« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »

2009年4月12日 - 2009年4月18日

2009年4月16日 (木)

ブラック★ロックシューター  ディアステージ

久しぶりにディアステ行きました!

18時の開店と同時に入ったら、誰もいなくて一番目の客。

そんでもって、なかなか二番目の客が来ないから、焦った。

   

今日は三回目のライブが凄かった。

特にみゆちゃんのブラック★ロックシューターが、とんでもない盛り上がりに。

オタ芸は、全然盛り上がれないときもあれば、全員が半端じゃない爆発を見せるときもある。

今夜のブラック★ロックシューターはダイナマイト級だったな。

昔、ピヨラビがデビューした頃は、電波のゲリラライブであんぐらいの盛り上がりだったなあ。

あれから長いこと、ここまで爆発したのに出会ったことはなかった。

Bメロのあ~あ~がやばいくらいにヒートアップして、サビのサンダースネイクは誰もが全力でパフォーマンスしてた。

なにがどうして、ああなったのかは非常に謎ですが、まあたまにはこんなこともあるぜよ。

    

めめ生徒会長のライブは、振り付けがとても丁寧で、ディアガの中では異端かも。

ピヨラビにしても、他の娘達にしても、歌重視で、芝居の域まで入るぐらいの作りこみはしないようだし。

    

俺のドリルは?

視姦して孕ませてください。

など、にもさんの舌は今夜も絶好調!

   

生徒会イベントでは、ディアガがYシャツだけを着て営業、というイベントに投票してきました。

昔の土曜の深夜に日テレでやっていた惑星アイドルみたいになるのかなあと思って。

惑星アイドルはどうなったんだろうか?

一人、ずっとマスクをしている娘がいたなあ。

三浦理恵子さんは健在ですが。

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

日本平ウォーターパーク計画

後半の途中で体調を崩し、トイレに逃げ込んだわけですが、一人トイレにいると、独特だやね。

応援ソングやサンバは全然聴こえてこなくて、1Fゴール裏の歓声が届けられる。

わあああ、って盛り上がったり。

うううう、ってやばそうな声になったり。

拍手が巻き起こったり。

フリーキックなのかな、コーナーかな、得点が……駄目だったか、とめっちゃ想像力を掻き立てられる。

体験したことない人は一度やってみるがよろし。

時間が読めなくて、中途半端な時刻に清水駅へ着いた。

路線バスを使うには、時間が遅すぎるし、シャトルバスは45分後の始発だし。

同じ場所を日立祭のシャトルバスも使っていて、列がちとこんがらがる。

まあ、日立の清水工場に行ってしまっても、あそこからアウスタまで歩いてすぐだし、余り変わらないか。

間違って乗ってしまっても、損失は少ないかもよ。

西日対策で、陣地取りが前半攻め、後半守りになることが多いですね。

ゴール裏客席にだけ屋根がなくて、芝育成のため、ゴール裏を南方向にして、西日がメインかバックから差すスタジアムが多い。

そんな中でアウスタは独特。

後半をゼロで抑える秘訣はここにありか。

暑かった。

前半は帽子被ってたもの。

前半の中ごろから、日陰になった。

旧電光掲示板の恩恵だな。

寒くもなく暑くもない季節を花粉症で没滅され、花粉がなくなる頃には酷暑なのだ。

ひどいひどい。

バックスタンドは西日直撃で、屋根が全然日陰を作らないし。

メインスタンドは屋根がないから、太陽浴び放題。

1Fゴール裏の涼しさよ。

試合終了後、勝利の雨が降ってきた。

誰かが水を撒いたようだ。

ロコロコなどすべてが終わったあと、荷物を片付けていたら、残りの水がなくなっていた。

俺の水やったんか~い!

いつも余りを排水溝に捨てていただけに、これは好都合。

持ってきた水が余ったら、撒いてしまうのがいいかもしれません。

| | コメント (0)

純平のシュートは凄く惜しかった  GK川島と一対一を防がれる

試合前といえば、前座で催される、ちびっ子サッカー。

ユニフォームも本格的で、GKだと肘あてのついたもの。

こんな美しい芝の上でプレーするなら、何もいらないだろうけどね。

ハンドボールのような小さなゴールを目指せ、未来のJリーガー。

ちびっ子サッカーのハーフタイムには、ちびっ子ウェーブの登場。

ピッチの端から端まで連なる、ものすごい人数。

それにしても、前半、純平のシュートは惜しかった。

ゴール目の前でのGK川島と一対一の攻防。

入ったと思ったがなあ。

2005年の暮れに、大黒が西部と一対一になり、外したシーンが頭をよぎった。

試合後の宴。

みんなでわっしょい盛り上げよう。

次は静岡ダービーですからね!とウェーブのみなさんは客をあおっていた。

アウェイとはいえ、ダービーは別格。

ダービーだけは、実力差や状況、条件がすべて関係なくなってしまう。

魂の戦いだ。

オレンジの炎を静岡県に燃やそう。

| | コメント (0)

清水エスパルス 1-0 川崎フロンターレ  アウトソーシングスタ

川崎の選手達はどうしちゃったんだろう。

前半のへたれっぷり。

ミスの連続。

体力はあるらしく、走れてはいるんだけど、ピッチの上で踏ん張りが利いてないの。

滑って転んでなんじゃらほい!

これがACL疲れですか。

去年、同様の条件で鹿島とやったときは負けてしまい、川崎もどうせ影響はないのだろうと思ってた。

もしあるなら、後半の終わり頃、体力が切れるかなと。

だが違った。

前半のど頭でしたよ。

最終ラインの選手達が、ピッチで踏ん張れず、体勢を崩すシーンの連発。

そのミスを逃さなかった清水。

ボールをカットして、岡ちゃんゲットゴール。さすが。

その代わり、声は死ぬ気で出しました。

特に後半は周りの誰にも、負けた気がしません。

後ろめたさが山積みだけど、声によるサポートだけは、がっちりと。

試合への集中度が高かった。

序盤でゴールが決まって、終始リードし続けたおかげでもある。

ゴールシーンでみんなと喜びあえて、幸せだった。

帰りのシャトルバスでは、清水の選手バスとすれ違い。

年に一、二度ある光景。

そういえば、選手達が試合後に、勝ちロコをなかなか一緒にやってくれなくて大変だった。

パルちゃんとフロントが必死に勧誘して、10人ぐらいの選手有志が集まったwwwww

ありがとう、有志諸君!

ダグアウトへ消えてしまった選手達を尻目に、サポーター達と勝ちロコやってくれて、感謝。

勝ちロコとは、周りの人と肩を組んで、飛び跳ねるやつです。

ろ~こ~ろころころころ!

最初の一節だけは、普通に肩を組んでロコしましたが、二節目からぶつかりあいになって、さあ大変。

ぼこぼこですわ~。

これは素晴らしいと思って、グッズ屋台で購入した、フォトプリントハンカチ。

清水の選手達の集合写真が、ハンカチにプリントされてます。

1000円なり。

今年初めて買ったグッズじゃ。

でもあんま売れてなかった?

みんなこういうのはお嫌いですかね……。

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

感謝

  

清水エスパルス 1-0 川崎フロンターレ  アウトソーシングスタジアム

    

まず、試合に勝って本当に良かったです。

それがあった上で、さらに様々なことへ感謝。

そんな一日でした。

捨てる神あれば拾う神あり。

渡る世間に鬼はなし。

2005年の暮れから続くタスキエリアで、いろんなものが生まれては壊れてきた。

その残骸が日本平の2Fゴール裏には散らばり、たくさんの膿を抱えて息をする。

期待させた人を裏切ること。喜びや憎しみの数々。

それでも日本平でやっていける。

見捨てない人がいて、過去がある人がいて、無干渉な人がいて。

最高の勝利。

わかりかけてきたものを、手に入れるため。

戦いは終わって勝利。

全員でつかみとった勝利。

申し訳ない思いで勝利。

罪人の意識が強くても、全員が罪人だと思えば、気も晴れる。

そんな強さを。

清水エスパルスが川崎フロンターレを撃破。

勝ち点3。

これからもタスキを担いで。

| | コメント (0)

« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »