« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

2009年3月15日 - 2009年3月21日

2009年3月15日 (日)

希望を失わないで

応援は非常に熱気があって良かった。

まとまりがあった。

Sp1520864

周りが熱心だと、自分も頑張れる。

タスキエリアがさらに広がり、多くのサポーター達を巻き込んでのムーブメントとなった。

もっと頑張れるはずだ、まだまだいけるはずだと、必死に90分間応援した。

二戦連続スコアレスドローで、勝ち点2。

一勝一敗より評価は低い、引き分け二つ。

タスキエリアの全体像がどうなったのかはわからないけど、ドラキンやミクシィを中心としたエリアは、非常に集中した応援ができていた。

そうした中に参加できたのは嬉しい。

    

一個人を捨てて、全体と融合するような、日本平スタジアム全体で戦っているような、そんな錯覚すらした今日の応援だった。

それだけに、結果が伴わなかったのは非常に残念。

     

強く熱く応援し続けた日。

希望を失わないで。

    

| | コメント (0)

ヨンセン&岡崎の歯がゆさ  青山&岩下の戸惑い  2009清水

Sp1530141

昨日は後半の途中から鼻が崩壊して、鼻水を飲み続けた試合となったわ。

おかげでペットボトルの水を飲まずに済んで、非常にエコでした。(汚い)

鼻炎の強い薬を持っていたので、飲んで帰った。

副作用の頭がふらふらして眠気が出るのは、効果抜群でした。

晩飯に中華料理屋に入ったら、思いきり水をこぼして迷惑かけてもうた。

ですが、肝心の鼻炎はまったく治まらず。

キックオフ直前になって初めてマスクを外したのだけど、雨上がりの強風はもっとも花粉が舞う時間帯らしく、90分の試合終了を待たずに、鼻崩壊でした。

まあ、そのおかげで喉はうるおって、声は出たので良しとするか。(でも汚い)

帰りのシャトルバスはアホみたいな列の長さだったので、さっさと下山して、路線バスに乗った。

立ち乗りで鮨詰めなのは仕方ないのだけど、運転手がそれでも客をどんどん拾ってくんだわ。

運動公園入り口ですら、バス停に並んでいた半分以上の人が、いっぱいで乗れなかった状態なのに。

後ろから乗せられないから、前から乗ってもらって、整理券番号を口頭で説明していた。

もうやばいぐらい鮨詰め。

あんな混雑した路線バスは初めて。

まだ乗せるかと、マリノスサポの立ち乗りグループが呆れたな。

マリサポなのに路線バスを知ってるあたり、非常に通だなと思った。

降りる乗客がいると、立ち乗りが全員降りて、その人を通し、また乗りなおしたり。

路線バスでは初だよ。ああいう光景は。

まあ、路線バスを頼りに生きている、交通的にハンデを背負っている人も多いわけでして、仕方ないね。

地方社会でマイカーを持てないのは、かなりのハンデ。

そんな人たちが路線バスを頼りに生きてるのだから。

俺も沼津時代は自転車野郎だったので、交通ハンデを抱えて生きる大変さはよくわかります。

逆に東京は車どころか自転車すらいらないなあ。

まあ、自転車ぐらい買ったら買ったで、楽しいかもしれませんが。

ああ、花粉症。

アレルギーを示す値が、通常の千倍以上で、検査を受けた内科医院の最大記録を作ってしまった俺。

次のアウスタホームは、一ヶ月以上も先になってしまうようですが、その頃には花粉がやんでるといいですね。

まあ例年、ゴールデンウィークまで続きますが……

| | コメント (0)

清水エスパルス 0-0 横浜F・マリノス  アウトソーシングスタ

Sp1530132

ホーム開幕戦も、ナクスタ同様、スコアレスドローに終わりました。

内容が幼稚だな。

最終ラインのボール回しでミスをして、横浜にとられたり。

こういうのはJFLレベルでは見られるが、J1ですべきことじゃない。

19000強も客を集めて、高い入場料や交通費を負担させ、そんな大舞台ですべきことじゃあない。

そして奪った横浜も横浜で、ゴールできないという。

ぐだぐだな両チーム。

これがJ1の舞台、ホーム開幕戦とは情けない。

次が名古屋アウェイなのは、うってつけ。

ヨンセンがここですら結果を出せないのなら、アウレリオより早く見切りをつけることもできる。

今の4バックで落ち着かないなら、岩下を下げて、児玉をセンターに持ってきて、左には太田なのだろう。

岩下が極めて悪いわけではないが、最終ラインのボール回しが落ち着かないのでは、この4バックに見切りをつけざるをえない。

二試合終わって、無得点無失点。

がちがちの内容じゃない。

最終ラインはミスの連発、攻撃はいまだちぐはぐ。

大量得点大量失点にならないのは、大宮、横浜という相手が、清水とどっこいどっこいだったせいだろう。

俺はシーズン前の予想で、大宮と横浜を降格候補に挙げている。

そこと、どっこいどっこいなのは不味い。

アウトソーシングスタジアムお披露目となったが、さほど変化はなかった。

多少、表記に変化が見られるのみ。

福岡のレベル5のように、メインとバックの屋根や、メインスタ外壁に、巨大な文字列を彫り付けるようなことは、なかった。

まあ半額になって年間4500万なら、この程度か。

ヨンセンと他の攻撃陣のコミュニケーションはどうなのだろうか。

自分勝手ではない反面、もっとこうして欲しいんだと、強くアピールし合ってほしい。

それが間違いであったとしても。

間違いの繰り返しから、答えが徐々に見えるような。

攻撃にミスがなく、守備がミスだらけ。

そうではなく、攻撃はミスをしてもいいから大胆に積極的に。守備はもっと、がちがちに。

わかっていてもできないのは、実力のなさ。

100回繰り返してようやく1できるような。

そんな身の程を認識する力を。

監督も選手もサポーターも、そしてアウトソーシングスタジアム日本平も。

| | コメント (0)

13位  まだまだこれからエスパルス  サポーターの猛烈応援!

第二節が全試合終わりまして、清水エスパルスは13位となりました。

まだまだこれから。

応援はがっつり盛り上がれましたし、これからも頑張っていきましょう。

タスキエリアが頑張れば、前列だって声を出す人が増えてくれるはず。

今日の試合は、最初、新潟×鹿島を見ていたのですが、意外にも新潟強かった。

矢野貴章のヘディングゴールは、完全に後ろ向いてましたね。

ゴールネットに背中を向けてヘディングゴールとは、さすがキショー!

鹿島に独走されても嫌なので、負けてくれて良かった。

韓国でぼろ負けして、ビッグスワンで競り負けて、それでも鹿島の実力は誰もが知るところ。

ビッグスワンは客が入ってて雰囲気が良いわな。

そして広島×大宮。

新潟2-0鹿島になった時点から、チャンネルをこちらに変えてしまったのだが、エキサイティングサッカーで面白かった。

やっぱサッカーは攻撃しないと。

最終ラインをぐいぐい上げちゃおう!

サイドバックとサイドハーフの距離なんて、空いちゃっていいとも!

昨日のアウスタの試合は、最終ラインが恐ろしく下がっていて、サイドバックとサイドハーフがくっついているような具合だったな。

それじゃ面白い攻撃は生まれない。

大宮のDF、マトが凄い。

身長2メートルぐらいある白人なのだが、ナクスタでヨンセン封じされたときは、困ったもんだった。

今日は攻撃面でも力を発揮。

2ゴール。

試合展開が煮詰まってしまったときに、中盤や最終ラインに外人選手が入ると、新たな光が見えてくるかもなあと思った。

昨日の試合も、パウロが入ってから、いろいろ変わったし。

二連勝のガンバが1位、新潟が2位。

ガンバはなんだかんだで、チョジェジンがスタメンになっちゃったな。

和道は最後の数分だけちょろっと出られたようで。それからどんどこしょ~。

川崎に移った矢島はいまだベンチ入りできず。そりゃ我那覇の代わりなんだから、その待遇で当たり前でしょ。

我那覇も我那覇で神戸のベンチに入れず。

まあいろいろだよ。

清水は13位ですが、昨日の試合の団結力、盛り上がり、熱意がサポーターにあり続ければ、必ずや勝利が見えてくるはず。

瑞穂アウェイの相性は結構いいものなんです。

こんなときこそサポーターの頑張りで、選手達を盛り上げていこう。

そしてジュビロ磐田が俺の予想通り、最下位を独走。

まずはアウェイの静岡ダービーがありますが、そこでこてんぱんに叩けるよう、清水も調子を上げていかねば。

戦い戦い戦い。

アウスタに勝利の花火を。

それにしても、新聞の一面や見出しを飾るのが、いまだにカズとは……

J2ですよ。

しかも横浜FCの負け試合ですよ。

| | コメント (0)

« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »