですが、三日目は男性向きということもあり

さすがに男性参加者が女性をわずかに上回っていたかな。

私が可愛いレイヤーさんばかりアップロードするので、

男の参加者が多いのだろうと思われるかもしれないが

コミケは三日間通して女:男=7:3ぐらいの割合です。

|

コミックマーケット80 3日目ついに出陣  ビッグサイトへGO

Zimg_3062

コミケもいよいよ最終日。

とはいえ、マスコミ発表だと最大の動員と銘打っていますが

あまり一日、二日目と代わりない混雑ぶり。

不思議なもの。

どっちにしろ混んでるってこで。

Zimg_3086

ロケしてる場所は第1庭園のなかでも

入口に近く、

迷路のようなところが潜っていき見つかる秘境。

ここで撮影さなかれてましたので参加。

Zimg_3091

体全体を覆う熱さに慣れ

倒れないよう水分補給し、

自分に責任を持って行動していくのです。

|

吸血鬼が吸った血は、もれなく駅前の献血センターへ。

Zimg_2928

TFTの屋内はスタジオになっている。

建物としてはむしろこちらが本館。

外はホワイエ。

ただホワイエのほうが太陽光が入ってくるのでどうしても人気。

そたのた、TFT館内では幕が幾つつも張られていて

光を集め逃さない工夫がされている。

集まれ、光!

Zimg_2938

清水の新外国人ユングベリ。

プレミア時代の彼がやってくてくれるのか。

そしてゴトビは彼を再生させられるのか。

静岡ダービーが待っている。

Zimg_2947

ガンバ大阪の新スタジアム案は頓挫したままだな。

現行では、柏レイソルとジュビロ磐田の2チームだけが

自前のサッカー専用スタジアムを持っている。

管理業者を請け負っているクラブは多かれど

資産として持っているのはこの2チーム。

Zimg_3008

これだけサッカーブームだのだし、サッカー専用スタジアムの新設が待ち遠しい。

サッカー専用といっても、陸上競技場を改築して

メインとバックのスタンドは激ゆる傾斜なんつうものはいらない。

Zimg_3031

よし金もあるし土地もある、これで巨大なサッカー専用スタジアムを立てるぞと息ごんで、

東京ドームとまったく同じ構造で立ててしまてもういけない。

ピンポントを抑えればいい野球と違い、

サッカーは全体がつねに見える必要がある。

アメリカンフットボールの巨大スタジアムがどおような構造をしているか見れば

一目瞭然だろう。

Zimg_3046

ブンデスリーガが100年やってきえ、2006何のワールドカップでやっとこそ

ほとんどのクラブが

専用スタジアム化した。

日本がそうなるにはもう100年必要か。

|

煙草とTFT

Zimg_2814

TFTでは煙草を吸って人がほとんどいなかったな。

喫煙所がそれなりにあったように思うが

忙しくて吸ってる場合じゃないと。

自動販売機も復活し、売店以外でもドリンクを買えて

入口には水の無料サービスもあう。

Zimg_2825

いくら飲んでも焼け石に無駄ですが、

飲まなきゃくたばるのみ。

ぎりぎりの体力で望むよ三日目も。

Zimg_2838

勇者屋が水を用意するようになったのは素晴らしい。

あと塩雨。

塩がなきゃ死ぬから。

舐め始めると、とにかく塩。

塩が足りない人達のために。

Zimg_2847

ヨーロッパの各リーグでは、

今シーズンがストライキにより開幕せず。

選手のギャラがまったく支払われないのだ。

高額の移籍金で契約し、高額のギャラを選手自身と契約するのだが

蓋をあけると

すべては遅延だらけ。

Zimg_2881

サッカーは三次予選が今週末にある。

相手は北朝鮮。

まだ三次なのにチケット完売。

暴風雨予想の日ですが、いく人は頑張ってきて。

三次を征して最終予選がやってくる。

Zimg_2885

ヨーロッパの各リーグでは、

今シーズンがストライキにより開幕せず。

選手のギャラがまったく支払われないのだ。

高額の移籍金で契約し、高額のギャラを選手自身と契約するのだが

蓋をあけると

すべては遅延だらけ。

Zimg_2894

元所属クラブは一向に移籍金を受け取れず、

選手は約束したギャラを受け取れない。

これがブラジルなどだと、クラブ側が銃器を抱えた兵隊とともに

練習場に押し込み、無理矢理ギャラの引き下げを求める。

Zimg_2906

ヨーロッパの上級クラブですが、

ギャラの支払いは好い加減で、スタメンクラスの選手ですら

半年以上滞ったうえで、「半額にしてくれひゃ全部払うわ」と

妥協を示す。

受け入れるしかない選手達。

比べると、毎月必ずギャラを支払うJリーグは凄い。

Zimg_2908

そういう意味では、Jリーグのギャラは

ヨーロッパ主要リーグの倍以上の価値があるのでは。

|

2011年8月30日 (火)

早起きは三文の徳  となコスTFT

  Zimg_2674

せっかく早起きしてきたので

素敵なレイヤーさんをたっぷり撮れないとね。

実際、それには大成功。

待機列が異常な伸びとなっているビッグサイト周辺を尻目に

TFTの冷房空間で

さわやかにコスプレ撮影。

Zimg_2676

コミケが終わるまでは気を張っていたのだろう。

病気知らずだった。

だがこのところ、鼻水が止まらず、頭がどよんどよん

体温は平熱より1℃アップ。

う~ん、熱いんだけど、羽織らないとがくがくしてくる。

額に汗。

Zimg_2688

一眼レフカメラから覗く世界。

暗闇に映るアングルは映画館のスクリーンのよう。

どんなに明るい場所で撮影していても、映画館に入ったような脳内になる。

Zimg_2704

緊張から汗も掻く。

逆さ帽子でカメコ道。

ツバがあるとカメラとぶつかるので逆さなのだ。

Zimg_2706

ディアステには本当にディアステが大好きなんだっていう

激しい意志が滲み出てくる娘が多かった。

色んな企画はディアガが自由に立ち上げているし、

やり甲斐と同時にプライドも生まれる。

Zimg_2742

秋葉原のディアステから

通う場所を移し、

いろいろ感じるのは

やっぱ自分の店でプライド持ってる娘は素敵だね。

たとえ自分と絡みが少なくても

魅力的に思える。

逆に店へのプライドがないようだと、馬鹿話をし合える間柄でも

いまいち。

Zimg_2767

二年前の改正で、

Jリーグの背番号は50番まで自由になった。

51番以降は50番まですべて埋まってから。

理由はよくわからん。

番号ぐらい好きなものつけりゃと思ってしまう。

小笠原の40番が一番大きいのかな。

ユングベリは何番になるやら。

Zimg_2809

清水エスパルスは中ぐらいの順位が続き、

いつ転落するかもわからない恐怖。

上を見てもACL圏内とは離れすぎ。

このごたごたのなか、

最終順位を一桁で終えられたら。

|

となコスの夏も終わり 寂しきTFT

Zimg_2475

前の晩にぐっすり眠れて体調がよかったので

これで今年の夏のとなコスも終わりかあって

寂しさも漂った。

TFTのコスプレイベント開催はエンドレスだけれども

となりでコミケがやってるかいかなで

テンション違ってきますもん。

Zimg_2521

この三日間のTFTは

コミケが乗り移った魂の建物だった。

そして明日からはただのTFTなのです。なむ。

|

2011年8月29日 (月)

C80 3日目スタート FINAL

Zimg_2541

コミケも最終日を迎えた。

日曜日。

睡眠をしっかりとれたので三日目は非常に楽だった。

体が軽い。

初日と二日目の重さがない。

Zimg_2581

まずは朝10時から、となりでコスプレ博。

TFTは初日、二日目と同じぐらいの出足。

外から光が降り注ぐ

明るい窓辺。

Zimg_2592

初日は金曜日だったので、

周辺のオフィスビルで働く人達が

ベランダを通りかかり、

好奇の目で中をじろじろ見るもので(特におばさん連中)

しんどさもあったが

日曜日はバルコニーを通る一般人もおらず楽。

Zimg_2606

冷房が効いて過ごしやすいTFTで

順調な滑りだしの最終日。

今日でコミケも終わり。

寂しさも漂う最終日。

Zimg_2628

ビッグサイトは相変わらずの入場規制。

規制がなくなるまでTFTで過ごす。

三日間とも無事にやってこられてよかった。

天気もよかった。

Zimg_2639

コミケは三日目が20万人の参加ということで

最多だったわけですが

コミケうんぬんよりTFTの混み具合がこのあと……

予測つかないもんです。

Zimg_2662

夏祭も最終日。

C80最後の炎。

有明の華。

|

2011年8月28日 (日)

ビッグサイトを去る2日目の夜

Zimg_2385

となコスが終わりTFTを出た。

夜の逆さピラミッドを彩っていた照明は

節電のためなくなった。

飛行機警告の点滅だけが光る。

Zimg_2384

ゆりかもめで帰宅。

豊洲へ帰るぞ。

母なる豊洲。

聖なる豊洲。

足立ナンバーなら豊洲。

Zimg_2388

JRや地下鉄の駅も、

プラットホームにパーテーションが築かれつつありますが、

こうした人の背丈より高いやつでないと、少し怖いね。

大人の腰ぐらいまでのパーテーションだと

そこにもたれて頭を乗り出してる人がいて、危ない。

電車に頭を吹き飛ばされて終わりでっせ。

Zimg_2389

2日目はROMを二つとポスターを一つ買った。

甘栗ROMはビスケたんとペリッパー。

布ポスターは小麦ちゃん。

甘栗の時代。

いふる革命。

Zimg_2398

夜は肌寒いここ数日。

寂しさ漂う秋の匂い。

夏の終わり。

前向きになれない時期だな。

Zimg_2399

C80の2日目もこれにて終了。

帰宅後はぐっすり6時間眠れた。

おかげで体がずいぶん楽になれた。

|

となりでコスプレ博 2日目も終了

Zimg_2134

バルコニーが閉鎖され、

残り一時間。

館内で撮影してました。

Zimg_2187

光をどれだけ集めるかが命な館内撮影。

フラッシュではなくLED照明を焚きっぱなしのカメコもいて

ああいうのもありかなと思ったり。

フラッシュと比べても消費電力はそう変わらないだろうし

むしろLED照明焚きっぱなしの方がエコなぐらいか。

Zimg_2195

魔法使い。

8月26日、ハニロウの日は終わり、

魔法写真の人文字は

8をサラさん、2をシオンさん、6をショコラさんにお願いして完成しました。

御協力ありがとうございました。

Zimg_2381

19時からはスタッフの煽りが始まり、

15分過ぎには並び列の解消を指導し始め、

19時半には完全終了。

お疲れ様でした。

レイヤーさんは更衣室へ、カメコはぶらぶらしながら退出。

|

ユングベリ ~Ljungberg~ 清水エスパルスと共に

Zimg_1989

蓋を開けてみないとわからないユングベリ。

2007年までのアーセナル時代は文句のつけようがない。

二度のプレミアリーグ優勝。

CLファイナル出場。

日韓、ドイツW杯出場。

プレミアリーガーとして、スウェーデン代表主将として、活躍してきた。

Zimg_2005

だがこの四年間、ユングベリは何をしてきたのか。

USA滞在が長くを占める。

現在34歳。

この年齢の北欧人が、温暖湿潤から亜熱帯に気候区分が変わりつつある

日本に対応できるか。

9月は暑さが落ち着くとはいえ、興行のためデイゲーム開催となり

8月以上の壮絶な条件のもとプレーを強いられる。

寒さはお手のもとだろうが、異常な高湿度の日本に合わせられるか。

Zimg_2009

だが希望もある。

MLSを同様な形で追われ、

無所属が続いていた鈴木隆行。

彼が水戸ホーリーホックに入ってから、

目覚しい活躍を続けている。

長い海外生活ですっかり全身刺青と化した隆行だが

水戸での再生に成功している。

Zimg_2013

刺青は一つ入れるとまた入れたくなり

とまらなくなるようですな。

ユングベリは刺青知らずの綺麗な肌をしているのは

数多くのブリーフ一枚姿で明らかだ。

下着メーカーの広告塔になるだけあって

刺青とは無縁のようだ。

Zimg_2023

女性の下着モデルというと

華やかな印象があるが

男性の下着モデルというと

ピンとこない部分もある。

男性用下着の多くは無名の外国人がモデルをしている。

力強くたくましい男のためのブリーフ。

それをユングベリは体感させてくれる。

Zimg_2028

アーセナルといえば最近なにかとお騒がせなチームだ。

稲本は一年間所属して

一秒もリーグ戦のピッチには立てなかったが

そうした選手の存在もあってこそ

プレミアリーグ優勝できたのかどうかは

私の知るところにあらず。

Zimg_2040

ユングベリは太ってもいないし、

34歳という年齢なら、

来年末までの契約になんら問題はないだろう。

今年2000万、来年4000万の合計6000万契約らしいが

それに見合ったパフォーマンスを期待したい。

Zimg_2043

今の清水の大黒柱となった高原だって

小野にしたって

もう本当に駄目だと言われていた。

浦和レッズで結果を出せず、Kリーグでも存在を出せなかった高原。

彼の今年の活躍を

予期できた者は少ない。

Zimg_2046

サッカーはどこまでもチームスポーツで

個々の選手が輝けるかどうかは

そのチームが持つ様々な要因に関連する。

今のユングベリはたぶん駄目なのだろう。

だが彼が再生される望みは大きい。

Zimg_2065

有明の街は生活感がなく、

お台場にマンション群があるのと比べ、

この付近は何もない。

実のところ豊洲からここまでの区間は

草原が多くを占める。

農地でもないし、何もない土地。

それが元からあったなら話はわかるが

埋立地なのだ。

Zimg_2070

バルコニーは外の風景と

コスプレが混ざり合い

新たな色合いを生み出す。

Zimg_2077

次のC81は12月の終わりだ。

今度は寒さとの戦いとなる。

とにかく寒い、やたら寒い。

だが寒さにやられて風邪を引くという発想が

迷信と化してきた昨今、

寒さぐらい吹き飛ばそう。

Zimg_2084

となコス二日目は、一日目同様

それほど派手に混むようなことはなかった。

もちろん館内は場所取りが激しく

窓際と壁際に隙間はまるでない。

でもバルコニーに出れば、それなりに空いている場所を見つけられた。

Zimg_2091

日が暮れてきて、

バルコニースペースは一足先に終了。

20時まで残りの時間は

TFT館内にて。

Zimg_2079

|

ユングベリと愉快な仲間たち2011夏

Zimg_1910

リーグ戦も残り10試合。

現在8勝9分7敗。

ここで元アーセナルのユングベリが加入。

ビッグネームとはいえ、

USAやセルティックで続かずに、

フリーだった選手。

移籍金ゼロで獲った34歳の元プレミアリーガーは

どれだけのプレーができるのか。

Zimg_1911

これまで24試合やってきて8勝しかしていない。

8勝というのは例年でいえばJ1残留のボーダーライン。

上位も目指したいが、まだ残留できるとは限らない。

だからこそ山形戦は勝ちたかった。

勝ち点6の意味を持つ試合、

相手に勝ち点6を与えずに済んだのは良かった。

Zimg_1924

W杯予選のあとは

エコパ二連戦。

ジュビロ開催のエコパダービーがあり、

清水開催の浦和戦がある。

この二連続エコパをユングベリ、ヨンアピンの新戦力で圧倒できたら

そりゃあええもんですなあ。

Zimg_1951

そしてナビスコカップもある。

エコパ二連戦に挟まれる形で、

日本平にてファーストレグが開催される。

ナビスコにどんな戦力で向かうのかは悩ましいものがあり

長谷川健太監督最後のシーズンは

リーグ優勝がほぼなくなったにも関わらず、ナビスコをセカンドチームで臨んで敗退し、

その結果、契約の更新が打ち切られた。

今年は残留が決まらないのに、ナビスコに傾倒していいのかという逆の立場。

Zimg_1964

ジュビロとレッズに勝てたら、

そりゃあ安泰ですわ。

ただ、なかなかどうして

渋い試合になりそうじゃ。

|

ユングベリ  アーセナル~USA~清水エスパルス

Zimg_1834

カルバンクラインの下着モデルをしているユングベリ。

清水サポーターの間でも

ユングベリと同じような下着をつけることが流行りそうだ。

Zimg_1835

TFTのバルコニーも撮影場所として開放されており、

夕方の気候は過ごしやすく、

自然光もたっぷり利用でき、

屋内よりありがたい。

スタジオ並みの照明が焚けない限り、屋外撮影にはかなわないものだ。

Zimg_1869

ゆりかもめの高架と

幹線道路を背景に入れるのも良いものだ。

|

パンティ&ストッキングwith一日警察署長

Zimg_1778

冷房の効いたTFTで撮影。

乾燥する体と服。

だが喉も渇き続けた。

コミケでの脱水はとまるところ知らず。

ポカリ1リットル飲んでからTFTに戻ったが、

まだまだ足りない。

Zimg_1789

影がくっきり出すぎているので、

ディフューザーなるものを、

コミケ後に初購入してみた。

使ってるスピードライトに対応のやつ。

Zimg_1797

国内生産していない輸入品。

輸入業者から直に購入。

はめてみたりしたが、効用はまだわからず。

Zimg_1801

手作りディフューザーのカメコも多く、

フラッシュにコンビニのビニール袋を被せた人や

レフ板かと思えるほど大きな白板をカメラにつける人や

色々。

光が分散して、背後に並んでいる人間まで光が飛んできて非常に眩しいという。

Zimg_1806

ピストルをレンズに向けられ、

そのままシャッターを切ると、

ピストルの先端にピントが合って、人物がぼやけてしまう。

なので、ピントを顔に合わせてから

半押しキープでアングルを戻すわけですが

この座りショットは上手くいった。

Zimg_1814

ユングベリなる34歳のフットボール選手が

果たしてJリーグで

どこまでできるのか。

過去の名声は素晴らしい。

突き抜けている。

Zimg_1824

ただ、それは20代の栄華であり、

プレミアで二度リーグ優勝し、

スウェーデン代表でワールドカップに二回出た、

そんな過去と今のユングベリは当然違う。

Zimg_1759

ただ、それでも清水に来てくれたのは嬉しい。

海外の一流フットボール選手から

選手もスタッフもサポーターも影響を受けるだろう。

画像検索をかけると、

やたらブリーフ姿のセミヌードばかり出てくるのだが

パンツメーカーのCMタレントなんだね。

ブリーフパワーでJリーグを圧巻せよ。

|

« 2011年8月21日 - 2011年8月27日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »