« ヴィッセル神戸にちゃぶられた | トップページ | 偉い人 »

2010年5月27日 (木)

The Fugitive

1963~1967年にアメリカで放送されたドラマ。

最終回の翌日から第一話が始まったので、

相変わらず、ちょくちょく見続けている。

毎回、問題のある環境の中に逃亡者キンブルが飛び込んでいき、

人間の本質を抉り出して、

解決を図ったあと、次の土地へ逃亡していく。

妻殺しの冤罪で逃亡するキンブル医師。

彼と何を掛け合わせるか。

ぎくしゃくした音楽家の師弟、逃亡中のギャング、家出娘、信仰を捨てたいシスター、不良少年、ペストの発症した港町……

毎回完結の話が120話続く。

無駄な会話が一切なく、簡潔な内容で、見ている側を飽きさせない。

これぐらい密度を濃く、意図を明確に、作品を作らねばならないと思わせられる。

|

« ヴィッセル神戸にちゃぶられた | トップページ | 偉い人 »