« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »

2008年11月9日 - 2008年11月15日

2008年11月13日 (木)

日本 3-1 シリア  ホームズスタジアム神戸

国歌の辺りから見てまして、キックオフ早々、長友のゴールを見て非常に安心。

美しいゴールだった。

敵も味方もごちゃごちゃいる中を、自分でドリブルして切り込んでいって、少し遠めから隙間を縫うような強烈なシュート。

毎試合、これをお願いします。

あんまり素敵なゴールだったので、これで日本は大丈夫だと確信し、外にご飯を食べに出かけてしまいました。

帰ってきたら、二点目も入っていて、玉田だったんですかね。

三点目の大久保ゴールはパソコンをやりながら、ながら見でした。

直後にリプレイでしっかり見まして、シュートがDFに当たってコースが変わり、キーパーが完全に逆をつかれるという、美味しいゴールでした。

長友といえば、去年の天皇杯の明治大戦以来、非常に目立つ選手だ。

ティラノザウルスのような恐竜系の顔立ち。

絶壁を隠す中田英寿カットの髪型。

これは期待できる!

カタールへ行ってこいや~!!!

岡崎と和道はまあ、ゆっくり上昇していこう。

ホムスタはゴール裏が埼玉と同じでスーパーゆるゆるですが、メインとバックは急傾斜で、臨場感と見易さ抜群です。

普段のヴィッセルの試合から、今日ぐらいお客さんが入るといいですね。

| | コメント (0)

ガンバ大阪★ACL優勝

万博での一戦目を3-0で終えられても、まだまだ何が起こるかわからないと思ってた。

ところがアデレードでのキックオフ直後にあっさりとルーカスのゴール。

そしてルーカスの二点目。

アウェイゴール2点をあげ、どうにもこうにもガンバ大阪優勝となりました。

それでも前半は見てたんだけど、後半からは馬鹿らしくて晩飯食ってました。

結局2-0で試合が終わったんだね。

アデレードが硬くなってるところを突けたかな。

選手がアップで映るたびにハエの多さが目についた。

西野監督はハエにたかられても微動だにせず。

試合よりもそっちが大変だったのでは。

    

アデレードは良いスタジアムやったね。

サッカー専用で傾斜もきつく、超満員が嬉しい。

このチームに鹿島は負けたわけだし、もっと強いはずなんだけどなあ。

   

大会を通じて、注目の選手を挙げるなら、センターバックの中澤聡太だろう。

柏、FC東京と渡り歩き、どこでも試合に出られなかった、くすぶった選手が、予想外にガンバ大阪のスタメンを勝ち取った。

それはシジクレイを切って水本を加入させたものの、水本が乱を起こしてガンバを去り、棚ぼたで回ってきたスタメンだった。

過去にはアイドルとも噂になったJリーガーナンバー1イケメンであるだけに、その存在だけは有名だったが、こうしてガンバ大阪で年間通してフル出場を続けたのは素晴らしい。

ガンバの面子を見ても、ワールドカップやオリンピックに縁のなかった選手が多い。

    

さて、しっかりアジアナンバー1クラブになったのだし、あとはスタジアムをよろしく頼みますよ。

この世界恐慌となりそうな経済情勢であり、日本ワーストである大阪府の状態であり、厳しいですが、企業が自前で建てるそうだから、土地ぐらいさっさと融通してやってくれ。

といっても、なかなかどうにもならないのが日本でもある。

ブンデスリーガが100年間を陸スタでやってきて、先のワールドカップでようやく、大半のクラブが専スタになったのを思えば、

バイエルンが欧州の頂点を極めながらも陸スタで100年やってきたのを思えば、もしかしてまだ早いのかもしれない。

無理なことは無理だし、どうにもならんわな。

静岡や埼玉のレベルに大阪がなれるかといえば、距離はとてもある。

何百億あっても、豪華な陸スタが建つだけ。

文化があれば数十億で専スタは建つ。

仕方なし。

サッカー協会が陸連にすがってJリーグを設立できた経緯もある。

だがそろそろ次の時代の一歩を踏み出してもいいのでは。

| | コメント (0)

名波浩引退

Jリーグの設立と共にプロ生活が始まった点では、とても恵まれた世代。

そんな沢登や名波が消え、時代も変わりゆく。

名波のことで印象的なのは、2006年のプレシーズンマッチかな。

ヤマハでのダービー。

ヤマハのスタンディングゴール裏で清水の試合を観たのは、あのときだけ。

普段はエコパになっちゃうから。

清水ゴール前でのコーナーキックとなり、コーナーフラッグへ向かう名波に、清水サポーター達からは、お決まりのブーイング。

すると名波が顔を弱らせて、片手を前に出し、すまんすまんと挨拶。

あれに清水のゴール裏は爆笑したものでした。

ヴェルディ時代、三保でのサテライト試合に来ていたときは、名波がサテライトの試合に出るのかと、非常に悩ましいものも感じた。

J2ならともかく、サテライトの試合で、東京から三保までバスの日帰りで行き来するのは、名並のスター性から言えば、似合わなかった。

サインを求めた清水サポのおばちゃんに、試合のあとでね、と笑顔で応対する姿を見るに、ジュビロの外に出て良かったようにも思う。

ジュビロにいると、ファンサービスの類をしない選手は一年中まったくしないからね。

それがセレッソやヴェルディに移って、毎日練習場でサインを書き続ける生活を経験したのは、面白いものだし、磐田に復帰後、名波がサインをするようになったと、磐田サポーターを驚かせることにもなった。

そんな名波ですが、めでたくゴール。

引退というよりゴールだな。

ゴールおめでとう。

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

Jリーグも残り3試合  JFLはホンダが優勝

ジュビロ磐田は得失点差の関係で15位にジャンプアップ。

降格圏を脱出です。

たぶんもう落ちることはないんじゃないかな。

自力残留が可能になった。

残り三試合で、柏、鹿島、大宮と戦うのだけど、ここで勝ち点3とれれば充分でしょ。

柏は中だるみだし、鹿島も今日の新潟戦を見る限り安心、大宮はたぶん最終節前に残留を決めて、磐田戦はどうでもよくなってるな。

早々下位チームは勝ち点をとれない。

まあ、清水と千葉の対戦次第では磐田も危うくなるけど。

でも大丈夫。

清水は千葉にしっかり勝ちますから。

これにて思いやりサッカーのプラマイゼロってなもんだ。

これも同じ静岡のよしみですよ。

静岡ダービーであんだけ不甲斐ない負けをしようが、ホーム千葉戦はがっつり勝つ。

感謝されっぱなしですな、清水は。

ヴェルディがどうやら落ちそうだ。

次がホームで札幌戦だけど、たぶんこの札幌戦を落とす。

それにより、降格が決定付けられる。

千葉が入れ替え戦だな。

そしてJ2の入れ替え戦はどこになるか。

山形は自動昇格か入れ替え戦かといった戦い。

仙台、湘南、鳥栖、セレッソにチャンスが残されているが、なかなかどうして仙台が3位をキープしそう。

となると、仙台と千葉の入れ替え戦となる。

これは久しぶりにJ1側が勝つんじゃないかと予想。

もしヴェルディが札幌に勝って、入れ替え戦に回ったら、これは仙台が勝つだろう。

そして清水。

完全に優勝の望みは絶たれ、降格するわけもなく、夢を繋ぐのは天皇杯か。

天皇杯で鹿島に負けると気持ちが途切れて、

次の埼玉スタジアムでレッズに負けて優勝争いを狂わせ、

その次の千葉戦でも負けて残留争いも狂わせ、とんだトラブルメーカーになってしまう。

ホームの千葉戦もがっつり勝って、磐田を救う。

磐田救助ボランティア部隊。

大分×千葉は後半だけ見てたけど、白熱していてうらやましかった。

こういうゲームを静岡ダービーでもやってくれよ。

やっぱり思いやりサッカーは反対です。

そしてJFLではホンダが優勝しました。

磐田のお隣、浜松のチームが優勝。強いなあ。

でもJリーグ入りする気は昔からまったく無し。

2位以下は

栃木58、富山57、岡山55、鳥取54

とJリーグ入りを希望するチームが連なっております。

ホンダがいなけりゃ全部上がれるのにね。でもそれがJFLの宿命よ。

ホンダの選手達もJリーグから誘われるのを待っているわけでして必死ですから。

JFLもあと三試合。

Jリーグ参入資格の四位以内に、希望する三チームが入れればいいけど、六位以下との差もあまりなくて、横河や流経大も迫ってますので、彼らが非情にも四位以内に入ってしまうのも、またJFL。

岡山が一番厳しい。残り三試合が横河、栃木、富山との対戦。

まあでも、それらに充分勝つ見込みもあるわけで。

そうなると余計に荒れてくるな。

俺としては、富山、岡山、鳥取に上がってほしい。

| | コメント (0)

清水エスパルス 0-1 ジュビロ磐田  静岡ECOPA陸上

Sp1430503

試合終了後の挨拶、選手とサポーターが遊離していってしまう寂しさを感じた。

選手からすれば、こんなに一生懸命やっているのに、なぜブーイングなのだと。

ナビスコカップファイナルの大一番をこなし、さらに中三日で天皇杯、そして中二日でこの試合なのだと。

身をぼろぼろにしてやっているのに、こんな非難中傷しか浴びせられないなんて、これが清水のサポーターなのかと。

サポーター側からすれば、絶対に譲れない静岡ダービーなのだと。

ただのリーグ戦じゃない。

この試合だけは違うのだ。

直前にあったナビスコファイナルの存在が大きすぎるからといって、くすんでもらっては困る。

雨の中、袋井のエコパ陸上まで集まるのは大変だ。

清水からだって、電車に乗っている時間だけでも一時間以上。

ということは、実際はその倍以上の時間がかかる。

みな何時間もかけて、愛知県に近いエコパ陸上まで集まってきている。

応援では勝った自負が誰にもあったろう。

磐田は実質のサポーター数が少ないのだから。

24887人の動員があったが、50000席のエコパ陸上の半分が埋まった程度。

普段のヤマハ動員が1万ぐらいだから、いかに招待が多いかわかるが、以前ならその招待で三万を超えたものだ。

ただでも来ない磐田の試合。

雨のせいもあったろうが。

静岡ダービーにとって寂しい。

明確な意図を持って、天皇杯はベストメンバーで臨んだと思う。

ナビスコのタイトルを逃し、天皇杯に夢を繋ぎたい思いが、あのメンバーだったはず。

監督意図からして、天皇杯は絶対に勝って、ダービーもなんとか頼むよという判断だったのだろう。

なんとも残念な結果になったが。

選手達が挨拶したあと淡々と引き上げ、その中でも岡崎だけがずっと客席を振り返り続けていた。

不満そうに。

そうだろう。

日本代表にも選ばれ、自信がついてきて当然。

激しい疲労の中でこの結果は仕方なし。

なぜこんなにサポーター達はいきりたっているのだ。

おまえらは選手のことを、これっぽっちも考えていない、狂気の集団なのかと。

だがやはり、この静岡ダービーは特別であって、静岡ダービーの重さは違うのだ。

こうした日程になってしまった不運もある。

ただ、どんなに不運に見舞われても、ダービーはダービーなのだ。

岡ちゃんが理解できなくても、サポーターにとっては延々と続いてきたダービーなのだ。

選手達はなんだこの馬鹿野郎、俺たちの必死さがてめえらにわかるかといきり立つか。

とても寂しい状況だ。

選手とサポーターの遊離。

この日のエコパは張り出してました。

張り出し客席。

まあ、張り出したところで、ただ距離的に前の方にいけるというだけ。

それでもピッチは遠く、張り出し客席の傾斜は激ゆるでして、余り意味ない客席。

ピッチと客席が離れているから、その間を、前後の高低差がほぼ無しの、非常に見づらい客席で埋めるという。

意味ない。

走り幅跳びの砂場に張り出してますが、低さと傾斜のなさで、何かいいことあるのかしら。

つうても、その張り出し客席で応援してました。

珍しく最前列でタスキ担ぎ。

少しでも選手達の近くで声を届けられたら。

それでも遠いけど。

陸上競技場の試合は、視界じゃないよ、気持ちだよ。

トラックの直線コースのスタート付近にも張り出してます。

ええんやないの、張り出せば。

野球場並みの激ゆる傾斜。

だが、札幌ドームのメインとバックスタンドの前方部分、あの激ゆるぶるに勝てるところはないな。

等々力のゴール裏の前部だったり。

それらに比べると、エコパのゆるゆるさは中途半端に負けていて、スーパーゆるゆる傾斜道楽を満たせるものでもない。

前座のちびっ子サッカーはピッチを四面に区切っていた。

最近、陸上競技場では、芝かぶりシートというのをやってるとこが多い。

スポンサーボードの背後で観戦するそうだ。

日産、長居、広島でやっている。

それもなんか馬鹿らしい。

だってそれでもサッカー専用スタジアムより距離があるわけだし。

そのくせピッチレベルになるので、撮影禁止、飲食物の持ち込みも一切禁止、旗やゲーフラは厳禁だそうで。

悲しくなってくるよ、陸スタの限界を見せられるようで。

日本平のバックスタンド前列なんて、芝かぶり以上だっつうの。

ゴール裏に来たなら、応援しよう。

日本平だと他に安い座席がないから、2Fゴール裏に来てしまう人も多いだろう。

エコパはゴール裏もバックスタンド二層目も同じ値段。

試合をじっくり見たいならバクスタへ行けばいいのです。

予想通りのスタメン。

ナビスコファイナル敗戦のショックから、天皇杯をがちで行っただけに、この面子での疲労困憊ぶりは避けられないものとなった。

非常につまらないことで勝負が決まった。

ちなみにオーロラビジョンを間近で見ると、こうなってます。

この四つの発光体をたくさん積み上げたものなのです。

この加減によって、遠めに見ると、全色フルカラーになる。

スクリーン映写ではなく、発光体自体なので、どの角度から見ても映像は綺麗。

豆電球ほどの発光体が生み出す映像。

肩組ンデ共ニ進モウ最後マデ。

見事に進まれてしまいました。

向こうは決死の覚悟で来てたからね。

一方、こちらはダービーの気負いが感じられなかった。

せっかく上昇気流に乗っていたものが、ナビスコファイナルの完敗により、粉々に崩された。

もう一度、ダービーの認識を。

磐田はダービーの勝利で、J1残留がほぼ確定した。

たとえ今日の試合で、ヴェルディや千葉が勝ったにせよ、ダービーを征した磐田なら残り三試合、心配ない。

| | コメント (0)

« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »