« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2008年11月2日 - 2008年11月8日

2008年11月 8日 (土)

ストレスの残る敗戦  エコパより

Sp1430490

エコパの視界からの観戦ですので、内容的に正確なことはわかりません。

だけど直感したのは、とにかくパスが繋がらなかった。

前半はまだしも、後半は開始早々にゴールを上げられてから、まったく攻めることができなかった。

フィニッシュのシュートまで行かない。

フィードを受けようとする前方の清水選手に、磐田の選手が二人どころか三人がかりでプレスにくる。

がちがちに守られてはカウンターを受ける。

早くゴール近くにボールを運んでくれよと願うのだが、届かない。

跳ね返されてばかり。

ボールを出した先で、受け手は潰されて、それを延々と繰り返した。

数的優位を磐田が保ち続けた。

岡崎や原が果敢にゴール前でプレーするシーンもあったが、清水の選手一人に対して、磐田の選手が3,4人でかかってくるもの。

運が良ければ、ミラクルが起これば、ゴールもありえたのかもしれないが、試合内容として、磐田の守りを一度も崩せなかった。

強引な放り込みは実を結ばなかった。

これじゃあどうにもならないというシーンばかり。

後半の頭に磐田のゴールがあったけど、ネットに突き刺さった光景は鮮明に覚えているが、なにがどうして守りを崩されたのか、エコパの視界ではわからなかった。

五分五分な状況を、磐田が個人技で征して守りきったというところか。

ナビスコファイナルと違い、完敗という印象はない。

だがそれはあくまで、ドローの可能性があったというだけで、勝利には程遠い。

きわめてドローくさかっただけ。

そして決めるところを決めた磐田が勝った。

磐田はJ1残留に成功するだろう。

今回の勝ち点3を足がかりにして。

ただ、静岡ダービーがホームでドロー、アウェイで負けに終わったのはつらい。

雨の中での開催となり、帰りは濡れた体が寒かった。

東海道線では沼津までずっと、アイポッドで安室奈美恵のBEST FICTIONを聴いていた。

スローな曲ばかり。

行きはビーズのベスト盤で、ハードな曲ばかり聴いてたのに。

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

天皇杯  清水エスパルス 1-0 ジェフユナイテッド千葉  日本平

Sp1430166

いやあ、ぎりぎり、誰もが延長戦突入だなと思いかけていたそのとき、試合が決まりました。

後半ロスタイム、もうタイムアップだというときに、岡崎が抜けて出た。

副審がオフサイドの旗を揚げないのを見て、客席は沸いた。

中盤ですべてのフィールドプレイヤーが溜まっていて、そこから岡崎だけが飛びぬけた。

そして角度の全然ないところ、ほぼゴールラインに沿って撃ったシュートは、サイドネットにすとんと転がっていったのでした。

劇的!

これをナビスコでやってくれたらと、つい思ってしまいましたが、いやあ素晴らしい。

長谷川監督も思わずガッツポーズです。

そしてこのまま試合終了。

なんだかキャプテン翼みたいな試合の終わり方だった。

延長戦に入ればダービーへの影響は必至なので、非常にめでたい。

そして大分トリニータはサガン鳥栖に敗れたそうで。

ご愁傷様。

清水は無事、天皇杯の初戦突破です。

いくら千葉が戦力落としてこようが、清水がガチに近かろうが、勝負は難しいもの。

勝利こそ我らの活力なり。

今日はもうね、本当は行かないつもりだったの。

ナビスコファイナルで凹まされて、どよ~んとしていたから。

だけど試合開始が近づくにつれて、なんだかそわそわ。

午後五時の時報を聞いたとき、こりゃ行かにゃいかんと、乗っていた自転車の進路を沼津駅へ変更しました。

電車待ちもバス待ちもなくて、順調に進み、六時半にはスタジアム入り。

ただ、直前まで迷ったけど、ゴール裏へは行けなかったな。

気力が湧かない。

やっぱ駄目だ。

そんなわけで妥協のメインスタンドへ。

天皇杯の初戦は四年連続でメインスタンド観戦。

2005年の徳島ヴォルティス戦は、久保山のハットトリックが印象的な試合だった。

思えば、あれが最後の勇姿だったか。

いや、その翌年の雨の西京極でもゴールがあったか。

徳島戦では、チョジェジンとチェテウクも一点ずつ決めた。

2006年の栃木SC戦では、勝ったものの不甲斐ない試合にサポーターがいきり立ち、マルキーニョスと喧嘩になって、

「うるせえよ」

と流暢な日本語で、マルキーニョスは客席を見上げながらキレたもんだった。

日本語うまいやないかと感心したもんだった。

その翌年、マルキーニョスは鹿島アントラーズへ移籍しました。

2007年の明治大戦は延長でも決着が着かず、PKにもつれた。

かろうじて勝つ。

青山を前線に上げっぱなしにする作戦が成功した、レアな試合となった。

そんなこんなで天皇杯の初戦は四年連続でメインスタンド観戦となった。

まったくもって情けない、ぬるぬるサポーターですが、これが身の程。

さすがにゴール裏で応援する気力はなかったよ。

ジェフ千葉のゴール裏は、前列にタスキを大量に張り、サポーター数が少ないのを誤魔化していた。

これはこれでアイデア賞だ。

天皇杯アイデア部門にノミネートです。

あれ? もしかしてジェフサポたくさん来てるの?

と錯覚してしまう効果は抜群。

実際、真ん中に固まっているだけです。

つうか、ほとんどジェフの応援は聞こえなかったな。

4000人強の動員となりましたが、清水の応援は勢いがあってよかった。

と、傍観者としてコメントしてしまう虚しさよ。

俺は清水ベンチの真上で観戦してました。

最前列だよ。ピース!

といっても、その前には身障者エリアがありましたが。

でも落差があって、全然視界に入らないし、とても見やすかったな。

全席自由だから、普段は行けない場所で。

一人観戦だと、たいてい空いてるもんです。寂しさもあり。

両隣も結局空いたままで、楽な体勢をとれた。

この席の醍醐味としては、真下のコーチブースの動向を窺えるところでしょう。

長谷川監督が出たりひっこんだり。

田坂コーチが頻繁に出ては、選手達に指示を送っていたな。

完全にベンチに下がってしまうと、死角になるので見えません。

千葉のミラー監督もよく前に出てきてました。

千葉のゴール裏は見栄えがいいなあ。

11月の夜、寒かったですよ。

防寒対策で、フリースにコート、そしてタオマフを首に巻く。

試合内容にちっとも触れてなかったな。

どちらもフィニッシュまで行く展開。

足かせがなくて、両チーム攻撃的にのびのびとやっていた。

オフサイドとなったものの、両チームともゴールネットは揺らした。

純平がスタメンでしたが、う~ん、いまいち。

パウロと両翼を務めてましたが、あまり良いとこはなかった。

久しぶりの西部はばっちり。

メインスタンドの最前列という低い場所から観戦できたので、青山の空中戦を存分に楽しめた。

サッカーは上から見たほうがゲーム内容を楽しめるけど、やっぱ体のぶつかりあい、ピッチからジャンプして、空中で敵とやりあうアクロバットな様子は、真横から見たほうが楽しめますね。

こんなに青山は高く飛べるんだと実感。

ボールが飛んでくるたびに、思い切り飛び跳ねて、体を激しく相手とぶつけあう。

格好いい。

これもサッカーの醍醐味だ。

中盤でパスが繋がるのを、目の前で見られるのも面白かった。

これはサッカー専用の間近さの醍醐味。

そして横から見ることで、選手達が必死に走る様子を実感できるのが何より。

ゴール裏からだと、縦方向に縮小されてしまい、選手達が全速力で走るリアリティが薄まってしまう。

こんなに早く走っているんだと、当たり前のことを理解できるのもうれしい。

原と大前が入ってから、途端に良くなった印象。

後半ロスタイムでの岡崎ゴールにて、勝利。

静岡ダービーではゴール裏へ行こう。

今夜はぬるサポでごめんね。

| | コメント (0)

2008年11月 5日 (水)

ACL決勝戦1st  ガンバ大阪 3-0 アデレードユナイテッド 万博

BS-1での録画放送を見ているのですが、ルーカスと遠藤のゴールは見事やね。

それはそうと、岡ちゃんのブログに載っていたお菓子。

俺も食べてます。

ポテトチップスにチョコレートがたっぷり塗ってある。

とても甘いチョコレート。

その甘さを味わい、口からお菓子がなくなったあと、ほのかにポテチの塩味が残る。

非常に太りそうで心配だが、やめられない食感。

| | コメント (0)

2008年11月 2日 (日)

大分トリニータ優勝  2008ナビスコカップ  44723人の国立

Sp1430155

録画を見終わりました。

失点シーンをスロー再生して検証。

一失点目は、右サイドからクロスが上がり、それを高松がヘディングゴールした。

ゴールの瞬間を見れば、岩下と高松が競り合ってジャンプし、岩下がそれに負けてしまったわけだが、それは敗因ではないと思う。

同じシーンを何度繰り返したところで、岩下では高松のような大柄な選手に勝てない見込みが大きい。

右サイドを上がってきた大分選手に対して、左サイドバックの児玉がどこにもおらず、センターバックの和道が引きずられるように左に流れ、相手をしなければならなかったこと。

そしてゴール前には青山と、本来右サイドバックの岩下が対応することになった。

この時点で大分の大きなチャンスだ。

でかい和道を右サイドに引きずりだした。

ゴール前に和道がいない。

右サイドから和道を振り切ってクロスが上げられた。

ここで手前にいた青山がなぜか、がくっとずっこけた。

はっきりした転倒ではなかったが、まるで膝かっくんされたみたいに、がくっと半ば倒れてしまう。

これがなければ、青山がボールをクリアできていた可能性も高い。

おかしなことに、青山が突然がくっと体のバランスを崩して中腰になったのを受けて、青山がマークしていた大分の選手まで、つられてがくっと体が倒れかけている。

そんな二人の選手の上空を通りぬけて、その先にある高松と岩下の競り合いポイントにボールは届けられた。

岩下はジャンプのタイミングがワンテンポ早く、高さのピークに達したその直後にボールが来て、そのタイミングにばっちりで飛び上がっていた高松が、岩下より頭一個分高く、ヘディングに成功した。

ボールはゴールの右下隅という、キーパーにとって最も何度が高い場所。

あそこにやられると、至近距離でなかなか止められない。

国立特有の西日について海人は言っているが、西日がなくてもあの場所にボールが飛んできて、早々とめられない。

実際、海人はゴールラインを超えたあとにボールをほぼキャッチしていて、それは反応の遅れであり、まあ西日がなければもっと早く反応をしてということなのだろうが、やはりあのコースに撃たれると難しい。

このゴールの80パーセント方は、清水のセンターバック二人をサイドに引きずり出したこと、和道をゴール前から誘い出した点であるだろう。

そして青山のがくっとした倒れこみ。

あれが岩下と高松にどんな影響を与えたのか、はっきりしたことはわからない。

もしかして青山がジャンプできていれば届いたかもしれない。

青山が届かなくても、青山のジャンプがあることで、高松はうまくタイミングを合わせられなかったかもしれない。

つまり、大分の攻撃は、様々な好ポイントの積み重ねによって成り立っている。

岩下と海人に関しては、本人達の実力も考えて、まあ、あんなものだろうということだ。

青山はがくっと体のバランスを崩して、半ば倒れそうになったのが運の尽きだった。

コイントスで陣地がこのように決まった時点で、後半西日になる清水が不利であることはわかっていた。

国立の西日はきつい。

二失点目は和道のスローインが直接大分選手に渡ってしまい、そこから3タッチでのゴールとなった。

延々と失点シーンについて語ってきたが、これらはしょうがないことだと思う。

二失点目は、一失点目がなければ、残り時間が豊富にあれば、ありえなかった失点だから、特に深く考える必要はない。

仕方ないことだ。前がかりで攻めるしかなかった。

そして一失点目だが、サッカーは無失点に抑えるのが困難だ。

その一失点ぐらいどうしようもない。

やはり敗因は得点をとれなかったことに尽きる。

後半、矢島の惜しいシュートがあったが、あの位置、あの角度からのシュートは早々決まらない。

ここから蹴れば決まるでしょうという光景がなかった。

失点について無駄に長く語った結論として言えるのは、これらの失点はどうしようもないものであり、まったく気にすることないということ。

そして大いに気にする必要があるのは、敗因であるのは、得点を挙げられなかった攻撃についてだ。

まったく攻めることができない。

これがすべて。

児玉、和道、青山、岩下というディフェンス陣は非常によくやった。

これからもこの面子で戦ってほしいと俺は願う。

あんなものしょうがない。

だが攻撃陣に関して、俺は懐疑的になってしまう。

押して駄目なら引いてみな、という自由な発想に乏しかった。

このまま延々と何時間試合が続いても、一点でもとれる気配がない。

それが実力であり、どうにもならない。

オール日本人スタメンの限界なのか。

そこに自由度の高い外国人が一人いれば変わったのかもしれない。

共通認識と作戦だけでは攻撃は難しい。

点がとれない。

大分に完敗でした。

リーグ優勝はできないし、是非天皇杯でリベンジしてほしい。

だがリーグ戦の悪い成績が影響して、序盤からJ1同士の対決だ。

メンバーを落とせば負ける可能性も高い。

さらに中二日で、よりによって静岡ダービーだ。

ダービーにかけるサポーターが多い中で、申し訳ないが、俺としては、ダービーなど考えず、水曜日の天皇杯をベストメンバーで戦いぬき、是非勝利をもぎとってほしい。

そして天皇杯はその次が、カシマスタジアムでの鹿島戦となる。

カシマスタジアムで長らく勝てていない清水。

前回チャンピオンたる鹿島。

茨の道。

どう攻撃しえるのか。

水曜日の天皇杯、千葉戦では攻撃を見せてほしい。

| | コメント (0)

ナビスコカップ決勝戦  大分トリニータ 2-0 清水エスパルス  国立競技場

Sp1430118

コンコースでは恒例のゲーム大会。

ナビスコゲーム大会は、キックターゲットが列を作っていたのに対して、ドリブルゲームは不人気。

なので、ドリブルゲームに挑戦。

10秒01でオレオを二個ゲット。

あとちょっとで三個だったな。

一方、ゴール裏のコンコースでは人々が動けないほどすし詰め。

それでも壁際にシートを張って過ごす人々がいるのも、また国立なり。

てやんでえ、ばろ畜生と、己の生き様を貫く姿。

コンコースを押し競饅頭しながら進んでいると、若夫婦と幼児の家族連れが俺の近くにいたのだが、余りの混雑に奥さんがキレで、幼児をつれて帰ってしまわれた。

夫はなんでだ、どうしてだと悔しそうにしていた。

混雑に辟易して帰宅を選ぶ光景も、また国立なり。

この満員具合でないと国立はいかんのです。

最近、代表戦がガラガラで、こうした国立の混雑風景が観られなくなっていた。

決して良いことではないのだが、このぐらい激混みでなきゃ、ファイナルじゃないですよ。

いいぞ、いいぞ、人間達のぶつかり合い、それが決戦の舞台だ。

亀の子ニータンとパルちゃんトリオが登場して、ちびっ子ゲーム大会。

清水の負けでした。

前座で負け、本番でも負け、ああそうさ、負けた日だ。

オーロラビジョンに映るニータン。

俺が九州石油ドームに行ったときは、ニータンの曲がエンドレスで場内に流されていた。

俺がいた三時間はずっとそうだった。

徐々に狂ってくる。

いまだに頭の中で、に~たん♪ に~たん♪と繰り返される。

バックスタンドにもトラメガを抱えたコールリーダーが登場。

バックスタンドは清水サポーターがいただいたぜ!

と思ったら、運営の人でした。

宴の始末。

帰りは秋葉原に寄ったが、そこでも、いまいちだったな。

東京駅からの新幹線は清水サポーターが半分ぐらい。

サポーター列車かよ。

清水まで下って、祝勝会を行いたかった。

だが三島で降りて、沼津の自宅へ自転車を漕ぐのだった。

大分トリニータが喜ぶためのダシだろ。

そのために勝ち抜いてきた。

これから中三日で天皇杯があり、さらに中二日で静岡ダービーだ。

なんだこの過密日程。

世間は清水を労わるつもりはないらしい。

| | コメント (0)

国立開場前  清水サポーターの熱気

Sp1430003

代々木門前ではコレオグラフィーの説明。

といっても、俺はなんもしませんでしたが。

本番では白の画用紙を高く掲げて参加。

複雑なトロフィー模様だったのですね。

とても気分はハイだった。

いつものリーグ戦だと、正直なところ、うだつく感じが強く、スタジアムに来てようやくテンションが上がってくる。

だがナビスコファイナルに限っていえば、前日からたまらない興奮があり、当日も家を出たとき、すでに、とてもハイだった。

スタッフジャンバーが白なのは、どちらにも偏らない中立をイメージしてか。

列整理が進んで待機場所に行く途中、アスファルトには延々とガムテの場所取り跡が見られた。

それはすべて数日前からのもの。

縄張り争いも、農耕民族でええじゃないか。

コレオはささやかながら貢献できた部分もあり、良かった。

無理をするつもりはなく、まあできる範疇で周りについていけたら。

朝からたくさんの人と挨拶を交わした。

こういうノリも、ファイナルならではだろう。

それだけで早く来た甲斐があったというもの。

大分側はそんなに並んでなくて、うらやましくもあった。

まあ、サポーターが少ないので、試合になれば劣勢ですが。

ただ、大分という遠隔地から、これだけの人達がやってきたのはすごい。

来られなかったサポーターも含めれば、残念ながら清水より多いのだろう。

毎試合、国立と同じような陸上競技場視界ながら、大勢の人々が九州石油ドームに足を運んでいる。

その情熱。

陸上競技場のゴール裏視界が毎回当たり前だったとしたら、清水サポーターは発狂しやしないか。

大分の人達はそれでも応援するためにゴール裏を選ぶのだ。

もちろん国立は特別な場所であり、そのゴール裏を陣取れるのは誇りだ。

両者が誇りを持って試合に臨む。

千駄ヶ谷門も代々木門も、どちらもメインスタンド入口ですやね。

ホーム寄りかアウェイ寄りかということでして。

朝から青山門並びの清水サポーターもいた。

実際、入場には時間がかかったので、一時間遅れの開場であっても、どっこいどっこいだったようだ。

列並びのストレスが軽減されるぶん、良い選択をしている人達だったのかも。

代々木門近くのローソンは入場できない状態。

ほとんどの飲食物は品切れ。

コピー用紙をすべて使って、応援歌詞カードを生産していた清水サポーターとも遭遇。

様々な人々の情熱。

そして10時半を迎えて、入場となりました。

横断歩道を渡って国立へ進んでいくので、ちょっとずつの入場。

まあ、毎度のことながら、不平不満はあちこちから噴出していた。

朝早くから並んでいた人達が入場できない中、今ちょうど代々木門へやってきた人達が、するすると入場してしまっている。

でもね、国立の運営はそこそこしっかりしてたと思う。

開場時間に代々木門へやってきた人達の8割方は、運営によって最後尾に並ぶよう指示されてましたよ。

すり抜けて入れているのは、大体2割ぐらい。

これが限界じゃないかな。

いくら運営をしっかりやっても。

あとはもうね、他人との比較はやめて、自分のことを頑張ろうって方向に切り替えることですよ。

確かに今さっき来たばかりの人達が、運よくそのまま先に入場してしまう光景を見せられるのは、朝早くから並んでいる人間達にとってつらいのだけど。

でも、そこで他人との比較を断ち切って、だからどうした、俺達は朝早くから並んでた情熱があるんだ、同じナビスコファイナルを味わうでも、価値が違うんだぞと、自信を持てばいいと思うのです。

多くの人達が、ずるいずるいと言い合ってましたが、気にすることはないです。

運営はまあ、あんなもんだ。

まずまずだよ、8割は跳ね返しに成功してたから。

あとは俺達、朝から待機列組の情熱でもって、国立を盛り上げればいいじゃないか。

そういう考え方が俺もようやくできるようになってきた。

他人との比較なんてつまらないですよ。

自分が頑張って優勝をつかみに行くんだ。

アウェイなので、日本平のような位置には行けないのは恒例。

いつものサポーター連中と離れるのも仕方なしですが、これは最初からわかっていたことなのでOK。

かなり高い場所になりましたが、運が良いことに、ドラキンやQゲートが間近にいてくれまして、試合中とても盛り上がることに成功。

周りがぬるサポばかりだと、しんどいからね。

これは本当運が良かった。

| | コメント (0)

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »