« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

2009年5月24日 - 2009年5月30日

2009年5月30日 (土)

上野→北千住→松戸→柏柏柏柏柏柏柏柏柏柏柏柏柏柏柏柏柏

Sp1550879

非常にくたびれたわ。

諸事情により飛び跳ねるのは困難だと判断し、最後列の柵の上に立ってました。

前から柵の上に立ってみたかったので、これでまた一つ夢を叶えましたな。

そして勝利。日立台の清水は強い。

日本平の柏も強い。

なんだこの対戦。

自宅の帰ってきましたら、ちょうどテレビ放送をやってました。

スカパーはJリーグセレクションしか契約してないので、ナビスコは本来見られません。

ですが、うちのマンションは、なぜかCSのフジテレビチャンネルが無料で見られるのです。

不思議。

あと関東各県の独立U局も映るので、結構Jリーグが見られますよ。

まあ、スカパー契約してるので、普段の試合は別にいいのですが。

三回のゴールシーンは全部柏側だったので、あんまよくわからなかったっす。

柏サポーターのみなさんは試合が楽しめたことでしょう。

清水側でゴールが決まったらやばかったかも。

それがなかったから、柵上に立っていても怪我なしで終わったな。

向こう側のゴールだと、シニカルな快楽はあっても、理解を通り越して爆発するような衝動・事件はないな。

永井が途中出場でピッチに立ったら、普通に走っているときに、足を引きずり始めちゃって。

すぐにパウロと交代。

あれは非常に悲しい出来事。

前半が終わって2-0で、勝てる試合だなというムードが漂ったのに、一点返されて、最後はいっぱいいっぱいだったな。

それでもなんとか堪えるのが、清水の実力。

ロコロコは一回目は柵上にいて参加できなかったけど、二回目は参加。

帰りは柏駅前の大戸屋で飯食い。

柏サポより清水サポの方が多かったな。

嬉しかったんで、イカ丼食った。イカ大好き。

フライにしても、てんぷらでも、刺身でも、イカほど美味いものは他にないな。

| | コメント (0)

ナビスコカップ  柏レイソル 1-2 清水エスパルス  日立台

Sp1560039

日立台はいつもぎゅうぎゅう詰めのイメージだけど、

雨の日のナビスコカップということで、やんわり空いてました。

初めて日立台で試合を見たのは、セレッソとの対戦だったな。

柏のゴール裏で見てましたwww

客席に入った途端、いきなりコーナーフラッグに出くわして、近っ!という。

甲府のJ1昇格を決めた入替戦も、この日立台だったな。

甲府ゴール裏のウルトラエリアで応援してましたwwwww

そんなこんなで日立台。

がっつり勝利だぜい!

| | コメント (0)

にもっこり大復活やぎ祭 in 2F  ディアステージ

石丸イベントのあとは、ディアステージへ直行。

傘を差さなくてもいいぐらいの小雨でして、差してる人が少数派だったな、秋葉原の街。

風があるせいか、霧雨上なんだよね。

霧雨の影響か、一階が珍しくわかさまでした。

わかさまの曲は、でたらめうぉちゅっと連呼する曲で、なんのことやらわからんかったけど、おいらも連呼し続けたっちゃ!

    

二階に上がると、久しぶりに、にもさん登場。

育児のために、しばらくディアステに出ていなかっただけに、にも好き客が集まった印象。

にもさんの子供はヤギなのですが(去勢済)、

大きなヤギのぬいぐるみを持ってきているお客さんもいて、パワフル!

   

おいらが直接尋ねたのは、少しでして、夜に鳴いたりしないのかなあってことぐらい。

夜行性だけど、夜は静かに寝てくれてるそうです。

猫なんかだと、夜に騒ぎたくてしょうがないからね。

でまあ、他のお客さん達もみなヤギについて質問するので、狭い店内あちこちでヤギ談義だらけ。

なんとなく耳をすませて聞いているうちに、だんだんと、にもさん宅のヤギが現実味を帯びて浮かび上がってくるのでした。

   

ビールの生を二杯飲んだりした。

申し訳ないけど、一階で飲むより全然美味しいっす。

二階のビールめっちゃ美味い。

たまらん。

   

インストアイベントの影響で、ライブは二回だけに。

保坂さんはジュディマリのそばかすを熱唱。

ライブのアクションが、他のディアガと違って面白い。

ディアガのステージは、どうしてもアイドル的な振り付け重視&オタ芸重視で、ソフィスティケイトされた感がある。

でも保坂さんのやり方は、バンドのヴォーカル。

両足を><というような感じで曲げたあと飛んだり、

ステージを自由に使って表現し続ける。

実はライブハウスなんか行くと、そっち系のアクションが主流なんだよね。

でもディアステだと、非常に目立つなあ。

魅力的な人が新しく入りました。

今日で五回目の出勤だそうですが、うち三回は私も拝見。初日もいたし、なぜか当たる率高し。

    

にもさんの歌は、相方さんが歌詞をとちりがちで、ほとんど、にもさんの独唱に近いノリに。

にもさんには、もう会えないのかなと心配していただけに、とても安心したよ。

りくさんはニーハイ+ガーターで、初音ミクを。

アレンジが独特だったな。

ヴォーカル無し音源をどこから引っ張ってくるかというのが、インディーズ歌手の大変なところ。

| | コメント (0)

2009年5月29日 (金)

ピヨラビ&みりん もえ☆ダンス  石丸SOFT2インストアイベント

今夜はもえ☆ダンスのイベントに行ってきました。

もえ系の曲をダンスアレンジにして、いろんな方が歌っているという企画だそうで。

ディアステからもピヨラビのお二人が参加。

   

俺はディアステに通っているのだけど、ディアガールの歌う曲を全然知らなくて困っていたのでした。

初音ミクをネットで見られるぐらい。

そんなことではいかん!と思い、もえ☆ダンスのCDを買って、もえ系の曲をお勉強しようと思ったわけです。

   

18時ぐらいに万世橋に近い石丸電気SOFT2に行くと、6Fフロアにはディアステの客達がちらほら。

15分の開場時間になると、ぞろぞろぞろっとアダルトフロアを抜けて、階段で二階分上がり、8Fのイベントフロアへ。

折りたたみ椅子が並ぶ後ろで、オタ芸を打とうかなあとも思ったのですが、どうせなので、最前列の中央に腰掛けちゃいました。

    

18時半のイベント開始時にはホールは人でいっぱいになり、ディアステの客達が溢れていた。

他の日は、CDの中で歌っている色んな歌手のみなさんが、インストアイベントに参加するそうなのですが、今日だけはディアステオンリー。

だから、ディアステ客が石丸に集まったのでした。

   

ライブが始まり、トップはみりんちゃん。

オーバー・ザ・ヒューチャーを歌唱。

椅子に座っている我々も、やんわりと打つ。

見えないが、後方は激しく打っているのが声と音で伝わってくる。

   

そしてオーバー・ザ・ヒューチャーの最後で、ピヨラビ登場。

本当は原曲と同じように、三人で踊る予定だったみたいですが、ピヨラビの二人がなかなか現れず、ALL JAPANに。

おじゃんになった。

    

そしてピヨラビの二人が次の曲を熱唱。

歌い始めて、なみ平さんが感極まって、今にも泣き出しそうになってしまいました。

なかなか上手く歌えず、感情の崩れを必死にカバーするなみ平さん。

それでもなんとか曲が終わり、

MCでは、なみ平さんが感極まってしまったことについて、当然触れるんだと思っていた。

そしたら、相方のすなおさんが全然そのことに触れず、普通のテンションでもえ☆ダンスのことについてトークを始めた。

そして最後まで、なみ平さんの状態について触れずに次の曲へ。

この流れは衝撃的で、非常にウケた!

果たして、すなおさんは相方の不調に気づかなかったのか?

それともプロとして、それではいかんと思ったのか?

いや、もえ☆ダンスのセールストークが大事だと優先したのか?

非常に謎ですが、そのままその件が流れたのには、なぜか個人的に大ウケ。

シュールだ。

余りにシュールな流れだった。

    

ちなみに、イベントのあとディアステに行きまして、ディアステのライブでは、なみ平さんがそのときのことについて報告。

ピヨラビのデビューイベントだったり、いろんなことがフラッシュバックして、感極まってしまったそうです。

その理由を二時間後ぐらいに別の場所で聞くという。

シュールだ。

シュールを通りこして、ポストモダン。

   

でまあ、曲のあとは握手会です!!!

わたくしも2500円で1枚CDを購入しまして、握手列に並びました。

最初に抽選くじを引くのですが、みりんちゃんのチェキが当たりました。

実はこういう落書きつきのチェキを受け取るのは初めて。

ディアステで買ったことないし、ピヨラビのデビューイベントのときは落書きなしのツーショだったので。

握手のとき、みりんちゃんに報告すると、たった二枚しか入ってないのに良く当たったねということで。

まあ、くじにはチェキと書かれていただけで、チェキがごた混ぜに積んであるところから、上から取って一枚差し出されただけなので、

握手会の並ぶ順番も、誰のチェキが当たるかの抽選になっていたようです。

奥深い。

   

でまあ、なみ平さんと握手して、すなおさんとも握手。

最前でありがとう、と言われました。

全然打ちませんでしたが、まあ打たないのも人生よ。

    

そして大半の人々がそのままディアステージに向かうのでした。

(続く)

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

CL決勝戦 バルセロナ 2-0 マンチェスターユナイテッド ローマ

バルセロナ優勝。

試合終了後は歓喜に沸く選手達じゃなく、優勝カップにチーム名を削りこむ音かよ。

    

パクチソンはスタメン出場を果たすも、残念でした。

アジアの選手が活躍してほしかったのですが。

京都サンガからCLファイナルへ。

チリ戦を見終わったあと、ビール飲んでたんで、そのまま寝てしまい、自然と夜中の三時に起きられた。

どうしてもマンUを応援しちゃう。

それはNHK-BSでマンUの試合を見続けてきたから。

バルサ知りませんもん。

なんかダースベーダーがジェダイを倒しちゃった感じ。

クラブワールドカップは日本じゃなくてアラブ開催なんだなあ。

| | コメント (0)

キリンカップ 日本 4-0 チリ  大阪府大阪市東住吉区長居陸上

岡ちゃんの2ゴールは見事でした。

代表でこれだけ仕事ができるわけでして、清水は岡ちゃんにとって重いのかしら。

阿部は相変わらずヘディングが上手い。

阿部のヘディングゴールは記憶に残るものが多い。

空中の天才。

そして本田もゴール。

オランダのテレビ番組でおもちゃのピアノを弾いている姿が忘れられない。

いろいろご意見もあるでしょうが、勝つのが一番ですよ。

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

昇天ペガサスMIX盛りDAY

昇天ペガサスMIX盛りとは、なんなのか。

これは、女の子の長い髪の毛を、ソフトクリームのように真上に向かって立ててしまうことです。

おいらが中高生のときに流行ったバンドブームの頃の、逆立て頭。

あの女の子版かな。

それが今夜のメインでした。

    

わかさん、真音さん、なみ平さんに加え、もふく社長もペガサス盛り。

特にもふく社長は、逆立った髪よりも、メイクが凄かった。

ほしのあきみたいな顔に変身していた。

    

ペガサス盛りは30分ぐらいで完成するそうで、こちこちに固めた髪が傷まないか、ちょっと心配。

女の人で髪が長い人は大変だなあと思います。

男ではわからないかもしれないけど、伸ばせば伸ばすだけ、どんどん傷むんですよ。

俺も伸ばしてるけど、痛んで千切れていくもの。

整えるために散髪屋へ行くけど、髪を短くするのは、自然にそうなる。

     

今夜はロマンスをペガサスバージョンでやるということで、

いつものグーでやるイエローパンチョスではなく、

両腕を高く伸ばして、掌をくっつけ、竹の子のように突き出してました。

おっ、これは元祖、竹の子族繋がり。

いつもは引いて引いてのロマンスも、今夜は出して出してのペガサスでした。

     

そして激しかったのがゲストのパピヨン。

当然おいらは全然知らないのだけど、家に帰ってきて検索かけましたが、

犬のパピヨンばかり出てきてしまい、彼女達の正体は不明のまま。

背が高くて綺麗なお姉さん二人組でした。

そういえば、わかさんも真音さんも背が高く、小柄な人が多いディアステにとって、今夜は珍しいぐらい平均身長高かったのでは。

パピヨンさんも黒い衣装の方がペガサス盛りでした。

    

パピヨンさんの歌のときは、たぶん推しなんでしょう、普段まったくディアステで見かけない人たちが前に出て、激しくノッてました。

というか、異常なほどの盛り上がり。

Bメロの連呼とか、やばすぎ。

ついでにパピヨンさんの横乳もやばすぎ。

そんなこんなで必死に周りについていきました。

ぱぱぱぱぱぱぱぱ、パピヨン!

    

で、そのあとは一気に身長が低くなって、みゆさんでした。

みゆさんのライブも非常に激しいノリのお客さんがいまして、ついには彼がみゆさんに変わって、マイクを握って熱唱。

こういうパターンもあるのだと勉強になりました。

そういえば、みゆさんはこのブログを見てくれてるそうで。

ありがとうございます。

といっても、たまにディアステやアキバのことが書いてあるだけで、ほとんど清水エスパルスのことばかりですがwww

みゆちゃんは、清水エスパルス秋葉原本店という、前のブログタイトルを覚えていてくれました。

でもタイトル変えちゃったwwwww

     

客の絶叫という点では、パピヨンライブが最頂点でしたが、

楽しかったのは、やっぱりLOVEどっきゅんだな。

明治さんとりゅう君が登場して、バックダンサーで、ペガサス盛りっ娘も並び、盛り上がりました。

お客さんめっちゃ多くて、踊るスペースも少ないけど、とにかく盛り上がれ!

    

コロナやラムコークやラムコークを飲んで、ペガサス終了。

ペガペガ……昇天!

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

JFL  町田ゼルビア 1-1 アルテ高崎  町田市立陸上競技場

Sp1550553

どうですか、町田市立陸上競技場。

メインスタンドだけベンチシートがあって、あとは芝生という、日本全国どこでもある感じの陸上競技場ですな。

そこがまた町田らしくて良い。

走り幅跳びレーンですら客席から遠いのも良い。

予想を裏切らないね、町田。

でも屋根は大きくて助かりました。

メインスタンドは9列目まであるのですが、一列目を除いて、すべて屋根の恩恵にあずかれた。

ぶっちゃけ、雨が降ってた時点で行くのをやめようかとも思いました。

でも来て良かった。

この屋根具合は大変よろしい。

前半、特に雨が強かったので、濡れずに観戦できたのは、ありがたかった。

四方八方、山に囲まれているロケーションでして、まさに山奥。

傾斜がしっかりついていたので、見やすかったですよ。

遠いけどwww

試合内容は、申し訳ないけどレベルが低くて、思い入れがないと見られない。

でも町田ゼルビアを本当に応援してる人なら、試合レベルは関係ないんだよね。

当たり前のワンツーやトラップができず、試合の流れが滞ること、しばしば。

俺は興味を持てなかったけど、町田が好きな人なら、きっと違ったはず。

客層は、FC東京のグッズを持ってきている人が多かった。

お尻に敷く座布団だったり。

タンブラーやオペラグラス、ショルダーバッグ、FC東京グッズ多し。

東京だと陸上競技場でしかサッカーが見られないんだなあ。

さいたま、千葉、横浜、ちょっと郊外に出れば、専スタが待っている。

手拍子応援を、クルバに合わせてしている人が多かった。

酔っ払いの老人が恫喝声を上げるのは、どこのスタジアムでも同じかな。

この日の入場者数は1500人ちょっと。

これは少ない。

町田という東京に近い(いや、東京か)都市だからこそ、わざわざ市民がこの山奥まで集まってくれない。

ここに来るより、新宿行く方が楽だものね。

屋根のあるメインスタンドを飛び出して、ぐるぐるスタジアムを回るのが性分。

ゴール裏の芝生エリア。

トラックの直線コースは客席に食い込まず遠い。

ヨーロッパの陸スタだと、陸上でしか使わないところでも、客席とトラックがとても近くて、みんなカンカン鳴らして盛り上がってるのになあ。

低層で遠いので、視界は大変厳しいです。

ですが隠れスポットあり!

ゴール裏エリアのさらに背後には、タダ見できる通路あり。

ゴール裏に入るには、当然お金を払わなくてはいけないです。

お金を払って上で、高さもないし、遠いしで見づらいです。

ですが、その背後のタダ見できる場所なら、高さがあるので結構良い視界。

お金を払う人より払わない人の方が眺めが良いのも、JFLらしい。

牧歌的雰囲気。

できたら今度はお金を払って見に来てね。

町田はインフラが弱い。

親企業無し。

プロ選手数人で、みな仕事を持ちながらサッカー。

スタジアムはJリーグ規格に程遠い陸スタ。

ここを改修していっても、球技に適したスタにはなりづらいし、先行きは厳しい。

でも、クラブを愛する気持ちは、そんな条件とは関係ないんだ。

それを俺に教えてくれたクルバの人達。

雨の中、熱心に声を出し続けたサポーター。

その甲斐あって、なんとか同点に追いついて勝ち点1ゲット。

まったく軟弱なインフラのもと、とてもJリーグ入りは望めないけど、今年は鳥取ぐらいしか上がれそうにないし、また地域リーグに落ちるからね。

なんとかJFLに留まるよう、ファイト!

傘さして、まったり観戦、バックスタンドも芝生エリア。

俺はこちらで見たほうが、JFLレベルなら面白いなと思った。

メインスタンドで傾斜がついて、全体を見渡しても、内容が貧相でつまらない。

陸スタだから非常に遠いけど、ピッチレベルで選手達の走る姿、戦い合いを見た方が、顧客満足度的に上。

アルテ高崎のゴール裏。

全員で14人でしたが、ホームより多いじゃないかとサポーター達が爆笑していた。

堀越学園のこのチームは、去年一昨年とぶっちぎりで弱く、だがJリーグ入りチームが多数出たために、降格ゼロで救われていた。

そして降格ありそうな今年は、めっちゃ強いという。

調子ええぞ。

ザスパ草津が前橋にあった上で、どういうポジションとなるのか。

町田は最後、猛攻を仕掛けたが、逆転はできなかった。

この得点ボードの真下に、雨を凌いで観戦している人達がいるのです。

ゴール裏で唯一の屋根あり席だ。

でも後半は雨が上がってきて、試合終了時には完全に晴れていました。

キックオフがこの時間だったら良かったのにね。

町田は去年の全国地域リーグ決勝大会の覇者ですが、JFLでは相当苦戦している。

選手達も、大半が仕事を持ち、そして九州や東北にバス移動。

しんどいわな。

地域リーグの松本山雅が、J1開催できるサッカー専用スタジアムで毎試合戦っているのが、とても不思議に思えてくる。

まあでも、客が少ないので快適でしたよ。

ただ、ここに五千人以上入るとなると、不快指数が増してきそう。

今は全員が特等席で観ている按配だからいいけど。

そういや、スタジアムMCのPAがいかれていて、選手紹介も滞る様だった。

町田駅からは、日産スタの方が時間的に近いかもしれないけど、なんとかこの町田市陸へ、市民の足を運ばせよう!

| | コメント (0)

町田市立陸上競技場に到着  気分はすっかり町田市民

Sp1550276

公園の駐車場からすぐでしたね。競技場は。

町田は日本のモデルケースみたいな街だと思うんです。

初めて仙台に行ったときも、東京でいえば町田みたいなところだなあと思ったし。

日本の地方都市、あらゆる県庁所在地、その駅前はたいてい町田に似ている。

そのぐらい町田なんだ。

競技場の入口はメインスタンドの一箇所のみなんですが、その前に選手バスがとまってました。

貸切用のバスを提供しているのは、町田のバス会社なんだそうです。

神奈川中央交通でスタジアム入りしてしまっただけに、ようやく東京都町田市のバス会社に遭遇。

まだ会社設立から数年でして、若いですね。

中はこんな感じ。

見学会となっていて、客がたくさんバスを覗きに来るのはいいのだが、この細い通路のみなので、入る人と出る人がぶつかってしまって、ごっちんこ!

JFLは日本全国広いです。

関東リーグ時代にはない遠征という敵と、選手達は戦わねばなりません。

九州や東北の試合も、相席して行くことを思うと、しんどいやね。

清水の選手バスみたいに、一列三席独立だと良いんですが。

一番高い座席を買ったわ。

町田というと、メジャーな街なわりに、これまで余り行ったことがなかったな。

町田在住の人は多い。

どこ住んでんの? 町田だよ、となぜか半笑いで答える。

さすがメガロポリス東京だぜい。

でまあ、帰りは雨が上がってまして、またシャトルバスで野津田車庫へ。

車庫にあるバスには乗せてもらえず、近くのバス停までぞろぞろ歩く客たち。

行きは鶴川から来たので、帰りは試しに町田駅行きに乗ることに。

運賃も高いし、時間は倍以上かかった。

鶴川からにしといた方がええっすよ。

町田駅の乗り場は21番。

駅近くの細い道を、バスがぎりぎりで走っていく。

通行人が溢れかえっている中に突進。

その辺りの事情が吉祥寺駅前に似ている。

そういえば、ゼルビアの他にも、フットサルのペスカドーレというチームがあるんやね。

フットサルは去年、代々木で見たが、小技が上手いでなあ。

体育館で、どんなロングボールもぴたっと足元でとめる。

陸上競技場で遠くから眺めることしかできないサッカーより、間近で楽しめるフットサルが人気なのもわかります。

町田駅からは急行でささっと新宿駅へ。

町田から新宿までより、競技場から町田駅の方が非常に時間がかかった。

町田は人口が多いですし、周辺人口も合わせればヨーロッパの小国並みなわけですし、どれだけの人が、あの山奥の競技場まで足を運ぶかがポイントだな。

ただ、地方都市で、他に道楽がなくて、Jが唯一の楽しみだわって土地に比べて、町田は新宿への依存が高い街なわけでして、なかなか市民の興味を向けるのが難しいかも。

あえていえば、町田のプライドを胸にすることができるかどうか。

| | コメント (0)

世界の町田  JFLならゼルビア  小田急線だよ全員集合!

日曜日は小田急線に乗って、町田へ行きました。

小田急線はちょっと乗らないうちに、世田谷区内はかなり高架化されましたね。

高架&地面もありってところか。

複線化やね。

乗り換えも頻繁。

代々木上原で千代田線から来た急行に乗り換えて、新百合ヶ丘で各停に乗り換えて。

目的の鶴川駅に到着。

町田駅の二駅前。この駅からの方がアクセスが良いそうです。

普段、山手線にしか乗らないので、人種のルツボといった感じなんですが、小田急線は郊外に向かう私鉄だけあって、日本人が多くて安心します。

中高年もファッションセンスが良い。

昔、初めて上京した頃、東京のおっさんやおばさんは、なぜ若者と同じ服装をするんだろうと疑問に思ったもんでした。

今や自分が三十代半ばで、若者と変わらずふらふら。

改札を出たら駅ビルを潜ってバス停へ。

0番乗り場があるのが面白い。

0番から野津田車庫という、競技場最寄のバス停に行けます。

終点なんでわかりやすい。

本数はとても多いです。

町田郊外の畑と住宅が混じりあう道を進んで、野津田車庫に到着。

バスがたくさん停まってますわい。

鶴川から20分ぐらい。

バス会社が神奈川中央交通だけあって、ほとんど神奈川県なんだよね。

小田急線でも、世田谷から川崎を経て、町田ですし。

JR横浜線で、新横浜も近い。

たぶん町田駅から日産スタまで行くより、時間かかってる。

そして野津田車庫からは、競技場までの無料シャトルバスが運行されてます。

鶴川や町田の駅から、シャトルバスがあれば楽チンなのにね。

郊外の外れにあるバス会社の車庫からシャトルバスが出るとう、普通ありえないシステム。

さすが世界の町田。

トンネルを潜ると、坂道になって、山の中といった印象。

農地もないし、民家もないし、何もない。

サンフレッチェ広島のビッグアーチに近いかな。

広島駅とは無縁な、山奥にあるという。

町田駅から遠く離れた山奥ですわい。

そして公園に到着。

残念ながら小雨が降ったりやんだり。

こういう自然豊かな公園が、それほど面積が広くないにせよ、街中にあればいいのにね。

日本の公園は、ほとんどが僻地にありまして、余り活用されておらず。

それでいて、公園面積を広くしようと政府や自治体が運動しているのが馬鹿らしい。

だが今日は使うぞ、町田の野津田公園。

| | コメント (0)

勘違いメガネでヘッドバッキング  ディアステージ

月曜日のディアステは空いてていいですよ。

やっ、混んでるときのほうが盛り上がりがたまらないか?

何はともあれ、ディアステ17回目。

   

そういえば、なみ平さんが大きな勘違いをしていたことが判明。

僕は日記のタイトルで「ディアステ~回目」と書いているのだけど、

なみ平さんは、今月のディアステ行った回数だと勘違いしていた模様。

通りで、最近よく来ますねと言われていたわけだ。

違います!!!

一月に初めてディアステに行って以来、合計の回数ですwww

全然そんなに行ってねええええええwwwwwww

とても熱心な客だと思われていたようだが、実はたいしたことなかったという……

ウケる。

まあ、この勘違いのおかげで、いろいろ進展するものがあったので、棚ぼたですな。

    

客が余りに少なくて、一階にいても、客二人VSディアガ二人で人数がイーブンに。

こうなると、さすがにタイミングも生まれ、みなみさんと初会話。

僕も視力が悪いので、めがね話。

結論としては、レーシックは怖いやねえということで。

といっても、ディアステではオタ芸打つためにコンタクトのときが多いですが。

裸眼 0,01

めがね 0,3

コンタクト 1,5

という視力レベル。コンタクトだと世界が違うぜい!!!

     

今夜はオタ芸ならぬヘッドバッキングの曲もあって、

どうせ頭を振るなら髪を振り乱そうと、カチューシャとゴムを外した。

他の客に負けじと、ヘッドバッキングしまくったよ。

そのあと、めめちゃんが歌ったのだけど、ライブのあと「初めて髪を解いているのを見ました」と言われた。

意外と見えてるのかな。

いつも端にいるから、歌手の人からは死角かなと思ってたんだけど。

    

今日はなみ平さんが発注したそうで、コロナやラムコークに、ライムが入りました。

ライム入り。

そういえば、開店してすぐの時間に、酒屋のバイクがやってきて、ビールのでかいボトルをセットしたりしてるなあ。

あのでかいボトルは冷やすのに時間がかかり、コスト高なので、野球場やサッカー場でも、少なくなってきてるんだよね。

そうはいっても、僕が飲んでるのはコロナですがwww

サッカー場でも飲食物は全部持ち込みですがwww

     

それにしても、MAKIがMAKZになるとは。

そんな名前あるわけないやん!

ディスクガレージやっつけすぎ。

ディアステといえば、宇宙服のようなあのコスチューム。

ディアステのことを初めて知った去年のコミケでも、企業ブースであのコスチュームだった。

なみ平さんは、黄色のコスチュームで、一人ピヨラビ状態。

なあなさんを始め、途中から宇宙服に着替えた娘が多かったな。
   
  

うさぎの電動ぬいぐるみも登場。

電気仕掛けの素敵な時間。

| | コメント (0)

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »