« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

2009年9月13日 - 2009年9月19日

2009年9月19日 (土)

ヨンセンゴールで清水先制  NDソフト陸上

左サイド、兵働からのクロスをヨンセンがヘディングゴール!

スカパーで見てますが、両チームアグレッシブ。

どっちもフィニッシュまでいくんだけど、シュートが決まらない。

そんな中で、ヨンセンがこじ開けた。

シュート数が非常に多い前半。

それにしえも、清水サポーター多いなあ。

中継始っても、清水の応援しか聞こえなかったし。

  

関係ないけど、五月のゴールデンウィークに対して、

今はシルバーウィークって言うんですか?

そういう影響もあって、大量の清水サポ遠征となったのか。

  

ろ~こ~ろころころころこ♪

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

後編 日替わり完売  ディアステージ

この日は日替わりが大好評。

グリルチキンとクリームコロッケの定食。

とてもボリュームがあって大満足。

六時台に食べたので、十時台のラストオーダー時にまた食べてやろうかと思ったぐらい。
だがしかし!

人気がありすぎて、八時ぐらいには、クリームコロッケがなくなり、

グリルチキンとエビフライの定食に変更。

ところがこれも人気があり、グリルチキンが品切れ。

最後はハンバーグとエビフライの定食になった。

ぜんぜん違うやんけ!

日替わりじゃなく、時間替わり定食だ!

そして九時台には、厨房を出てきたタマキさんが大きな声で、日替わり定食の完売を告知。

美味ければこうして、早々と売り切るのです。
  
みうさんのコスプレは、黒服のものだったが、

スカートが短すぎて、

前はまだいいけど、後ろがお尻が少し見えてしまうような感じだったけど、

本人曰く「もう気にしないことにしました」

そうで、

ご立派!
  
ビールを飲んだあと、

お酒にくらっときたので、

マンゴージュースを。

そのあとバナナミルクを頼んでみたが、甘さが利いて、楽になった。
   
毎回3000円予算で済ませているけど、

果たして、みりん誕はどうなるやら。

| | コメント (0)

前編 コスプレDAY  ディアステージ

今夜はコスプレデイ。

ディアガールたちがさまざまなコスプレに挑戦。

どのコスプレも、コミケで見覚えあるんだけど、元ねたはぜんぜん知らず。

コスプレで一番印象的なのって、奇抜な衣装よりも、カラフルなカツラかな。

アニメで登場人物たちが、青や緑のきらめく髪をしていても違和感ない。

でも現実で女の子たちが、そういうカラフルな頭をしていると、非常に炸裂するものがある。
  
入店するときからして、ゆにこさんがメタリックなグリーン頭で、往来勧誘していたけど、

あの髪の色で、テンションがぶわ~っと上がるね。
   
二階にいましたが、和歌さまのセクシーコスプレは期待通り。

超ミニ&ルーズソックスで足長を披露したあとは、

ボートを漕ぐ作品に出てくるキャラクターのコスプレで、深いスリットの入ったワンピースを
披露。

あんなにスリットが深くて、それでボートを漕ぐってどんなんじゃろ?
  
きりさんという新人の方が入ってましたが、アキバキャリアもあり、

ディアステ一日目にして、すでになんでも仕事をこなすプロぶり。

これまで、ララちゃんの一日目や、ちはるちゃんの一日目に立ち会ってきましたが、

ああした初々しさはなかったかも。

でも、その分、すっかりディアガールでした。

ララちゃんが一人一人のお客さんに自己紹介して回る姿は面白かったし(そんな丁寧なこ
と、他の女の子はまずしないしwww)

ちはるちゃんが、接客業初ということで、何をしていいのか、どうしたらいいのか、まるでわ
からない状況も新鮮さがあって楽しめた。

とか書くと、怒られそうwww
   
きりさんは、晴海やTFTのイベントにも参加するコスプレイヤーだそうなので、

これはカメコハニロウと、いつか撮影場所で接点が生まれる期待。

でもコミケは怖いから行かないそうです。

まあ、あの大混雑を思うと、勇気がいるよね。

本当にコミケを愛してないと、つっこめない。

となりでコスプレ博だと、カメコ一人一人が手馴れたもので、レイヤーさんに丁寧な対応をするけど、

コミケのコスプレ広場は、やはり無法地帯で、あっという間に人垣ができて、バシャバシャと連射が問答無用に繰り広げられる。

やっぱ、コミケは特別だ。
   
えいたそがなんか接点ないままだったので、渡した小説のエロさに辟易してしまったのかと心配したら、

まだ前編しか読んでおらず、エロシーンまで行ってなくて、ひと安心。

おっと、ネタばれはご法度じゃ!
  
なみ平さんにも声をかけ、「なみ平さんを主人公にした小説を書いたよ」と伝えた。

600枚超の最新作「夏吉くノ一パンチ」は、

実は、なみ平さんを主人公にした小説なのです。

だから本当はなみ平さんに最初に持っていくべきなんだけど、

恥ずかしくて

声をかけられずにいました。

でも、途中まで読み進めた、えいたそから感想を聞いたりしているうちに

なみ平さんに渡す勇気も生まれたので、声をかけた。
   
以前渡した東高円寺の夜もすでに読んでいてくれたそうで、ゆっくり話せるときがくるといいな。

と言いつつも、なみ平さんはどの階にいても、推しのみなさんが取り囲んで、あっちこっちでお喋りやチェキ製作に大忙しなので、

あんまりこう、そういう時間も生まれないっぽいけど、

それはそれで、いいのでは。
   
夏吉くノ一パンチは、ディアステージを小説の舞台にしたこともあり、

すでに、かりんさん、えいたそ、にもっこりに渡し、

ララちゃん、なみ平さんにも次に会ったとき渡す約束をしていて、

身近な人に読んでもらうのを目的としている。

枚数が多すぎて、どこにも投稿先がないし、これまで培ったノウハウを総動員して、ぶちこんだ作品。

思い切りやりたかったから、やってやったわ!
    
きりさんにも一度は渡す約束をしたのだけど、

初対面の方に、いきなり600枚の分厚い原稿を渡すのは失礼かと思い直し、

かわりに短い小説を渡すことをお約束。

| | コメント (0)

2009年9月15日 (火)

鹿島VS川崎の試合は74分から1-3のスコアで再開

豪雨だからといって、主審が中止させた興行。

74分に1-3のスコアで中止された。

その時点から10/7にカシマで再開されることが決定。

   

これはJリーグ側の判断としては、一番筋の通ったものとなった。

首位と二位の直接対決をいい加減にしてしまったら、

Jリーグ戦の価値が暴落してしまう。

なんとかそれを防いでくれたのは評価できる。

  

日本平の香港戦の前日みたいですが、

まあ、香港戦なら内田や憲剛が抜けてもなんとかなるだろうし、二人は遅れての代表召集となるのだろう。

   

残り16分をどう戦うか。

川崎はとにかくがちがちに守ればいい。

鹿島は激しく攻めねばならない。

新鮮なサッカーゲームが見られることに期待。

  

それにしても、このゲームを中止させた主審の判断にはあきれる。

主審本人の体力的な問題が一番の原因だったろう。

ならば副審に主審を譲らねばならない。

第四の審判だって控えている。

  

それをできないプライドがあり、プライドを守るために、二万人以上を集めた興行をつぶし、アントラーズに多大な負債を残した。

同じ立場に立ったとき、自分はもういい年したおっさんだからと、素直に主審を譲るのは非常に難しいと思う。

あの年齢の人間が、90分間必死にピッチを駆け回るのは大変なものだ。

  

だがやはり、ことの重要性を考えたとき、試合は最後までやるべきだった。

ちなみに、雷警報が出たなら、晴天でもやめるべきです。

   

   

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

ロールキャベツWで  ディアステージ

えいたそは昨日はおしりフリふ~りふりプリンセスだったのに、

今日はスカートっぽいネグリジェで残念。

無念。

うぎゃあああああああああああ。

大げさ。
   
にもっこりは、黄緑のワンピース。

こちらも、りくさん同様、普段使っている私物だそうです。

でもデザインも鮮やかで、夏の普段着として、外に着ていけそうなぐらい。

そういうタイプのパジャマは寝ていて捲れないか?という僕の問いには、

捲れる、だから掛け布団と同じように直す、という答えが。
   
事情により、昨日の晩から何も食べてなかったので、

勢い余って、日替わりをWで食ってしまった。

ロールキャベツの定食だったのですが、結構イケたので、

めめちゃんに、もう一食、追加しちゃった。

めめちゃんは、寝違えたそうで、背中が痛いのだとか。

ディアガールに話しかけるタイミングとして、

お通しの柿ピーを作りに行ったら、それは暇な証拠だから、話しかけていいのだと自己解釈。

間違ってたら、まあ別に死にやせんよ。
   
全然飯を食ってなかったり、急に日替わりを二人前食ったりとかで、

体調がぐだついていたので、

一発目のライブには参加せず。

……にしようかと思ったら、

二階レストランのモニターに、えいたその姿が映ったので、

急遽、ロールキャベツの手をとめて、一階へダッシュ。
   
日曜日とあって、一発目のライブから激混みのライブハウス。

でも意外と、二列目まですんなり潜り込めたな。

ベッドの上に立っての歌唱だったので、またもやかなり見上げる格好になった。

ガチ打ちして、サンダースネイクやりまくり。

僕のムラマサはどうにもほかの人と違う気がしてきた。

まあいいのさ。

僕はねむ師匠から教わったネムマサでいくから。

ムラマサじゃないです、ネムマサです。

どうもほかの人たちは、シブがき隊の「じたっばったするなよ♪」

のときの振り付けを真似ているのだが、

ネムマサには、そんなものは登場せず。

いいのだ、ネムマサだから。

でもって、打ち終わって二階のレストランに戻り、

残りのロールキャベツを食べ終わったら

なんだかふらついた。

アイスミルクを飲み干すも、頭ふらふら。

帰ることに。

こんなパターンは初めて。

一発目のライブに一曲だけ参加して、日替わり二人前食って、

さっさと帰るという。

ライブハウスに来た人じゃなくて、ただレストランに来た人みたいだ。
  
にもさんは激しい曲をやる予定だったそうで、

聞けずに、すまーん!

ロッタラを再びやる日を夢見て。

でもロッタラって、実はほとんど歌ったことないんだよね。

でもロッタラなんだな。

詳しくは内緒。
   
さて、帰り際には、ポイントカードが溜まってまして、おみやげがたんまり。

二日連続のイベントだから、二日目の帰りが累計ポイント多し。

ゆにこさん対応でした。

A4判のジャンボラミカは、えいたそをゲット。

あと、名刺サイズのラミカは、えいたそ、なみ平さん、みゆちゃんをゲット。

みゆちゃんは待望の正面撮影で感謝。

横顔より真正面顔のほうが好き!

にもっこりやかりんちゃんもリクエストしたのだが、作ってないそうで……とほほ。

それにしても、500円でワンポイントだったし、

すべてのメニューでポイントもらえて、

二日累計6000円で、二枚のA4ラミカと、五枚の名刺ラミカがもらえるなんて、

かなりお得な企画だなあ。

いつもなら、専用メニューだけを、数万円分集めないと、なんももらえんかったりして、
僕には縁がない世界だったのですが。

今回は、たくさんグッズをゲットできて幸せ。
   
   
新しいパソコンの使い勝手に慣れないけど、

キーボード枠のテカリを抑えるべく、シールでも貼ってやろうかと検討中。

おまえは、なぜにそんなにテカルのか~。
    
そういえば、PAのりんさんは、昨日のみりんちゃんのパジャマを着用。

みりんオタからやっかみをかうためにと。
  

| | コメント (0)

パジャマパーティー  ディアステージ

というわけで、土日はパジャマパーティーでした。

ディアガールたちが、みなパジャマ姿でお仕事。

とはいっても、ジャージやTシャツで寝ている娘が多いそうで、

この日のためにわざわざパジャマを購入した娘がほとんど。

向かいにあるドンキホーテのパジャマコーナーがそのままディアステージやってきたか?

ドンキパジャマのモデルさんたちと化した!
   
えいたそのパジャマは下がホットパンツで、ふともも&ふくらはぎがフリフリしていて、

お尻ふり♪ふ~りふりプリンセス♪(えみちゃん)

といった感じ。

えいちゃんは早くも小説の上巻を読んでしまったそうで、

主人公のモデルとなったディアガのことで、ごにょごにょ。

長い小説なので、ゆっくりゆっくり読みましょう♪
  
みりんちゃんのパジャマは、ほぼスウェット。

灰色ベースでどこにでもあるような長袖長ズボン。

生々しかった。

そのまま自宅から抜け出してきた感じ。

一番すごいねと僕が言うと、

テレビゲームをやっているパントマイムをやってくれて面白かった。

目がイってる!
   
りくさんは自宅で使っているマジパジャマで登場。

長袖長ズボンの薄地な夏用。

こういうのでみんな登場するのかと思ってた。

さかなさんもりくさんから借りたそうで、

同様の薄地のパジャマを着用。

どちらも、皺が結構あり、使い古し感もあり、生活感丸出し!
  
ベッドがステージに運び込まれたのですが、

一度目と二度目のライブのときは、背景壁に立てかけてあった。

それが三度目のライブでようやくベールを脱いで、ステージにシングルベッドが登場。
   
三度目のライブのトップは、なみ平さんだったのですが、

なみ平さん、

ベッドに寝るわけでも座るわけでもなく、マットレスの上によじのぼって仁王立ち。

これで歌い始めた。

最前にいた僕はかなり見上げることに。

トップのなみ平さんがそうしたせいか、次に歌うディアガ達も、みなベッドの上に立って歌っ
ていた。

後ろのほうの人でも、しっかり見えてよかったのでは。

ディアステージのかさ上げは少ないので、もともとあれぐらいあってもいいのかも。
    
僕はセットとして使い捨てのベッドかと思っていたのですが、

後々聞いた話だと、もふく社長の生ベッドだそうで。

みんなマットレスの上で飛び跳ねまくって、たぶん再起不能っぽいぞ。
   
水玉オンラインが非常に激しくジャンピングしていた印象。

コンビだから、片方の揺れに片方が反応し、互いに干渉しあって、

立つのに必死。

前に後ろにゆらゆら踏ん張る、えいたそ。

ベッドにひざまずいて、こぶしをマットレスにつぶけるみりんちゃん。
    
二階にいたのだけど、メニューが変わって、二階でも三階と同じように、バカルディが飲めるようになったので、水割りで注文。

桜太郎さんはそれで作ってくれそうだったけど、たまたま現れた龍馬さんが、「バカルディはロックに限る!」と助言。

というわけで、ロックで飲みました。

やあ、甘いけど舌が痺れる。

ラムのロックは、アルコールのきつさだけでなく、舌の痺れと甘さが混ざり合って、たまらんね。
   
二階入り口にはアキバの情報誌が置いてあって、それを読んだり。

えいたそは最初、ディアステ載ってないよって言ってたけど、

真ん中辺のページにもろに、みりんちゃんがカラーグラビアで登場。

相方のことを知らないとは、灯台もと暗し?
   
雑誌のあたまにロイヤルミルク店長のインタビュー記事があったけど、

例の事件以来、ホコ天がなくなって

アキバに来る人の数も、メイド喫茶の数も、三分の一に激減してしまったとか。

僕はそのころを全然知らないもので、なんとも。

今は今で、盛り上がっている部分もあるし。

ディアステージもオープンして一年九ヶ月、

そんなブームが過ぎ去ったあとに生まれた存在だしね。
   
会計は最後までいると、すべての客の伝票を預かってくれて、

同時に会計みたいになるのですが、

23時の閉店時間が近づくも、なかなか会計が終わらず。

レジをみると、ディアガは注文のあったチェキ製作に一生懸命。

時間は全然平気だったけど、

男性スタッフが追い出しにくると、せっかく楽しい時間を過ごしたのに、終わり方がおじゃん
になるので、

追い出しの前にお店を出たかった。

だから、レジで会計を催促しちゃった。

てへっ!
   
それにしても土日は混む!

土日のお昼のイベントには、以前参加したことあったけど、

土日の通常営業は九ヶ月通っていて、初めて。

やあ、できれば敬遠したいぐらいの混雑。

逃げますよ。

僕は平日で十分です。

だいたい客のメンツも覚えているものですが、土日客は知らない人も多し。

しかもそうした人たちが結構常連ぽくふるまってるし、

土日常連なのかな。
    
帰りにはポイントカードにより、タマキさんのラミネートカードをゲット。
   
そういえば、ずっと工事してたじゃないですか。

中央通りのソフマップがある交差点。

ソフマップの向かいのビル。

1Fフロアが柱を除いてすべてなくなってしまって、

なんだかスカートから足が出ているような状態だったビル。

イベントスペースになってましたね。

インテル7のイベントで、無料ドリンクをもらい、アンケートに答えてシールももらった。

冷凍実験もしてたな。

氷点下何度でも、インテル動いてますよって。

そんなに熱心に見る必要があるか?

100人以上が集まってましたが。

僕はその模様を映したでかいスクリーンでちょっとだけ見た。
   
それにしてもアキバの夜は道路工事だらけ。

エンドレスじゃん。

電話線を直して、舗装したら、今度はガス管を直して、舗装して、とか延々とほじくっては埋めるの繰り返しなわけでしょう。

こんなにうるさくやっていいのなら、ディアステの深夜営業もどんちゃんやらせてくれ~!

| | コメント (0)

清水エスパルス 1-0 大宮アルディージャ  OUST日本平

スカパーで見てましたが、しっかりできた試合で良かったです。

2006年のゴールデンウィークのセレッソ大阪戦も、

こんな感じのしっかりした1-0勝ちだった。

1-0勝ちできるのは、実力の証拠だし、力強いですよ。

岩下のディフェンスも利いていたし、ヨンセンのゴールは素晴らしいし、

前節に首位鹿島を破った相手に、1-0勝ちとは誇り。

   

   

カシマでの鹿島と川崎の試合。

3-1で川崎が勝っていたのに、雨でノーゲームってそりゃないぜ。

雨ぐらいいいじゃんよ。

フランスリーグアンの中田浩二デビュー戦、

雪がピッチに積もって、真っ白の中でやってましたよ。

いくら水たまりと化したピッチでもやればいいじゃんよ。

雷の心配がないならさ。

雷は仕方ないので、たとえ晴天でも、警報が出たらやめるべきです。

これは絶対。

でも大雨で水田化するぐらい、やれよ。

レフェリーやマッチコミッショナーと対応とはいえ、

2万人以上の有料客を集めた興行を、ピッチの状態うんぬんで取りやめてしまう責任を理解しているんですかね。

興行してありえんですよ。

大雨でやめるなら、この試合のレフェリーとマッチコミッショナーはアマチュアでやってください。

Jリーグに来るな。

2万人の有料客のほとんどが遠い遠いカシマにやってきてるんです。

鹿島サポだって、車のナンバープレートみれば、東京や神奈川が多いのがわかる。

ピッチの状態なんて、早い話がどんな状態であれ、いいだろうに。

雷の警報がない状態で、大雨によるノーゲームとは、

興行に対する侮辱、プロの試合だというのを無視したアマチュア的采配だ。

おまえらアマチュアいけ。

Jリーグはプロだから、プロのやり方で興行を成り立たせてくれと言いたい。

      

今度のパソコンは、キーボードのボタン一つ一つは艶消しなのに、

周りの枠組がつやつやえ蛍光灯をもろに反射。

ちと、ここだけが難点だな。

なぜ反射させるよ、NEC?

いや、今のノートパソコンはどのメーカーもキーボードの枠組みが艶々仕様だなあ。

そんなに光らせたいのか。

眩しいっすよ。

蛍光灯の反射よけにシールでも貼ってまうか。

ディスプレイは反射ゼロで、何も映らないのにね。

その反動で、キーボードの枠組みを光らせようという魂胆か。

なるほど!

| | コメント (0)

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »