« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »

2009年7月19日 - 2009年7月25日

2009年7月25日 (土)

ジェフユナイテッド千葉 1-2 清水エスパルス  フクアリ

投薬を復活させてから、一気に体が楽になりました。

ここで安静にしとかないとね。

無念。

ただ今は体を治そう。

   

名古屋はケネディがすぐにはまって、3-0で浦和に勝利。

玉田の出番がなくなるかと思いきや、玉田の2ゴール。

ケネディもさっそく1ゴール。

名古屋がACLでもリーグ戦でも復調するかも。

UAEに持っていかれたトヨタカップに出場するのは、トヨタの持ちチームとなるか。

    

鹿島はやはり低調。

マルキーニョスが個人で打開して、柏相手にドローへ持ち込んだのは、前回の清水戦と同じ内容。

中田浩二が下がって伊野波が復帰したが、どうにも。

    

水曜日にはナビスコカップのセカンドレグ、日本平にて浦和戦。

この体調で到底行けそうにない。

復活したら体を鍛えたい。

冷たい空気を吸うと咳ごむので、エアコン使えず。

汗だく。

投薬するとすぐに喉の存在が消えていく。

しっかり治したい。

   

ジェフユナイテッド千葉 1-2 清水エスパルス  フクアリ

得点 岡崎 深井 青山

   

体調を崩しているので、今夜もテレビ観戦。

    

後半から途中出場した青山の見事なヘディングゴール。

ジェフは誰も青山にマークがついていませんでした。

ドフリーで強烈なヘディング。

1-1の均衡を破って、2-1に。

そしてそのまま勝利。

  

岩下は鹿島戦とまったく同じ大ちょんぼをしたが、ジェフはカットボールを決められなかった。

最後に巻がシュートを放ったが、海人はなんとかボールに触れて、外に出した。

その辺りがジェフの力。

鹿島はそこを確実に決めてきた。

   

巻のバックパスをカットして岡崎のゴール。

それが先制点となった。

互いのバックパスをカットするシーンが多く見られ、正直なところ、レベルの低さはあった。

巻はゴール前で神の手ゴールをしようとして、ハンドを犯し、自ら着地に失敗して負傷した。

苦しく倒れるこむ巻に、主審の家本はイエローカードを出す。

やはりこの辺りがジェフの限界なのだろう。

   

深井の地を這うロングシュートは神がかっていて、清水の選手があれだけ深井の周りを囲み、キーパーも反応していたのに、間に合わなかった。

ただ、ジェフはそれだけだった。

前半から深井が出てきていたら、もっと怖かったかもしれない。

    

スタメンで太田圭輔が出てきたが、前半だけであえなく交代。

清水をよく知っているからということでの登用だったと思うが、不発。

和田はベンチだった。

   

前半で藤本を下げて、太田をオフェンシブのアウトサイドに上げたわけだが、ぶっつけ本番だった気がする。

結局、失点後には太田を下げて、岡崎をそこに入れ、トップには原を投入。

太田のサイドバックがとても調子が良かったので、前にポジションを上げても活躍してくれるのではという期待があり、見てる側も長谷川監督の采配に共感してしまう部分はあった。

まあ、結局駄目でしたが。

   

今後はどうなるのか。

児玉のセンターで、太田を左サイドにという方針は変わらないように思う。

センターにもう一人入るのが、岩下となるのか青山となるのか。

青山はスタメンを奪われたことが、こうしてゴールにも結びついた。

ポジションは約束されない状態が続くだろうけど、そんな苦境こそ成長の場にしてもらえたら。

    

勝ち点3は素晴らしい。

フクアリでジェフに勝利。

それにしても、専スタだとテレビ中継でも上から撮ってくれて見やすい。

試合の流れが手にとるようにわかり、楽しめた。

| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

シャトルバスが逆方向に

Sp1580993

いやあ、びっくりしましたよ。

清水駅前のロータリー。

シャトルバスの並び列がいつもの逆方向にできてました。

駅の出口ではなく、線路寄りに伸びていく。

これには一本取られました。

   

以前は、駅の反対側でしたな。

バスターミナルから外れた歩道で、向かいに西友や焼肉屋があったな。

まあ、日進月歩ですわ。

焼肉屋って世の中多いね。

まあ生肉出して客に焼かせればいいだけだし、簡単。

焼肉は家でやると、床や壁がぎどぎどになるので、早々できませんし。

狂牛病騒ぎの頃、原宿駅前の焼肉屋が激安で、当時付き合いのあった連中で食いに行ったのを思い出す。

あれから七年経ったけど、僕に進歩はあったのか。

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

アウトソーシングスタジアム日本平から脱出

Sp1580963

試合終了と同時に席を立った。

審判がはっきり両腕を上げないから、選手達のぐったり疲れて歩く態度で観客も納得。

整列する選手を見送りながら、通路を歩きコンコースへ出た。

そして清水駅行きのバス乗り場へ。

真ん中のコースを選択。

座りたかったので、一台見送って、次のバスに乗車。

20:55に発車。

駐車場内が一般車などで混み合いつつ、のろのろと山道に出る。

山道をスムーズに進んで、ぐるっと回って日本平公園の入口へ。

21:00。

ほとんど歩行者天国と化した片側一車線の道路。

帰宅する人々の間を縫うも、バスがなかなか進めず。

警備員がまったく機能しておらず。

とまったり、進んだり、ゆるゆるで坂を下って農協前の信号下。

21:03。

宮加三橋。

21:09。

駐車場があります。

ここまでなら近いので、行きはバスを使って、帰りは歩きという客が多い。

バスから降りる乗客も少ない。

清水総合運動場。

21:14。

ここで大量の人がバスから降りる。

運動場に用があるのではなく、駐車場があるのだ。

日本平公園の駐車場はシーズンシートの指定席購入者が高額な駐車料金を支払った上で、ようやく権利を買える代物。

多くの客はここの駐車場を使うので、ここまでシャトルバス利用。

つまり、車で来ている人も、大半がシャトルバスを利用しているわけで、非常に帰りのバスは混みます。

ここから自家用車に乗って帰る家族連れ多し。

波止場。

21:16。

デーゲームのときだと、波止場にあるドリームハウスや、ドリームプラザで買い物や飲食を楽しむお客が多し。

ナイトゲームのあとだと、観覧車が回る程度。

新清水。

21:19。

静鉄の存在を知らない県民も多い。

バス会社だと思われているな。

清水駅到着。

21:21。

試合終了してすぐに席を立てば、まずまずスムーズに帰れる。

だがしかし、ちょっと帰りを遅らせれば、バスに乗るまで30分待ち、スタジアムから駅までは渋滞して一時間以上かかる。

そんな日本平のアクセス事情だった。

| | コメント (0)

清水エスパルス 2-2 鹿島アントラーズ  OUST日本平

Sp1580959

得点  野沢 マルキーニョス 岡崎 ヨンセン

ゴールシーンはええもんですわ。

みんな手を叩いて大喜び。

スタジアムが一つになれるね。

まあ、色々と申し訳ないことがあるわけですが、100年後にはみんな死んで消滅している。

存在がないわけだ。

このスタジアムに集まった二万人のお客も選手達も。

誰一人存在せず。

それが恐ろしいぐらいの事実ならば、

国破れて山河在り、問題なし。

もうね、ぎりぎりですよ、山ほどたくさんのことが。

だがしかし、すべてが無になるならば、恥を重ねて生きていこう。

罪を重ねて進んでいこう。

我々全員が消滅するのは絶対だが、清水エスパルスは永久に。

| | コメント (0)

20203人が集まった日本平

Sp1580939

席数が全部で20399席ですから、超満員です。

干渉地帯の席数を差っぴくと、100パーセントを超えちゃってます。

専スタでこの密集度、半端じゃないです。

試合が行われるピッチ周りを、お客さんが隙間なく埋めてます。

シャトルバスの一便で向かったけど、スタジアムに着いたら、予定時刻前に、すでに開場してたしね。

いざ入場しますと、Aゾーンは半分ぐらい埋まってしまっていた。

最初はメインスタンド観戦する予定だったけど、アウェイ側が指定席との境界から、びっちり鹿島サポに占領されていて、行ける雰囲気じゃなかった。

結局、バックスタンドのホーム側で前列という、珍しい場所に落ち着いた。

僕はメインやバック観戦のときは、たいていアウェイ側でまったりするから。

ホーム側で座りながら、中ぐらいに応援する人々に囲まれての観戦。

酔っ払い多し、今夜から夏休みだから、ちびっ子も多かった。

僕は一人身なので、大体どっか空いてるものでして、前の方に座っちゃうんですが、色々揉めてたね。

あちこちで。

サポーター団体による大量の場所取りや割り込み、通路観戦で死角発生、アウェイサポに混じったズル入場。

あらゆる問題があり、実際何が正しいのか、誰も判断は下せない。

たぶん未来に渡っても解決はないだろう。

誰もが自分を正当化するし、他人を羨み、同時に蔑む。

特定団体に加入することで、ゴール裏であれ、メインバックであれ最前列付近が確保されるのも事実だし、

団体に対抗して個人が、通路観戦に走るのも必然か。

アウェイゴール裏から手早く入場できた鹿島サポーター達が、あっさりメインAゾーンの良い場所を占領してしまったことへの愚痴も、あちこちで聞かれた。

この件については、ルール上、どこも疚しい部分はあらず、そういやそうだなと言ったところ。

僕は虚しいことにいつも一人でサッカー観戦に行くので、どのサッカー場へ行っても特等席です。

一席だけなら、激混みでも空いてる。最前列でもよく空いてる。

これはこれで寂しいもの。

家族や仲間で来て、わいわい楽しくやるのが、正攻法だと思いますし。

自由エリアの座席確保について、かなり今夜はぶつかり合いというかリサーチというか話し合いがもたれていた。

解決はないだろう。

20399席に、2万人以上詰めこむのは無理ですよ。

しかも、そのうちの2割方が死角席という。でこぼこ継ぎはぎの旧タイプ・スタジアム。

そりゃ揉める。

| | コメント (0)

サンバの夜だよ鹿島戦

Sp1580935

サンバといっても、サポーターのサンバ隊ではなく、サンバ祭のダンサー達が来場。

試合前とハーフタイムに踊ってくれました。

全英オープンとか見てると、ゴルファーも観客も格好がフォーマルで、ゴルフはブルジョアのスポーツかなと思えてくる。

逆に、サンバを踊り狂うブラジル人たちには、サッカーなんだな。

薔薇よりも赤く燃え上がるまで。

| | コメント (0)

執念のゴール×ゴールで鹿島に追いつく

Sp1580926

岡崎とヨンセンのツートップがゴールを決めてくれて、0-2から2-2に追いついてドロー。

勝ち点1。

今夜の鹿島はいまいちだったし、岩下の信じられない二失点がなければなあ。

センターバックに中田浩二が入ってましたが、中田浩二じゃこんなもんだ。

マルキーニョスも決定的な場面は作れなかったし。

終わって2-2ですが、合計4点を全部清水が決めた印象。

日本平にきて、なんもしなかった鹿島。

失点と得点を重ねた清水。

超満員の日本平劇場はドロー。

どろどろのドローで終わり!

| | コメント (0)

« 2009年7月12日 - 2009年7月18日 | トップページ | 2009年7月26日 - 2009年8月1日 »