« 2010年3月21日 - 2010年3月27日 | トップページ | 2010年4月4日 - 2010年4月10日 »

2010年3月28日 - 2010年4月3日

2010年4月 3日 (土)

しんどい勝利   F・マリノス倒して勝ち点3

横浜F・マリノス 1-2 清水エスパルス  日産スタジアム

得点 岡崎 岡崎 清水

  

自宅から遠くはない新横浜なのですが、諸事情によりスカパー観戦。

見ていて非常にしんどかった。

後半はもう心臓が負担に耐え切れず破裂するのではというしんどさ。

   

児玉が中澤の首に腕マフラーを作って倒し、PK献上。

だが西部がキャッチした。

試合中のPKキャッチは希少。

GKの苦手なグラウンダーの隅狙い、勢いもあったのだが、西部が完全に読めていた。

   

2-0で清水のリードが続くも、

人数をかけて守った影響か、ゴール前の混みあった中で、OWNに近いゴールを献上。

2-1になる。

そこからは怒涛のマリノスの攻めだった。

この試合は叩きのめされるほど攻められ続けた印象しかない。

ぼこぼこにやられた。

   

だが勝った。

岡崎の2ゴール。

さすがエース。

さすがの岡崎。

   

岡崎の二点目は、マリノスのGKとDFがぶつかり合い、その影響でDF栗原がピッチを出た。

中村俊輔も兵働とのマッチアップがつらかったのか、

前半でピッチを出た。

    

攻められ続けた清水。

最後、ヨンセンを前線に一人残して守る状況から、

ヨンセンを守備に回し、前線に岡崎一人残して守った。

そしてタイムアップ。

テレビ観戦ならもっとリラックスできてもいいのに、たまらなくしんどい勝利。

   

去年の暮れ、情けない五連敗目を喫した相手、その場所だっただけに、

嫌な想いを蹴散らしてくれて感謝。

つらくしんどい勝利だった。

   

防戦一方。

いくらアウェイとはいえ、いくら二点リードしたとはいえ、

そこから永遠に守り続けたかのような試合だった。

ああ、しんどい。

たまらなくしんどい。

内容がはっきりとテレビでわかるだけに、

なんとも叩きのめされ続けた試合だった。

  

実況を聞いていて、F・マリノスに清水という選手がいたり、

ひょうどうが両チームにいたり、

非常にややこしかった。

   

勝ち点3。

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

ナビスコ杯開幕 清水エスパルス 2-0 湘南ベルマーレ 日本平

得点 藤本淳吾 原一樹

試合内容はまったく見られませんでしたが、清水はカップ戦を順調なスタート。

この試合はなんと言っても、GK武田の出場が目玉だった。

GK武田洋平のプレイは、年代別の日本代表で、テレビを通して見たことはある。

外国で開かれた国際大会で活躍してた。

深夜に地上波の全国ネット放送でプレー。

だが清水の試合に出るのは初。

これまで第四GKのポジションで四年間を過ごしてきた。

今年は第三に上がり、他のGKの怪我とターンオーバーのめぐり合わせで、ついにカップ戦で出場機会が訪れた。

五年目にして初のJリーグ出場。

無事に90分を無失点で終えた。

    

    

余談だが、すでにナビスコカップ決勝トーナメント進出を決めている、

ACL出場中の4チーム。

ACLは今年はやや低調だ。

川崎と広島はグループリーグ突破が危うい。

全チームが決勝Tに上がれるかわからないけど、

今年こそ鹿島にアジアでの強さを見せてほしいものだ。

Jリーグ三連覇なのだから。

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日)

ネパール工房  ディアステージ

一年以上前、サトームセン跡地での無料公開ライブに

ディアステージが出演していて、

黒の電波服姿で、ロッタラロッタラを歌うネパールにもさんに出会った。

曲の感想をにもさんのブログに書いたら反応があって、

後日ディアステで挨拶して、喋るようになって

すべてそこからだな。

僕のアキバライフが始まったのは。

それまではディアガールと話す機会なんてゼロだったから。

    

   

深夜の時間帯は、いつものディアステージの楽しい雰囲気に

ゆったりと浸かれた。

自分が誰かと話せているから楽しいとかじゃなく、

ディアガールと客達がわいわいとやっている、あの雰囲気に酔えた。

   

帰りはずっと、電車でも歩きでも、ロッタラロッタラをエンドレスで聴いていた。

にもさんはこの曲を封印されてしまったけど、大事な曲。

僕はベリーズ工房やボーノにほとんど興味がないけど、

この曲だけをエンドレスで聞き続けた。

Aメロの不安定なコード進行が感情を呼び覚まし、

幸せになりたいだけじゃなく、誰かを幸せにしたいという歌詞が

とても元気を与えてくれる。

   

生誕祭は賑わった。

去年よりイベント自体は少なかったが、客数は増えた。

ハロプロナイトを大きく打ち出した影響か。

   

こぱんだぱんだライブが二回目のステージで開かれ、らぶにもぽんを披露。

酔っ払ったにもさんがやや低調気味。

三度目のライブ、ラストは、ロマンティック浮かれモードで、満員の一階全体が回った。

そしてロマンス。

   

深夜には和歌&にものダンスコーナーがあり、客もフリコピをして

倍速ダンスに挑戦した。

   

ディアガールには、みんな同じ黄緑Tシャツを配られているのだけど、

肩をくりぬいたり、お腹を出したりと、アレンジし放題。

アイデア自慢のTシャツ着こなしとなった。

    

ヤギむしゃーり!を連呼したサカナさん。

ネパール工房Tシャツのオークションでは、4000円まで声を出したが敗北。

強い推しを抱えるサカナさん。

     

ポイントコンプリート特典の冊子は品切れ。

また次回の受け渡しとなった。

    

追伸……

秋葉原の繁華エリアである外神田の深夜、

閉められたシャッター前の軒下で、ダンボールにくるまれて眠るホームレス達が目立つ。

ホームレスの寝泊り禁止を張り出す店がある一方で、

まだ閉店の片付け中なのに、店先でのホームレスの場所取りを許す経営者もいる。

思うところがあってのことなのだろう。

外神田に延々と続くダンボールハウスは、朝日を浴びると同時に消え去る。

     

    

ネパール工房では、

一度、混雑時の時間切れになったあと、

深夜の外神田を徘徊した。

昌平幼稚園前の公園で、

動物の顔がついている、複数人数で乗って前後に揺れる遊具で、

思いきり遊んでいる中年男性一人に遭遇した。

私が公園に踏み入ると、

彼のテンションは消えて、しんみりと遊具から降りた。

都心の公園というと、金網に囲まれていて深夜はクローズされるところが多いので、

校庭開放まで行っている昌平小学校&幼稚園&図書館は

かなり粋だなと思う。

| | コメント (0)

« 2010年3月21日 - 2010年3月27日 | トップページ | 2010年4月4日 - 2010年4月10日 »