« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年1月27日 - 2008年2月2日

2008年1月27日 (日)

静かすぎた城彰二引退試合

昼間だと今の季節でもなんとか耐えられる寒さ。
昨日の代表戦は余りの寒さに死にそうだったけど、今日のデーゲームはそんなにひどくなかったです。
ビッグフラッグに寄せ書きをするのですが、俺は書き終わった女の人にペンを貸してくれと頼んだら、怪訝な顔をされて少し間があったあと渡された。
で、書き終わって次の人にペンを渡そうと思ったら、その女の人が待っていて、ペンを受け取った。
つまり私物だったのだ。しかも貸し出しのペンは無し。
横浜FCサポーターが自主的にやっていたようなのですが、ペンが用意されてないとは。
下はでこぼこのコンクリで、ペン先をぼろぼろにしてもうたわ。

俺はメインスタンドで見てた。
前半は指定席だったけど、恐ろしく窮屈だったので、後半は空いているコーナーフラッグ付近で伸び伸びと観戦。
とても静かな試合で、キックオフしてから周りのお客さんたちも「あれ?」って感じだった。
ゴール裏がなんも応援ソングとか歌わんのね。
サイレント。
澤登引退試合のときは、昔の応援ソングなどのレパートリーがあり賑やかなものだった。
今回はお葬式のような静けさで、ああ、本当に引退を惜しんで喪服でスタジアム入りせにゃいかんかっという雰囲気。

まあそのぶん、選手達の声はよく聞こえてよかったかも。
ピッチと客席も近いですし。
服部が審判に対して「レフェリー、笑うのはなし」と注意したり。ヴェルディのキャプテンとして、ほぼ全試合フル出場し、J1昇格させた男は、しっかりやるんだという意志が強いようで。
服部という選手も、フランスW杯では出場できず、日韓W杯ではロシア戦の途中出場のみ、と地味なイメージがありますが、ボランチ&サイドバック&センターバックのプレイヤーとして、非常に有能なものですな。
名波はジュビロに帰って、ベンチ要員として過ごし、引退なんだろうね。
最後は故郷で、ってとこかな。それもいいもんだ。

輝が出ていましたな。
右サイドで。あんまりボールに絡んでなかったかも。
たぶん輝の存在って、世間的には服部よりも地味なんだろうなあ。
鹿児島実業高校の父兄会が場所をとっていた。同じハッピを着て。
たぶんそこには物凄いコーザノストラがあるんだろうなあ。
清水エスパルスのゴール裏顔負けの。
いつの父兄やらわからないぐらいの、とんでもないOBが混ざっていたり。

お客さんは一万人ちょっと。
まあ、こんなものなんだろう。
三ツ沢からの帰り道はゆるやかな混雑で、横浜からは東横線で渋谷へ。
渋谷で回転寿司食って、山の手線で新宿へ帰ろうとしたら、人身事故でストップ。
城彰二選手、無事引退です。

| | コメント (0)

« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »