« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011年8月7日 - 2011年8月13日

2011年8月13日 (土)

清水エスパルス 3-0 大宮アルディージャ  OUST日本平

得点 枝村 小野 高原

よかったよかった。

めでたしめでたし。

3試合で12失点のGK碓井を下げ、海人を久しぶりのスタメン起用。

結果、無失点で終われた。

大宮戦は是が非でも勝ってほしかったが

3試合で12失点のチームが、無失点で終われるとは予想していなかった。

ゾーン守備をやめ、マンツーマンにしたのは

3試合で12失点してしまったことから理想を捨てたのだろう。

勝ち点3は素晴らしいものだ。

    

広島は、ミスチルのコンサートが一週間後だというのに

設営のためにもうビッグアーチが使えなかったようで。

二種陸上で張り出し使うと、結構見やすいのは、

JFLなんかの試合で芝生で見てると共感する部分。

だが一種陸上で張り出したところで、ピッチはまだまだ遠く

ビッグアーチで同じ仮設を作ったところで、

コカコーラスタのような眺望はありえない。

    

翌日は磐田が柏に6-1勝ち。

清水が勝ったので磐田も勝つのだろうなという予想はあったが

さらなる大勝だったようだ。

    

J2では水戸の鈴木隆行がフリーキックを直接決めゴール。

早くも2ゴール目。

ベッカム並みに刺青が入った体が印象的。

一度入れるとまた入れてしまって

結局全身刺青になってしまうようだ。

|

2011年8月10日 (水)

香川、本田ゴールラッシュ 韓国完全制圧 in 札幌

日本 3-0 韓国  札幌ドーム

得点 香川 本田 香川

とにかく上手い。

サッカーが上手い。

些細なボールタッチからして異次元な日本代表。

屈強なフィジカル。

そして闘志。さすが日韓戦。

このところ女子サッカーやJリーグしか見てなかったので、

男子A代表のレベルの高さに興奮。

     

遠藤のボールカット。

李がヒールで流して、香川が韓国選手二人に挟まれながらもシュート。

ゴール。

日本先制。

    

岡崎が負傷、初A代表の清武投入。

    

後半、駒野の強いシュート。

弾かれたボールを清武がアシスト、

本田がゴール。

続けて、清武がまたもアシスト、

香川が2ゴール目。

     

何人か選手交代があり、

それから韓国の猛攻。

GK川島がもつれながらキャッチ。

今野とがっちり握手。

    

日本勝利。

満員の札幌ドーム。

汗だくのサムライブルー、勇気と希望の圧勝。

|

U22 日本 2-1 エジプト  札幌ドーム

得点 マルワン 山田 永井

A代表の前座試合。

BSで生放送。

始まってさっそくフリーキックからゴールされた……GK権田!

この世代は優秀な選手が多いのに

優秀すぎて

U22に召集できないというジレンマ。

A代表と違って、クラブは選手を出す義務はないので

Jリーグ所属選手とアマチュアだけでアジア予選を戦わねばならない。

     

と思ったら、レッズの山田がさっそくやってくれた。

角度のないところから、サイドネットに突き刺さるロングシュート!

ゴール同点。

大学生とは違い、プロの舞台を踏んできてる山田のタフさ。

一点とられても怯まない。

    

スペースに出したロングフィード。

永井が足の速さで追いついてシュート。

GKに弾かれるも、もう一度シュートでゴール。逆転。

永井は名古屋に行ってどうかなと思ったけど、

途中出場が多いものの試合にも出られてるし、いい塩梅。

    

エジプトは断食期間なんだな。

断食というと過酷な修練のように思われがちだが

実はお祭。

日が上ってから沈むまでは、たしかに飲み食いができない。

だが夜には、

街にはお祭の屋台が並び、各家庭でも賑やかにパーティーが繰り広げられ

盛大な飲み食いを伴ったお祭となる。

それが断食。

ただ、サッカー選手にとってデイゲームのこの試合、

断食はやはりネック。

日没後の試合なら良かったんだろうが。

    

日本勝利。

佐賀県鳥栖市でオリンピック予選の試合はあるようで。

必ず勝とう。

|

エールディビジ開幕 VVVフェンロ 0-0 ユトレヒト  デ・クール

テレビ点けたら、たまたま試合が始まるところで、見てた。

VVVは、吉田とカレンが共にスタメン。

フェンロ市フェンロのフェ~フットボール・フェ~クラブ。

スタジアムというより、サッカーのピッチ周りに少し座席を作った感じで

西が丘みたい。

カレンはJ2でプレーしてたと思ったら、オランダ一部で背番号10。

よくわからんサッカー人生。

ユトレヒトの高木次男はベンチ入りするも最後まで出ず。

|

辻尾JAPAN 900人

新潟に突如現れた白いTシャツの軍団。

清水エスパルスサポーターのゴール裏の半分を占めていた。

この辻尾JAPANは総勢900人。

何者たちなのか?

実は辻尾選手の親の関連会社の方たちだそうで。

新潟のビッグスワンにて

辻尾JAPANが突然登場。

清水サポーター団体の規模としては最大勢力だが、果たして今後も現れるのだろうか。

日本平にも出現してほしいもんだね。

辻尾選手自体、膝をぐるぐる巻きにテーピングしてようやくプレイできる状態。

右サイドバックの選手を応援するために、アウェイの地に900人。

凄いもんじゃい。

|

2011年8月 9日 (火)

カルヴィン・ヨンアピン(オランダ)DF  清水到来

すでにマスコミでは報じられてきたが、

ついに噂の新外国人、カルヴィンが来日した。

まだ決定ではないようだが、

清水エスパルスでどう機能するのか。

久しぶりの黒人選手だ。

|

2011年8月 8日 (月)

ジョー山中 死去

いつだってこの歌が頭に流れてくるんだ。

|

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »