« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »

2009年12月13日 - 2009年12月19日

2009年12月19日 (土)

ツエーゲン金沢 JFL昇格

JFL入替戦 2nd

FC刈谷 1-1 ツエーゲン金沢  ウェーブスタジアム刈谷

    

というわけで、先週ホームで勝利、今日アウェイでドローと入替戦を征し、

ツエーゲン金沢は来年から3部リーグのJFLで戦うことになりました。

刈谷は4部の地域リーグへ降格です。

   

地獄の北信越から、松本山雅とツエーゲン金沢が揃って抜け出した。

北信越リーグでの成績は、4位と3位のチームでして、

いかに北信越がぐつぐつ煮たり過ぎたリーグとなっていたかという。

  

2チームともJ1規格のスタジアムがすでにあるので、

あとは経営基盤を整えて、JFLで4位以内に入ればJリーグだね。

まあ、そうは言っても身の丈経営。

JFLは全国規模、沖縄のチームもあるので、遠征費用もコストが嵩む。

こつこつ積み上げていこう!

おめでとう。

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

にも=カッパ  ディアステージ

二階で過ごしていたら、ピョンガルーの曲のご本人さまバージョンが流れた。

田村ゆかりさんという方なのかな。

非常に軽くて、あれっ? こんなものなんだと拍子抜け。

なみ平さんにそのことを話すと、

「カバーをやる以上は、もとを超えないとやる意味がない」

そうです。

深く重みがあり、感情表現豊かなピョンガルーバージョンが勝利だね!

ピョンガルーを聞いてきた身としては、

ドリカム並みに転調が利いた曲というイメージだったのだが、

田村ゆかりさんのバージョンは、ほとんど転調なしに、さらっと流れてしまう感じだった。

作曲者の意図を、アレンジャーが活かしきれてないのかも。
    
ララちゃんとみりんちゃんの二人で、コンプレックスイマージュを歌った。

意外な組み合わせだし、超打ち曲。

ララちゃんは、ここのところニーソックスをはいてないのですが、

これは自宅で洗濯に出したところ、

洗いあがって干されたものを、

妹さんが全部持っていってしまった恐れがあるようで。

自前のニーソックスがないという事態に。

今後の展開が気になります。
    
にもさんにチェキを書いてもらったら、

ララ愛してるよ、と落書きされた。

しょうがないので、ララちゃんに見せにいくと、告白されて嬉しいとのこと。

めでたし。
  
チェキを書いているとき発見したのですが、

にもさんは水かきが非常に大きいことが判明。

指と指のつけねの部分ね。

カッパですよ。

カッパ並みに水かきが大きかった。

というか、指と指が開きすぎる。

僕が指摘するまで気づいてなかったようで、

そういえば他人を見ると、水かきがほとんどないことを理解。

にもさんがカッパであることが判明した日となった。
    
ディアステは二度目のライブの途中で抜け出して、

三度目のライブの途中で帰ってきて、閉店までごろごろしていた。

そんな日もあるぜよ。

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

ブラック★ロックシューター  ディアステージ

ここんとこ、開店待ちしてる人が多かったので、

早めに行ってみたが、結局、開店時にいたのは僕だけだった。

なみ平さんが僕を見つけたので、

歌う曲を「ブラック★ロックシューター」に変更したと言ってくれた。
    
なみ平さんが珍しく三階のバー担当なので、そのまま三階へ。

和歌さまが目の調子が悪く、コンタクトをつけられなかったそうで。

しかもメガネが故障中。

というわけで、手元の文字も読みづらい中での勤務となりました。
   
一回目のライブでは、なみ平さんがステージに上がると、

自身をモデルにした小説、夏吉くノ一パンチのことに触れ、

主人公の夏吉が歌うブラック★ロックシューターを、自分もこれから歌うと発言。

僕は小説を書いた当人ですが、恥ずかしいので、そ知らぬフリ。

ビブラートを効かせたリンドバーグ調の歌い方をするディアガールが多い曲ですが、

なみ平さんは感情表現豊かに歌い上げてくれて面白かった。

客側もイエローパンチョスが決まった。
    
小説で書いたことが現実化されたわけで、なんとも感無量。

こんなご褒美もたまにはあるのだし、

必死に小説を書いていきたい。
    
ふうりちゃんに、今年はユニットを組むたびに、相方さんが離脱してしまうねと尋ねると、

気づいてましたかと苦笑。

もしかして私が悪いんじゃないか、と心配するふうりちゃん。

これで、みゆちゃんまで消えると、大変なことに。
    
えいたそが三階に料理を運びに来たときに、

えいたそのステージで気になったことについて尋ねると、

そんなに目立ってましたかと驚いていた。

実は日中、アクシデントに見舞われていたようで。

他の人ならまだしも、美脚で有名なえいたそなので、

美脚に陰りあれば、あれ?っと思ってしまったのでした。
   
えいたその凄いところは、えいたそで検索をかけると、えいたそのことしか出てこない点。

普通、ハニロウで検索しようが、どんなものだろうが、

関係ないのばかり、わんさか引っかかるもの。

えいたそ、というひらがな四文字は、他に存在しないのかもしれない。

こっそり正式名称を「えい→えいたそ」に変えたのですが、

えいではググったところで、まず本人に辿り着かなかったのが、

「たそ」をつけただけで、本人のことしかヒットしないという。
    
久しぶりにお酒を。

バカルディのロックを。

ロックのほうが飲み過ぎなくて酔えていい。
    
冴花さんの歌を初めて聴いた。

低くて太い声にびっくり。

アンルイスとか、そんな感じ。

ディアステでこんな質のヴォーカルは他になし。

普段の声は高くて可愛いのにね。

すごい。
   
秋葉原があるから生きていける。

ありがたいもんじゃ。

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

エレファント・にも  ディアステージ

40日ぶりに、にもさんに会ったのだが、

記念にチェキをお願いしたら、

物凄いものができあがった。

普通に撮ってもつまらないから、おもしろ顔で頼むと注文。

顔のアップで。

そしたら、にもさんが頬をつまんで左右に引っ張っている顔だったのだが、

カメラレンズに近づきたせいか、婉曲具合も激しく、

エレファントマンみたいな写真となってしまった。

やばいぐらいに怖い。

よく、にもさんのブログに、おもしろ顔がアップされているが、あんなレベルじゃない。

魔よけのお札として使えそう。
     
ララちゃんはライブでAKBの曲を披露。

にもさんも客側の最前列中央で、ララちゃんと同じ振り付けをしながら応援。

驚いたのは、お客さん達がみなAKBの曲のノリ方を知っていること。

合いの手の入れ場所とか。

ララちゃんの振り付けが滞りがちなところを、真正面で聞いているにもさんがリードしたり。
    
徹夜明けで、日中いろいろ作業があり、そのまま夜にディアステへ行ったので、

なんだかふらふらで頭も回ってなかったけど、

久しぶりに、にもパワーにあずかれて良かった。

| | コメント (0)

« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »