« 2009年5月3日 - 2009年5月9日 | トップページ | 2009年5月17日 - 2009年5月23日 »

2009年5月10日 - 2009年5月16日

2009年5月16日 (土)

高木純平 Jリーグ戦100試合 出場達成

純平さんはジュニアユースからの選手でして、清水で十数年やり続けてる。

そんな彼がそろそろベテランの域に達する年齢で、ようやく100試合達成。

日本最高のJ1のリーグ戦、100試合出場!

清水でベンチに入れたり入れなかったり、途中から出られたり出られなかったり。

そんなこんなを続けていき、今夜はスタメンで出場。

今夜の試合では、GK海人もいなくなったゴール前に立ち、大分のシュートを蹴り返した。

そして太田もスタメンだった。

キングのいるJ2チームでは当たり前だったスタメンも、清水ではようやく。

さらに平岡は久しぶりの出場。

札幌でスタメンを張っていた去年を忘れずに。

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

鹿島アントラーズ 2-1 清水エスパルス  カシマサッカースタ

ここんとこ都合により、テレビでも見られない試合が多かったけど、今回は久しぶりのテレビ観戦。

辻尾が右サイドで踏ん張って、枝村のゴールに繋がった。

暑かったから、途中交代の選手が活躍できた。

前半終わって、4バックのうち青山以外すべてイエローカードをもらっていたので、純平を辻尾に変えたのは、10人になる怖さからだろう。

それが良い形で結果に繋がった。

枝村のシュートも良かった。二試合連続ゴール。

だがそこまで。

マルキーニョスの試合早々ゴールは、前回のヨンセンゴールのような、あそこしかないコースだった。

敵味方たくさんをすり抜けて、シュートボールがゴールに突き刺さった。

二点目の本山は枝村に似た、全体の流れからのものだった。

ヨンセンが岩政に完全に抑えられてしまったな。

身長差はヨンセンが勝つはずでも、ジャンプ力で岩政が勝る場面が多かった。

形が見えてこないまま2-0になってしまった。

後半、ようやく形が見えてきて、1点とるも負け。

このペースでいくと、広島が降格したときのような降格の仕方をするかもしれない。

ダントツで落ちることはないし、もだえ苦しみ、16位あたりに落ち着きそう。

それを振り払うには、ドースル?

俺は知らねえ。

前半激しいラフプレイで鹿島の攻撃を止め続けた。

後半は炎天下の疲労に助けられた。

原のPA内シミュレーション判定は、別にわざと倒れたわけでもないし、PKとなるファウルでもなかった。

西部のPA外でのラフプレイが流された面もあったし、プラマイゼロでそんな感じのジャッジだろう。

鹿島の完勝。

| | コメント (0)

« 2009年5月3日 - 2009年5月9日 | トップページ | 2009年5月17日 - 2009年5月23日 »