« 2008年12月14日 - 2008年12月20日 | トップページ | 2008年12月28日 - 2009年1月3日 »

2008年12月21日 - 2008年12月27日

2008年12月23日 (火)

マルキーニョスMVP  2008JリーグAWARD

ついにJリーグの頂点に登りつめたマルキーニョス。

忙しくて、すっかりJリーグAWARDなんて忘れたんだけど、夜のニュースでマルキの顔が出て、

「あっ、そうだよ、今日は……もしや」

と、ながら見していたテレビの音量を増加。

やはり最終優秀選手にマルキーニョスが選ばれました。

オシムのもとで戦い、健太との共闘を乗り越え、鹿島で花開いた。

ブラジルでサッカーをやって、6000万+勝利給は非常に困難。セレソン級。

ヨーロッパで通用するフィジカルがあるかといえば、やや難。

そんなところにJリーグがあって良かった良かった。

32歳のMVPというのもいいじゃないか。

お~ばもす、ばもす、マルキーニョス、おうおうおう、れうご、れあごーる♪

なぜか結果のわりに低評価が続いた選手に、ようやくMVPです!!!

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

ルーニーゴール! マンチェスターユナイテッドが世界の頂点に

マンチェスターユナイテッド 1-0 リカデキト 横国

ルーニーが大会MVPにもなり、まさに大黒柱の活躍でした。

トラップがうまい、オフサイドの駆け引きで動き出しが最高、でかくて頑強。

シュートうんぬんよりも、そうしたことがとても秀でていた印象。

クリスティアーノ・ロナウドは終始マスコミの主役となったけど、まあ、ぼちぼちな活躍。

たぶん、時差やらで体調が悪かったはず。

かわりにルーニーがピッチを縦横無尽に駆け回って最高でした。

マンUの選手達は控えでもみんな半ズボンのままだし、ルーニーなど、選手バスで到着したときもTシャツ姿。

イングランドの選手達はみんな薄着で、日本の寒さなどへっちゃらといった感じ。

イングランドの冬は半端じゃないのだろう。

王道の内容と結果になり、みな満足。

決勝戦はとても良かったけど、ガンバ大阪との試合がとても頭に残っている。

セットプレーであの差を見せつけられ、日本のサッカーは世界と差があるなと痛感。

イングランドプレミアでプレーできた中田英寿という選手が過去にはいたんだな。

あの世界で揉まれていた凄さ。

やっぱ日本のサッカーはまだまだかも。

でも3位になれたことで未来もあるよ。

   

追伸……セルティックの水野がリーグ戦初スタメンだったってね。

しかも初ゴールを決めた。

アシストは中村俊輔。

不遇の時代が続いたが、ようやく水野にも光が見え始めた。

俊輔はシーズンいっぱいだろうし、今後のセルティックは水野で。

   

M1グランプリ。

申し訳ないけど、今年の優勝者は面白くなったです。

こんなの初めて。

嫌いな芸風でも、卑怯だなと思っても、優勝者のネタは絶対に面白かったのに。

ファーストステージのU字工事のネタは面白かった。

栃木出身の彼らが、茨城をライバル視して、埼玉にあがれるというもの。

人はコンプレックスをくすぐられると笑うという。

田舎者にとってはU字工事のネタがたまらないが、都会センスの人にとっては、どうでもよく感じてしまうのだろう。

たとえば栃木でも、宇都宮の街中で生まれ育った人ならば、都会センスだし。

東京でも郊外の不便な土地で生まれ育てば田舎者。

俺も生まれ育った土地が僻地だったから、こういう田舎いじりネタは好き。

| | コメント (0)

ガンバ大阪  パチューカを下し世界3位に!

パチューカのゴールキーパー・カレロが自分の名前をキャップやユニフォームに書いていたんだけど、それがカタカナだった。

カレロ、とネーミングされている。

それがちょっと間が抜けた感もあるし、日本人に対してアピールが大きくなるなとも思った。

どうせなら標準の字体ではなく、達筆の毛筆調で描かれていたら、必死感が出て良かったかも。

ながら見だったので、あまりはっきりしたことは言えないけど、ガンバが勝って良かった良かった。

ガンバは天皇杯で優勝しないと来年のACLに出られない。

これだけの大舞台のあとというのは、どうしても気が抜けてしまう。

天皇杯はどうなるかな。

残念ながらガンバ大阪は気が抜けてしまって、もう駄目だと思うんだな。

柏レイソルと横浜F・マリノスのファイナルカードになると予想。

で、横浜F・マリノスの優勝。

天皇杯のファイナルは観に行きますよ。チケットもすでにある。

ACLは俊輔が夏以降に合流するとなれば、非常に期待もできる。

清水エスパルスは明日のミーティングを持って今年の活動を終了。

復活は来年の二月からか。

まあ、3月7日のリーグ開幕戦を待ちましょう。

清水がリーグ優勝できる日が来るかっていえば、非常に悩ましくつらいけど、それでも未来は誰にでもあるから、そこへ向かって走っていこう。

| | コメント (0)

« 2008年12月14日 - 2008年12月20日 | トップページ | 2008年12月28日 - 2009年1月3日 »