« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年5月16日 - 2010年5月22日 »

2010年5月9日 - 2010年5月15日

2010年5月15日 (土)

FC東京 2-2 清水エスパルス  味の素スタジアム

Sp1060552

ちゃぶられた上に花束までカワイ子ちゃんから貰った岡崎が挨拶に来た。

試合が終わって互いの健闘を笑顔で称え合いたい選手達。

だがこの試合内容と結果をもってして、

岡崎の笑顔を支えるのは大変な精神的負担。

悪気のない岡崎を必死に負担する我ら清水サポーター。

残り5分、2-0のリードから、あっという間に2-2に追いつかれる苦痛。

唖然、苦悩、鈍い痛みが延々と続く。

Sp1060553

黒崎真音さんがビールの売り子をしていた味の素スタジアム。

わからないフリをして記者席に行くと結構売れたとか。

そんな味の素スタジアムでFC東京にちゃぶられたよ。

|

岡崎はちゃぶられた上に表彰されたわ

Sp1060549

85分まで2-0でリードしてまして、

終わってみたら2-2でドロー。

非常にちゃぶられた。

そしてちゃぶられた上に表彰までされた。

表彰というか激励か。

Sp1060550

ワールドカップに出場する三人ということで、

岡崎まで呼んでくれて、今野と長友と共に花束を。

笑顔で今野と長友に接する岡崎。

試合が終わったわけで選手としての気持ちはわかるが、

こうした笑顔に到底サポーターはついていけない。

苦しくて悔しくて駄目だ。

Sp1060551

FC東京ゴール裏からは岡崎コールがなされた。

拍手をする清水ゴール裏。

だが今野と長友コールを返す気力はなし。

派手にちゃぶられて、我らは岡崎の笑顔を負担するだけでも精一杯の度量です。

|

FC東京にちゃぶられた

Sp1060545_2

試合が終わった瞬間、唖然としたわ。

  

悔しくて悔しくてしょうがない。

すっかり勝てる気でいたのに。

後半も半ばを過ぎて2-0でさ、

こりゃいけると和やかな雰囲気すらゴール裏に生まれていた。

敗北するより悔しい。

このドロー。

FC東京にちゃぶられた。

|

2010年5月12日 (水)

ACL全滅で八方塞がりの日本サッカー

浮上する方法があってもそれができないのは、

政治経済を見ればわかる通り、日本人のサガであり、

多くの面で決して悪い国じゃないのだが

もう少し幸せでありたいものだ。

    

ヨーロッパリーグはアトレチコ・マドリードが優勝。

春はウツの猛威を堪える。

夏には必ず自信と希望を取り戻せる。

|

2010年5月10日 (月)

南アフリカワールドカップ日本代表23人発表

日本代表に対して、今の率直な感想としては、何一つ希望が持てない。

清水エスパルスのリーグ戦一試合ごとが、命懸けの巨大な価値を持つのに比べ、

W杯を薄く感じてしまう。

Sp1620798

原博実の挨拶が非常に長く、早く終われと思いながらも、緊張が膨れ上がった。

石川はいけるのではないかと思っていたので外れたのが意外だった。

    

むやみに若手を入れるべきだとは思わない。

将来のため将来のためと言い続け、いったいいつが将来なのか。

目の前にとりつけたニンジンを追い続ける馬のようなもので、

永久に将来将来と言い続けるのか。

その将来がまさに今じゃないか。

17年前にJリーグが誕生して、四回目のワールドカップ出場となった今こそ

日本サッカーが追い求めてきた将来の地点だ。

         

小野は残念でした。

清水エスパルスからはFWの岡崎が選出された。

前回のドイツ大会ではジェジンが韓国代表として三試合ともスタメンだったけど、

やっぱり日本代表に清水の選手がいてくれると嬉しい。

|

川口、岩政、矢野  南アフリカW杯代表に選出

Sp1060038

第三GKに若手の西川ではなく川口能活が選ばれた。

納得。

控え選手達を鼓舞してくれるのでは。

   

センターバックの控えをMFで賄うのではと言われていたが、

鹿島の岩政が選ばれた。

この選択も納得。

センターバックの専門職の控えが絶対にほしかった。

岩政に思い入れはないが、Jリーグ三連覇の鹿島ならば異論なし。

    

そしてFWに矢野貴章。

正直なところ、よくわかりません。

先日の新潟戦では、目の前に担架に載せられて運ばれてきました。

あの狸っぷりしか印象にないのですが、

背が高いことは良いことだ。

そこに根拠があるだけでも五人目のFWとしていいと思う。

|

矢野貴章 W杯サプライズ選出

Sp1060307

矢野が初めて日本代表に選ばれたときも大きなサプライズだったし、

今こうしてW杯代表に選ばれて

やはり大きく驚いている。

矢野が初めて日本代表に選ばれたとき、

ちょうどアルビレックス新潟が清水のJステップでキャンプをしていた。

僕はJステップに練習見学に行った。

午後練習の途中で、代表から帰ってきた矢野がやってきて、

軽く走ったあとは、接することもできて、

あのときの印象がずっと続いている。

Sp1060319

矢野貴章が激しく転倒。

痛みにもだえる貴章。

0-2で早く追いつきたい清水。

だがプレイは中断されたまま。

かなり長い時間、この状態が続いた。

客席からは「早く担架」の声が。

Sp1060326

なかなか登場しなかった担架がやっと到着。

外に運び出されることに。

Sp1060329

一人のサッカー選手を四人の男達が運ぶ。

Sp1060330

ピッチの外に出される頃には、すっかり回復。

Sp1060336

集音マイクの近くでストッキングを直す。

Sp1060337

たいしたことはなかった。

Sp1060339

このあと猛烈なダッシュを見せ、観客を唖然とさせた。

こんなプレイを見せてくれた矢野貴章。

南アフリカへ。

|

マルセイユ優勝っつうか敗戦のあとの整列

Sp1060375

キャプテン兵働のうなだれぶりが象徴的。

FC東京戦は爆発しよう。

   

俊輔のいなくなったセルティックはやはり駄目で、レンジャーズの優勝となったスコットランドリーグ。

セルティックでの俊輔の活躍は延々と語り継がれるべき栄光の功績。

チームを毎年リーグ優勝させ、MVPにも選ばれた。

|

アルビレックス新潟のみなさんのおかげでした

Sp1060393

手を取り合って連結した新潟選手達。

メインスタンドの嵩上げ具合を感じるショット。

陸上競技場でなく、サッカー専用スタジアムでこれだけ嵩上げがある客席も珍しい。

内部施設を半地下構造で造らないとこうなる。

武骨。

Sp1060396

千葉がガッツポーズをしているのが象徴的。

この試合でもっとも輝いていた。

清水は兵働が走り回っていた印象。

|

ちゃぶられた清水よ さらば

Sp1060413

帰りのシャトルバスは静かでよかった。

清水駅ではなぜか新潟サポーターのほうが

多くプラットホームにいた。

スタジアムを出てもレプリカを着続ける人は素晴らしいものだ。

僕は恥ずかしがりなので到底できない。

Sp1060414

2007年はビッグスワンに行ったが、

やけに暑かったのを覚えている。

帰りに迷って、ツアーバスの場所がわからず、

暗闇の中を歩き彷徨い

出発時刻に遅れて顰蹙をかった。

Sp1060415

ブラックバーンがプレミアで優勝したように、

たまには清水が優勝してもいいじゃないか2010年。

|

永井雄一郎登場

Sp1060208

小野の代わりにゲームメーカーとして入った輝だったが、

二失点のまま状況が変わらず、永井投入。

そしてちゃぶられた。

長身がドリブルする様は見栄えがよかったが、

ペナルティエリア内に切り込むには到らず。

Sp1060209

後半は目の前のピッチが守備側となったわけですが、

岡崎が最終ラインまで走って戻ってきてボールを掻き出したり

いっぱいいっぱいだった。

岡崎がこんなところに、と観客からも溜め息の声。

|

ロコロコ~メッカピオンオレ~

Sp1060305

観戦していたバックスタンドでは、

自称監督や野次が多かったのですが、

ロコロコのときだけは、わりとゴール裏と一緒になって歌われていたな。

酔っ払いがロコロコロコロコ~♪と自然と口ずさむ。

あのロコロコパワーは凄い。

|

清水&新潟 選手入場

Sp1050815

そして選手入場。

私はいま柿の種を食べながらブログを書いている。

新潟のユニフォームスポンサー、亀田製菓の商品だ。

新潟を食ってやれとばかり、ハッピーターンや柿の種をむさぼり食べる

清水サポーターの姿は見られなかった。

アルビレックス新潟がなかったから、亀田製菓が新潟の会社だとは知らなかったろう。

大塚製薬が徳島の会社だというのも、ヴォルティスがなければ知らないままだった。

Sp1050818

清水の選手達は子供達を引き連れている。

これが何を意味するのかは、日本平に通うようになって六年目になる今でも

さっぱりわからない。

たぶん子供は平和の象徴とか、そういったものではなかろうか。

どうせなら、対戦相手のチームは

老人を引き連れて入場するとか、対照的にするのもいいかもしれない。

Sp1050823

老人とは何歳以上か?

これは年齢は関係ない。

他人の赤ん坊を勝手にいじるようになったときが老人だ。

逆に、他人の赤ん坊をいじる気が生じないうちは

90歳になっても100歳になっても老人ではなく中高年だ。

Sp1050827

選手達がメインスタンドに向かって整列していた頃、

二階ゴール裏に張られたタスキは、

びっちりと伸ばされて、ウルトラサポーター達の頭上に掲げられた。

濃いオレンジと薄いオレンジと黒の織り成すハーモニー。

|

フェアプレイフラッグ&パルちゃん入場

Sp1050777

旗の竿を芝に下ろし、

厳粛な雰囲気に包まれる。

日本平はスペースの都合でドーム型ゲートが用意されないので、

(選手バスからスタジアム入りのときPUMAゲートを使用)

選手入場時にはこのオレンジロードが花道となる。

Sp1050810

一斉に旗が垂直に立てられ、

フェアプレイフラッグを握ったサポーター代表(シーズンシート購入者抽選)が

ピッチに入場し、

続いてパルちゃんが勇敢に登場。

| | コメント (0)

センターサークルでUFOを呼ぶ

Sp1050756

選手入場前は、センターサークルに集まり

宇宙からUFOを呼ぶ独特の儀式がある。

ヴィジターサポーターは驚くかもしれないが、清水サポーターなら当たり前だ。

Sp1050758

蕾が開いたようにオレンジフラッグが舞う。

五月の暑さはオレンジウェーブを夏衣装にした。

情熱をピッチに。

| | コメント (0)

アルビレックス新潟戦 出陣

Sp1050712_2

時系列が滅茶苦茶だが、新潟戦のキックオフが直前に迫った。

メインスタンド中央直下には、オレンジウェーブが待機。

1万5千人超の観客が緊張に包まれる。

Sp1050718

オレンジフラッグを頭上に高く掲げたオレンジウェーブが

先陣を切ってピッチに突入していく。

新潟をちゃぶってやる意気ごみに燃えていた。

Sp1050721

そのままバックスタンド目掛けて突き進むかと思いきや、

途中で左右のゴール裏方向へ分かれたオレンジウェーブ。

魁男塾の第一話ならば、建物を潰してどこまでも突き進んだであろう。

戦いの幕開け。

Sp1050730

サイドラインに平行に整列し、

旗の竿をピッチに水平に傾けた。

スタジアムには雷神の大音響が鳴り響く。

| | コメント (0)

なぜ清水は新潟にちゃぶられたのか  ……解析

Sp1060007

やはり、ヴィジターサポーターのくせに

中段通路に誰一人いないという

新潟サポーターの公共性に負けた部分は大きい。

普通なら、ずらりと通路にヴィジターサポーターが並ぶはずなのだ。

死角を作れよ、日本平!

他人の視界を奪ってこそ泥臭い観客!

Sp1060008

ある意味、日本平スタジアムが新潟サポにちゃぶられたようなもんだ。

不条理な構造、無骨さを発揮できず。

ホーム側よりマナー良くするな。

狂信的に勝利だけを願うサポーターならば、こんな上品な真似はしてほしくなかった。

清水サポーターのどろどろの各応援グループ対立、

自由席の壮絶な縄張り争いを見せつけた末、ちゃぶられた。

| | コメント (0)

チェルシー優勝っつうか新潟にちゃぶられた

Sp1050625

イングランドプレミアリーグは、ロンドンのチェルシーFCが優勝。

毎年マンチェスターユナイテッドが優勝したんじゃつまらないしね。

Jリーグも鹿島の優勝を阻止するぜよ。

優勝後のセレモニーでは、選手達が子供達を連れてピッチで挨拶。

ジョンテリーも二人の子供を連れていて幸せそうだったが、

母親がショッピングセンターで万引き、親父が麻薬の売人では困ったもんだ。

Sp1050633

↑日本平のバックスタンドはピッチレベル。

↓メインスタンドは嵩上げがあり上方から俯瞰。

Sp1050635

チェルシーのスタンフォードブリッジは、客席数としてはカシマスタと同じぐらい。

だが客席構造は、一層目がピッチレベルで超スーパー激ゆる傾斜、

二層目、三層目は急傾斜となっており、

カシマスタよりさらに小規模でピッチ周囲に密着した造りとなっている。

日本平より小さいぐらいの印象を持つかもしれない。

あの手のスタジアムが日本にも欲しいものだし、

スタンフォードブリッジの1、5倍の客席数の埼玉スタはお粗末すぎる。

| | コメント (0)

まさか新潟にちゃぶられるとは知らなかった時代

Sp1050216

アップ時のオレンジボール投げ。

このときには、まさか新潟にちゃぶられることになるとは誰も知らなかった。

選手もサポーターも初夏の暑さに体を高揚させ、

いい気でいたもんだった。

Sp1050217

| | コメント (0)

ちゃぶられたコパルちゃん

Sp1050430

やけにでかいコパルちゃん。

パルちゃんはでかいほうがいいけど、コパルちゃんは小さいほうが好きかな。

試合によって身長が伸び縮みするコパルちゃんだけど、

僕らの気持ちは一つ!(適当)

Sp1050440

スカパーでFC岐阜の試合を観ていたが、

長良川メドウの芝は崩壊していて悲惨だった。

比べて日本平の芝は神だ。

これも清水の誇り。

Sp1050441

六年目のサポーター生活で、こうして首位が続くのだけど、

自分もそれに負けずに頑張らねばと思うのです。

新潟にはちゃぶられたけど、次のFC東京はちゃぶってやれ!

FC東京はちゃぶられる年とちゃぶる年が交互に繰り返されるので、

今年は是非ちゃぶる年にしたい。

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

15396人 ガ―――ン(激しいショック)

Sp1060236

15396人 ガ―――ン(激しいショック)

みたいな映り具合になったオーロラビジョン。

アルビレックス新潟は浦和レッズに次ぐサポーター数を誇っていた印象があったが、

最近は人気に陰りが。

去年の新潟戦とか、Aゾーンのアウェイ側は半分以上が新潟サポぐらいの勢いだったのに。

GWのわりに、ぱっとしない動員。

Sp1060233

俺達と共に闘おう、矢野貴章、矢野貴章、俺決めSHOW!

浜松出身の矢野にやられましたわい。

千葉和彦が守備とビルドアップに渡り機能していて、たぶんこの試合のMVP。

憎らしいぐらいしつこくタフだった。

| | コメント (0)

日本平のバックスタンド事情

Sp1050919

久しぶりのバックスタンド観戦となったが、

応援ソングに熱心なゴール裏とは違って、やはり野次は多かった。

これは全国津々浦々、サッカー場の宿命かな。

新潟や審判に対する野次罵声は仕方ないにしろ、

清水の選手に対する痛烈な野次はつらかった。

Sp1050920

酔っ払いやおばさんだけでなく、小学生ぐらいの子供が平然と兵働や岡崎に怒鳴り続ける。

ピッチ上の選手に対する敬意がまるでなくて、そうした子供達は不幸なものだ。

思えば僕は、誹謗中傷の野次が嫌いで、ゴール裏に流れてきたのだった。

ゴール裏は野次がなく応援が続くので非常に過ごしやすい。

Sp1050921

まあ、この試合に関していえば、野次が湧き出しても仕方ない内容だったかもしれない。

とはいえど、野次は他人を不幸にするだけだ。

子供達が野次を飛ばす光景は、清水サポーター全体の責任でもある。

いくら個人主義を貫こうとしても、我々は繋がっている。

| | コメント (0)

チーム一丸となって頂点へ

Sp1060010

明日はいよいよ日本代表23人が発表される。

南アフリカワールドカップに出場する23人。

小野が選ばれてほしいな。

こんなに調子がよくて全体の力になれるのだから。

岡田監督は多くの要素を持ち合わせていないので、

それらを持っている三浦カズが選ばれたらいいのにと密かに期待している。

| | コメント (0)

青山直晃とアルビレックス

Sp1050636

メインスタンド中央のプレス席には青山の姿が。

清水はセンターバック王国だと思っていたのに、

いつの間にかセンターバックが手薄なチームになっていた。

高卒で一年目からスタメンとなった青山。

昨年の味スタでの負傷以来、表舞台に戻ってこられない。

僕もあきらめずに人生を戦うし楽しむ。

人生を楽しむことをあきらめない。

不貞腐れて自暴自棄になるのは容易いけど、

命尽きるまで希望を捨てない。

また日本平のピッチに青山の姿が現れることを。

| | コメント (0)

ウォーターセブン

Sp1050208

スタジアムに入場すると同時にパルちゃんショーが始まった。

とりあえずホーム側Aゾーン隅に腰掛ける。

ワンピースはトナカイのトニートニーチョッパーが

精神的な自立を勝ち取る回ぐらいしか知らなくて

ほとんど無知です。

Sp1050209

自ら体を傷つけて、博士のもとにいようとするトニートニーチョッパー。

それを否定されて苦しんだ末、自立が芽生え、巨大化するようになった。

(たぶんそんな感じの話だったはず)

   

後半はキャプテン翼の曲に合わせたショーとなった。

歌っている人が自殺されているのがなんとも。

Sp1050211

バックスタンドと違って、メインスタンド側はかなり嵩上げがある。

多くのスタジアムが控え室など内部施設を半地下構造としているのとは違い、

無骨さが見られる日本平。

そのためピッチと客席の距離が詰まりすぎ。

| | コメント (0)

ピッチレベルのちゃぶられを堪能

Sp1050968

キックオフの一時間前ぐらいにスタジアム入り。

当日券を後援会員価格で購入。

Aゾーン。

こんな時間に来ても一人だと空いているので、

前から二列目に着席。

指定席隣のアウェイ側。

Sp1050969

日本平のバックスタンドは非常にピッチレベル。

他のサッカー専用スタジアムでは造られていないような

ピッチ間際の低層な客席となる。

選手達の生の動きや活躍を間近で体感できる。

Sp1050970

兵働はとても戦ってくれた。

彼の走り、トラップし、ドリブルする姿が間近に迫ってくると、大きな希望を感じた。

だが結果としてちゃぶられた。

選手達の躍動する姿、空中でのボールの競り合い、音。

音が観客を刺激する。

Sp1050971

全体を見られていないかもしれないし、

ゲーム内容を把握できないかもしれないが、

戦いを感じ取れる日本平のバックスタンド。

新潟にちゃぶられた。

| | コメント (0)

ちゃぶられ道楽  新潟に完敗

Sp1050214

試合の流れとしては、

カード累積で、小野、ボスナー、太田が一斉に出られなくなったと。

代わりに、伊東、廣井、児玉が出たわけですが、前半だけでぼこぼこにやられた。

しょうがないのでハーフタイムに

廣井を外して児玉を移動させて、児玉のところに純平を入れた。

最後は伊東を削って永井、辻尾を外して真希を入れたが、どうにもならず。

Sp1050215

小野がいないと今のシステムは機能しないな。

兵働が必死に駈けずり回って頑張ってくれていた。

二階ゴール裏からだと、どうしてもドライに全体を俯瞰する格好になってしまうので、

その手の懸命さや頑張りは、バックスタンドで観戦していて非常に体感できた。

でも得点は生まれず、前半の二失点のまま試合は終わった。

| | コメント (0)

焼きたてメロンパン日本平

Sp1060410 

試合に敗れた清水サポーターを待っていたのは

焼きたてメロンパンだった。

150円。

長蛇の列。

これこそ新潟にちゃぶられた結果だ。

Sp1060411

「焼きたてのメロンパン売り切れちまうじゃねえか」

という科白がサンドウィッチマンの漫才にも出てくるぐらい

21世紀の日本は

焼きたてのメロンパンによって征服された。

バスガス爆発という早口言葉があるが、

メロンパンカーがガス爆発しないことを祈る。

Sp1060412

帰りのシャトルバスの列に並んでいる間に食べ終えた。

メロンパンの列に並んだことで、

日本平に来ていたことがバレてしまった気がしてならない。

(別にいいのだが。ゴール裏で応援しなかった後ろめたさ)

| | コメント (0)

清水エスパルス 0-2 アルビレックス新潟  OUST日本平

Sp1050943

得点 西 ミシェウ

本当の「ちゃぶられる」とはなんなのか。

この敗戦をもって、清水サポーターはその疑問を突きつけられた。

今年のJリーグの一番のテーマは

「ちゃぶられる」に違いない。

そこには誰も異論はないだろう。

ちゃぶられてJリーグ。

相手をちゃぶるのが強いチーム。

ちゃぶられれば弱いチーム。

新潟にちゃぶられた試合だった。

| | コメント (0)

児玉が西部みたいな髪型になった

Sp1050894

パンチドランカーもといキックドランカーと化した西部は、

現在休養している。

むかし静岡ダービーで、シュートしようとした福西のキックを顔面に浴びて、PKをとられたり、

そのキックドランカーぶりは顕著だった。

トレーニングでもよくあったし、今年はリーグ戦ですでに二回、

脳震盪で記憶を失っており、長谷川監督は西部に休養を課した。

そんな西部の意思を受け継ごうとしたのか、児玉が西部のような髪型になっていた。

田原俊彦のようでもある。

二川はこれを見て何を思う。

| | コメント (0)

バイエルン優勝っつうか新潟にちゃぶられた

Sp1050980

バイエルンミュンヘンのブンデスリーガ優勝はともかく、

小野のいたボーフムは17位で降格したってね。

小野を清水へ放出してる場合じゃなかったようだ。

そして小野をカード累積の出場停止で欠いた清水も、新潟にちゃぶられた。

兵働が一人でゲームメイクして、活躍ぶりは存分に感じたが、

いかんせん小野がいないとなあ。

新潟にちゃぶられまっせ。

| | コメント (0)

« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年5月16日 - 2010年5月22日 »