« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »

2009年4月26日 - 2009年5月2日

2009年5月 2日 (土)

サンフレッチェ広島 0-0 清水エスパルス  広島ビッグアーチ陸上

スコアレスドローで終了。

テレビで試合を見ることもできなかったので、なんとも言えませんが。

2005年の開幕戦も広島とやって、のぼりのゴールが決まったけど、1-1でドローだったなあ。

磐田はイグノパワーで勝利し、うちと順位が入れ替わったかと思ったら、同じ勝ち点で並んだね。

かろうじて清水がちょこっと順位が上。

GWで道路が激混みの中、命がけで広島まで向かわれたサポーターのみなさま、お疲れ様でした。

ご苦労さまでした。

0-0はつらいですが、みなさまの労力と熱意が報われる日が来ますよう、心よりお祈り申し上げます。

次の千葉はものすごい精神でアウスタに乗り込んでくるはず。

選手もサポーターも尋常じゃない。

最下位相手に、負け、ドローとなった今年の清水。

次こそいくぞ、勝ち点3。

広島まで行かれたかた、どうか健康で帰ってこられますように。

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

GW盛況  ディアステージ

今日は大入りでした。

GWですな。

初回のライブのときから、客の面子が凄かった。

普段なら、この人達を中心に盛り上げていくんだろうなという団体が、4つぐらい同時に重なってまして、

どこがリーディングしていくのかと、気になりました。

光のキャンベルは全員で盛り上がれてよかったね。

なみ平さんは「きちがいコンビですいません」というMCで登場したけど、黄緑のど派手な衣装でした。

その前の曲のとき、僕の隣で踊ってた。

とんでもなくカラフルな人が来たなと思ったら、なみ平さんでした。

   

18時過ぎ、店に入るとき、ちょうどスマイリーさんが入口にいまして、サエキさんが出ていくところでして、前にPAやってた兄さんが牛の格好して通り過ぎまして、

なんだかエキセントリックだった。

やけに面子が重なってないか。

GWのせいか。

     

客の面子もスタッフの面子も濃い。

そんな中で俺の居場所はないなと思いつつ、最前列で打ったりしてました。

実は疲労がとてもあったし、ふらついて、ディアガに喋りかけられても滑舌が悪くて、駄目駄目だったんだけど、

そんな日でも不貞腐れたらいけない、この荒波にぶつかっていこうと思い、あえて前で打ちました。

不貞腐れるのは簡単だけど、それじゃ何事も為し得ないから。

    

壁には、MIXで、桃栗ダンボールバージョンが貼られてました。

前から貼られるといいなと思っていたので、好印象。

    

ふうりちゃんのチェキ撮影のときは、ちょっとしたアクシデントがありましたが、にもさんの好奇心のおかげで難を乗り切りました。

僕が言ってもよかったけど、他のお客に迷惑をかけてしまうのではないかと心配で。

余計なこと言うなよと。

国破れて山河あり、問題なしと。

     

料理屋みたいに、ディアステを訪れた有名人の色紙が飾られていた。

サインって、ぐちゃぐちゃ書いてあるから、誰のサインだかよくわからないよね。

そんな中、ふかわりょうさんだけは、普通にひらがなで名前を書いてあったので、わかりやすかった。

    

ジーマやラムコークを飲んだ。

   

赤羽に用事があって(マジで)、そのあとアキバに行ったのですが、徹夜モードで強行して、GWの客の多さに圧倒されて、ふらつき加減でしたが、

まあこのぐらいが能力の範疇かなと。

能力以上のことはできないです。

ディアガとわっしょいお喋りすることは不可能ですが、できることもある。

そこで楽しんでいけばいいのではないかと。

グレーなノッポ。

シンデレラアカデミー。

    

みおんぬさんが筋肉少女隊に嵌っているという話をMCでしていた。

俺にとって筋少は、それどころではない存在なので、

そういえばアキバに集まってる人達が、全盛期の筋少を知らないのも違和感を覚えるぐらい。

レティクル座妄想というアルバムが一番いいかな。

蜘蛛の糸の話をみおんぬさんはしていたが、カナ頭をよくしてあげよう、も凄く好き。

CMソングにもなっていたし、有線でもよくかかっていた。

95年ぐらいか。

グミチョコレートパインという小説や、まあいろいろ。

みおんぬさんの話ぶりだと、筋少の歌詞をギャグだと思っている感じだけど、ただのマジだと思いますよ。

そういや、アキバに来ているわりに、客がみんなお洒落で格好良いし、社交的で明るいわ。

俺みたいな、どぶ~んと精神潰れてるような人達ばかり集まっているわけでない。

というか、ディアステに集まるのが、そうしたハイカラな男達なのかな。

他のメイド喫茶とか行けば、俺みたいな死んでる奴が多数派なのかも。

キモいっすよ、俺は。

でもディアステの他のお客さん達は、格好いいね。

わざわざアキバなんて来なくていいのにと思ってしまう。

  

にもさんとはまた小説の話になりましたが、ネタがなくてすいません。

今度はJリーグの話を無理矢理演説し続けます(うそ)

コミュニケーションをとるのにまったく能無しなハニロウだが、ディアガを一人捕まえて、演説をかますか(迷惑)

ディアステも12回か。

12月のコミケで知って、一月からなので、ちょうど10日に一度行くペースだ。

ペースだ!

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

清水エスパルス 2-2 浦和レッズ  静岡ECOPA陸上

スタジアムには行けないし、諸事情でテレビでも見られませんでしたが、二点目が取れたというのが嬉しい。

一点しか取れない呪縛を切り裂いて、二点目を得た。

最初の一点はPKゲットだったのですが、PKをしっかり決められるのも素晴らしいこと。

サイドバック児玉はプロ8年目で初ゴール!

児玉というゴールと無縁だった選手が、この大一番でゲットできたのは、オレンジサポーターがのせた部分が大きいのではないか。

3万人強の観客は、日本平ではありえない。

五万人の巨大陸スタはそれでも空き席が多かったろう。

でも3万人の人々がこの一戦を間近で楽しんだのだと思うと、行っていてない僕でも誇らしくなってくる。

伊東と市川がスタメンに復帰、かわりに岡崎がスタメンから外れ。

かなり策に溺れすぎて不安な面は大きかった。

岡崎に関して、名古屋の杉本のようにベンチから切り札として用いる。

余り魅力は感じない。

ジーコも最後まで大黒を控えの切り札にしたな。

理屈はわかるが、岡崎がスタメンでないのはもったいない。

PKをとれて、児玉がゴールを決めるというのが、長谷川健太の策だったのか。

だとすれば、確かに予想外の内容となった。

だが、勝ててはいない。

勝ち点3は遠く、勝ち点1のドローだ。

     

等々力では、

矢島が初スタメンで初ゴールだったそうで。

川崎フロンターレで馴染んでくらはい。

   

関西では、

和道さんは第四のDFとして、ベンチで頑張ってますが、

ホペイロとか、そういう方向に移っていき、ガンバを支える方法もあると思う。

ピッチに立つ選手だけでなく、スタッフもサポーターも一丸となって試合で戦っているのだから。

    

柏レイソルがようやく初勝利。

悪いことは言わんから、最初から蔵川を使うべき。

蔵川の年齢であれ、将来性であれ、そりゃ使いたくない意図はわかる。

でもそんな状況じゃないから。

蔵川でいかないと、また落ちますよ。今日は勝ったでしょうが。

    

磐田に完敗、柏に引き分け、そして浦和に引き分け。

勝ちが遠のいています。

次はアウェイで、広島へ行き、広島のさらに山奥にある巨大陸上競技場(野晒し)にて、広島戦。

五分五分の対戦だけにね、奇策はなく、ストレートにぶつかってほしいです。

| | コメント (0)

« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »