« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

2010年2月14日 - 2010年2月20日

2010年2月18日 (木)

目の前で受けた印象  三保グラウンド

Sp1030789

四ヶ月ぶりに三保へ行ったよ。

朝まで雪が降ってたけど、午前10時の練習開始の頃には晴れていた。

でも寒かった。

ボールを使ったゲーム中心の練習。

小野やボスナーが加わった清水。

観客席の手前側の芝生がかなり荒れていて、

練習が遠くで行われたのが、ちょっと残念。

早川社長がピッチの外周をぐるぐると回っていた。

       

地元出身ながらプロになってからは縁がなかった小野伸二選手。

30歳にして清水に帰還。

テレビやネットではすでに清水での活動を知っていたけど、

生で受ける印象は全然違う。

大人びていて冷静。

今年の清水はどうだろうという不安を吹き飛ばす、

全力でトレーニングに打ちこむ選手達。

これは安心だ。

J2に降格した千葉からやってきたボスナー。

去年の対戦相手がオレンジ色をまとっていると、違和感もあるし新鮮さがあふれ出る。
       

    
    
練習内容は3チームに分かれて、総当りの試合となった。

大前が非常に積極的で、果敢にゴールを目指し、決めていた。

昨年までと違い、彼には覚悟が見えた。

かつての高校サッカーのスターも、出場機会のないまま三年目のシーズンを迎える。

腹をくくって勝負を。

唯一のユースからの昇格選手、鍋田アトム。

昨年はユース昇格ゼロだっただけに嬉しい。

枝村が即戦力になった以降、ユース出身者の道は険しい。

契約した三年間をサテライトマッチをこなして過ごしたあと、

それぞれの道へ進んでいく。

どうか厳しい世界を戦い抜いて。

大学ナンバー1GKが筑波大から加入、碓井健平。

GKが試合に出るのは、他のポジションの比ではない。

四人もいるGK、闘志を。

      
練習後は持参したサインフラッグに、小野やボスナーの精神を刻んでもらった。

| | コメント (0)

2010年2月15日 (月)

日本 1-3 韓国  国立  ~東アジアサッカー選手権~

1-3で負けましたよ、日韓戦。

ぼこぼこでした。

とても弱い日本を見せつけられた。

東アジア選手権は中国の優勝で幕。

日本は3位でした。

     
前半を見ていて、なんだか馬鹿らしくなってしまい、

途中からベッドに寝ながら音声だけ聞いてた。

そしたら、ありゃまあの展開に。

試合後には協会から、岡田監督続投宣言も飛び出し、

なにがあろうとこのままいくのだ。

    

バンクーバーオリンピック。

バイアスロンを見ているが、激しい雪だな。

ライフル射撃をするわけですが、

雪に伏せて射撃をする選手だけでなく、

的のほうのアップ画像も、画面に小さく表示してくれるのが

気が利いている。

こういう工夫がスポーツを見るのを楽しくさせるね。

ジャンプで飛んで、アルペンで滑り走って、ライフル射撃もするという激しい種目。

     

上村愛子は4位で残念だったな。

モーグル。

なんとか3位以内に残ってくれと、日本中が思っていた日曜の正午。

だが上位が成功し続けて、

最後の一人で押し出された~。

| | コメント (0)

« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »