« 2010年8月1日 - 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »

2010年8月8日 - 2010年8月14日

2010年8月14日 (土)

清水エスパルス 1-2 横浜F・マリノス  OUST日本平

清水エスパルス 1-2 横浜F・マリノス

得点 兵藤 岡崎 中村

中二日でアウェイ新潟となる。

青山を使うべきだ。

スタメンで使うべきだ。

そのぐらいの思い切ったことができないようでは名古屋の優勝で終わる。

    

それにしても俊輔は本当に嬉しかったようだ。

フリーキックからのゴールだったが、

ゴール後には自分で自分の足を磨いていた。

       

それにしてもFWは大変なポジションだ。

勝てなかった全責任を背負わされかねない。

ゴールを決めて勝っても、そこまでのMFの過程ばかり評価がある。

そんな過酷なポジションを担う、岡崎、ヨンセン、藤本の三人を応援。

|

2010年8月 9日 (月)

コミケ直前のTFT

Zimg_6679

いよいよコミケまで一週間を切りましたが、

その前哨戦として、TFTにてコスプレ博がありました。

   

参加者数が多くて場所の確保が大変。

ブラックロックシューターのレイヤーさんと一緒に場所探しをしたものの上手くいかず

他のカメラマンさんがやってきて積極的に場所探しをしてくれ、

いい場所が見つかったりもした。

|

ピョンガルー1stフルアルバム発売イベント

Zimg_7574

ミニアルバムに続き、初のフルアルバム発売でした。

秋葉原の石丸電気にてインストアライブ。

これまでのインストアやライブでは、

ヴォーカルのなみ平さんが以前勤めていたディアステのお客さんが

多かったのですが、

この日はディアステメンバーが国内最大のアイドルフェスに出演してしまっている都合、

ディアステのお客さんはいつもほどには多くなかったな。

ですが石丸は満員となり、盛り上がりました。

    

前座の有坂愛海さんは、珍しくヒールの高いというか分厚い底の靴で

背が高く見えた。

なみ平さんはインディアンの酋長のような姿で登場。

三曲目の向日葵では、客全員で向日葵の造花を振って、ピョンガルーを驚かせるファン演出も。

カンガルーさんの剃り込み頭もようやく披露。

アマゾンでも流通していますので、アキバに来られない方も是非。

|

2010年8月 8日 (日)

金鳥スタはあからさまにアウェイゴール裏が遠い

大阪市の金鳥スタジアムが杮落としとなった。

まあ古いですけど。

改築が必要なおんぼろ危険スタジアムを、税収に余裕がなく改築できずにいた。

そんなおり、セレッソ大阪のホームにすれば、

セレッソ大阪が全額改築費用を出してくれるので渡り船。

そんなこんなでセレッソ大阪は陸から球へ引越しとなった。

     

豊田スタジアムもアウェイゴール裏が遠いけど

あれは嵩上げ部分からピッチレベルの張り出しを出していないだけで、

ホーム側は出していて、構造は同じ。

     

だが金鳥スタジアムは純粋にアウェイゴール裏だけ遠かった。

なんの嫌がらせだよ、まったく。

この話はもともと聞いていたのだが、テレビで見て、想像以上に遠かった。

三ツ沢レベルだろうと思っていたが、三ツ沢より遠い。

嵩上げなしのピッチレベルであの遠さだからなあ。

ある意味、陸上競技場をサッカー専用スタジアムに改造したという

イタリアにありがちなスタジアムに近い。

まあ、金鳥は元から球技専用なわけですが。

   

ラグビー使用も考慮してのスペースらしいですが、

ラグビーの試合を観に行っても、ゴールラインの外は使わずに

次の試合のチームがアップしてるもんね。

意味なしだし。

そもそもラグビーの試合も陸上競技場開催が多く、

ピッチの広さはサッカーと同じぎりぎり分が当たり前。

    

栃木のグリーンスタジアムも、金鳥並みの遠さ。

栃木はホームが遠くて、アウェイが芝生だが。

これをやってラグビー関係者が喜ぶという話も聞かないし、なんなんだろな。

   

日本平はつぎはぎだらけのスタジアムで距離が詰まりすぎている。

金鳥もつぎはぎだらけのスタジアムで距離が空いている。

その中間であるフクアリやカシマを目指したいものだが

距離が空いてるよりは詰まってるほうがいいかもよ。

|

« 2010年8月1日 - 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »