« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »

2010年7月11日 - 2010年7月17日

2010年7月14日 (水)

Jリーグ 二ヶ月ぶり再開

雨の中あちこちで試合をやっていて、

スカパーでちょこちょこチャンネルを変えたあと、

まあどれもぱっとせんなあと消して寝た。

    

12節が終わって清水が首位。

静岡ダービー近づく。

    

今夜のマチガイネでは、リクエストした童話迷宮が聴けてよかった。

dearもなんだか久しぶりだった。

オールスタンディングでdearだと、少したるくなってしまうけど、

マチガイネで座りながら聴くと、良い塩梅だった。

行く予告をしていた、にもやん来ず。

間違えて3Fのハッテン場に行ってしまったのか。

だから2Fがホットドッグなのかと、やけに納得。

|

2010年7月13日 (火)

コスプレ博 in TFT

Simg_1684

有明は東京ビッグサイトの隣、TFTビルにてコスプレ博がありました。

この日が一眼レフデビュー。

やっぱり綺麗に撮れていて、とても嬉しい。

画像を大きくするほど差がはっきりわかる。

機能的な面はもちろん、一眼レフを構えてファインダーを覗く姿を見せられるのが嬉しい。

記念撮影のためのカメラから一歩進んで趣味のカメラへ。

グレンラガンのヨーコ。 

勇気が出てくるアニメです。

コンデジを構えていた頃は、なんかこう遠慮があって撮影に照れがあったけど

一眼レフを構えた今回は違った。

片目をつぶって、もう片方の目でファインダーを覗いていると

別の世界に移ったように思えて、

いい意味ではっちゃけて撮影に臨める。

午前11時の開場だったけど、レイヤーさんと違って場所取り等は必要ないので、

列に並ぶのを回避して正午前にすんなり入場。

それから午後7時までノンストップで撮影しました。

ほとんどエアコンの効いた屋内だったので、コミケのときとは違って、それほど疲れず。

でも、いざレイヤーさんを前にして撮影を始めると、汗びっしょりになる。

精神的に疲れて。

撮影を終えると、汗はさっと引く。その繰り返しだった。

コミケであるような大勢での囲み撮影はなく、

つねにレイヤーさんと一対一。

勝負であり、共同作業であり、創作なので、必死です。

|

2010年7月12日 (月)

東方Project

Sp1480443

うどんげ&れいむ。

2008年冬コミで撮らせてもらった画像。

なおちゃんは選挙に出るそうで、今や大変なことになってます。

行こう行こうと思いつつ、一度も行ったことがないミアカフェ。

    

今夜のディアステは東方コスプレデイ。

ふうりちゃんが、れいむになってました。

にもさんは、ようむ。

リス子さんは、まりさ。

リス子&えいたそが「ぺったんぺったんつるぺったん♪」を歌って盛り上がった。

   

東方は著作権がないので、

音楽やグッズなど、あらゆる方面に派生して発展し続ける作品。

面白くて楽しいものをみんなの力で増殖させる。

|

スペインがワールドカップ優勝

FINAL オランダ 0-1 スペイン サッカーシティ

大会前の前評判通りのスペイン優勝となったが、

中身はまるで違った印象。

ゴールをあげたイニエスタよりも、ディフェンスのプジョルが脚光を浴びた。

ナショナルチームというより、クラブチームを思わせる、ほとんどFCバルセロナ。

オランダは最初からラフプレーの連発で、

最後はゴールのあとの横暴ぶりが激しかった。

これまで完璧な、サッカーのお手本となるオランダだっただけに、ちょっと残念。

ナショナルチームは寄せ集めの即席チームなはずなのに、

スペインはすっかりFCバルセロナで、あのアドバンテージは大きかった。

ナショナルチームのスタメンの過半数が同一クラブ。

自然と強いわな。

ワールドカップ授与のあと、プジョルを先頭としてピッチへ降りてくる様子は、

8時だよ全員集合のオープニングを思わせた。

幕。

|

オランダ×スペイン キックオフ!

スペイン代表のスタメンはバルセロナ6人、レアルマドリード3人、バレンシアとビジャレアルが一人ずつ。

非常にバルサな布陣。

    

オランダ代表のスタメンは四大リーグでプレイしている選手達。

    

ネルソンマンデラ登場のセレモニーも終わり、いよいよだ。

なんだかんだで生で見てるな。

|

秋葉原は夜の7時

Sp1080718

UDXビルのデジタル表示がすべて7になっていた。

山手線ホームから撮影。

7時じゃなくて11時過ぎでしたが。

   

アド街のあとのあずさ生誕祭では、

お客として来ていたひなちゃんが最前で大活躍。

まだオタ芸もわからないものが多いのに、

サイリウムをステージの角にぶつけて発光させる技だけは見事で驚いた。

|

W杯ファイナル いよいよキックオフ

南アフリカワールドカップが終わってしまうんだな。

グループリーグで山ほど試合があった頃が懐かしい。

日本は結果を出しました。

    

カメルーン戦の勝利の瞬間。

あれが自分の中では頂点だったな。

デンマーク戦も素晴らしかったけど、ゴールのたびに、「もちろんそうさ!」っていう自信があった。

    

カメルーン戦のキックオフ前のあの重さ。日本代表ダメダメ世論。

それを吹き飛ばした本田のゴール。

カメルーン戦の後半で「早く試合が終われ、この野郎」と願い続けたあの時間がGOLD。

立派でした。

  

ファイナルはオランダ×スペイン。

ドイツやアルゼンチン、ブラジルが好きだったので、まあなんとも。

   

夜はディアステ。

アド街ック天国の取材が入っていて、みりんちゃん推しのみなさんが取材を受けてました。

カメラがある影響で、一階ライブハウスの熱狂は凄まじかった。

全員が一生懸命オタ芸を打つのは気持ちよくて楽しい。

あの一体感が素晴らしい。

後ろめたさも苦悩も吹き飛ばし、全員でオタ芸打てばいいじゃないか。

それがすべてだ!

|

2010年7月11日 (日)

ドイツ3位  猛攻のウルグアイを征す

ドイツもウルグアイも激しく攻め続けた。

やっぱりサッカーはこうでなくちゃ。

最後の最後まできつかったプレッシャー。

それを掻い潜って攻める攻める、フィニッシュまで行く。

互いのチームがそうだった。

静岡県より人口の少ないウルグアイがベスト4。

ドイツは二大会連続の3位。

この試合の猛攻を見るに、日本のベスト8はまだ遠いか。

    

ディアステは、昼間のピュアメイドで、久々にララちゃんに会えた。

高校のプールの授業が大変だったようで。

同級生のひなちゃんとのコンビも初めて見られた。

夜のディアステでは、なみ平さんの音域の問題について、保坂さんに聞いてみたら、

色々と違った見解が聞かれて面白かった。

また、保坂さんのCDのプレス数の理由もわかって、奥深い音楽事情。

    

いよいよワールドカップもファイナル。

オランダのトータルフットボールをスペインのタレントが崩してくれたら。

|

« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »